漫画の地球儀

貯金アプリ『finbee』の使い方!【銀行口座、安全性、クレジットカード、iPhone版、Android版】

スポンサーリンク

finbeeとは?

f:id:rick1208:20200911032959p:plain
finbee(フィンビー)とは、株式会社ネストエッグが提供する日本初の銀行口座と連動した自動貯金サービスです。

finbee(フィンビー)とは今流行りの金融とテクノロジーを掛け合わせたFintecという分野で、アプリ内で貯金ルールを設定するとそのルールに従って自動的にクレジットカードの残高の一部が貯金として引き落とされます。

ネストエッグとはベンチャー企業ですが、すでにSBIグループや三菱グループSMBCグループなど大手から出資を受けていてこれからが期待されている企業の一つです。

銀行口座と連動した自動貯金サービスアプリ

f:id:rick1208:20200911033009p:plain
無料アプリ「finbee」とは、銀行口座と連携することによって貯金を実現することが可能なアプリです。finbee(フィンビー)には貯金方法も以下のように色々あります。

・つみたて貯金
・おつり貯金
・空き枠貯金
・歩数貯金
・チェックイン貯金
・マイルール貯金
・ワンタップ貯金

finbeeの仕組み

f:id:rick1208:20200911035145p:plain
finbee(フィンビー)は銀行口座と連携することで、その金融機関内に貯金専用の「finbee先号口座」が作られます。

finbee(フィンビー)の貯金の仕組みとは、finbee(フィンビー)にクレジットカードを通してお金を支払いそのお金が登録した自分自身の口座に移動される形になっています。

例えば毎週日曜日に1,000円貯金というルールを作ったら、日曜日になったら専用口座に自動的に1,000円貯金されたり決めた歩数を達成した時に貯金がされたりと自分自身で決めたミッションを達成するたびに貯金が自動的に実行される仕組みです。

finbee機能

f:id:rick1208:20200911035240p:plain
一般的に個人ではクレジットカードの残高を貯金として口座に移動させることは可能でせんので、アプリならではの貯金方法といえます。

普通に生活しているだけでお金がコツコツと貯まっていくので貯金が苦手な人にもおススメです。

finbee(フィンビー)の使用料は無料でランニングコストもかかりませんので、スマホを所持していればすぐに始めることが可能です。

ここではfinbee(フィンビー)の使用方法や設定方法、その安全性についても詳しく解説します。
自動貯金アプリ|finbee[フィンビー]

finbeeの安全性

f:id:rick1208:20200911032453p:plain
finbee(フィンビー)とはお金を自動的に貯金していくアプリですが、使用するにあたってその安全性を気にする人も多いでしょう。

これからfinbeeの安全性について見ていきましょう。

セキュリティもちゃんとしていて比較的に安全

f:id:rick1208:20200910163311p:plain
finbee(フィンビー)とはセキュリティもちゃんとと管理されていて比較的安全性が高いとされています。finbee(フィンビー)はお金そのものを預かるわけではなく、口座番号のみで、認証情報も預かりませんので安全性に関して不安なさそうです。

finbee(フィンビー)公式サイトに記載されているセキュリティへの取り組みを引用しますと以下のようになっています。

金融機関との通信はすべて暗号化しており、第三者が盗み見ることは可能でせん。また、システムはFISC安全対策基準に適合したAmazon Web Servicesを使用しております。

データには厳格なアクセス制御が施され、インターネットから隔離されたセグメントにて全部暗号化して保存しています。

データや情報資産へのアクセスについては制限を設け、大手金融機関のシステム構築経験のあるメンバーらによって構築された情報セキュリティマネジメントシステムのもと管理、運用を行っております。

弊社の情報セキュリティマネジメントシステムはISO27001(ISO、IEC 27001:2013)の認証を取得しており、国とき標準規格に則った管理体制であることが第三者機関によっても認証されております。

引用元: https:、、finbee、jp、

お金そのものは口座契約されている金融機関が管理しますので安全性に関してOKでしょう。またシステムの安全性や情報管理の体制がきちんとしているので安心して良いでしょう。

finbeeの使用方法「会員登録」

f:id:rick1208:20200911044617p:plain
inbee(フィンビー)とは全部の機能を無料で使用することが可能です。iPhone版とAndroid版がありますので、以下のリンクから「finbee」をダウンロードし会員登録をしましょう。
「finbee-楽しく簡単にお金が貯まる話題の貯金アプリ」をApp Store

貯金アプリfinbee-簡単にお金を貯金・貯蓄・節約可能な貯金アプリ!無料で使える人気の貯金アプリ - Apps on Google Play

会員登録方法

f:id:rick1208:20200911074850p:plain
finbee(フィンビー)を使用するのでには会員登録が必要になります。メールアドレスとパスワードを設定して登録しましょう。

登録したメールアドレスにチェックメールが届きますので、URLを押して登録を終了します。

簡単な使用方法の説明の後finbee(フィンビー)のホーム画面が表示されます。

finbeeの使用方法「貯金目的を設定」

f:id:rick1208:20200911074905p:plain
finbee(フィンビー)では貯金の目的を複数設定可能です。

旅行貯金や趣味のための貯金、留学やレッスンの為の学び貯金など目的を分けて設定すると良いでしょう。

目標を分けて貯金することにより自分自身の頭の中も整理することが可能です。

finbee(フィンビー)では複数の銀行口座を作成することなく、アプリ1つで管理することが可能です。

目的はリストから選択

f:id:rick1208:20200911074915p:plain
まず何のために貯金をするのか、カテゴリから自分自身の目標に合った目的を選びましょう。

目的を設定したら10,000円以上で、あなたが必要だと思う目標金額を記入します。

さらに貯金を達成したい期日をカレンダーから選びてください。

もし期日が無い、もしくはまだ期日を決めていない場合は「期日を設定しない」を選んで進めましょう。この期日は後からも設定が可能です。
f:id:rick1208:20200911074928p:plain
finbee(フィンビー)では「ひとりで貯金する」「一緒に貯金する」を選択することが可能です。

自分自身一人でなく家族やカップルで一緒に貯金することも可能なので家族旅行へ行く資金を貯める時、結婚資金を貯める時など協力して貯めることも可能です。

恋人や友達など複数人で貯めれば貯金の楽しさを共有でき目標金額を早く貯めることが可能なでしょう。

finbeeの使用方法「貯金ルールを設定」

f:id:rick1208:20200911074936p:plain
finbee(フィンビー)で貯金の目標金額や期日を設定すると、次に貯金ルールを設定する画面へ移動します。

この貯金ルールは後で変更することも可能なので気軽に設定しておきましょう。

貯金機能のルール一覧

f:id:rick1208:20200911074944p:plain
finbee(フィンビー)では色々な貯金機能ルールがあります。これから以下の8つの貯金機能ルールを解説します。

つみたて貯金

f:id:rick1208:20200910162311p:plain
finbee(フィンビー)の「つみたて貯金」とは好きな間隔で好きな金額を貯金可能な貯金機能です。一定の間隔と金額を指定可能なため、計画的に貯金を行うことが可能です。

つみたて間隔で「毎日」を選んだ場合は、毎日指定された金額が貯金される設定となっています。

設定方法

f:id:rick1208:20200910155530p:plain
機能設定方法はまず「目的詳細画面」から設定中の貯金ルールを「編集する」 を押します。「つみたて貯金」 からつみたて間隔を「毎日・毎週・毎月」から選びましょう。「毎週」や「毎月」を選びた場合は「曜日」もしくは「日付」も設定します。

貯金額を記入し「終了」を押しましょう。貯金ルールの編集画面に戻り「つみたて貯金」をONにします。何かしらの理由で貯金が実行できなかった場合は再引き落としは可能でせんので気を付けてください。

おつり貯金

f:id:rick1208:20200911075119p:plain

finbee(フィンビー)の「おつり貯金」とはカード明細に対して、指定のおつり計算の単位(100円玉・500円玉・1,000円札)で支払った場合のおつりを貯金していくルールです。

例えば、おつり計算の単位を1,000円札で設定した場合、デビットカードあるいはクレジットカードで590円の買い物をしたとします。ここで590円のご使用明細が作成され、finbeeが支払い明細情報を取得します。

1,000円−590円=410円がおつりとして、貯金元口座の残高を原資にfinbee(フィンビー)へ貯金されるというわけです。

設定方法

f:id:rick1208:20200910075246p:plain
まず「デビットカード」でおつり貯金を行う場合の設定方法は、「貯金ルールを設定」から「おつり貯金」押します。一番上の項目で「デビットカード」が選択されていることをチェックし、おつり計算の単位を100円玉・500円玉・1,000円札から選びます。

次に「クレジットカード」でおつり貯金を行う場合の設定方法は、まずクレジットカード設定を行い連携させます。そして貯金ルール設定画面で「おつり貯金」を押し一番上にある登録済みのクレジットカードを選びましょう。

おつり計算の単位を100円玉・500円玉・1,000円札から選び、「おつり貯金」をONにすると終了です。

歩数貯金

f:id:rick1208:20200909201541p:plain
「歩数貯金」とはfinbee(フィンビー)で設定した一日の歩数の条件をクリアした場合・しなかった場合に、指定の金額が貯金される貯金ルールです。運動習慣をつけたいと感じている方には相性ぴったりの貯金ルールでしょう。

歩数の情報はiPhone使用の場合はヘルスケア 、Android使用の場合はGoogle Fitから取得することになります。例えば「1日5000歩歩いたら、500円貯金」とか「1日5000歩歩かなかったら、500円貯金 」とかいう風に設定可能です。

設定方法

f:id:rick1208:20200911075220p:plain
機能設定方法は、まずfinbee(フィンビー)で歩数を取得可能なようにします。iPhone使用の場合は、貯金ルールを設定画面で「歩数貯金」をONにしAppleのヘルスケアと連携しましょう。

歩数貯金をONにしたときヘルスケアとの連携画面が表示されない場合は、iPhoneのヘルスケアアプリを起動し「ソース」からfinbee歩数をONにします。連携後は歩数を記入し、条件を「歩いたら・歩かなかったら」から選びましょう。

Andoroidを使用している場合は「Google Fit」と連携します。以下のリンクからダウンロード可能です。歩数貯金のタイミングは、条件をクリアした直後に貯金をされるのではなく毎日深夜に前日の歩数を集計し貯金します。
Google Fit: 運動を記録して健康的な生活を - Google Play のアプリ

チェックイン貯金

f:id:rick1208:20200909201515p:plain
「チェックイン貯金」とはfinbee(フィンビー)上にあらかじめ登録してあるチェックイン場所に近づくと、自動的に指定の金額が貯金される貯金ルールです。会社や学校、最寄り駅やジム、習い事の教室など、よく行くお気に入りの場所を登録しましょう。

この位置情報はスマホGPS機能を使用し取得していて、チェックインと同時に貯金が実行されますが、登録場所に既にいる状態でチェックイン貯金の設定を行った場合、その場所から1回離れ再度近づいたときに貯金が実行される仕組みです。

GPS機能によって位置情報を正しく取得できないとチェックイン貯金も実行されないパターンがあります。そのときは、より正確に位置情報を把握可能なようWiFiをONにしましょう。

設定方法

f:id:rick1208:20200909193252p:plain
チェックイン貯金はまずfinbee(フィンビー)で位置情報を取得可能なようにします。貯金ルール設定画面から「チェックイン貯金」をONにし、「位置情報の使用を設定する」から「常に許可」を選びます。

次に「チェックイン貯金」で1回当たりの貯金額を記入しましょう。そして地図上の登録したい場所を長押しして登録名を記入し登録します。

空き枠貯金

f:id:rick1208:20200911075505p:plain
finbee(フィンビー)の「空き枠貯金」とはデビットカード明細のひと月分の使用合計金額に対して余った金額が貯金される貯金ルールです。

例えば、空き枠貯金の設定金額を100,000円とし、ひと月のカードの使用合計金額が82,000円だったとすると、18,000円が末日に自動貯金される仕組みです。この時ひと月の使用合計金額が100,000円を超えていた場合、貯金は実行されません。

設定方法

f:id:rick1208:20200909174938p:plain
finbee(フィンビー)の「空き枠貯金」でデビットカードで空き枠貯金を行う場合、まず貯金ルール設定画面から「空き枠貯金」を押し支出額を記入し「空き枠貯金」をONにしましょう。

空き枠貯金のタイミングは、デビットカードの場合は毎月1日に前月分のデビットカード使用金額を集計し貯金します。

ワンタップ貯金

f:id:rick1208:20200911075528p:plain
finbee(フィンビー)の「ワンタップ貯金」とは自分自身の好きなタイミングに任意の金額を貯金可能な機能です。ワンタップ貯金の使用方法は「個別の貯金目的」から画面右下のコインマークを押し任意の貯金金額を記入し貯金することが可能です。

Zaim貯金

f:id:rick1208:20200909081940p:plain
「Zaim貯金」とはオンライン家計簿の「Zaim」とfinbee(フィンビー)を連携し、Zaimの情報を使用した2つの自動貯金をfinbee上で設定可能な貯金ルールです。「Zaimおつり貯金」「Zaim空き枠貯金」があります。

「Zaimおつり貯金」とはZaimに記入した支出に対して、指定の金額で支払った場合のおつりが貯金されます。おつり計算の単位は100円玉、500円玉、1,000円札から選ぶことができ、レシート記入と手記入の双方に対応しています。

「Zaim空き枠貯金」とはZaimに設定した月の予算とZaimに記録された1ヶ月分の支出金額の差分が貯金されます。Zaim空き枠貯金の場合はZaimで設定している家計簿の「月の開始日」に前月分の集計を行い貯金を実施します。

マイルール貯金

f:id:rick1208:20200909070826p:plain
finbee(フィンビー)の「マイルール貯金」とは自由に貯金条件を設定可能な貯金ルールです。例えば貯金ルール名を「禁煙貯金」とし、条件を「1日禁煙できたら」貯金金額を「100円」ふりかえり「毎日」と設定します。

1日禁煙できたかどうかをfinbee(フィンビー)からの通知で振り返えり、「達成できた・できなかった」を選びます。達成できたときは設定された金額で貯金が実行される仕組みです。読書、ジムなど色々な条件で設定しましょう。

設定方法

f:id:rick1208:20200908150204p:plain
「マイルール貯金」の設定は、まずfinbee(フィンビー)からの通知を受け取ることが可能なようにします。貯金ルール設定画面から「マイルール貯金」をONにし通知設定をONにしましょう。

finbee(フィンビー)のマイルール貯金をONにしたとき、通知設定のチェック画面が表示されない場合はスマホの通知設定でfinbeeからの通知を「ON」にしてください。

次に「マイルール貯金」から以下の設定項目を編集し終了させましょう。

・貯金ルール名:任意の貯金名を記入
・条件:貯金する条件を記入
・金額:条件を達成したときに貯金する金額を記入
・ふりかえり:「毎日・毎週」から選択(「毎週」を選びた場合は「曜日」も選択)

finbeeの使用方法「銀行口座と連携」

f:id:rick1208:20200908150147p:plain
次にfinbee(フィンビー)が貯金するのでの銀行口座を設定します。銀行内に貯金専用の「finbee専用口座」が作られます。

finbee(フィンビー)の会員登録が終了後、提携金融機関の選択画面が表示されます。
自分自身が口座を所持している金融機関を選び画面に従って口座連携を行ってください。

口座が無い場合も希望の金融機関を選択すると開設することが可能です。

連携している銀行一覧

f:id:rick1208:20200908140717p:plain
finbee(フィンビー)が連携している銀行を解説します。2019年3月25日時点で連携銀行は10行ですが、順次追加予定とされています。

住信SBIネット銀行
みずほ銀行
千葉銀行
北洋銀行
第四銀行
伊予銀行
百五銀行
中国銀行
東邦銀行
武蔵野銀行

おためし貯金

f:id:rick1208:20200911075647p:plain
おためし貯金とは銀行口座を連携せずにfinbeeの自動貯金を体験可能な機能です。

以前はfinbee(フィンビー)でで貯金をする為には提携金融機関の銀行口座との連携が必須でしたが、銀行口座を所持していない人でもfinbeeの自動貯金を試すことが可能です。


finbee(フィンビー)のおためし貯金では、使用できない機能があります。

デビットカードでのおつり貯金(クレジットカードでのおつり貯金は使用可能)
・空き枠貯金
・貯金額に応じたfinbeeポイントの付与
・finbeeポイントの交換


おためし貯金の使用後finbee(フィンビー)と銀行口座とを連携する場合は、おためし貯金時にキャンペーンなどで貯めたfinbeeポイントは、口座連携後も引き継がれます。

finbeeの使用方法「自動貯金スタート」

f:id:rick1208:20200908122937p:plain
finbee(フィンビー)で自動貯金設定が終わったらあとはfinbeeに任せておけばお金が貯まります。finbee(フィンビー)のを使用するにあたって気になるポイントを説明します。

finbeeはどこに貯金している?

f:id:rick1208:20200908122909p:plain
finbee(フィンビー)ではお金を預かることはしていません。ユーザーの同意の元貯金処理をする口座を特定するのでに口座番号を預かりますが、お金そのものはユーザーが口座契約している金融機関が管理するので安全性はOKでしょう。

finbee(フィンビー)は金融機関ではないためお金を預かることはせず、ユーザーが使用している金融機関の認証情報も扱いません。

要するにユーザーがfinbee(フィンビー)と口座連携することで、既存の銀行口座やインターネットバンキングのセキュリティに不安が生じることはないので安全性は高いのです。

finbeeの使用料は?

f:id:rick1208:20200908085116p:plain
finbee(フィンビー)のサービス使用料はなく無料で使用することが可能です。ただ、みずほ銀行と連携しているユーザーの場合、仮貯金を貯金先口座へ振り替えるときに銀行側の振込手数料が発生する可能性があります。


利息はどうなる?

f:id:rick1208:20200908083507p:plain
貯金先口座の残高に対して利息がつきますが、貯金に対して発生した利息は、finbee上の貯金金額には反映されません。

finbeeの使用方法「貯まった貯金を使う」

f:id:rick1208:20200908083456p:plain
finbee(フィンビー)を使用して貯めたお金は引き出しして使うことが可能です。では、finbee(フィンビー)からお金を引き出す方法を解説します。

貯金の引き出し方

f:id:rick1208:20200907203655p:plain
finbee(フィンビー)と連携している金融機関によって貯金の引き出し人は変わります。まず「みずほ銀行」と連携している場合は、貯金元の貯金先口座から通常の出金と同じ様に貯金を下ろして引き出します。

finbee(フィンビー)で達成した目的金額を引き出す場合は、貯金先口座から通常の出金と同様に貯金を下ろして引き出すことが可能です。ただ貯金途中の目的金額を引き出す時、仮貯金を出金することは可能でせん。

途中であっても貯金を既に貯金先口座に振替えている場合は通常の出金と同様に貯金を下ろして引き出すことが可能ですが、銀行側で手数料がかかる場合もあります。

みずほ銀行以外の金融機関と連携している場合はとても簡単です。

達成した目的の金額を引き出す場合は「該当の目的」画面から「貯金元口座に貯金を移す」という項目を押しましょう。

そして通常の出金と同様に貯金を下ろして引き出すことが可能です。

貯金途中の目的を引き出す場合は「該当の目的」画面から画面右上の「、、、」を押します。

「貯金を取り崩す 」を押して取り崩したい金額を記入すれば出金可能です。

ちなみにfinbee(フィンビー)の貯金を途中でやめたくなった場合は、貯金目的を削除すればやめることが可能です。

貯金元口座に今まで貯金した分のお金が戻ってきます。