漫画の地球儀

『Androidステータスバー』をカスタマイズする方法!【アイコン、バッテリー残量の表示、全画面ディスプレイ】

スポンサーリンク

Androidのステータスバーをカスタマイズする方法「アイコン」

f:id:rick1208:20200908140717p:plain
皆さんAndroidのステータスバーをカスタマイズしたことがありますか?このAndroidのステータスバーでアイコンの設定を変更することが可能です。このアイコンとはアプリのアイコンではなく、設定のアイコンのことなのでご注意ください。

このアプリではないアイコンをカスタマイズすることは、クイック設定を使いやすくしたり、通知領域をカスタマイズすることにもつながります。

なので、ここではそんなAndroidのステータスバーに通知されるもののカスタマイズの方法をご説明していきたいと思います。まず最初はアプリのアイコンではないアイコンについてご説明していきます。

このAndroidのステータスバーはどのような機能が今オンになっているのか、そしてどんな機能がオフになっているのかを知るためによく見る場所だと思います。

なので、よく使う分、便利に使いたい不要なものは省きたいかと思います。その方法を今からご説明していきます。

ステータスバーに表示、非表示にするアイコンを変更する

f:id:rick1208:20200908140739p:plain
まず最初は上図のようにステータスバーに表示されているアプリではないアイコンといっています。このステータスバーに表示するアプリでないアイコンの表示・非表示を設定していきたいと思います。

その時、使用するのはアプリではなく、システムUIツールというものです。このシステムUIツールはないという人もいると思うので、このシステムUIツールを出現させる方法をまずご説明していきたいと思います。
f:id:rick1208:20200908140911p:plain
まず始めに上図は、システムUI調整ツールがまだ出ていない時のAndroidの設定画面になります。ここの状態で既にシステムUI調整ツールがある人は、出し方の説明は見なくても大丈夫です。
f:id:rick1208:20200908140918p:plain
システムUI調整ツールを出現させる方法として、まずAndroidのホーム画面にいってください。そして上図のようにAndroidの画面上部のステータスバーを下にスライドして通知バーを出します。

その通知バーを更に下にすクイック設定を出すことが可能です。
f:id:rick1208:20200908141019p:plain
上図がクイック設定を出した状態となっています。そして上図のように歯車のアイコンがあると思うので、このアイコンを長押ししてください。

このアイコン長押しは結構長いので、何も起こらないと行って諦めないでください。押し続けると、画面にシステムUI調整が出た旨の表示がされます。

これで、システムUI調整ツールを出現させることができたので、チェックにいきたいと思います。
f:id:rick1208:20200908141028p:plain
上図がAndroidの設定項目の中にシステムUI調整ツールが出現した時となります。

上図のようにちゃんととAndroidの設定の1項目になっていれば成功となっています。このシステムUIツールを押して選びてください。
f:id:rick1208:20200908141038p:plain
すると上図のようなシステムUIツールの中でも複数の項目に分かれています。ここではステータスバーの調整を行いため、上図のようにステータスバーを選びてください。
f:id:rick1208:20200908141045p:plain
先ほどのAndroidのステータスバーの項目を押すと、上図のようにたくさんの項目が出現します。これらは全部Androidのステータスバーに出せるアイコンです。

上図のスイッチで、Androidのステータスバーにアイコンを出しるか隠すかを選択することが可能です。Androidのステータスバーに出したいアイコンの項目にオンオフすることで表示するか隠すか決めることが可能です。

これで変更した後Androidのステータスバーでチェックしてみて、適用されているなら成功となります。

電池残量

f:id:rick1208:20200908122937p:plain
先ほどまでの記事でAndroidのステータスバーのアイコンを表示したり、隠す設定を行ってきました。これで、Androidのステータスバーのカスタマイズ方法をご理解頂けたかと思います。

しかし、一番Androidのステータスバーで見るであろう電池残量については、表示か隠すか以外にも、電池残量を表示するかしないかまで設定することが可能です。

本章では、そんなAndroidのステータスバーにある電池残量の割合を表示するか隠すかの設定を行う方法をご説明していきたいと思います。

設定アプリからバッテリー残量の表示を変更する方法

f:id:rick1208:20200908141439p:plain

まずAndroidの設定からシステムUI調整ツールのステータスバーの項目を選ぶまでは前章と変わりません。しかし、ここではバッテリーの電池残量についての項目をカスタマイズしたいので、上図のようにバッテリーを選びてください。
f:id:rick1208:20200908141446p:plain
そうすると上図のように電池残量の割合について表示するか隠すかの項目が出てきます。自分自身自身の好みによって、Androidのステータスバーに電池残量を出しるか隠すかをお選びください。

全画面表示

f:id:rick1208:20200908085116p:plain
先ほどまでの章ではAndroidのステータスバーをカスタマイズする方法についてご説明してきました。これで大半のAndroidのステータスバーのカスタマイズ方法はご理解頂けたかと思います。

しかしAndroidのステータスバーに使い慣れていないiPhone Xを使用していた方などは、どうしてもiPhone Xのようなステータスバーにしたいと思うかもしれません。

本章ではそんな、AndroidのステータスバーをiPhone Xのようにする方法をご説明していきます。

強制的に全画面表示にしてステータスバーを隠す方法

f:id:rick1208:20200908083507p:plain
まず、Androidを強制的に全画面表示にして、Androidのステータスバーを隠すというアプリが存在していましたが、現在はダウンロードできないため、今はすることが可能でせん。

iPhone Xの全画面ディスプレイを再現する方法

f:id:rick1208:20200908083456p:plain
Androidのステータスバーを隠しiPhone Xのような画面にするには、アプリを使用する必要があります。なので、iPhone Xのような画面にしたい人はまず上図のようにGoogle Playストアのアイコンを選びてください。
f:id:rick1208:20200908141533p:plain
そして上図のようなGoogle Playストアになるので、上図の赤枠のように検索窓に「Smartphone upgrader 2017」と検索してください。
f:id:rick1208:20200908141544p:plain
そうすると上図のようなアプリが選択可能なと思います。なので、これを押してください。
f:id:rick1208:20200908141552p:plain
上図のようなアプリがAndroidのステータスバーを隠し、Androidの画面をiPhone Xのようにするアプリです。上図のようにダウンロードボタンを選びて、ダウンロードしてください。
f:id:rick1208:20200908141718p:plain
ダウンロードし終わったら、上図のように開くボアンを押して、このSmartphone upgrader 2017を起動してください。
f:id:rick1208:20200908141725p:plain
そうすると、上図のような画面になり許可を求められるので、権限をチェックした上了承できたら許可してください。
f:id:rick1208:20200908141732p:plain
そして上図のような画面になります。上図の赤枠内にあるスイッチをオンにすると、Androidのステータスバーが隠れ、Androidの画面がiPhoneの画面のように設定することが可能です。

Androidのクイック設定を通知領域の設定をする

f:id:rick1208:20200907203655p:plain
今までの章では、Androidのステータスバーにあるアイコンを隠したり、非表示にしたりと色々なカスタマイズを行ってきました。

しかし、Androidステータスバーのカスタマイズはまだあり、クイック設定の通知バーの通知領域を設定をしたりすることも可能です。

本章ではそんなAndroidのステータスバーの奥にあるクイック設定の通知バーの通知領域を設定する方法をご説明していきたいと思います。

通知領域のカスタマイズ

f:id:rick1208:20200907181514p:plain
Androidのステータスバーを下にスワイプすると出てくる通知バーにある通知領域のカスタマイズはアプリを導入することにより変更することが可能です。

例えば「Missed Notifications Reminder」や「Notification Hub」というアプリがが通知バーの通知領域をカスタマイズしてくれるアプリです。

これらのアプリをうまく使い、Androidのステータスバーあるいは通知バーをより使用しやすいものにしていってください。

クイック設定、通知領域の起動方法を変更する

f:id:rick1208:20200907162119p:plain
Androidのステータスバーを下に引っ張った後で出てくるクイック設定や通知領域ですがこれらもカスタマイズすることで、より便利にAndroidのステータスバーや通知バーが使えるようになります。

Androidのステータスバーの奥にあるクイック設定や、通知領域の起動方法を変更するアプリはたくさんあり、例えば「Swiftly Switch」というアプリ等もあります。

いかがでしたと思いますか。皆さんもAndroidを自分自身自身好みにカスタマイズして、使用しやすいようにしてください。