漫画の地球儀

『Googleショッピング広告』の始め方!【登録、運用、メリット、ネットショップ、料金、スマホ】

スポンサーリンク

Googleショッピング広告

f:id:rick1208:20200907234643p:plain

そもそも、Googleショッピング広告が、商品リスト広告と呼ばれていたことはご存知でしょうか?また、Googleショッピング広告とは、Google AdWordsが提供する検索連動型広告。いわゆる、リスティング広告のことを指します。

eコマースに特化した広告フォーマット。要するに、Googleショッピング広告は、画像付きの広告を検索結果ページに出します。

一般的なテキスト広告と併用するメリットも多いとのこと。さまざまなジャンルのECサイトに使用され、モバイルを中心に物販関連の検索クエリが増加しているのです。

さらにGoogleショッピング広告の普及を後押ししている点も見逃せません。また、Googleはコマース分野において検索体験の改良を続けており、ショッピング広告の使用では利用者にも浸透してきました。

そして、Googleショッピング広告の出稿ではデータフィードと呼ばれる仕組みを使用することで、Googleショッピング広告を掲載面に反映。

要するに、商品情報を集約したデータファイルをMerchant Centerに。いわゆる、マーチャントセンターに登録することによって、1回にすべての商品を入稿可能。

一方で、サイト上の販売情報に変更が行われた場合にも、データファイルを更新することでGoogleショッピング広告の掲載面にランディングページの情報を反映させるのです。

なお、Googleショッピング広告の入稿方法やアカウント設計、運用管理の方法がテキスト広告と異なるのをご存知ですか?このように、はじめて使用するときには覚えることも多いです。

ただし、適切に活用することで優れた成果を期待可能ですのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ネットショップ向けのGoogle広告

f:id:rick1208:20200907203655p:plain
その名の通りeコマースに特化した広告であることがわかると思います。表示されるのは、購買に関する検索語句に限定されますが、その分意欲の高い検索ユーザーを商品のランディングページに誘導することが可能。

掲載される場所

f:id:rick1208:20200907185225p:plain
ズバリ、Googleショッピング広告が表示される場所は、Googleのウェブ検索とショッピング検索です。また、パソコンとスマートフォンそれぞれの検索結果に広告が表示されているのがわかります。

そして、Googleショッピング広告に表示される項目は、商品名をはじめ画像や価格、ショップ名。なお、条件によってはレビューが表示される場合も。

Google検索結果ページでの表示順では、ショッピング広告→テキスト広告→自然検索の順番になります。テキスト広告や自然検索よりも優先することで、ショッピング広告が表示。

また、スマホの表示などのモバイル環境では、Googleショッピング広告の画面占有率がとても高いです。

テキスト広告との違い

f:id:rick1208:20200907190734p:plain
商品単位で商品を訴求するGoogleショッピング広告では、CTR・CVRが高い傾向にあり、効率的な広告配信が可能となっています。また、データファイルをGoogleの指定する形式で作成し、常時更新する必要があるので気を付けてください。

さらに、初期の導入に工数がかかりますが、テキスト広告と違い、広告やキーワードを入稿する必要はございません。

検索行動にあわせた商品訴求も異なる点で、ユーザーの検索行動にあわせた商品を広告に表示するのです。そして、購買意欲の高いユーザーをランディングページへと誘導。

サイト内容と連動した広告配信も提供しており、商品データをファイルごとGoogleへ入稿し、適宜更新を行っています。そうすることで、ECサイト上の販売情報を広告の配信面にそのまま反映可能なのです。

また、商品データでの運用管理では入札の調整や、Googleショッピング広告への掲載・非掲載など、Merchant Centerに登録した商品データファイルを更新し、広告の運用管理を行います。

Googleショッピング広告の費用

f:id:rick1208:20200907181514p:plain
何に対してもお金がどれくらいかかるのか気になるのは必然だと思います。そこで、Googleショッピング広告のお金事情について解説しましょう。本記事ではクリック単価方式と視認範囲のインプレッション単価方式に着目します。

クリック単価方式

f:id:rick1208:20200907165920p:plain
クリック単価方式とは、広告のクリックに対して費用を支払うシステムのこと。クリック単価方式のキャンペーンというものがありますが、それは広告のクリック1回に対して支払うことが可能な上限額である上限クリック単価を設定するものです。

また、上限クリック単価とは1回のクリックに対して発生する費用の上限のことを言います。大半の場合、実ときの請求額はこの金額を下回るでしょう。そして、こうした1回のクリックに対して請求される最終的な金額を、実ときのCパソコンと呼びます。

一方で、Googleショッピング広告のクリックに対して上限クリック単価を設定した場合には、その額を上回る費用が請求されることはありませんので安心してください。

視認範囲のインプレッション単価方式

視認範囲のインプレッション単価方式とは、Googleショッピング広告が視認可能な位置に表示された回数1000回あたりの費用を指定する入札方法です。費用を支払う場合は、広告が視認可能であると判断された場合だけですのでご注意ください。

ここで言う視認性とは、ディスプレイネットワークのアクティブビュー技術によって判断されることはご存知でしたか?そして、広告が視認可能と見なされるには以下の必須条件があります。

それは、Googleショッピング広告の面積の 50% 以上がディスプレイ広告では1秒以上。さらに、動画広告では2秒以上画面に表示された場合です。

Googleショッピング広告の始め方

f:id:rick1208:20200907162119p:plain
Googleショッピング広告の掲載を開始するには、Googleマーチャントセンターへのフィード登録と、Google広告の登録が必要であることはご存知でしょうか?

具体的な方法をスクリーンショットを使いながら、Googleショッピング広告の始め方を以下で説明していきますのでごゆっくりご覧下さい。

Googleマーチャントセンターに登録する

f:id:rick1208:20200907161546p:plain
そもそもGoogleマーチャントセンターとは何かご存知でしたか?Googleマーチャントセンターとは、オンラインストアGoogleに商品情報を送信するのでの管理画面のこと。

Googleショッピング広告の始め方ではまず、Googleマーチャントセンターに登録することなしには始まりません。

Googleマーチャントセンターに登録することで、Google検索結果に自社商品を掲載する「Googleショッピング広告」を実施可能なようになりますのでかなり重要な作業です。手順は以下になります。

・「Googleマーチャントセンター」のアカウントページの登録をクリック
・「お客様のビジネスについて」の項目を埋める
・「ご連絡方法」で該当する箇所にチェックマークを入れる
・「続行」をクリック

順番にみていきましょう。
f:id:rick1208:20200908004055p:plain
Googleショッピング広告の始めるには、まず最初は「Googleマーチャントセンター」のアカウントページの登録を押して下さい。
f:id:rick1208:20200908004104p:plain
次に、上の画像をみてもらうとわかりますが、「お客様のビジネスについて」の項目を埋めましょう。
f:id:rick1208:20200908004110p:plain
画面を下の方にスクロールすると、上のような画像が現れます。「ご連絡方法」で該当する箇所にチェックマークを入れていきましょう。
f:id:rick1208:20200908004116p:plain
全部の項目に対して記入が終了しましたら、続行を押して下さい。以上でGoogleマーチャントセンターに登録終了となります。

Google広告に登録する

f:id:rick1208:20200908004128p:plain
Googleマーチャントセンターの登録が終了したら、Google広告のホームページの「今すぐ開始」をクリック

Googleショッピング広告の始め方において、Googleマーチャントセンターの登録が終了しましたら、リンクからGoogle広告のホームページに飛び、「今すぐ開始」を押しましょう。

Google広告に登録する作業は、Googleショッピング広告の始め方に含まれる重要なポイントになっています。

GoogleマーチャントセンターとGoogle広告を連携する

f:id:rick1208:20200907132746p:plain
最後にGoogleショッピング広告の始め方の中でポイントである、GoogleマーチャントセンターとGoogle広告を連携させるために「URLの申し立て」を行います。ちょっと難易度が高めなので、サイトのシステムを管理している人に手伝ってもらっても構いません。

以下の方法がありますが、Webサイトのシステム等によってどの方法が良いかは違ってきますので、わからない場合は管理者に聞くことをおススメします。

・HTMLファイルをアップロード
・HTMLタグ
Googleアナリティクス
Googleタグマネージャ
f:id:rick1208:20200908073544p:plain
サイトチェックとURLの申し立てが終了すると、上の画像のようにマーチャントセンターに「申し立てを行いました」と表示されるのです。

Googleショッピング広告の商品の登録方法

f:id:rick1208:20200908073531p:plain
上記では、Googleショッピング広告の始め方を解説しましたが、一方で皆さんはデータフィードとは何かご存知でしょうか?Googleショッピング広告の商品の登録において重要なものですが、あまり聞いたことない言葉だと思います。

簡単に言うと、データフィードとは商品名や商品の詳細や価格、在庫状況など商品に関する色々な属性情報をもつリストデータのこと。

データフィードの作成では、Googleが指定する仕様に従うことで、必須の属性やおススメされる属性を使用して商品アイテムを正確に定義することが重要になります。

データフィードを作成する

f:id:rick1208:20200907132053p:plain
Google ショッピング広告用データフィードを作成する始め方としては、データフィードを作成するのでの設定が必要です。

それにはまず、Googleショッピング広告の商品の登録ページの「集客・運用」欄から「広告用データフィードを作成」を押して下さい。

すると以下の項目が表示されます。

・「データフィードの作成をする(1日1回自動で更新されます)」
・「レビューフィードの作成をする」
・「設定を保存する」

始め方の手順としては、まず「データフィードの作成をする(1 日1 回自動で更新されます)」を選びましょう。なお、商品評価コメントを集めている場合は、Google のショッピング広告に「商品評価」を表示可能です。

次に「レビューフィードの作成をする」にチェックを入れて下さい。そして、最後に「設定を保存する」を押して終了です。

データフィードをアップロードする

f:id:rick1208:20200907050026p:plain
また、データフィードを反映する必要がありますが、データフィードの設定方法は以下の4つの中から選択することが可能です。ただ、本記事で解説する始め方の方法はアップロードです。

Googleスプレッドシート
・スケジュール設定された取得
・アップロード
・Content API

アップロードでは、マーチャントセンター管理画面から手動でアップロードするなどの方法で可能です。

また、アップロードは、この4つの中でも比較的簡単に試してみることが可能なと思いますので解説しました。

Googleショッピング広告の配信方法

f:id:rick1208:20200907045112p:plain
Googleショッピング広告の配信方法の始め人は、ショッピングキャンペーンを使用することで、ユーザーが広告をクリックする前に、販売している商品の詳細を知らせることが可能。

また、専用のレポートツールを使うことで、商品の宣伝効果を時系列で計測も可能です。

下記では、Googleショッピング広告の配信方法において、必須なショッピングキャンペーンの作成について一部解説しますので、どういった方法なのか知りたい人は参考にしてみて下さい。

Google広告でショッピングキャンペーンを作る

f:id:rick1208:20200908073631p:plain
Googleショッピングキャンペーン作成ではまず、AdWords にログインして、 「キャンペーン」 タブを押しましょう。
「+ キャンペーン」 を押して、「ショッピング」 を選びます
f:id:rick1208:20200908073645p:plain
次に、「+ キャンペーン」 を押して、「ショッピング」 を選びて下さい。

「アカウントを選択」 メニューから販売者 ID を選びます。

ここでは、このGoogleショッピングキャンペーンで宣伝する商品を含む Google Merchant Center アカウントの販売者 ID を指定
f:id:rick1208:20200908074159p:plain
そして、「アカウントを選択」 メニューから販売者 ID を選びます。

ここでは、このGoogleショッピングキャンペーンで宣伝する商品を含む Google Merchant Center アカウントの販売者 ID を指定しましょう。

以下の手順はここでは省略致します。

審査が非承認になった場合の対処法

f:id:rick1208:20200907045112p:plain

・商品データに修正を加える

・不承認となった商品アイテムの情報を修正し、再度アップロードして審査を受ける

・商品アイテムが修正されたことがチェックされるまでには最大12時間かかりますので、一時的に不承認となった商品アイテムは、4 日以内に自動的に再承認される

Googleショッピング広告の運用方法

f:id:rick1208:20200906181855p:plain
Googleショッピング広告について登録から詳しく説明してきました。

最後にGoogleショッピング広告の運用方法を説明して本記事をまとめたいと思います。

広告掲載の仕組み

f:id:rick1208:20200906114925p:plain
購買意向のある検索クエリに対して、Googleは入稿された商品を、広告枠に引き当ててGoogleショッピング広告を表示するという仕組み。

そして、広告の表示順は入札単価と広告ランク、関連性から決まります。

インプレッションとCTRとCVRの数値を上げる

f:id:rick1208:20200906093112p:plain
そもそも広告の表示回数やクリック数が少ない場合、商品名や画像などのフィード内容を見直し、より高い入札単価を設定することが重要となります。

一部の商品に絞ってフィードに登録しているような場合は、掲載商品の拡充を検討して下さい。

また、入札単価を決定するときや露出の参考指標として、競合指標を検証しましょう。

データフィードの運用方法

f:id:rick1208:20200906073127p:plain

広告の表示回数やクリック率に影響を与える要素は、タイトル、画像、カテゴリであることはご存知でしょうか?

データフィードの運用では、関連するフィード項目に適切な値がセットされていない場合、データフィードで行う中間処理の工程を見直しましょう。

広告キャンペーンの運用方法

f:id:rick1208:20200906065905p:plain

まず最初は低い単価で広告を運用し、検索結果の様子を見ながら価格を設定していくと良いと思います。

もちろん、単価だけによって流入効果が決まるとは言い切れません。

まとめ

f:id:rick1208:20200905172013p:plain
本記事では、Googleショッピング広告の始め方を、知りたい方には有益な情報をお届けできたかと思います。

Googleショッピング広告の始め方では、登録から運用について説明していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。