漫画の地球儀

Googleアカウントにログインできない原因、対処法、解決策!【メールアドレス、パスワードなどを忘れた】

スポンサーリンク

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「メールアドレス」

f:id:rick1208:20200907185225p:plain
いつも通り、Googleアカウント、グーグルアカウントにログインしようとしたら、ユーザー名やメールアドレスを忘れたからログインできないといったことになるということもあると思われます。このように、ユーザー名やメールアドレス忘れた人も多いでしょう。

こういった、Googleアカウント、グーグルアカウントのユーザー名やメールアドレス、パスワードなどを忘れたときの原因と対処法を一つ一つ解説をしていきたいと思います。Googleアカウントにログインできない原因は、さまざまな理由で発生しています。

Googleアカウント、グーグルアカウントがログインできない原因によって、その原因に合った対処法・解決策を取らなければなりません。ですから、Googleアカウント、グーグルアカウントにログインできない原因を見極めることから行うことが重要です

メールアドレスを忘れた場合の解決策

f:id:rick1208:20200907181514p:plain
Googleアカウントにログインできない原因は、いろいろと考えられますが、はじめに原因が「メールアドレスを忘れた場合」の対処法・解決策をご説明して行きたいと思います。Googleアカウントのメールアドレスは、ログイン情報に必要なものなのです。

メールアドレスを忘れた場合は、Googleアカウントにログインできないのは当然です。それでは、メールアドレスを忘れたら、どのようにしてGoogleアカウントにログインをすることが可能なのか、対処法・解決策として、操作方法を説明をしていきます。

もし、メールアドレスを忘れたという事態になる前に、Googleアカウントに登録をしている、メールアドレスをどこかに控えておくようにしてください。このようにログインできない原因にならない為にも、解決策を事前に行っておいてください。
f:id:rick1208:20200907201819p:plain
それでは、メールアドレスを忘れた場合が原因となりGoogleアカウントにログインできないときの対処法・解決策を説明をさせていただきます。

まず最初は、下のリンクの「ログイン - Google アカウント」を押して「メールアドレスを探す」にアクセスします。
ログイン - Google アカウント

f:id:rick1208:20200907202103p:plain
メールアドレスを探すにアクセス可能でしたら、電話番号あるいはメールアドレスの記入欄に「メールアドレスあるいは電話番号を記入」してください。必ず正しい電話番号あるいはメールアドレスを記入して、次へを押してください。

氏名を記入

f:id:rick1208:20200907202109p:plain
そうしますと、画面が切り替わります。名前を記入する画面になりますので、Googleアカウントにログインできない状態のアカウントの名前を記入してください。氏名は、登録したときの氏名ですので、異なる氏名ではログイン可能でせん。
f:id:rick1208:20200907202426p:plain
もし、名前を記入する画面で氏名を間違えてしまうと「アカウントが見つかりません」と表示されてしまいます。メールアドレスを忘れた。という人は、必ずGoogleアカウントに登録したときの、氏名を覚えておくようにしてください。
f:id:rick1208:20200907202439p:plain
Googleアカウントの氏名を記入して、次に進みましたらチェックコードを送る必要があります。登録しているメールアドレスに、チェックコードを送りますので右下にあります「配信」を押して、チェックコードを送ってください。
f:id:rick1208:20200907202447p:plain
登録しているメールアドレスから、メールを起動してチェックコードをチェックしましたら、Googleアカウントの画面に戻り、コードを記入するという項目に、チェックコードを記入していきます。記入したら「次へ」を押して進んでください。
f:id:rick1208:20200907202453p:plain
そうしますと、メールアドレスを忘れた場合のGoogleアカウントのメールアドレスが選択出来るようになっています。ログインできないようになっていた、Googleアカウントを選択をしてください。
f:id:rick1208:20200907202458p:plain
そうすると、Googleアカウントのメールアドレスが記入された状態になっているので、パスワードを記入していきます。パスワードを記入したら「次へ」をクリックすれば、ログイン可能になりました。これで、対処法・解決策の手順は終了です。

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「パスワード」

f:id:rick1208:20200907165920p:plain
それでは、Googleアカウントにログインできないようになった場合、ユーザー名やメールアドレスを忘れたことが原因になる。これだけではないのです。乗っ取りやアカウントのロック、消去、接続環境が原因となりログインできないこともあります。

このように、Googleアカウントにログインできない原因はさまざま考えられます。さて、Googleアカウントのパスワードは、ちゃんと管理しているでしょうか。パスワードをきちんと管理をしていないとGoogleアカウントにログインできないことになります。

つぎのステップでは、Googleアカウントのパスワードを忘れた場合は、どうしたら良いか?についてご説明をしていきたいと思います。

パスワードを忘れた場合の解決策

f:id:rick1208:20200907162119p:plain
oogleアカウントのパスワードを忘れた場合の対処法・解決策について、詳しく説明をさせていただきます。Googleアカウントのパスワードは、Googleアカウントにログインする場合に、必要な情報となってきます。パスワードは、重要なのです。

パスワードを忘れた。パスワードが異なる。このような場合は、いくらパスワードを記入してもGoogleアカウントにログインすることはできないようになっています。気を付ける点ですが、何度もパスワードを間違えてしまうと、ロックがかかってしまいます。

Googleアカウントにロックがかかりますと、基本的にロックされて24時間経過すると自動的にロックが解除される仕組みです。ですから、ロックがかからないように、Googleアカウントのパスワードを正しく記入することが大事です。
f:id:rick1208:20200907202526p:plain
はじめに、Googleアカウントのパスワードを忘れた場合は、アカウント復元のページへアクセスする必要があります。下のリンクの「ログイン - Google アカウント」を押して、Googleアカウントのアカウント復元ページにアクセスをしてください。
ログイン - Google アカウント

f:id:rick1208:20200907202942p:plain
Googleアカウントのアカウント復元ページにアクセスしましたら、メールアドレスあるいは電話番号と言う項目の記入欄に、登録しているGoogleアカウントの「メールアドレスあるいは電話番号」を記入をしてください。そしたら「次へ」を押していきます。
f:id:rick1208:20200907202952p:plain
そうしましたら、画面が切り替わりGoogleアカウントで覚えている最後のパスワード、、、という画面になりますが、一切そこには触れないで左下の「別の方法を試す」を押して進んでください。
f:id:rick1208:20200907203053p:plain
そうすると、登録しているメールアドレス。あるいは、スマートフォンでの認証する画面に切り替わります。登録しているメールアドレスでは「配信」を押してください。スマートフォンでの認証をする場合は、スマホのロックを解除してください。
f:id:rick1208:20200907203059p:plain
登録しているメールアドレスから、メールを起動してチェックコードをチェックして、Googleアカウントのチェックコード欄に記入してください。スマートフォンでの認証での場合は、ロック解除後「はい」を押してチェックコードを認証してください。
f:id:rick1208:20200907203106p:plain
つづきまして、パスワード変更画面に切り替わります。ここで安全なパスワードを記入してください。Googleアカウントのパスワードを新しく作成します。次回からログインに必要となってきますので、安全でかつ覚えれるパスワードを記入することが大事です。
f:id:rick1208:20200907203112p:plain
そうしましたら画面に「アカウントが復元されました」というメッセージが表示されましたら、無事にGoogleアカウントにログインできない原因から解消されました。これで、Googleアカウントのパスワードを忘れt場合の対処法・解決策が終了します。

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「別アカウント」

f:id:rick1208:20200907161546p:plain
次に、Googleアカウントにログインできない場合の原因と対処法として、ユーザー名やメールアドレス、パスワードはちゃんとと覚えているのに、ログインできない場合について、詳しく説明をさせていただきます。

Googleアカウントにログインできないようになった最近のできごとを思い出してみてください。Googleアカウントのアカウントは、一つ使用していますでしょうか。複数のアカウントで、Googleアカウントにログインをしていないかを思い出してください。

もしも、複数のアカウントを使用しているのならば注意が必要です。Googleアカウントに、複数のアカウントでログインをしていると、ログインできないようになってしまいます。それでは、その複数アカウントでログインの問題となることについて、解説します。

別のアカウントのパスワードを記入していないかチェックする

f:id:rick1208:20200907160406p:plain
Googleアカウントで、別のアカウントのパスワードを記入していないかチェックしておいてください。ログインできないようになります。別のアカウントにログインしてしまう場合は、さまざまな原因が発生して、ログインできないことになっています。

ログインできない原因は、「半角英数」で間違いなく記入できているか(capsLockがオフになっているか)」「別アカウントのユーザー名、パスワードを使用していないか」「ブラウザのキャッシュとCookieを消去してからもう1回ログイン」

の3つのことをチェックしておいてください。別のアカウントでログインしている場合は、1回そのアカウントはログアウトする必要があります。ログアウトしないと、Googleアカウントにはログインできないようになってしまいますので、注意しましょう。

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「ロック」

f:id:rick1208:20200907132746p:plain
Googleアカウントにログインできない時の原因として考えられることは、さまざまあります。Googleアカウントにログインできない、、アカウントがロックされるということも十分考えられます。ロックされてしまうと、当然ログインできないことになります。

では、Googleアカウントがロックされる原因とは、どういったことが考えられるかについて説明をしていきたいと思います。アカウントをロックされてしまう理由の原因は、Googleで規定された範囲を超えた異常なアクティビティが検出されたことにあります。

たとえば、メールアドレスやパスワードが分からなくなり、何度も何度も間違えていると、不正ログインとGoogle側が判断をして、そのアカウントをロックしてしまいます。ですから、Googleアカウントにログインできないようになってしまうのです。

アカウントがロックされていないかチェックする

f:id:rick1208:20200907132053p:plain
Googleアカウントにログインできないようになったら、まずアカウントがロックされていないかチェックしてください。Googleアカウントがロックされてしまうと、さまざまな症状が表れます。このGoogleアカウントがロックされたチェック方法を説明していきます。

一つ目は、メールソフトにて送受信できないようになります。Gmailにて、メールを送信をしたり受信ができないといった症状になるとロックされた可能性が高いです。また、Googleアカウントにログインしようとして、次のメッセージが表示された場合です。

「○○のGoogleアカウントは現在のところ使用可能でせん」や「Googleアカウントのアクセスを許可」というメッセージ画面が表示されたのなら、アカウントはロックされています。24時間経過すると、ロックが解除されますので、待っておいてください。

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「消去」

f:id:rick1208:20200907050026p:plain
つづきまして、Googleアカウントにログインできない時の原因として「アカウントを消去」してしまった場合の対処法について、説明していきたいと思います。もし、Googleアカウントを消去してしまったら、どうなるのでしょうか。

Googleアカウントを消去すると、ログインできないようになるのは当然です。ログイン可能な手段がなくなってしまうからです。誤って、Googleアカウントを消去してしまった場合は、ログインできないと諦めている人も多いことでしょう。

しかし、Googleアカウントを消去してしまって、ログインできないようになっても解決する方法はあるのです。それでは、つぎのステップではGoogleアカウントを消去してしまった場合の対処法について、説明をしていきます。

誤って消去した場合は一定期間内なら復元可能

f:id:rick1208:20200907045112p:plain
Googleアカウントを誤って消去してしまって、ログインできない。

しかしご安心ください。誤ってアカウントを消去した場合は、一定期間内なら復元することが可能なのです。

Googleのサポートページのアカウントのサポートから復旧することが可能です。

ただし、Googleアカウントを消去してから一定の期間が経過している場合は、アカウントのデータを復元できないこともありますので、気をつけてください。

その場合は、消去したGoogleアカウントではログインできないようになってしまいます。

Googleアカウントを復元できた場合は、GmailGoogle PlayなどのGoogle関連サービスに通常どおりログイン可能なようになります。

アカウントを復元できたら、今までこのアカウントに使用したことがないパスワードを設定する必要があります。

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「乗っ取り」

f:id:rick1208:20200906114925p:plain
いつも通りに、Googleアカウントにログインしようとして突然ログインできない状態になったら何か心当たりがあるかを思い出すことが大事です。しかし、何も心当たりがない場合は、あなたが原因ではないのかもしれません。

そのようなログインできない場合は「乗っ取り」の疑いがあります。あなたのGoogleアカウントを乗っ取りされてしまうと、ログインできないようになります。乗っ取りされる原因としては、アカウントをログインしたまま、アカウントを教えるなどさまざまです。

乗っ取りされて、ログインできないようになった原因も大事ですが、乗っ取りされたらまず最初は、パスワードを変更して対処する必要があります。ちょっとでも乗っ取りの疑いがある場合は、必ずセキュリティ面を強化してください。

アカウントの乗っ取りの疑いがある場合の解決策

f:id:rick1208:20200906181855p:plain
それでは、Googleアカウントの乗っ取りの疑いがある場合の対処法・解決策を説明して行きたいと思います。

Googleアカウントの乗っ取り被害を解決しないと、勝手に仮想通貨を購入されてしまったり、大量のスパムメールを自分自身自身のアドレスから送信する。

といった気づかない被害を受けることになります。乗っ取り被害は、あなたが思っているより受ける被害は大きく広がっていきます。

ですから、必ずいまから解説をするGoogleアカウントの乗っ取り対処法の手順を行ってください。
f:id:rick1208:20200907203532p:plain
それでは、乗っ取り被害の場合の対処法の手順を一つ一つ説明をしていきます。まず、Googleのサポートページに移動しまして、アカウント復元のページにアクセスをしてください。
f:id:rick1208:20200907203539p:plain
アカウントサポートページにから「メールアドレス」を記入してください。メールアドレスは登録したメールアドレスをちゃんとと記入します。
f:id:rick1208:20200907203545p:plain
そうしましたら、覚えている最後のパスワードを記入してください。ここでは、覚えている限りで良いので登録しているパスワードを記入するようにします。
f:id:rick1208:20200907203624p:plain
つづきましては、Googleアカウントを作成したのはいつですか?というメッセージが表示されますので、作成した年月を記入します。

ここも覚えている限りで良いので、大体のアカウント作成の年月を記入して進んでください。
f:id:rick1208:20200907203630p:plain
最後に、変更したい新しいパスワードを作っていきます。

セキュリティ面を考えて、また乗っ取りされないように、安全でかつ自分自身自身が覚えられるパスワードを作っていきます。

最後に「パスワードを変更」を押すとパスワード変更が終了します。

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「2段階認証」

f:id:rick1208:20200906093112p:plain
Googleアカウントに「2段階認証」を設定している人は、これが原因となりログインできないようなる場合があります。チェックコードを取得していた各デバイスを変更してしまうなどのことが原因でチェックコードを取得不可能になると、ログインできなくなります。

このように、2段階認証ができないようになって、Googleアカウントにログインできなくなってしまった場合の対処法を説明して行きたいと思います。

2段階認証ができない場合の解決策

f:id:rick1208:20200907203655p:plain
チェックコードの取得方法を変更するなどをして、2段階認証を無効にするにはまずGoogleアカウントにログインする必要があります。そのような方法をこれから、説明をしていきますので、操作を行ってください。

はじめに、2段階認証プロセスのコードをバックアップしておきます。2段階認証プロセスのページでバックアップ コードを作成可能です。

バックアップ オプションの記入を求められたら、「別のバックアップ オプションを使用」を選びます。ここでコードを印刷あるいはダウンロードしてください。
f:id:rick1208:20200907203708p:plain
つづきましては、Googleアカウントのログイン画面にアクセスして、登録をしていたメールアドレスとパスワードをそれぞれ記入し「次へ」を押してください。
f:id:rick1208:20200907203714p:plain
そうしましたら「その他の設定」を選びて、さらに「別の方法を試す」を押して進んでください。
f:id:rick1208:20200907203906p:plain
そうすると、先ほどのバックアップコードを使う場合は「8桁のバックアップコードのいずれかを記入する」を押します。バックアップコードが作成できない場合は「ヘルプを表示」を押します。ここでは、ヘルプを表示で説明をしていきます。
Googleのヘルプ記事にアクセスをタッチ
f:id:rick1208:20200907203914p:plain
つぎに「Googleのヘルプ記事にアクセス」を押していきます。
f:id:rick1208:20200907203920p:plain
つづきまして「別の質問に答える」を押していきます。
f:id:rick1208:20200907204027p:plain
そうしますと、つぎは2段階認証を有効にした時に登録した携帯端末の電話番号を記入してください。記入はハイフンを入れて記入する必要があります。
f:id:rick1208:20200907204033p:plain
最後にログインできなくなった簡単な理由を記載して「送信」を押してください。これで、手続きは終了です。数日後に、2段階認証を無効にする手続きの案内メールが来ますので、正常にログイン可能なようになります。

Googleアカウントにログインできない時の原因と対処法「接続環境」

f:id:rick1208:20200906065905p:plain
Googleアカウントにログインできない。最後の原因と対処法は「接続環境」です。いまあなたの接続環境がどうなっているかで、Googleアカウントにログイン可能な・できないが変わってくることもあります。接続環境を見極めることが大事になってきます。

接続環境が悪いと、Googleアカウントにログインできないようになること以外にも、さまざまな問題が発生します。接続環境が原因になりますと、インターネットそもそもが繋がりづらくなったりしますので、接続環境を見直す必要があります。

それでは、Googleアカウントにログインできない原因の接続環境について、説明をさせていただきます。

ログインページ接続時の挙動がおかしい場合の解決策

f:id:rick1208:20200905172013p:plain
接続環境が原因ですと、Googleアカウントのログインページの一部が表示されなかったり、ログインボタンが消えていたりする。こういった問題も発生することが考えられます。ログインページ接続時の挙動がおかしい場合は、接続環境を見直してください。

ネット回線が安定しているかチェックする

接続環境が問題になっていると、ネット回線が安定していない場合が多いです。接続環境によっては、もともと安定していない場合もあります。最初から契約しているプランでは、最大通信速度の上限が低い場合もございます。

また、無線LANに同時接続している人数にも注意が必要です。同時接続する人数が多いと、ネット回線が不安定になり、通信速度が低下してしまいます。なので、Googleアカウントのログインページの挙動がおかしくなってしまいます。

このような接続環境を見直して、ネット回線が安定しているかどうかをチェックしておいてください。

インターネットブラウザのCookieやキャッシュが溜まり続けていると、うまくサイトが機能しなくなることがあります。なので、Googleアカウントのログインページがおかしくなってしまいます。

この場合は、使用しているインターネットブラウザ(Google ChromeMozilla Firefox)のCookieやキャッシュをリセットし直してください。リセットして、Googleアカウントのログインページにアクセスしてログインをしてください。

capsLockがオンになっていると、ローマ字で日本語記入をしてみても、なぜか英数字の記入が全部大文字になっていたりします。

なので、パスワードを記入してもcapsLockがオンになっているため、大文字になっている可能性があり、ログインできないようになります。「Shift + CapsLock」キーを押すと、capsLockが解除されますので、試してください。