漫画の地球儀

『Googleアカウント』の重大なセキュリティ通知は本物かチェックする方法、対処法【iPhone、android】

スポンサーリンク

Googleのセキュリティ機能

f:id:rick1208:20200907132746p:plain
現代人なら、誰でも一つは所持しているであろう、Googleアカウント。
簡単に作れて、Googleアカウントを所持していると便利なこともたくさんあります。
しかし、たまにGoogleからセキュリティ通知がメールなどでくることがあります。

Googleのセキュリティ機能とは一体なんなのと思いますか?
また、その対処法はどうすればいいのと思いますか。

スマホやパソコンなどの端末を守る機能

f:id:rick1208:20200907132053p:plain
もし、Googleアカウントが不正ログインや乗っ取りの危険に晒された時、アカウントの利用者にその危険性を通知する機能です。

なので、この機能自体は、必要でGoogleアカウント利用者に危険性を通知するのでにあるものです。

Googleからのセキュリティ通知メールとは

f:id:rick1208:20200907050026p:plain
では、Googleからのセキュリティ通知メールには、どんな意味があるのと思いますか。
また、どんな時に送られてくるのと思いますか。

不正なログインなどが合った場合の通知機能

f:id:rick1208:20200907045112p:plain
主に、セキュリティ通知のメールの役割は、「Googleアカウントに不正なログインなどがあった場合の通知機能」となっています。

要するに、このメールがきたということは、何者かがあなたのGoogleアカウントにログインしようと試みたということを意味します。なので、出来るだけ早急に対応しなければいけません。

メールで通知

その、Googleからの重大なセキュリティ通知などの通知は主にメールで来ます。
なので、いつも通りメールをチェックしていたら、いつもは見ないメールが受信されているのでわかります。

Googleを装ったウィルスメールの可能性

f:id:rick1208:20200906181855p:plain
上で述べたように、Googleからのセキュリティ通知はメールでくるのですが、このメールがGoogleを装ったウィルスメールのがあり危険性があります。
この手の、公式からの警告を装ったメールというのは、昔からある手段です。

なので、このようなメールが来たときには、まず、偽物ではないかと疑ってください。
このメールがGoogleからのメールかどうか判断するのは難しいので、まず疑ってかかることが重要となっていきます。

不審なメールはウィルス感染の危険性があるため一切開封しない

そもそも、このような怪しいメールが来た時には、開かないのが鉄則です。
メールによっては、開封通知が送信元に送られるものもあり、送信元にそのメールアドレスが生きていることを知らせてしまうことにも繋がります。

というのも、迷惑メールの送信者というのは、ランダムに選んだメールアドレスや、適当に記入したメールアドレスに送信していることがよくあります。

なので、送信元にそのメールアドレスが生きていることを知らせてしまうと、さらに多くの迷惑メールが送られてくる危険性があるのです。

それ以外にも、不審なメールには何かのウィルスが仕込まれている危険性があり、感染の恐れがあるため、開封しないのが得策です。

セキュリティ通知メールの具体例

f:id:rick1208:20200906114925p:plain
セキュリティ通知メールには主に以下の通りです。
順番にみていきましょう。

重大なセキュリティ通知

重大なセキュリティ通知とは、何者かがあなたのGoogleアカウントに不正ログインしようとして、それをGoogle側がブロックしたということを示しています。

要するに、このまま重大なセキュリティ通知を放置していると、あなたのアカウントが不正に使用されてしまう危険性があるということを通知しているのです。

新しい端末でのログイン

「新しい端末でのログイン」とは、今までGoogleアカウントにログインしたことがない端末で、Googleアカウントにログインした時に通知されます。

例えば、今までiPhoneGoogleアカウントにログインしていたけど、初めてパソコンでアカウントにログインした時などに起こります。

この場合、Googleアカウントにログインされた場所とIPアドレスが表示されるので、心当たりがない場合は、適切な対処法でGoogleアカウントを保護しましょう。

不正なログインのブロック

この通知は、Googleが本人によるアカウントのログインかどうかを判断できなかったために、通知されます。

要するに、これも何者かが不正にあなたのGoogleアカウントにログインしようと試みたということです。

パスワードを破られている可能性もありますので、Googleセキュリティ診断と、パスワードの変更をすることをお勧めします。

セキュリティ通知メールが本物かチェックする方法

f:id:rick1208:20200906093112p:plain
Googleから、セキュリティ通知のメールがきた場合、かなり焦りますが、このメールが迷惑メールである可能性も十分に考えられます。

メールの受信者が、届いたときに焦ってURLを踏んでしまうことを狙っている可能性も否定可能でせん。

なので、このようなメールが届いたときには、まず送信者が本当にGoogleか疑って記載されているURLを踏まないことが鉄則となります。
G

Googleアカウントでチェックする

f:id:rick1208:20200906095738p:plain
上で述べたように、メールのURLを直接押してチェックするのは、セキュリティ上あまりよくありません。

なので、Googleアカウントからチェックする方法が良いと言えると思います。
以下の手順で管理画面を開いて下さい。
ログイン - Google アカウント

セキュリティタブ

1、本当にGoogleからの通知かチェックするのでに、以下のURLからGoogleアカウントにログインして、セキュリティタブを開いてチェックして下さい。
ログイン - Google アカウント


2、「最近のセキュリティイベント」の項目をチェックする。
もし、あのメールが本当にGoogleからのメールであれば、ここに同じ内容が通知されているはずです。

Googleアカウント管理画面で不正なログが見つかった場合の対処法

f:id:rick1208:20200906073127p:plain
では、Googleアカウント管理画面で重大なセキュリティ通知が見つかった場合の手順について説明していきます。

もし、重大なセキュリティ通知がなかった場合でも、アカウントが不正にログインされた時に備え手順を覚えておいて損はないと思います。

セキュリティ対策ソフトを実行

f:id:rick1208:20200906065905p:plain
まず、はじめにセキュリティ対策ソフトがダウンロードされている場合は、念の為スキャンを実行してみて下さい。

これは、万が一お使いはパソコンがウィルスに感染していた場合、そこからGoogleアカウントのパスワードやIDが漏れ出した可能性があるからです。

なので、もしセキュリティ対策ソフトがダウンロードされているならば、まず最初は念の為にセキュリティ対策ソフトのスキャンを実行した方が良いと言えると思います。

Googleセキュリティ診断の実行

f:id:rick1208:20200905172013p:plain
次に、Googleセキュリティ診断の手順を説明します。
Googleでは、アカウントのセキュリティに関する診断や、チェックをGoogleセキュリティ診断からまとめて設定可能です。

なので、Googleからセキュリティ通知のメールがきていない場合でも、Googleセキュリティ診断は1回しておいたほうが安心ですし、セキュリティの向上も見込めます。

二段階認証を導入する

f:id:rick1208:20200905165441p:plain
Googleのセキュリティにおいて、Googleアカウントに二段階認証を導入することはとても重要になってきます。

ちょっと、設定やアカウントにログインするときに一手間かかってしまいますが、必ず導入しておきたいところです。

二段階認証とは

では、二段階認証とはなんなのと思いますか。
二段階認証を導入すると、ログインするときに以下の3つが必要となります。

ID
パスワード
コード

二段階認証を導入すると、普通アカウントにログインするときには要求されない「コード」と言うものが要求されるようになります。

このコードはスマホなどにSMSで送信され、そのコードがないとGoogleアカウントにログインできない仕組みとなっています。

要するに、万が一IDとパスワードが盗まれても、スマホに送られてくるコードがないとアカウントにログインはできない仕組みなのです。
なので、大幅にセキュリティが向上することが可能です。

二段階認証の設定方法

f:id:rick1208:20200905145922p:plain
それでは、二段階認証の設定手順について説明していきます。
また、特定のデバイスには二段階認証が要求されないようにも設定可能なので、その方法についても解説したいと思います。

あらかじめ、Googleアカウントにログインした状態で行って下さい。

1、「セキュリティ」タブを押します。
f:id:rick1208:20200907143041p:plain
2、「二段階認証プロセス」を押します。
f:id:rick1208:20200907143050p:plain
3、ログインして、画面の指示に従って設定して下さい。
f:id:rick1208:20200907143609p:plain
4、二段階認証が設定されると、次回ログイン以降、パスワードを記入した後にこのような画面が表示されます。

5、また、スマホをなくした等、なんらかの理由によりコードを受信できないときには「バックアップコード」を記入することで、アカウントにログインすることも可能です。

万が一の事態に備えて、バックアップコードを控えておくことをお勧めします。
なお、バックアップコードは以下の方法から取得することが可能です。


6、「二段階認証プロセス」を押してログインする。
f:id:rick1208:20200907143617p:plain
7、「コードを表示」をクリックする。
f:id:rick1208:20200907143626p:plain

Googleセキュリティ診断の実行手順

f:id:rick1208:20200905144617p:plain
では、実ときにGoogleセキュリティ診断を実行する方法について説明していきます。
セキュリティ通知メールがきていない方も、ぜひ1回試してみることをお勧めします。

Googleアカウントにログインして実施する

f:id:rick1208:20200904103355p:plain
では、セキュリティ診断の手順について説明していきます。

まず、セキュリティ診断を実行するのでに、Googleアカウントにログインする必要があります。

アカウント管理画面

まず最初は、アカウント管理画面に入ります。
以下の方法から、入って下さい。
1,Googleのトップページから、右上の名前を押してメニューをだす。
f:id:rick1208:20200907143956p:plain
2、「Googleアカウント」をクリックする。

これで、管理画面に入ることが可能でした。
それでは、下の「セキュリティ診断」に進んでください。
f:id:rick1208:20200907144008p:plain

セキュリティ診断項目

アカウント管理画面に入れましたら、セキュリティ診断を行います。

1、「利用してみる」を押します。
f:id:rick1208:20200907144134p:plain
2、このように「セキュリティ診断」の画面が表示されたかと思います。
f:id:rick1208:20200907144422p:plain
3、このように、知らない端末がログインしている場合には、その端末を消去することが可能です。
3、このように、知らない端末がログインしている場合には、その端末を消去することが可能です。
f:id:rick1208:20200907145903p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200904103319p:plain
もしGoogleから警告のメールがきたときには、焦らずそのメールが本物かを正しくチェックすることが重要です。

また、あなたのGoogleアカウントが不正なログインをされないように二段階認証など、正しい対処法でアカウントを保護することが重要です。