漫画の地球儀

『Googleのダッシュボード』でGoolgeアカウントのサービスを管理する方法!【iphone、android】

スポンサーリンク

Googleダッシュボード

f:id:rick1208:20200907132053p:plain
普段から検索サービスとして身近に利用しているGoogle、そんなGoogleが2009年から提供しているサービスの一つ、Googleダッシュボードをご存じと思いますか。今年で提供から10年目になり活用すると便利なサービスの一つであるGoogleダッシュボードの説明と活用方法をお伝えします。

Googleサービスを1つのアカウントで一元管理するツール

f:id:rick1208:20200907132746p:plain
Googleダッシュボードとは、Googleのアカウントを所持しているユーザーが同じアカウントで登録している情報を一元管理するツールの一つです。Androidユーザーは勿論、iphoneユーザーでも欠かすことのできなくなってきたGoogleアカウントの管理を1つで出来るサービスです。

Googleアカウントは色々なところで使用され、管理のやり方がサービスによって違い、一つのサービスを変更する場所を探すことも苦労する、なんてことも少なくはありません。そんなGoogleアカウントを管理するのでに生まれたのがGoogleダッシュボードです。

現在はGoogleアカウントのプライバシー・セキュリティ設定も可能

f:id:rick1208:20200907050026p:plain
2017年9月09日にGoogleGoogleアカウントのプライバシー・セキュリティの設定を可能にするアップデートを行っており、各サービスのプライバシー・セキュリティチェック用としてデザインを一新しており、今ではサービス開始当初に比べ格段に使いやすくなっています。

日頃当たり前のように利用しているだけで、何もチェックしていないだけの使用しているGoogleサービスのセキュリティやプライバシー環境をチェックしてみるのはとても大事なことです。そのような場合に便利なのがこのGoogleダッシュボードのサービスです。

Googleダッシュボードで管理可能な主なサービス

f:id:rick1208:20200907045112p:plain
日頃から当たり前のように利用しているGoogleサービスですが、Googleダッシュボードを使いGoogleアカウントを管理可能なサービスは以下のサービスです。

サービス一覧

f:id:rick1208:20200906181855p:plain

Googleアカウント

有名なのはやはりGoogleアカウントです。スプレッドシートやドライブなど色々なサービスに対応しており、このアカウントが中心となって他のサービスを支えているといえます。ダッシュボード上ではGoogleアカウント全般の設定のチェックが出来ます。

Android端末

Android端末とGoogleサービスは切っても切れない関係性になっており、Android上でアプリをダウンロードするときに使う「Google Play」を使うのに必要です。ダッシュボードでは初めて端末を使用した日、最後に端末にアクセスした日などをチェック可能です。

YouTube

今では当たり前のように利用しているYouTubeGoogleサービスの一つであり、GoogleアカウントにログインしてYouTubeを鑑賞することで履歴をチェック出来たり、お気に入りのプレイリストを作ったり、動画に評価を入れたりすることが可能になります。

ダッシュボードではアカウント管理やプロフィール変更等を行えます。

Gmail

iphoneユーザーでもAndroidユーザーにもお馴染みの無料メールアカウントサービスの一つです。今では普及が進み、仕事や学業、趣味の場でもGmailでのやり取りは欠かせないものとなっています。

ダッシュボードを使うことで総スレッド(メッセージ)数、新着メールのチェックなどの管理が出来ます。

・検索履歴

GoogleChomeを利用している人は検索履歴の見ること、消去を行えます。最新キーワードとそのキーワードを検索した日付をチェック可能です。

Googleダッシュボードのアクセス方法

f:id:rick1208:20200906114925p:plain
Googleダッシュボードへのアクセス方法は簡単です。GoogleChomeブラウザで「Googleアカウント」を検索して下さい。アカウントをお持ちでログインしている場合そのままGoogleアカウントのトップ画面へ移動します。
f:id:rick1208:20200907133227p:plain
Googleアカウントにログインしていない状態で「Googleアカウント」にアクセスするとこの画像の様な画面になります。アカウントをお持ちの人はそのままログインをしてアクセスして下さい。
f:id:rick1208:20200907133234p:plain
Googleアカウント」にアクセスが出来ると左側にメニューが出ます。ダッシュボードにアクセスするのでにはデータとカスタマイズを選んでください
f:id:rick1208:20200907133245p:plain
データとカスタマイズを選ぶと、色々なサービス設定の画面へ移行します。ダッシュボードにアクセスするにはちょっと画面を下げ、「制作したもの、実行したこと」のところの下にあるGoogleダッシュボードに移動を押して下さい。勿論ですが、検索窓があるのでそちらに「Googleダッシュボード」と記入し検索するとそのまま移動します
f:id:rick1208:20200907133252p:plain
Googleダッシュボード」へアクセスすることが出来ました。ここからは色々なサービスのセキュリティ設定や、Googleアカウントで行ったことなどの履歴が一覧でチェックが出来、セキュリティ面でも大変優れているといえます。
f:id:rick1208:20200907133301p:plain
上記の画像の様に一覧で見ることが出来、一元管理することが可能です。

Googleアカウントがない人は新規作成を

f:id:rick1208:20200906093112p:plain

もしGoogleアカウントをお持ちでない場合は新規作成しましょう。まず上記で解説したように「Googleアカウント」へアクセスし、ログインのボタンの下にある「Googleアカウントを作成」を選んで下さい。
f:id:rick1208:20200907134818p:plain
あとは流れに沿って指名、ユーザー名、パスワードを記入します。ユーザー名はGmailでのメールアドレスにもなりますのでお好みで記入してください。記入が終わったら次へを押して次の画面へ進んで下さい。
f:id:rick1208:20200907134836p:plain
次の画面では任意記入ですが電話番号とその他のメールアドレスの記入が出来ます。パスワードを忘れたときや不正アクセスなどを防ぐ意味合いもあり、セキュリティ面の強化という点では記入をおススメします。もちろんあとから追加することも可能なのでスキップしてしまっても構いませんが、生年月日と性別は記入必須になってます。
f:id:rick1208:20200907134850p:plain
記入を終え、次へを押すとプライバシーポリシーと使用規約のページへ移動し、同意を求められますので同意ボタンを押すとアカウントの制作が終了します。
f:id:rick1208:20200907134858p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200906095738p:plain

セキュリティやプライバシーの管理という点で優れているGoogleダッシュボード、Googleアカウントをお持ちの人はすぐにアクセス出来、色々なGoogleのサービスの一元管理が可能なという点でとても優れたサービスの一つです。Googleダッシュボードを使用し、アカウントサービスの状況を見直してみましょう。