漫画の地球儀

『Google Apps Script』の使い方!【初心者、pc、Gmail、マクロ、スプレッドシート、Googleフォーム】

スポンサーリンク

Google Apps Script

f:id:rick1208:20200906191700p:plain
Google Apps Scriptとは何か知っていますか。Google Apps Scriptとは、Googleスプレッドシート、ドキュメント、スライド、フォームを拡張するのでのアドオンを作成するプログラミング環境のことです。

ドキュメントをはじめとして、シートやスライド、およびフォーム用のデスクトップアドオンを指します。

Google Apps Scriptを使用することで、Googleスプレッドシートやドキュメント、スライド、フォーム用のオンラインストアでアドオンを作って公開可能です。

また、コードを全世界に配布する場合であっても、もしくはG Suiteドメインのユーザーに対して非公開にする場合でも、Google Apps Script以外に、スクリプトを沢山のユーザーに配布するのでのより良い方法はないと思います。
Apps Script  |  Google Developers


Google Apps Scriptの特徴

f:id:rick1208:20200906194055p:plain
ここで解説するのは、Google Apps Scriptの特徴です。Google Apps Scriptの特徴は以下の4つです。また、記事後半では基本の書き方も解説します。

Googleが提供しているプログラミング環境
Googleドキュメント用アドオン
マクロ、メニュー、およびカスタム機能
Googleフォームへの返信を管理する

Googleが提供しているプログラミング環境

f:id:rick1208:20200906201644p:plain
1つ目のGoogle Apps Scriptにおける特徴とは、「Googleが提供しているプログラミング環境」であるという特徴です。Google Apps Scriptでは、プログラミング言語のHTML 、 CSSを使用してWebサイトもしくはWebアプリを作成可能です。

Googleドキュメント用アドオン

f:id:rick1208:20200906114925p:plain
2つ目のGoogle Apps Scriptにおける特徴は、「Googleドキュメント用アドオン」であるという特徴です。Google Apps Scriptを使用することによって、選びたテキストをGoogle翻訳で、その他の言語に変換するDocsアドオンを作ってくれます。

マクロ、メニュー、およびカスタム機能

3つ目のGoogle Apps Scriptにおける特徴は、「マクロ、メニュー、およびカスタム機能」があるという特徴です。Google Apps Scriptは、スプレッドシートの機能をニーズに合わせて調整してくれます。

さらに、Googleスプレッドシートのカスタムメニューを使用してレポートを作成する特徴もあるのです。基本の書き方を取り入れてみましょう。

Googleフォームへの返信を管理する

4つ目のGoogle Apps Scriptにおける特徴は、「Googleフォームへの返信を管理する」という特徴です。Google Apps Scriptを使用すれば、電子メールカレンダーは招待されたパーソナライズされたGoogleドキュメントを招待します。

その電子メールカレンダーが可能なことは、フォームに返信するすべてのユーザーに対するものです。

Google Apps Scriptで可能なこと

f:id:rick1208:20200906093112p:plain

続いては、Google Apps Scriptで可能なことを解説します。Google Apps Scriptで可能なことは以下の3つです。基本の書き方を参考にしてもいいかもしれません。

他のサービス・アプリケーションとの連携
Webアプリケーションの開発
パソコンを起動しなくても自動実行可能な

他のサービス・アプリケーションとの連携

f:id:rick1208:20200906073127p:plain
1つ目のGoogle Apps Scriptで可能なことは、「他のサービス・アプリケーションとの連携」することです。GoogleスプレッドシートGoogleカレンダーなどのGoogleサービス以外にも、その他のWebサービスとも簡単かつ自由に連携可能です。

例えば、ツイッター・チャットワーク・LINE・IFTTT・Slack・TrelloなどのサービスとGoogle Apps Scriptは連携可能なのです。大半みなさんが知っているような有名なWebサービスばかりで、可能なことが多いです。

それぞれのサービスが提供しているAPIGoogle Apps Scriptを通して使用するだけでスピーディーに連携してくれます。LINEと連携してチャットボットを開発したり、もしくは特定のツイートだけをSlackに自動投稿したり可能なということです。

Webアプリケーションの開発

f:id:rick1208:20200905172013p:plain
2つ目のGoogle Apps Scriptで可能なことは、「Webアプリケーションの開発」です。Google Apps ScriptはJavaScriptをベースにした言語であることは知っていますか。なお、開発用エディタではHTMLとCSSを使用可能です。

要するに、Webサイトも一緒に作成することによってGoogle Apps Scriptを使用したオリジナルのWebアプリを作成し、公開することも可能なということですね。オリジナルのURLが発行されるので、シェアすれば誰でもアクセス可能。

Google Apps Scriptし、あらゆる種類のWebアプリもしくはWebサイトを自由に開発可能なのはとても魅力的ですね。当然のことながら、クリエイティブなWebアプリ以外にもシンプルなWebサイトを構築することも可能なので万能です。

パソコンを起動しなくても自動実行可能

f:id:rick1208:20200905165441p:plain
3つ目のGoogle Apps Scriptで可能なことは、「パソコンを起動しなくても自動実行可能な」ということです。自分自身のパソコンで作成したプログラムはパソコンの電源をOFFにしてしまうと実行可能でせん。

しかしながら、Google Apps Scriptの場合はプログラムがGoogleのサーバー上に保管されているため、いつでもどこでも実行可能なのです。この特徴を活用することにより、定期的に同じプログラムを自動実行可能です。

具体例を出すと、「毎朝7時にチーム全員に対して特定のメールを送信する」「ニュース情報を2時間ごとに取り入れてチャット投稿する」「災害情報や気象情報を30分ごとにツイートする」などあらゆる活用方法があるのです。

Google Apps Scriptと連携可能なGoogleサービス

f:id:rick1208:20200905145922p:plain
上記で解説した「可能なこと」をぜひ実践してみてください。続いて解説するのは、Google Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスです。Google Apps Scriptがあるサービスを7つ解説します。

また、記事後半では基本の書き方についてお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Google Apps Scriptがあるサービス

f:id:rick1208:20200905144617p:plain
Google Apps ScriptがあるGoogleサービスは以下の7つです。

Gmail
Googleスプレッドシート
Googleフォーム
Googleマップ
Googleカレンダー
Google翻訳
Googleアナリティクス

Gmail

f:id:rick1208:20200906203244p:plain
1つ目のGoogle Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスは、「Gmail」です。このサービスでは、Eメールの送信をはじめ、下書きの作成、ラベルの管理、メッセージやスレッドのマーク付け、その他のさまざまなGmailアカウント管理タスクを実行可能です。

Googleスプレッドシート

f:id:rick1208:20200906203253p:plain
2つ目のGoogle Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスは、「Googleスプレッドシート」です。このサービスにより、スクリプトGoogle Sheetsファイルを作成をはじめとして、アクセスの変更も可能です。

Googleスプレッドシートの書き方でついては記事後半でみていきましょう。

Googleフォーム

f:id:rick1208:20200906203348p:plain
3つ目のGoogle Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスは、「Googleフォーム」です。このサービスによって、スクリプトGoogleフォームを作成やアクセスの変更が可能です。書き人はここでは解説しません。

Googleマップ

f:id:rick1208:20200906203404p:plain
4つ目のGoogle Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスは、「Googleマップ」です。このサービスを使用することで、スクリプトで静的なマップを生成可能です。方向を検索して住所をジオコード座標に変換し、標高をサンプリングすることも可能です。

Googleカレンダー

5つ目のGoogle Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスは、「Googleカレンダー」です。このサービスによって、スクリプトはユーザーが購読している追加のカレンダーを含め、ユーザーのGoogleカレンダーにアクセスして変更可能です。

Google翻訳

f:id:rick1208:20200906204050p:plain
6つ目のGoogle Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスは、「Google翻訳」です。このサービスでは、スクリプトが自動的にテキストを翻訳してくれます。

Googleアナリティクス

7つ目のGoogle Apps Scriptと連携可能なGoogleサービスは、「Googleアナリティクス」です。Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールのこと。基本的に無料で使用可能です。

Google Apps Scriptのメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200904103423p:plain

ここでは、Google Apps Scriptのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

メリット

f:id:rick1208:20200904103355p:plain
Google Apps Scriptのメリットは以下の3つです。

Googleアカウントがあれば開発環境は不要
業務の効率化
完全無料

Googleアカウントがあれば開発環境は不要

1つ目のGoogle Apps Scriptにおけるメリットは、「Googleアカウントがあれば開発環境は不要」であるというメリットです。開発環境は全部Googleが提供してくれているため、必要なものはパソコンとインターネット環境だけ。

Googleアカウントを使用するだけで、誰でもすぐにプログラミングを始められます。スケジュールによるイベントトリガーの設定をメニューから選択することで、すぐさま実現可能な昨日は魅力的です。

業務の効率化

2つ目のGoogle Apps Scriptにおけるメリットは、「業務の効率化」するというメリットです。多くのビジネスマンやインターネット利用者は何かしらのGoogleサービス利用していると思います。

また、チャットワークもしくはツイッターなどの一般的に使用しているGoogle以外のサービスも利用している人は少なくないと思います。要するに、学んだことをすぐに実践として活用可能な環境が用意されているのです。

勉強したことをすぐに仕事に取り入れることによって、その自動化もしくは効率化により作業時間を圧倒的に短縮させることが可能です。効率化によって空いた時間でGoogle Apps Scriptを使用した新しい挑戦に時間を設けることが可能なのです。

完全無料

3つ目のGoogle Apps Scriptにおけるメリットは、「完全に無料」であるというメリットです。

デメリット

f:id:rick1208:20200904103137p:plain
次にGoogle Apps Scriptにおけるデメリットを解説します。以下の2つのデメリットをお伝えします。

ローカル保存のファイルにアクセスできない

1つ目のGoogle Apps Scriptにおけるデメリットは、「ローカル保存のファイルにアクセスできない」というデメリットです。オフラインで使用するのでの保存はできないので気を付けてください。

参考資料が英語であることが多い

2つ目のGoogle Apps Scriptにおけるデメリットは、「参考資料が英語であることが多い」というデメリットです。Google翻訳を使用すれば日本語に変換可能なので、デメリットではないかもしれません。

Google Apps Scriptの使用方法

f:id:rick1208:20200904102623p:plain
それではGoogle Apps Scriptの使用方法を解説します。「Standalone」と「Container Bound」で始める使用方法をそれぞれ解説します。

「Standalone」で始める方法

f:id:rick1208:20200904102751p:plain
「Standalone」で始める使用方法では、大きく分けて4つの手順を踏んでいきます。それでは使用方法をお伝えしましょう。

f:id:rick1208:20200906204249p:plain
まず最初は、Googleドライブを立ち上げてください。
f:id:rick1208:20200906204447p:plain
Googleドライブを立ち上げたら、「新規」→「その他」「アプリ」の順で選びていきましょう。

アプリの設定を選びたら、Google Apps Scriptを接続してください。

以上の手順でGoogleドライブからGoogle Apps Scriptへの接続可能になりました。

「Container Bound」から始める方法

f:id:rick1208:20200904083326p:plain
次に「Container Bound」から始める使用方法を解説します。2つの手順で使用方法をみていきましょう。

先ほどの使用方法と同様に、Googleドライブを開いてください。
f:id:rick1208:20200906204518p:plain
Googleドライブを開いたら、ツールからスクリプトエディタを選びましょう。以上で使用方法の手順は終了です。

スプレッドシートでグラフ作成

f:id:rick1208:20200904083311p:plain
最後に解説するのは、Google Apps Scriptの基本の書き方です。スプレッドシートでグラフ作成についてお伝えします。

基本的なグラフのソースコード

f:id:rick1208:20200904083326p:plain
基本的なグラフのソースコードとして「棒グラフ」と「折れ線グラフ」について解説します。

棒グラフ

棒グラフのソースコードは、「、asColumnChart()」です。

折れ線グラフ

一方で、折れ線グラフのソースコードは「、asLineChart()」です。