漫画の地球儀

『LINE』で予約送信する方法!【iPhone、android、pc、LINE@、自動送信、時間指定】

スポンサーリンク

LINEで予約送信、自動送信は可能?

f:id:rick1208:20200903171550p:plain
LINEではメッセージの予約送信、自動送信をすることが可能です。

LINEアプリ単体での予約送信、自動送信をする設定はないため、他のアプリを使用することでLINEでメッセージの予約送信、自動送信を可能なようにすることが可能です。

なので、LINEメッセージの予約送信、自動送信は色々な方法があります。

何通まで送信可能?

f:id:rick1208:20200903150643p:plain
LINEメッセージを予約送信、自動送信するツールにもよりますが、LINEが公式でリリースしている「LINE@」というアプリでは無料で1000件のメッセージを時間を指定して送ることが可能です。

無料で1000件のメッセージを時間を指定して送ることが可能ですが、これ以上にメッセージを時間を指定して予約送信、自動送信したい場合、有料になってしまいます。

詳しくは「LINEで予約送信する方法」の「LINEで予約送信する方法~ LINE@~」にて解説しますのでそちらをご覧ください。

LINEで予約送信する方法

f:id:rick1208:20200903142951p:plain
先ほども書いた通り、LINEで時間を指定してメッセージの予約送信、自動送信が可能なようになる方法はあります。

ここではその方法の一つである「LINE@」というアプリケーションを使用したLINEメッセージの予約送信、自動送信が可能なようになる方法を解説します。

LINE@

f:id:rick1208:20200903141946p:plain
ここでは「LINE@」を使用してメッセージの予約送信、自動送信するやり方について解説します。

その前に「LINE@」とはどのようなアプリなのか解説します。

LINE@とは

f:id:rick1208:20200904083326p:plain
LINE@とはビジネス向けのLINEアカウントを作成し運営する機能です。

ビジネスをするのでの機能に特化したアプリなので、特定のLINEユーザーにメッセージを一斉に送信したり、LINE限定のクーポンを送信することが可能です。

LINE@とは別にLINE公式のアカウントも存在します。では、LINE@のアカウントとLINE公式のアカウントは何が異なるのでしょうか?

それは、アカウントの維持などにかかる費用です。LINE公式のアカウントは数百万単位で費用がかかります。

それに比較して、LINE@のアカウントは無料プランがあり、有料でも月額5400円しかかかりません。

しかし、LINE@のアカウントとLINE公式のアカウントが使える機能はほぼ変わりがないため、中小企業などが簡単にLINE@でLINE上の公式アカウントを作成することが可能です。

LINE@(ラインアット)の使用方法、時間指定の方法

f:id:rick1208:20200904083311p:plain
LINE@でメッセージを予約送信、自動送信するやり方を解説します。
f:id:rick1208:20200905031654p:plain
上の画像はアプリを起動したときに表示されるLINE@のアカウント管理画面です。

この画像の「メッセージ」を押してください。
f:id:rick1208:20200905031708p:plain
上の画像が「メッセージ」を押したときの画面です。この画面では予約送信、自動送信の設定をすることが可能です。

月1000通まで自動でメッセージを送信することが可能なのでメッセージの送信回数もチェックすることが可能です。

ここで「新規メッセージ追加」を押してください。
f:id:rick1208:20200905031730p:plain
この画像は「新規メッセージ追加」を押したときの画面です。ここで自動送信したいメッセージの文とその分の送信時間を予約することが可能です。

一番上の項目「メッセージ」が未設定になっているのでここを押して送信したい文を記入してください。

その一つ下の項目の「送信時間を予約」をONにすると、メッセージの送信時間を分単位で設定することが可能です。

送信したいメッセージの文と送信時間を設定したら「送信」ボタンを押して設定の終了です。
f:id:rick1208:20200905031738p:plain
メッセージの最初の画面から「予約済み」を押して、予約済みのメッセージをチェック可能です。

ここでは誰かの誕生日を祝うという設定で「誕生日おめでと」というメッセージを時間を設定して予約しました。

予約メッセージの下に小さく日付と時間がかかれています。この時間にメッセージが送信されるように予約設定されています。
f:id:rick1208:20200905032907p:plain
実ときにLINEアプリのほうでチェックすると、予約設定した時間と同じ時間になった瞬間にLINE@のアカウントからメッセージが送られてきました。

LINE@(ラインアット)を使う場合の問題点

f:id:rick1208:20200904102751p:plain
LINE@でメッセージの予約送信を設定するときに気を付けなければいけない問題点があります。

それは、従来LINEで使用しているアカウントとLINE@で使用するアカウントが別アカウントということです。

これが示す意味とは、予約メッセージを自動送信したいときにその相手に1回LINE@のほうのアカウントを友達登録してもらわないといけないということです。

かなり致命的な問題点です。

なので最初にLINEアカウントを友達登録してもらうときに同時にLINE@のほうのアカウントも登録してもらうと相手も楽だと思います。

それか、既存のグループに自分自身のLINE@のアカウント入会させてかたっぱしから友達追加していくのもいいと思います。このほうが相手は承認するだけで済むので手間がかなり減ると思います。

LINEで予約送信する方法「アプリ」

f:id:rick1208:20200904102808p:plain
次はLINEが開発元が異なるアプリケーションの解説とそのアプリによるメッセージの予約送信、自動送信の方法について説明していきます。

予約送信 for LINE

f:id:rick1208:20200905033156p:plain
ここで解説するアプリは「予約送信 for LINE」というアプリです。

名前の通り、LINEアプリで送りたいメッセージを予約設定するのでに作られたアプリケーションです。

下からこのアプリで可能なLINEメッセージの予約設定のやり方を順に説明していきます。
f:id:rick1208:20200905033203p:plain
上の画面がこのアプリの起動画面です。ここに予約済みのメッセージが表示されます。

右上の追加ボタンもしくは、画像の下部にある新規グループ追加ボタンを押してください。LINEメッセージの予約設定が開始されます。
f:id:rick1208:20200905033251p:plain
右上の追加ボタンもしくは、画像の下部にある新規グループ追加ボタンを押すと上の画面のようにアプリ内でブラウザを開きLINEログインを求めてきます。

ここでわかる通り、このアプリはLINEとの連携によってLINEメッセージの予約送信、自動送信を可能なようにしています。
f:id:rick1208:20200905033257p:plain
ログインすると、ブラウザ上で上の画像のような画面が表示されます。ここではメッセージを予約送信、自動送信するLINEグループを選びます。

選び終えたら「同意して連携する」ボタンを押してください。
f:id:rick1208:20200905033308p:plain
無事にログインが終了し、LINEと連携することが可能なと上の画像のようにLINEアプリのほうにメッセージが届きます。
f:id:rick1208:20200905033314p:plain
連携が終了すると、先ほど指定したグループが上の画面のように表示されます。これでこのアプリのLINEのメッセージ自動送信の予約機能の下用意が終了しました。

予約送信 for LINEの使用方法、時間指定の方法

f:id:rick1208:20200904102825p:plain
次に先ほど、LINEへのメッセージの自動送信機能の下用意が終了しました。いよいよこのアプリでメッセージの自動送信のやり方を解説します。
f:id:rick1208:20200905033319p:plain
上の画面はLINEメッセージの自動送信の下用意が終了したときの画像から指定したグループを押したときに表示される画面の画像です。

ここではLINEに送信するメッセージ内容とLINEにメッセージを自動送信する時間を設定します。時間は15分間隔で指定することが可能です。

これだけでLINEの自動送信するメッセージの設定は終了です。

LINEへの自動送信されるメッセージの設定が終了すると上の画面のように、自動送信されるメッセージの設定した内容をチェックすることが可能です。

「LINEを予約する」を押すと、追加でLINEへの自動送信するメッセージを設定することが可能なようになっています。

予約送信 for LINEを使う場合の問題点

f:id:rick1208:20200904103137p:plain
このアプリはメッセージを自動送信することが可能な機能を持ったアプリです。

しかし、致命的な問題があります。それはLINE友達に個人的なメッセージを自動送信する機能がないということです。

なのでこのアプリではグループでのみ自動でメッセージを送信することが可能なアプリとなっています。

myThings

f:id:rick1208:20200905033349p:plain
次に解説するのは株式会社ヤフーが開発元であるmyThingsというアプリでのメッセージの自動送信のやり方です。

最初に気を付けてほしいのは、このアプリでLINE送る自動送信メッセージは自由に送ることができないということです。

そもそもこのアプリに入っている機能はあるアプリの情報を別のアプリに通知するの機能です。

なのでにあるアプリからLINEに情報を通知するしか自動送信のメッセージを送ることが可能でせん。

それを踏まえてこのアプリでのLINEに自動送信のメッセージを送信するやり方を見てください。
f:id:rick1208:20200905033359p:plain
下にスクロールすると上の画面のようにいくつかのチャンネルが表示されます。

ここではLINEに自動メッセージを送信するやり方の解説なのでLINEを押してください。
f:id:rick1208:20200905033406p:plain
するとLINEチャンネル関連したサービスがすべて表示されます。

ここではその中からyahoo天気とLINEの「一時間以内に雨が降りそうになったら、LINEでお知らせ」を例に解説します。

この項目を押すとこの二つのサービスに対してこのアプリとの連携をしなくてはなりません。このアプリで初めて使用するサービスはこのアプリとの連携を求められるので連携してください。
f:id:rick1208:20200905033412p:plain
連携を終了してからこのサービスを使用することが可能です。

連携が終了しているサービス同士だと、上の画面のように「Yahoo天気で雨が降りそうになったら指定した時間にLINEに通知する機能」の設定が開始可能です。

これはほかのサービスを使用するときはその設定のやり方が異なるので省かせてもらいます。

この機能を使用するうえで絶対に設定しなくてはいけない項目は赤文字で「設定が必要です」と出ているのでそこさえ記入すればこの機能は使用可能です。
f:id:rick1208:20200905033421p:plain
機能の設定が終了したら一番下までスクロールしていき下の大きな作成ボタンを押してください。
f:id:rick1208:20200905033426p:plain
正常に機能が作成されていると「組み合わせ一覧」の画面に作成した機能があるはずです。

このアプリにはいくつかの問題点があります。

一つはLINEに送れる自動メッセージが限られているということ。

もう一つはこのアプリのサービスが2019年1月31日に終了してしまうということがです。

LINEで自動送信する方法

f:id:rick1208:20200904103355p:plain
LINEで自動送信可能な機能を所持しているのはスマホのアプリケーションだけではありません。

ここではLINEでメッセージを自動で送信する機能の「LINEアシスト」について解説します。

LINEアシスト

f:id:rick1208:20200905033444p:plain
LINEアシストとは、LINE@というアプリをさらにビジネス思考に特化させ使用することを考えられた機能です。

LINEアシストは基本「LINE@」をアシストするソフトです。使用方法、時間指定のやり人は「LINEで予約送信する方法~ LINE@~」でチェックください。

LINEアシストで自動送信する場合の問題点

f:id:rick1208:20200904103423p:plain

LINEアシストの問題点としては手軽に使えないということ。

ビジネスに特化したソフトウェアのために月額で8000円ほどかかります。

LINEの公式では予約送信、自動送信可能?

f:id:rick1208:20200904103319p:plain
LINEアプリ単体だけではメッセージの予約送信、自動送信のやり人は存在しません。

しかしこれだけの必要とされている機能です。近いうちにそれに似た機能がアップデートは追加されるかもしてません。

いかがでしたでしょうか。

これまでLINEで自動でメッセージを送信するやり方について説明してきました。

今のところLINEアプリ単体では予約送信することが可能でせんが、それを補うためにツールはいくつか存在します。

うまく使用してLINEでの生活を充実させたものにしてください。