漫画の地球儀

LINEの『ピン留め』で特定トークをリスト上部に固定配置する方法!【iPhone、android、順番並び替え機能】

スポンサーリンク

特定トークトークリスト上部にピン留めする方法

f:id:rick1208:20200903171550p:plain

ピン機能の使い人は、その存在を知ってさえいればとても簡単です。ちなみにピン機能を使用していることは相手に通知されません。

iPhone版LINEでピン機能を使うには

f:id:rick1208:20200903150643p:plain
iPhone版LINEでは、最初にトークリスト上でリスト上部に固定配置したいトークを右にスワイプすると、ピンボタンと通知オン、オフボタンが現れます。

f:id:rick1208:20200904175815p:plain
あとはピンボタンをタップすれば、トークがリスト上部にピン留めされます。ピン留めの状態によって、このピンボタンの表示は変化します。

f:id:rick1208:20200904175834p:plain
ピン留めしたトークは、左の丸いアイコンに青いピンマークが付くので一目瞭然です。頻繁に開くトークをピン機能で固定表示しておけば、迷わず目的のトークを探し出せます。

Android版LINEでピン機能を使うには

f:id:rick1208:20200903142951p:plain
Android版LINEでは、トークリスト上でリスト上部に固定配置したいトークを長押しすると表示されるメニューの中からピン留めを押します。

iPhone版LINEと同様、ピン留めしたトークには青いピンマークが付きます。

ピン機能と並び替え機能との関係

f:id:rick1208:20200903141946p:plain
トークリスト上でトークの順番を変えられるのは、ピン機能だけではありません。並び替え機能を使うと、受信時間か未読メッセージの有無、お気に入りの有無でトークをソート可能です。

この並び替え機能は、トーク一覧の画面でトークの文字を押すと表示されます。

特定のトークをピン留めした上で、さらに並び替え機能によって並び替えると、優先される基準は何になるのかは気になるところです。

たとえば、「(1)複数のトークをピン留めした上で(2)お気に入り順に並び替える」と、どのような順番でトークが並ぶようになるのと思いますか? 以下、この設例を検証してみます。

1、 複数のトークをピン留め

f:id:rick1208:20200904103423p:plain
まず(1)複数のトークをピン留めします。

当然ですが、ピン留めされたトーク群は、ピン留めされていないトーク群より必ず上部に表示されます。どのように並び替えようとも、この順番は変わりません。


ピン留めされている3つのトークが上に表示される。

2、 トークをお気に入り順に並び替え

f:id:rick1208:20200904103355p:plain
次に、(2)ピン留めされているトークの友だちをお気に入りに追加します。これでトークがお気に入り順に並び替えられるはずです。

実ときに確かめてみると、ピン留めされたトークの中でお気に入りに追加されているトークが上部に表示されます。

要するに、ピン留めされたトーク群もしくはピン留めされていないトーク群の中で、並び替え基準(受信時間・未読メッセージ・お気に入り)に従って並び替えられるということです。

お気に入りの友だちとのトークが優先されて上部に表示される。ピン留めされていない下部のトークではお気に入りトークが上に表示されるようになった。お気に入りではないがピン留めされているトークは、ピン留めされていないがお気に入りであるトークよりも優先されている。

3、 同一条件下では受信時間順に並ぶ

f:id:rick1208:20200904103319p:plain
最後に、ピン留めされていて、かつ、お気に入りに追加されているトーク群の並び方をチェックします。

下記画像を見れば分かるとおり、受信時間が最近であるトークの方が上部に並べられています。よって、同一条件下での並び替え基準は受信時間が近い順になっているということです。


上の2つを比べると、時間が早い方のトークがより上位に表示されている。

まとめ

f:id:rick1208:20200904103137p:plain
というわけで、ピン留めと並び替えの関係で優先されるのは、最優先がピン、次いでお気に入りや未読メッセージといった並び替え基準、最後に受信時間ということになります。

したがって、どうしても最上部に表示しておきたい友だちとのトークがある場合は、そのトークの友だちをお気に入りにした上で、トーク並び替え基準で「お気に入り」を選び、そのトークをピン留めすればよいわけです。

これらの仕組みを理解しておけば、トークリストを可能なだけ思い通りの順番で並び替えられるはずです。