漫画の地球儀

格安SIMでLINEの年齢確認(認証)、ID検索できない原因、対処法!【docomo、au、SoftBank、iPhone、android】

スポンサーリンク

格安SIM

f:id:rick1208:20200904164952p:plain
普通に毎月最低6,000円ほどかかるdocomoauSoftBankの3大キャリア(MNO)の通信費用と異なり、データ通信だけなら月500円ほどから、音声通話をつけても1,000数百円から使用可能な、MVNOが提供する格安SIMは、じわじわと人気を広げています。

通信施設を持つ3大キャリアはMNOと呼ばれ、そこから通信施設を借りて通信サービスを提供する場合はMVNOと「Virtual(仮想)」が付きます。MNOの施設を使用しているため通信エリアは3大キャリアと同じですが、回線の一部を借りてユーザーに市販していることから、その分通信品質は劣る傾向があります。

その代わり各社で特徴あるプランを打ち出しているので、自分自身の使用方法にあったプランを割安で使える場合が多く、しかも3大キャリアの2年縛りにくらべて縛りが緩いため、試してみて自分自身に合わないようならすぐに乗り換えられるという気楽さもあります。

しかしそんな便利な格安SIMも、ことLINEで使用するとなると大きな問題が発生します。

格安SIMでは LINEの年齢チェック(認証)ができない?

f:id:rick1208:20200903171550p:plain
LINEではLINEアプリのダウンロード時に年齢チェック(認証)を行うか尋ねられます。ところがMVNO格安SIMを使用していると、この年齢チェック機能を使用可能でせん。

普段は大して困らないので、そのまま「いいか」と流してしまいますが、場合によっては困る場面も出てきます。

LINEの年齢チェック(認証)

f:id:rick1208:20200904165112p:plain
LINEの年齢チェック(認証)は、電話会社に契約条件をチェックして、利用者が18歳以上であることを認証してもらう機能です。ところがこの機能に対応している電話会社は、3大キャリアと2つのMVNOしかないのです。

なので、それ以外の格安SIMのユーザーや、電話番号登録をせずにフェイスブックアカウントでLINEアプリを使用しているユーザーは、年齢チェック機能を使用できないのです。

しかし、ほかのSNSやチャットアプリでは年齢や生年月日は自己申告制なのを思えば、どうしてLINEではこんな面倒な年齢チェックを行っているのかと不思議に思う人もおいでと思います。LINEが、わざわざ電話会社にチェックをとるという面倒な年齢チェック機能を導入したことには、当然のことながら理由があります。

LINEの年齢チェック(認証)が設定された理由

f:id:rick1208:20200904165213p:plain
話はLINEがリリースされて、高校生を中心に人気が広まっていった時期に遡ります。

当時、掲示板などの出会い系のサイトで、電話番号を公開するよりも抵抗の薄いLINE IDが利用されることが多く、なのでLINEが危険なものとして白眼視されつつありました。そこでLINEではこうした事態への対応策として、LINE IDを使った検索・追加に対し、年齢チェックによる制限を行い、18歳未満とのLINE IDでの友だち登録ができないようにしたのです。

ただ、この当時はまだMVNOの存在感がさほど大きくはなかったため、3大キャリアさえ協力すれば問題はこれ以上起きませんでした。しかし、その後MVNOが占める割合が増えつつあるため、格安SIMで年齢チェックができない問題は次第に大きなものになっているのです。

LINEの年齢チェック(認証)ができないとどうなる?

f:id:rick1208:20200903150643p:plain
前節で記したように、年齢チェックはあくまでもLINE IDを使った友だち検索・友だち追加に対する制限です。したがって年齢チェックがとれないと、友だち追加の手段としてLINE ID検索が使えません。

これはあなたがLINE ID検索を使えないという意味だけではなく、他のユーザーがLINE ID検索をしたときの検索候補にも挙がらないということも意味しています。

さらにID検索だけではなく、電話番号による検索も可能でせんし、検索候補にも挙がりません。要するに、LINE IDと電話番号という、二つの大きな友だち登録機能を使用できなくなるのです。

格安SIMでもワイモバイルとLINEモバイルは年齢チェック(認証)可能な

f:id:rick1208:20200904165233p:plain

先に「この機能に対応している電話会社は、3大キャリアと2つのMVNOしかないのです。」と記したように、実はMVNO格安SIMの中にも年齢チェック(認証)に対応しているところがあります。それはLINEモバイルとワイモバイル(Y!mobile)です。

LINEモバイルはLINEのMVNOですから年齢チェックに対応しているのは当然と言えると思います。LINEモバイルは、それ以外にもLINEアプリの通話・トーク使用時の通信コストがゼロになるLINEフリープランなども備えており、LINEを中心として使うための格安SIMとしては最適なものとなっています。

もうひとつのMVNOのワイモバイルは、格安SIMの中では通信品質・コストが共に高く、格安SIMというよりもMNOとMVNOの中間の、SoftBankのセカンドブランドという存在です。なのでSoftBankの年齢チェックシステムをそのまま使えるようになっています。

格安SIMを利用して年齢チェックの罠を回避するなら、これらのMVNOの使用をおススメします。

大手キャリアのSIMを使えば年齢チェック(認証)を回避可能?

f:id:rick1208:20200903142951p:plain
あなたがLINEアプリを入れて使用しているスマートフォンが、かつて3大キャリアのものであったなら、現在は格安SIMで運用していたとしても、以前利用していた3大キャリアのSIMを使うことで年齢チェック(認証)を回避可能です。

ただしなのでには、解約前に各社のユーザーサポートページで解約後も使用可能なように引き継ぎ作業をしておかねばなりません。もし引き継ぎ作業を行っていないならば、年齢チェックの回避のためには、のちほどお話しするグレーゾーンの方法を採ることになります。

引き継ぎ作業を行っていた場合

f:id:rick1208:20200904080645p:plain

引き継ぎ作業はキャリアごとに異なります。

docomo dアカウントがそのまま使用可能ですが、IDはdocomoのキャリアメール以外にしておかなければなりません

au au IDがそのまま使えますが、IDは電話番号のままでは使えなくなるのでそれ以外のIDに変更しておかねばなりません

SoftBank 手続きは不要ですが、解約後3か月以内しか使用できません


SoftBankユーザーは3か月以内、他のキャリアユーザーはIDを変更済みだったとします。

f:id:rick1208:20200904165320p:plain
この状況で、あなたのスマートフォンに解約済みのSIMを挿します。その上でWi-Fi環境下で年齢チェックを行います。

年齢チェックのときには、挿されているSIMはあくまでもユーザーサポートページに飛ぶためのキャリアを判別するのでにしか利用されず、電話番号や開通しているか、などといった情報は無視されています。なのですでに解約済みのSIMであっても、正しいユーザーサポートページに飛べるのなら問題は起きないのです。

あとはまるで3大キャリアを契約中であるかのごとく、年齢チェックを終えれば大丈夫です。端末自体が年齢チェックの認証をうけたことになるので、このあとSIMを差し替えても年齢チェックは回避できたままです。したがってこれで格安SIMを使用していても年齢チェックを回避することが可能でした。

引き継ぎ作業を行っていなかった場合

f:id:rick1208:20200904083326p:plain
引き継ぎ作業を行っておらず、あなたのサポートページにアクセスできなくなった場合は、やむを得ません。素直に年齢チェックの回避を諦めるか、グレーゾーンの手法に手を染めるかです。

おススメはしませんが、グレーゾーンの手法は以下の通りです。

友だちのSIMを借りてあなたのスマートフォンに挿し、そのまま年齢チェックを行います。キャリアのユーザーサポートページへのアクセスには友だちのIDとパスワードを借ります。そうすれば、年齢チェックは問題なく終了します。あとは友だちのSIMを返却して、元の格安SIMを挿入し直します。これで格安SIMによる年齢チェックは回避可能でした。

ただし、この手法は完全に他人の情報を流用するのですから、事実が発覚したときにLINEからなんらかのペナルティが下る可能性があります。年齢チェックを回避しても、ペナルティを回避できないのではなんにもなりませんので、手を出さないほうがよろしいと思います。

LINE ID検索以外で友達を追加する対処法

f:id:rick1208:20200904102623p:plain
先の節でグレーゾーンだからと友だちのSIMを借りることをおススメしなかったことには、もうひとつの理由があります。

それは年齢チェックの必要なLINE IDを使わなくともLINEで友だちを追加する方法が、いやそれどころか年齢チェックなしでもLINE IDで友だちを追加する方法があるからです。

年齢チェックを回避して友だちを追加可能な方法は以下に記しますが、これらについての詳しいやり人は下記のリンク先の記事を参考にしてください。
ThumbLINEの自分自身の連絡先を友達に教える方法!IDやQRコード以外にも?
友達にLINEの自分自身の連絡先を教えるときは電話番号での交換が一番簡単ですが、電話番号を公開し、、、

ふるふる

f:id:rick1208:20200904165433p:plain
ふるふるは、近くの友だちと一緒にスマートフォンを振ることで、お互いのLINEアカウントを登録し合える機能です。もしスマートフォンを振る動作が大げさで嫌ならば、画面タップで済ませることも可能です。

隣にいる知り合い同士でスマートフォンを振り合うのが基本ですが、GPSによる位置情報を使用しているためその範囲は半径1km程度と広く、その中で10人が振れば10人の、100人が振れば100人のLINEアカウントを登録可能です。

場合によっては、大きなパーティー会場で参加者全員が、それどころかコンサート会場や球場などでオーディエンヌが一斉にLINEアカウントを交換することさえ可能な機能です。

一緒にスマートフォンを振り合うという操作方法がパーティーなどで盛り上がったとき向きで、LINEの普及時期には、LINEアカウントを送る新しい方法として人気を呼びました。現在でもパーティーやサークル・仕事の会合などで1回に多くのメンバーを”友だち追加”するには一番便利な方法です。

ただし、ふるふるは先に記したようにGPSを使用するので、実ときにふるふるを使う前にLINEアプリとスマートフォン全体の両方の設定で位置情報の使用を許可しておかなければなりません。それを忘れていると、パーティなどで一斉にふるふるしている場面に乗り遅れることになります。

QRコード

f:id:rick1208:20200904165701p:plain
ふるふるが近くにいる大勢の友だちと1回にLINEアカウントを交換するのに向いている対し、QRコードは近くの友だちと1対1でお互いにLINEアカウントを交換したり、離れたところにいる友だちにメールで送ったり、ほかのSNSで画像を伝えることで大勢の人に自分自身のLINEアカウントを伝えたり可能な、便利な方法です。

自分自身のマイQRコードは、自分自身の好きなタイミングで変更可能なため、SNSなどで時限的に自分自身のLINEアカウントをさらしておいて、時期が来たらそのQRコードでは登録できないようにすることも可能です。

逆に言えば、こんなに便利な機能を年齢チェックなしで使用可能なようにしておくのであれば、ID検索と電話番号検索だけ年齢チェックをする必要があるのだろうか、という疑問も湧いてきます。これについては、その当時は主流だったID検索と電話番号検索を、やはりその当時の雰囲気で年齢チェックしなければいけなかったのだ、と言わざるを得ないのが実情です。

友だち自動追加

f:id:rick1208:20200904102808p:plain
LINEのとても便利な機能であり、一方で批判の対象となってもいるのが、この友だち自動追加機能です。LINEアプリ上で“友だち自動追加”がオンの状態だと、スマートフォンの連絡先の電話番号が読み取られ、その電話番号で登録しているユーザーが友だちとして登録されます。

一見手間がかからず便利な機能に思えますが、連絡先に載っているだけで特にLINE上で友だちになりたくもない仕事先や学校の知人が勝手に友だちに登録されるという悲劇も生まれます。

この機能についても、「連絡先に登録しているくらいだから面識はあるはずだ」という理由から年齢チェックの対象から外れています。そのような意味では安心して使えるのですが、上に記したような問題点もあるため、全力ではおススメしがたい機能でもあります。

あくまでも自分自身の都合に沿っているかを考えた上で使用してください。

知り合いかも

f:id:rick1208:20200904102825p:plain
年齢チェックに関係なく友だちに追加可能なバターンに、LINEの方から“知り合いかも”と提示されるLINEアカウントがあります。

これは、QRコードグループトーク、複数人トーク経由などで、相手がすでにあなたをLINE上で友だちに追加している場合に表示されます。要するにツイッターで言うところの片思い状態のLINEアカウントのことです。

場合によっては、ストーカー的なアカウントかもしれないので、十分に注意した上でこちらかも友だちになるべきです。

LINEグループ

f:id:rick1208:20200903200056p:plain
同じLINEのグループトークに参加している、いわば友だちの友だちであれば、年齢チェックの有無に関係なく友だちになることが可能です。

なのでには、LINEアプリの友だちタブからグループを選び、グループのホーム画面を表示するだけです。あとは参加者のアイコンを押して現れるメンバー一覧から友だちに追加したいメンバーを選択するだけです。
f:id:rick1208:20200904165832p:plain
すでに同じグループトークに参加しているのですから、気心も知れていると思いますし、気軽に友だちに追加していいと思います。

パソコン版 LINE

f:id:rick1208:20200903194546p:plain
実は、スマートフォンのLINEで年齢チェックができないためにID検索・登録に制限がかかっている場合でも、パソコン版のLINEアプリを使うと年齢チェック不要でID検索が可能です。

なのでには、パソコンでLINEアプリを立ち上げ、”友だち追加”タブに切り替えたあとで“友だち検索”を押します。
f:id:rick1208:20200904165847p:plain
すると“友だち検索”のウインドウが開きますので、”ID”にチェックを入れてLINE IDを記入すればOKです。
f:id:rick1208:20200904165901p:plain

相手からのID検索はできない

上で触れたように、年齢チェックをしていなくてもパソコン版LINEではID検索が可能です。しかし、その逆のID検索の対象になることは可能でせん。

相手からのID検索の対象となるために、どうしてもスマートフォン上のLINEアプリで年齢チェックを済ませる必要があります。不便にも感じますが、元々の未成年者の出会いを防ぐという意味からは、スマートフォンでの年齢チェックが必須であるのは確かです。検索が可能なだけでもありがたいと思うようにしてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200903200031p:plain
LINEを使う上で、友だちを追加する手段であるLINE IDや電話番号での検索はとても大事な要素であり、それを使うために必要な年齢チェックもまた重要な要素となっています。しかし格安SIMユーザーには、この年齢チェックが越えられない壁として存在しています。

であれば、年齢チェックを無理やり行うなり、年齢チェックが不要な友だち登録法を使うなり、していかざるを得ません。ここでこれらの方法をよく感知して、LINEの友だちをどんどん増やして充実したものにしていってください。