漫画の地球儀

Windows10で『mp4』の動画をDVDに焼く方法!【pc、ソフト、書き込み、ISO。変換】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200901152038p:plain

みなさんはWindows10でmp4の動画をDVDに書き込みをする方法をご存知でしょうか?

パソコンでmp4形式の動画を見るのであればそのまま動画再生ソフトで再生すればいいのですが、書き込みというと例えばパソコンで編集した動画を発表会に使いたいけどパソコンを持ち込めない・知人の結婚式で流すお祝いの動画を流すためにDVD化しなければならないといったパターンはよくあります。

mp4形式の動画を発表の場などで大勢の人に見せたい場合、パソコンで流すには持ち歩くのが面倒ですしスマホだとそもそも複数人に見せるのは難しいです。

発表の場ではDVDビデオの再生機器が揃っていることが多いため、DVD作成を行ってmp4動画をDVDビデオにすれば、大半のパターンに対応することが可能なほか持ち歩くのも楽になります。

そこでここでは、mp4形式の動画を変換してDVDプレイヤーで再生可能なようにすることを目的とした、mp4をDVDに焼く方法をご説明していきます。

Windows10でmp4の動画をDVDに焼く方法

f:id:rick1208:20200901151928p:plain
それでは、Windows10でmp4形式の動画をDVDに書き込みする方法を説明していきます。

mp4形式の動画を焼いてDVDビデオを作成するには、書き込みに対応した光学ドライブ・DVD-Rとオーサリングソフトの2つが必要になります。

オーサリングソフトとは、デジタルデータの編集・制作を行うことの可能なソフトです。

用意(機材)

f:id:rick1208:20200901151902p:plain
パソコンに搭載されている光学ドライブがDVDの書き込みに対応していなかったり、そもそも光学ドライブが搭載されていない場合は新たに光学ドライブを搭載するか、外付けの光学ドライブを用意しましょう。

また、DVD-Rは書き込みを行っていない新品のものが必要です。家電量販店やAmazonで購入して用意しましょう。

用意(ソフト)

f:id:rick1208:20200901151840p:plain
オーサリングソフトはフリーソフトの「DVD Flick」と「ImgBurn」を用います。

DVD Flickで動画の編集を・ImgBurnでDVD作成を行います。どっちもフリーソフトなので無料で使用することが可能です。

DVD Flick

DVD Flickは動画の編集を行うことの可能なフリーソフトで、複数の動画を一つの動画にしたり、メニュー作成・チャプター分け・タイトル作成などが行えますよ。また、ISOイメージファイルの作成なども行うことが可能です。

まず最初はDVD Flickをダウンロードしましょう。下記リンクのダウンロードページにアクセスしたら、「Download DVD Flick」ボタンをクリックするとインストーラーがダウンロードされます。
f:id:rick1208:20200901153020p:plain

DVD Flick


ダウンロードした「dvdflick_setup_1、3、0、7、exe」を起動することでDVD Flickのダウンロードが始まります。「Next」を押して進みましょう。
f:id:rick1208:20200901153045p:plain
ライセンス同意書が表示されます。同意書の下部に表示されている「I accept the agreement」を押してライセンスに同意したら「Next」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200901153138p:plain
ダウンロードフォルダはデフォルトのままで問題ありませんが、ダウンロード先を変更したい場合は「Browse」を押してフォルダを指定しましょう。終了したら「Next」を押します。
f:id:rick1208:20200901153146p:plain
「Create a desktop icon(デスクトップアイコンの作成)」と「Associate with DVD Flick Project files(プロジェクトファイルの関連付け)」を尋ねられます。チェックボックスをオンにすることで実行されますよ。「Next」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200901153156p:plain
ダウンロードが実行された後、インフォメーションが表示されます。「Next」をクリックすることでダウンロード終了画面が表示され、DVD Flickのダウンロードが終了します。
f:id:rick1208:20200901153203p:plain

ImgBurn

ImgBurnは、DVDの書き込みを行うことの可能なフリーソフトです。DVD Flickで編集したデータを書き込むのに使用します。

ImgBurnをダウンロードしましょう。下記リンクのダウンロードページにアクセスしたら、ページ上部に表示されている「Mirror 1 - Provided by Digital Digest」を押してダウンロードページに移動しましょう。
f:id:rick1208:20200901153222p:plain
他のMirrorと書かれたリンクは全部ダウンロードリンクなので、Mirror 1に繋がりにくい場合には他のダウンロードリンクからダウンロードを行ってみてください。

The Official ImgBurn Website


ダウンロードした「Setup_ImgBurn_Clean_2580、exe」を起動するとImgBurnのダウンロードが始まります。「Next」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200901153304p:plain
ライセンス同意書が表示されるので、同意書の下部に表示されている「I accept the terms of the License Agreement」を押してチェックボックスをオンにしたら「Next」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200901153312p:plain
コンポーネント選択画面が表示されます。デフォルトのままでOKので「Next」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200901153321p:plain
ダウンロードフォルダもデフォルトのままで問題ありませんが、ダウンロード先を変更したい場合は「Browse」を押してフォルダを指定しましょう。終了したら「Next」を押してダウンロードを進めましょう。最後にダウンロード終了画面が表示されれば、ダウンロード終了となります。
f:id:rick1208:20200901153328p:plain

動画を編集する

それでは、DVD Flickを起動して動画を編集してみましょう。

DVD Flickを起動すると編集画面が表示されます。

ウィンドウの一番下に表示されているフォルダパスは作業フォルダとなるので、分かりやすいフォルダを作って「Browse」から指定しておくと操作しやすくなりますよ。それでは、ウィンドウの中央にmp4ファイルをドラッグ&ドロップすることで編集メニューに追加してみましょう。
f:id:rick1208:20200901153353p:plain
動画の読み込みが終了すると、画像のように動画リストに動画のパス・時間・音声・タイトル情報が表示されます。

リストに動画をドラッグ&ドロップすることで、更に動画を追加していくことが可能となっています。
f:id:rick1208:20200901154225p:plain
このように、複数のmp4ファイルを追加して一つの動画として繋げることが可能です。
f:id:rick1208:20200901155614p:plain
次に、動画の書き込み方法を設定しましょう。ウィンドウ上部の「Project settings」ボタンを押しましょう。

左側メニューの「Burning」を押して選び、右側に設定項目が表示されるので、「Burn project to disc」のチェックボックスをオン
Project settingsウィンドウが開いたら、左側メニューの「Burning」を押して選びます。
f:id:rick1208:20200901155630p:plain
右側に設定項目が表示されるので、「Burn project to disc」のチェックボックスをオンにましょう。
f:id:rick1208:20200901155637p:plain
すぐ下に表示されている項目が選択可能なようになるので、「Drive」でDVD作成に使用する光学ドライブを指定し、「Automatically erase dics if it is rewritable」と「Verify disc after burning」のチェックボックスをオンにしたら「Accept」を押して設定を終了させましょう。

ちなみに、「Create ISO image」のチェックボックスをオンにするとISO形式のイメージファイルが作成可能なようになります。

DVDビデオを作成する

f:id:rick1208:20200901151816p:plain
動画の編集が終了したら、いよいよDVDビデオを作ってみましょう。光学ドライブに空のDVDディスクを挿入しましょう。

空のDVDがパソコンに読み込まれたことをチェックしたら、DVD Flickのウィンドウ上部メニューにある「Create DVD」ボタンを押しましょう。
f:id:rick1208:20200901155705p:plain
「WARNING!」と警告が表示されます。

この警告は前に編集したファイルが残っている場合に表示され、消去していいかどうかを尋ねるものです。「Yes」を押して先に進みましょう。
f:id:rick1208:20200901155717p:plain
次に「空のDVDディスクが入っていますか?」というチェックウィンドウが表示されます。

「OK」をクリックすることで、DVDへの書き込み処理が開始されます。
f:id:rick1208:20200901155727p:plain
DVDの書き込み処理が始まると、画像のようなウィンドウが表示されます。DVDの書き込み時間はパソコンのスペックや動画によって変わってくるので、しばらく待ちましょう。
f:id:rick1208:20200901155735p:plain
DVD Flickでの書き込み処理が終了するとImgBurnが自動的に起動してDVDへの動画データ書き込みが始まります。

しばらくの間プログレスバーに変化がなく、ウィンドウ下部のステータス表示も「Synchronising Cashe・・・」のままになっていますが、この間も作業が行われているのしばらく待ちましょう。
f:id:rick1208:20200901155743p:plain
この作業の最中にDVDドライブが開いて閉じる場合がありますが、仕様ですのでご安心ください。そのまま書き込み作業が続行されます。もしドライブが閉じない場合は、手動で閉じましょう。
プログレスバーが動いて書き込み状況を知らせてくれます
書き込みが開始されると、プログレスバーが動いて書き込み状況を知らせてくれます。終了するとImgBurnは自動的に終了します。

これで、mp4形式の動画をDVDビデオにすることが可能でした。
f:id:rick1208:20200901155752p:plain

DVDビデオが作成できたかどうかチェックしよう

f:id:rick1208:20200901141744p:plain
DVD FlickとImgBurnを用いてのDVD作成が終了したら、最後に忘れずにDVDビデオとして焼くことができたかどうかチェックしましょう。

DVD作成が終わったあともDVDはドライブに残ったままとなるので、動画再生ソフトでDVDを指定して読み込んでみましょう。無事に動画が再生できればオーケーです

あとは手元にDVDプレイヤーやPlayStation3・4などの実機があれば、それらの機器にDVDを入れて再生可能なかどうか見てみましょう。実ときの再生機器でも再生することができれば、今度こそDVD作成は終了です。