漫画の地球儀

スマホのクリップボードの開き方、使い方【Android。iPhone、pc、アプリ、テキスト、画像】

スポンサーリンク

クリップボード

f:id:rick1208:20200901143156p:plain
クリップボードとは、パソコンやスマホの操作画面で利用者が必要だと思う画像や文章を切り取ったり、複製したりして、一時的に保存しておくことが可能なコンピューター上の領域のことです。

現実で利用されているクリップボードのように、文章や画像などを一時的にとめておけることから、そう呼ばれています。

これまでにコピー、切り取りした物が残っている場所

f:id:rick1208:20200901143207p:plain

クリップボードを使用すると、利用者がこれまでにコピーしたり、カットしたりしたものを一時的に保存しておくことが可能です。

パソコンでクリップボードを使用すると、上の写真のように使用履歴が残るので、すこし前にコピーしたりカットしたりしたものでも、すぐに再度使用することが可能なので、とても便利です。

スマホで保存されている場所の開き方

f:id:rick1208:20200901141744p:plain
それでは、このクリップボードスマホではどこにあるのかをこれからご説明していきます。

実は、標準のままのスマホにはパソコンのように保存した履歴を一覧で見る機能はありません。標準のままのスマホでは、クリップボードを使用して、1つのデータのみ、コピペすることが可能です。

※標準のままのスマホとは、拡張アプリを使用していないスマホのこと。拡張アプリとは何か、については後述で詳しく説明します。

Androidスマホのうち、アクオスフォンのいくつかの機種には、履歴一覧がで見れる機能が標準でついているものもあります。

これについても、後述で書きます。

iPhoneの場合

f:id:rick1208:20200901141727p:plain
標準のiPhoneで、クリップボードがどこにあるかを探しても、見つけることは可能でせん。

iPhoneでは、クリップボードを利用して、ひとつのテキストデータのみをコピペすることが可能です。

クリップボードを使用したコピペの方法を書いていきます。
f:id:rick1208:20200901143234p:plain
文章を記入可能なものなら何でもいいのですが、ここではiPhoneの純正アプリのメモアプリを使用していきます。

トップ画面で、メモアプリを押します。
f:id:rick1208:20200901143845p:plain
紙とペンのアイコンを押して新しいメモを開きます。
f:id:rick1208:20200901144156p:plain
コピーする単語を記入します。
f:id:rick1208:20200901144202p:plain
コピーしたい単語の部分を長押しすると、虫眼鏡がでてきます。
f:id:rick1208:20200901144343p:plain
単語を選びて、カットを押して、切り取ります。

iPhoneのメモアプリ 単語をカットして、何も記入されていない画面。クリップボードに保存されている。
f:id:rick1208:20200901144349p:plain
単語が切り取られ、何も記入されていない状態になりました。切り取られた単語がどこにいったかというと、iPhone内のクリップボードに一時的に保存されています。

iPhoneのメモアプリ ペーストたい部分で長押しをして虫眼鏡をだす。
f:id:rick1208:20200901144356p:plain
ペーストをしたい部分で長押しをすると、虫眼鏡がでてきます。


iPhoneのメモアプリ ペーストたい場所で虫眼鏡から手をはなし、ペーストを押す。
f:id:rick1208:20200901144404p:plain
ペーストたい場所で虫眼鏡から手をはなし、ペーストを押します。
iPhoneのメモアプリ ペーストができた画面。
f:id:rick1208:20200901144410p:plain
クリップボードに保存されていた単語を、ペーストることが可能でした。

Androidの場合

f:id:rick1208:20200901131826p:plain
Androidでは、クリップボードの履歴一覧が標準機能でついているスマホについては、クリップボードを開くことが可能です。

しかし、一覧機能が無い大半のAndroidの機種では、クリップボードがどこにあるかを探しても、見つけることは可能でせん。

大半の機種では、クリップボードを利用して、ひとつのテキストデータのみをコピペすることが可能です。クリップボードの使用方法を詳しくお伝えしていきます。

履歴一覧機能が有る場合も無い場合も、どっちも基本的なクリップボードの使い人は同じです。

文章を記入可能なものなら何でもいいのですが、ここではAndroidの純正アプリのメモアプリを使用していきます。

トップ画面で、メモアプリを押します。
f:id:rick1208:20200901144445p:plain
(+)のアイコンを押して、新規のメモを開きます。
f:id:rick1208:20200901144621p:plain
コピーする単語を記入します。
f:id:rick1208:20200901144630p:plain
コピーあるいは切り取りしたい単語の上で長押しをすると、単語が選択されます。
f:id:rick1208:20200901144637p:plain
ここでは、切り取りをしてみるので、切り取りを押します。
f:id:rick1208:20200901144642p:plain
単語を切り取ると、何も表示されなくなります。切り取られた単語がどこにいったかというとAndroid内のクリップボードに一時的に保存されています。
f:id:rick1208:20200901144648p:plain
今度はペーストをしていきます。ペーストたい所で長押しをして、ペーストを押します。

※今回、スクリーンショットで使用した機種には、一覧機能があるため【クリップボード】という選択肢がありますが、ここでは無視して下さい。
f:id:rick1208:20200901144926p:plain
無事にペーストることが可能でした。

履歴一覧機能のある機種でのクリップボードの開き方のひとつとして、ペーストのときに【クリップボード】を押す。という開き方があります。
f:id:rick1208:20200901144941p:plain
ペーストたい所で長押しをしたときにでてくる【クリップボード】を押すと、画面下部に一覧が開かれます。

ここでペーストたいものをチェックすることができ、押すことでペーストることが可能です。

履歴一覧機能のある機種での、もうひとつのクリップボードの開き人は、テキストの記入画面でマイクのアイコンを長押しして、クリップボードを押す。という開き方です。
f:id:rick1208:20200901145023p:plain
テキスト記入の画面で、マイクのアイコンを長押しします。
f:id:rick1208:20200901145436p:plain
クリップボードのアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200901145531p:plain
画面下部にクリップボードの履歴一覧が開かれます。

クリップボードの使用方法

f:id:rick1208:20200831211532p:plain
クリップボードの基本的な使い人は、上記で書きましたが、ここではWEB上のテキストをコピーするときにの使用方法と、クリップボードに画像を保存するときの使用方法について、書いていきます。

文章の場合

f:id:rick1208:20200901145648p:plain
WEB上のテキストをコピーしたいときには、その付近で画面を長押しします。(これはAndroidを利用して説明していますが、iPhoneでも同様な作業です。

詳しくは、上で書いた「iPhoneの場合」の見出しをご覧ください。)
f:id:rick1208:20200901145657p:plain
範囲を選択可能なようになるので、右端(先端がズレていた場合や、もっと前から選びたい時は左端も)を動かして範囲を選びます。
f:id:rick1208:20200901150340p:plain
コピーを押すと、クリップボードに保存されます。

画像の場合

f:id:rick1208:20200831204518p:plain
スマホクリップボードに保存可能な画像は、スクリーンショットをした画像のみ(キャプチャ画面)です。

パソコンのクリップボードには、容量の小さい画像を保存することは可能ですが、スマホではそれは可能でせん。

また、スマホで画像をクリップボードに保存したものをメモアプリなどに、ペーストすることは可能でせん。

では、クリップボードに保存された画像はどこでチェック可能なのかというと、通常の画像と同様にスマホ内のギャラリーでチェックすることが可能です。

クリップボードの履歴をチェック、消去する方法

f:id:rick1208:20200831151046p:plain
標準のスマホクリップボードに残っているテキストデータを履歴としてチェックするには、拡張アプリが必要です。

しかし、消去をするのは、標準のスマホでも可能です。使用方法をお伝えします。

標準のままのスマホクリップボードには、直前にコピーしたテキストデータ1件のみが保存されています。

履歴チェックができない標準のスマホの場合、以下の方法で使用したテキストデータを削除することが可能です。
f:id:rick1208:20200901150406p:plain
メモ、メールなどのアプリを使い、スペースキーで空白を作ります。
f:id:rick1208:20200901150413p:plain
その空白のテキストデータを新たにコピーします。するとクリップボードに保存されている直前のデータが、真っ白い文章(空欄)になり、その前にコピーしていたデータは消去されます。

f:id:rick1208:20200901150444p:plain
標準でクリップボードの履歴一覧機能がついている機種では、先にお伝えした開き方でクリップボードを開いた画面から、消去をおこなうことが可能です。

ゴミ箱アイコンを押します。
f:id:rick1208:20200901150452p:plain
消去したいデータの欄を押して、チェックをいれて選びます。
f:id:rick1208:20200901150458p:plain
最後に終了を押すと、データの削除がおこなわれます

拡張アプリでチェックが便利

f:id:rick1208:20200831141542p:plain
拡張アプリを使うことで、どのスマホでもクリップボードの履歴のチェックと、消去が可能なようになります。

拡張アプリは、いろんなものがフリーソフトででていますが、Androidなら「aNdClip」、iPhoneなら「Clip & Paste」がオススメです。

それぞれの使用方法をお伝えしていきます。

Androidなら「aNdClip」がおすすめ

f:id:rick1208:20200901150620p:plain
PLAYストアから、aNdClipを探し、インストールします。
f:id:rick1208:20200901150626p:plain
aNdClipを立ち上げると、この基本画面がでてきます。ここにはコピーしたデータが一覧となっていて、履歴をチェック可能です。(スクリーンショットしたデータは、URLに変換されて保存されています。)

再度使用したいテキストデータを押すことで、直前のコピーとして保存されます。
f:id:rick1208:20200901150634p:plain
その状態で文字記入画面にて、ペースト作業をおこなうと、そのテキストデータをペーストることが可能です。

aNdClipは、クリップボードの機能の他にも電話帳なども使用可能なので、使用の幅が広がるアプリです。
f:id:rick1208:20200901150647p:plain
消去したいデータの上で長押しします。
f:id:rick1208:20200901150658p:plain
削除を押します。
f:id:rick1208:20200901150708p:plain
全てのデータを削除するには、右上の3点マークのアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200901150715p:plain
履歴をクリアを押します。
f:id:rick1208:20200901150728p:plain
全て消去しても大丈夫なら、OKを押します。


iPhoneなら「Clip & Paste」がおすすめ

f:id:rick1208:20200901150929p:plain
Clip & Pasteを初めて立ち上げると、この画面から始まります。ここでは、どっちを選択(タップ)してもかまいません。
f:id:rick1208:20200901150935p:plain
Clip & Pasteには、初期起動のときからすでに6つのテキストデータが履歴として入っています。必要ないテキストデータは、削除可能です。

再度使用したいテキストデータを押すことで、直前のコピーとして保存され、そのままペースト作業をおこなうと、ペーストることが可能です。
f:id:rick1208:20200901150945p:plain
Clip & Pasteで、データの整理をするには、右上のSortを押します。
f:id:rick1208:20200901150952p:plain
整理したいテキストデータの横の(ー)アイコンを押します。
f:id:rick1208:20200901150958p:plain
消去するときは、Deleteを押します。これでClip & Pasteを使用して履歴を管理することが可能です。

さらにClip & Pasteでは、コピーしたテキストデータをClipとHistoryに分けることが可能です。

Clipとは、よく使うデータを画面の上部にとどめておくことが可能なモードで、Historyとは、コピーをするたびに一番上に新しいデータが繰り上がってくるモードのことです。

editとは、テキストデータを編集することが可能なアイコンです。clipあるいはunclipを押すと、clipの設定・解除が可能です。