漫画の地球儀

AndroidからiPhoneに乗り換えるメリット、デメリット!【特徴、ケース、機種変更、バッテリー】

スポンサーリンク

AndroidからiPhoneに乗り換えると後悔する?

f:id:rick1208:20200901120350p:plain
ここでは、AndroidからiPhoneに乗り換えると後悔する?のかについて説明していきます。

まず、後悔するのかについてですが、Android機種から別端末へ機種変更するならそれほど不安はないかもしれないが、AndroidからiPhoneへの乗り換えはちょっと不安だと思います。データ移行も不安だと思います。

そして、後悔するのかについてですが、今まで利用していた機種と仕様が異なると、後悔するかもしませんが、AndroidからiPhoneに乗り換えるには使いこなせずに後悔したりしている人やデータ移行で苦労する人は多いと思います。

OSが変わると仕様も変わる

f:id:rick1208:20200901111250p:plain
また、AndroidからiPhoneに乗り換えると、OSが変わると仕様も大きくかわるのですが、後悔するのかについてですが、AndroidからiPhoneに乗り換えることでは、AndroidiPhoneに搭載されてるOSはそれぞれ異なります。

なお、Androidは「Android」、iPhoneは「iOS」というOSが採用されており、後悔するのかについてですが、Androidなら8、0、iOSなら11が最新のOSで、OSが変われば、ボタンの配置や使用可能なアプリなど、機能面、データ移行も大きく変わってきます。

さらに、AndroidからiPhoneに乗り換えると、使いやすさは慣れとしか言いようがないですし、AndroidからiPhoneに乗り換えると、データ移行もそうですが、もしかしたら今まで重宝していた機能が使えなくなってしまう可能性もあります。

ここで、AndroidからiPhoneに乗り換えると、OSごとの特徴において、そしてAndroidからiPhoneに乗り換えると、Android端末に搭載される「Android」は、Google社がLinuxを携帯端末用に改良して作ったOSです。

したがって、AndroidからiPhoneに乗り換えると、Androidのホーム画面を自由に設定できたり、Androidのデフォルトのフォントを変更したりと、自分自身好みにカスタマイズすることが可能なのが特徴なのです。

それに比較して、AndroidからiPhoneに乗り換えると、iPhoneが搭載している「iOS」は基本的にはデフォルトの制限がある中で、Androidのデータ移行などで、使用するので、柔軟性には欠けてしまいます。

しかしながら、AndroidからiPhoneに乗り換えると、現在Android勢であっても特にカスタムは重視していなかったり、Androidのデータ移行などできず、デジタルに疎い方などはiPhoneが使いやすく感じるかもしれません。

ただ、後悔するのかについてですが、AndroidからiPhoneに乗り換えると、説明書がなくとも直感的に操作可能な安定感があり、ちょっと操作すれば割と誰でも使いこなせてしまうシンプルさが魅力なのです。

AndroidiPhoneのOSごとの特徴

f:id:rick1208:20200901020638p:plain
ここでは、AndroidからiPhoneに乗り換えで、後悔するのかについてですが、AndroidiPhoneのOSごとの特徴について解説します。

Android

f:id:rick1208:20200831211532p:plain

まず、後悔するのかについてですが、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける、Androidの特徴ですが、スマートフォンを操作するのにコンピュータ科学の専門教育を受けておく必要があると言っているわけではないです。

しかしながら、Androidのデバイスをいじるのが好きで、データ移行もスムーズで自分自身のスマートフォンを細かく調整してインタフェースを自分自身好みにカスタマイズ可能なことを望むなら、Androidスマートフォンが最適な選択肢になると思います。
AndroidからiPhoneに乗り換えについて

そして、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける、Androidスマートフォンのカスタマイズの特徴は、Androidスマートフォン自体の機能と実行しているアプリのみによって決まるのです。

例えば、Androidの任意の数のテーマをダウンロード、Androidの対話型ウィジェットをホーム画面とロック画面に追加、Androidの特定の種類のファイルを起動するアプリを指定が可能です。

さらに、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける特徴についてですが、Androidのアプリランチャー、アプリトレイ、通話アプリ、キーボード、電子メール、SMSのサードパーティーアプリのダウンロードやデフォルトのフォントの変更も可能です。
 
加えて、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるAndroidスマートフォンの特徴ではアプリのサイドローディングも可能なのです。

しかし、これは、Androidの公式のGoogleの「Google Play」以外のソースから自分自身のスマートフォンにアプリをダウンロードする行為のことです。

そして、例えば、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける特徴ですが、Amazonのアプリストアである「Amazon Underground」や、インターネットから直接ダウンロードすることも可能です。
 
なお、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるAndroidの特徴は、プルダウン式の通知バーに機能的なショートカットボタンが配置されていることでも有名で、Androidなら、この通知バーのボタンを1回押すだけでさまざまなことが実行可能です。

あるいは、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるWi-FiBluetoothのオン、オフの切り替え、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるGPSの有効化、機内モードの使用、消音、画面回転の固定、メッセージのチェックや返信などが可能なのです。

AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるこうした機能アイコンを長押しすると、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるそれぞれの設定メニューも表示可能ですが、iOSバイスにもプルアップ式のコントロールセンターがあるのです。

なお、このコントロールセンターにも前述のような機能の多くが搭載されており、各機能のオン、オフを切り替えることは可能ですが、設定画面にアクセスするのでのショートカットは用意されていません。

そこで、設定を変更したい場合は、設定画面にアクセスしなければならず、Androidは一連の境界線を緩く設定しており、ユーザーがある程度自由に独自のワークフローや基本設定を決められるようにしています。

最後に、いくらかの試行錯誤は必要になるが、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるAndroidの愛好家にとっては、それも楽しみの一部になると思います。

iPhone

f:id:rick1208:20200831204518p:plain

ここで、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるiOSの特徴についてですが、iOSAndroidとは別物で、Appleは最近の更新でiOSの自由度を上げています。

そして、具体的には、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける通知センターに操作可能なウィジェットを追加したり、サードパーティー製のソフトウェアキーボードをサポートしたりしています。

しかしながら、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるこのような更新と壁紙を除けば、iOSは一貫性が高くて柔軟性の低い環境であるのです。

f:id:rick1208:20200828161438p:plain

また、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるデフォルトの設定では、アプリのサイドローディングは不可能で、ブラウザやメールクライアントのようなデフォルトのアプリを一括変更することもできないのです。

さらに、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるアプリでリンクをクリックすると、リンク先はAppleの「Safari」で開かれ、回避策としてデフォルトで使用するアプリをアプリごとに指定することは可能です。

ここで、例えば、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるGoogleの「Gmail」アプリで、全部のリンクを同社の「Chrome」で開くように設定するといった具合で須賀、これは控えめに言っても面倒なのです。
 
そこで、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるiOSを選ぶ理由は何かといいますと、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける柔軟性には欠けるが、iOSはとても直感的に操作できて比較的安定しているのです。

加えて、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける何かしら不具合が生じたり正常に動かなくなったりしても、Appleによってすぐに修正プログラムが提供され、iOSAndroidユーザーが憧れるくらいに洗練されているのです。

なお、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるAppleはかつて「It just works(とにかくちゃんと動く)」というスローガンを掲げていて、iOSに備わっている一貫性はユーザーにとって理にかなっているのです。

その一貫性のおかげで、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるiOSを使用したことが大半ないユーザーや、全く使用したことがないユーザーでも、手に取って簡単に使用することが可能なのだと思います。

Android からiPhoneに乗り換えるメリット

f:id:rick1208:20200831151046p:plain
ここからは、Android からiPhoneに乗り換えるメリットについて解説します。
Android からiPhoneに乗り換えるメリットについての説明の続き

補足として、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける内臓ストレージが大きいについて解説しますが、Androidは32GB、64GB、128GBなどと機種によって容量が決まっているのです。

そこで、以前は、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける数少ないモデルで256GBの端末も販売されていたが、現在販売されている端末は128GBが最大です。
AndroidからiPhoneに乗り換えについて

そして、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるiPhoneの場合、同じ機種で2〜3種類の容量が販売されているため、自分自身の使用内容によって選択ができ、iPhoneXと8Plus、8はそれぞれ64GBと256GBが販売中です。

また、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるAndroidはSDカードで容量を別途追加することが可能だが、iPhoneにはそんな煩わしさはなく、動画をいくつもダウンロードしたい方や3Dアプリなどを使用する場合は、初めから大容量を備えていた方が安心です。
Android からiPhoneに乗り換えるメリットについての説明の続き

さらに、電子マネーApple Payは値段においてモバイルSuicaが無料で使えるのですが、iPhoneAndroidはそれぞれ電子マネーが使用可能なと説明して、どっちも使用内容は異なるが、電子マネーSuicaを使用するときの気を付ける点があるのです。

そして、電子マネーApple Payなら値段において電子マネーSuicaを無料で使用可能ですが、Google PayでモバイルSuicaを使用したい場合には値段ですが、年会費1,030円がかかってしまいます。


f:id:rick1208:20200831141542p:plain

なお、電子マネーについてですが使用クレジットカードに、viewカードか、もしくはviewカードの提携クレジットカードを登録して年会費の値段を無料にする方法もありますが、このような値段の制限があるのが厄介だと思います。

ここで、FeliCa対応のAndroidなら値段において、EASYモバイルSuicaから無料で使用可能なが、クレジットカードの登録がない分、オートチャージができないなどのデメリットがあるでしょう。

なお、電子マネーGoogle Payには値段を下げるポイントカードやギフトカード、クーポン機能が備わっているものの、日本での普及率が低く、店舗側がGoogle Pay対応可否を把握していない場合もあります。

加えて、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける現状電子マネーGoogle Payの機能は付いていても、リリースが後手になり現時点では使用できない店舗なども多いので、今後電子マネーのサービスは浸透していくはずです。

しかし、いつになるかはわからないですし、そう考えると現時点でAndroidからiPhoneに乗り換えにおける使用しやすいのは電子マネーApple Payがあります。

ここで、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるデータ移行が簡単について解説します。

まず、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるiPhoneのバックアップはiCloudへバックアップし、新しい機種でデータを復元するだけで移行が終了します。

f:id:rick1208:20200831134848p:plain

そして、AndroidでもGoogleアカウントを紐付けすれば同様なことは可能なものの、MacWIndowsマシンにアプリの追加ダウンロードなどが必要だったりとちょっと難易度が高くて、データ移行に関してもiPhoneの方が簡単です。

ここで、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける中古端末が高く売れることについてですが、iPhoneは端末の値段が高い、とデメリットに上げたが、反対に中古の端末でも高く売れるというメリットがあります。

なお、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるiPhoneはキャリアや販売する国が違っても仕様は同じなので、海外でも需要が高く、その分高値で買い取ってもらえるのです。

ここで補足ですが、ここではAndroidからiPhoneに乗り換えにおけるキャリアごとの下取り価格を参考に、iPhoneAndroidの価格を比較していきましょう。

まず、docomoiPhoneで、最大38,000円です。また、Androidは、最大32,000円で、最大価格だけ見るとそこまで差がないように感じますが、これはどっちも最新機種に近いものを下取りに出したときの値段です。

f:id:rick1208:20200828163941p:plain

そして、数年前の端末でも需要があるか大事なので、ちょっと前の2015年販売機種で比較してみたところ、iPhone6は12,000円、同じ年に販売したAndroid端末のGalaxy S6 edgeは7,000円、同じくAndroid端末のHTC J butterfly HTV31は5,000円でした。

また、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるauiPhoneの値段は、最大40,500円で、Androidは、最大10,000円で、auは、ポイントでの還元になるため、円とは言えど "〇〇円相当の還元" という意味になるでしょう。

さらに、実質下取りにあてる割引にはなるので、AndroidからiPhoneに乗り換えにおける他のキャリアの価格と同じものと考えましょう。

ここで、ちなみに、iPhone6は11,340円で下取り、Galaxy S6 edgeは最大価格の10,000円で、HTC J butterfly HTV31の記載はなかったですが、翌年に発売されたHTC 10 HTV32は3,000円です。

ここで、SoftBankiPhoneは、最大36,000円で、Androidは最大4,800円で、ソフトバンクは買取価格の差が凄まじく、ちなみにiPhone6は12,480円、Galaxy S6 edge SC-04Gは4,800円でした。

そして、HTC端末なら、U11は下取り対象に入っていましたが、その他のHTC端末は下取り対象に記載がなかったため要チェックして、そしてソフトバンクは下取り還元に加えて電子マネーソフトバンクカードへのプリペイドバリューチャージ4,800円分も付いてきます。

操作が簡単

f:id:rick1208:20200831121758p:plain
皆さんの中にも、これまではAndroidの使用をやめた時のデメリットばかりを説明してしまったため、もしかしたら機種変更をやめようと踏みとどまってしまったかもしれないと思います。

しかしながら、AndroidからiPhoneに乗り換えにおけるiPhoneにも強みがたくさんありますし、ここからはiPhoneに乗り換えた場合のメリットを説明していくので、ぜひ比較に役立てていただきたいです。

まず、操作が簡単について説明していきますが、iPhoneはなんといっても操作が直感的で簡単という強みがあり、使い初めから操作で迷うことが少なくスマホデビューにも向いているため、説明書がないのにも納得です。

そして、機能面でも玄人ほどのこだわりがなければ全く問題はないので、万人向けのバランスのとれた機種だと言えます。

ケースなどのサードパーティ製品が豊富

f:id:rick1208:20200901122116p:plain
ケースなどのサードパーティ製品が豊富なのです。そして、常に最新OSが使用可能なのです。

また、サクサク動作し続けられる点として、iPhoneは常に最新OSが使用可能なという点が上げられ、iPhoneは毎年大きいアップデートと、微々たる調整を繰り返して進化しているのです。

なお、アップデートを怠ってしまうとサクサク感が損なわれたり、勝手に電源が落ちてしまうなどのバグが発生してしまうが、アップデートのお知らせがきたら素直に対処すれば問題ありません。

一方で、Android端末を使用している人は、約4割が古いOSで使い続けているという衝撃のデータが出ているのです。

アプリが豊富

f:id:rick1208:20200830200528p:plain
もちろん、アプリが豊富なのです。なお、iPhoneのOSはAppleが専門的に開発しているため自社のOS以外が搭載されることはなく、OSが進化すればすぐさま端末も対応可能なのです。

しかしながら、Androidの場合は、OSはGoogle社が開発して、端末は別のメーカーが製造するので、その都度最新OSに対応ができずこのような事態が起きてしまうのです。

なお、メーカーは現段階の最新OSで開発を進めますが、開発中にさらに新しいOSができあがってしまうこともあります。

ただし、急に対応することもできないため、仕方なく開発中のOSで発売し、リリース後に新OSへアップデート可能なよう対処するしかなくなります。

機種変更時のデータ移行が簡単

f:id:rick1208:20200830191554p:plain
また、ストレスフリーなサクサク感について解説します。

そして、これは、使用しないとわからないとわかりづらい部分だが、iPhoneはタッチレスポンスの感度がよく、動作のサクサク感が素晴らしいのです。

なお、Androidは使い続けているうちにどうしても動きがモサっとしてきてしまうところが難点ですが、iPhoneは長時間使用してもサクサク動いてくれるのです。

さらに、感度が悪いスマホほどストレスなものはないと思います。

バッテリー持ちがいい

f:id:rick1208:20200830191545p:plain
ここで、バッテリーの持ちがよいについて解説します。まず、iPhoneはバッテリーの持ちも評価が高くて、Androidはたまに "直前まで十分にされていたバッテリー充電が一気に減ってしまう" といった謎の現象が起きることがあります。

そして、Androidで起こるその現象は、スマホ本体がバッテリー充電残量を誤認識するバグなどが原因(バッテリーの劣化などもある)のようですが、iPhoneでそのような事態に陥ることはまずないと思います。

また、Androidの場合は、現在使用していないアプリが表示画面の裏で稼働していることがありますが、iOSの場合は使用していないアプリはきちんと制御されるのでバッテリー電池を無駄にバッテリーを消費することがないのです。

また、そのバッテリーの対処に時間がかかってしまう上に、メーカーによってはアップデート自体対応しないなんてこともあり、アップデートがされなければ機能面やセキュリティ、バッテリーも劣ってきてしまい、デバイスの寿命も早まってしまうのです。

そして、iPhoneはそのようなバッテリーの心配がないので、旧型の端末であってもOSをアップデートし続ける限りで、常に最新OSを使用でき、長期間使用したい場合はiPhoneの方が安心だと思います。

補足として、安心なセキュリティについて解説します。

まず、Androidは前述のOSの件もあり、今後のセキュリティ面の不安がありますが、Androidは自由にカスタムでき、対応アプリが多い点が魅力ですが、、それだけアプリを発信可能なのは、AndroidiOSに比較してアプリの審査が甘いことが理由です。

なお、多くのアプリを使用可能なのはありがたいですが、個人開発でGoogle非公式のアプリなどもダウンロード可能なので、場合によっては不正なコードを持つアプリをダウンロードしてしまう恐れがあるでしょう。

そして、不正アプリを落としてしまうと、ダウンロード中に個人情報を抜かれることもあり、その点iPhoneAppleが行うアプリの審査が厳しく、1〜3週間かけてその安全性をチェックされるでしょう。

さらに、基準をクリアしたアプリのみ公開される仕組みですが、稀にOSの脆弱性を突き、審査をすり抜ける悪質なアプリが発生してしまうこともあるため、100%安心とは言い難いが、万が一トラブルが起きてしまった時もAppleには迅速に対処可能な対応力があります。

そして、アプリもサービスも全部Appleの監視下で使用するので、管理面はiPhoneの方がはるかに安心で、Androidのバッテリーは自己責任となってしまう場合も多く、サポートもAppleほど手厚くないのです。

また、子どもに持たせるときなどは断然iPhoneが安心です。

AndroidからiPhoneに乗り換えるデメリット

f:id:rick1208:20200830155137p:plain
ここからは、AndroidからiPhoneに乗り換えるデメリットについて解説します。

本体の値段が高い

f:id:rick1208:20200830104230p:plain
まず1つ目のデメリットですが、そもそも本体の値段が高いということがあります。

本体容量は増やせない

f:id:rick1208:20200830080912p:plain
さらに2つ目のデメリットでは、本体容量は増やせないということもあります。

使える電子マネーが異なる

f:id:rick1208:20200830002321p:plain
また3つ目のデメリットでは、使える電子マネーが異なるということもあります。

ウィジェットのカスタマイズができない

f:id:rick1208:20200829111424p:plain
最後のデメリットですが、ウィジェットのカスタマイズができないということもあります。ここで、ウィジェットとはなんなのか?

そこで、「ウィジェット」は、ひと目で情報が得られるように小型化されたAndroid用のアプリのことで、天気予報や時計、ニュースはもちろん、バッテリー残量や検索ウィンドウを表示するウィジェットもあります。

また、auウィジェットソフトバンクウィジェット、ドコモウィジェットなどなどあります。

AndroidからiPhoneに乗り換える前にやるべきこと

f:id:rick1208:20200829092716p:plain
ここでは、AndroidからiPhoneに乗り換える前にやるべきことについて解説します。

スマホデータバックアップ

f:id:rick1208:20200829031709p:plain
まず、AndroidからiPhoneに乗り換える前にやるべきことでは、スマホデータバックアップがあります。

データ移行のやり方

f:id:rick1208:20200828182953p:plain

そして、AndroidからiPhoneに乗り換える前にやるべきことでは、データ移行のやり方もあります。