漫画の地球儀

iPhoneの保護フィルムとガラスフィルムの違い【キズ防止、種類、表面硬度、素材、PET素材】

スポンサーリンク

iPhoneのキズ防止には画面保護フィルムがおススメ

f:id:rick1208:20200831151046p:plain
あなたのiPhone、ディスプレイが汚れたりキズが入ったりしていませんか?もしかしてiPhoneに保護フィルムをディスプレイに貼っていなかったりしてませんか?iPhoneに保護フィルムを貼るとキズがつかない・汚れないなどのメリットがあります。

iPhoneに保護フィルムを貼らなくても、丁寧で慎重に扱っていればディスプレイに傷つくことがないと自信を所持している場合は別のお話になってきますが、そうやってあえてiPhoneに保護フィルムを貼らないとデメリットがあります。

保護フィルムを買わなくていいので、お金を使わないメリットがありますが、どんだけ慎重に扱っていても油断してしまった場合、iPhoneのディスプレイを傷つけることになります。ですから最初に保護フィルムを貼ることをおススメします。

保護フィルムには種類がある

f:id:rick1208:20200831141542p:plain
その保護フィルムにも実はいろいろと種類があります。ざっくり分けると「フィルム製の保護フィルム」と「ガラス製の保護ガラスフィルム」の2種類の保護フィルムがあるのです。これらは素材や価格、規格(JIS)、厚み、表面硬度すべて異なるのです。

このように、保護フィルムの種類によってさまざまな違いがあるんです。もしあなたのiPhoneのディスプレイに、保護フィルムを貼ってあるのであれば、フィルム製の保護フィルムなのか?ガラス製の保護ガラスフィルム?確かめてみると良いですよ。

もちろんこの2種類は、保護フィルムの役割を果たす効果というものも違いますので、あなたの使用目的に合わせた保護フィルムをiPhoneのディスプレイ貼ってあげないと、あまり意味がありませんので貼るときはその効果の違いに注意しましょう。

フィルム製の保護フィルム

f:id:rick1208:20200831151106p:plain
まず最初に、フィルム製の保護フィルムです。これはガラスフィルムとは違い素材が違います。そして次に素材が異なるので表面硬度と厚みがガラスフィルムより薄く柔らかいです。保護フィルムには、基本的にポリエステル素材が利用されています。

ですから、表面硬度が低いですが押したときに厚みは感じません。ですからフィルム製の保護フィルムのやわらかい質感が好きで利用しているひとも多いのではないと思いますか?厚みが薄く柔らかいので貼っている感覚というものがあまりありません。

昔はこのフィルム製の保護フィルムをスマートフォンなどに貼っていたひともいるのではないと思いますか?価格もお手頃ですしキズ防止などに安全です。

ガラス製の保護ガラスフィルム

f:id:rick1208:20200831151142p:plain
つづいて、ガラス製の保護ガラスフィルムです。フィルム製の保護フィルムとは違い、素材が異なるのはもちろん厚みがあり、表面硬度は高くなっているのが特徴です。ガラス製の保護ガラスフィルムの素材は名前の通りガラスからつくられています。

ガラスでつくられているので、とても頑丈で衝撃に強いです。素材がガラスですので、大きな衝撃から守るというメリットがあります。実ときに石など硬いものでディスプレイにキズを付けたとしてもキズがつくことはないと思います。

高価なiPhoneですから、最初からガラス製の保護ガラスフィルムを貼っているというひともいるのではないと思いますか。厚みがあるので、ちょっとそこが気になるひともいるかもしれませんが、素材がこんなに頑丈にできているのならしょうがないですよね。

他にも、最近はブルーライトカット用の保護フィルムまで発売しています。iPhoneのLED液晶ディスプレイが発する「ブルーライト」を大幅にカットし、目を保護する「ブルーライトカット液晶保護フィルム」が今人気で選ばれているのです。

ブルーライトカット率45%という後高性能なブルーライトカット液晶保護フィルムまであります。iPhoneのディスプレイを長時間見ているというひとにはおススメします。蛍光灯の反射がなくなりますので便利になるシーンが増えますよ。

表面硬度や厚みはガラスフィルムとほぼ同じですが、価格が高くなってしまいますのでコストはかかってしまいます。

素材

f:id:rick1208:20200831134848p:plain
では保護フィルムとガラスフィルムの違いを具体的に見ていきます。先ほどは簡単に説明していきましたが、素材についてもっと徹底的に理解しておきましょう。どんな素材の違いがあるか見ておきましょう。iPhoneに直接貼るものですからね。

液晶保護フィルムの素材

f:id:rick1208:20200831121758p:plain
液晶保護フィルムの素材は「ポリエステル素材」で作られています。厚みが薄いのでiPhoneとの相性はいいです。iPhoneパターンにあまり干渉しないので、厚さで邪魔になるということは無いと思います。

また感度が落ちづらいので、長くiPhoneに保護フィルムを貼っているひとも結構いると思います。

PET素材というポリエステルの一種

f:id:rick1208:20200831034638p:plain
保護フィルムのPET素材というのは厳密に言うと、ポリエステルの一種です。通称、ポリエチレンテレフタレート(Polyethylene terephthalate)と言います。

高温・高真空下で化学反応をおこさせてつくられる樹脂のひとつで、ペットボトルにもよく使用されている素材です。古くから愛されているのが保護フィルムなのです。iPhoneに限らず精密機器には貼られています。

液晶保護ガラスフィルムの素材

f:id:rick1208:20200831030750p:plain
つぎに液晶保護ガラスフィルムの素材です。液晶保護ガラスフィルムの素材とは「ガラス」で作られたものです。保護フィルムに比べると若干厚みがありますが、傷や衝撃に強いことが強みとなります。

ガラスを基本素材としたフィルム

f:id:rick1208:20200830205916p:plain
液晶保護ガラスフィルムは、ガラスを基本素材としたフィルムなので頑丈に作られています。最近のiPhoneも何十万という高価なものになってきましたので、いざという時のために液晶保護ガラスフィルムを貼っておくと安心可能です。

保護フィルムに比べ若干厚みがある

f:id:rick1208:20200830200528p:plain
液晶保護ガラスフィルムは、保護フィルムに比べ若干厚みがありますので、場合によってはiPhoneパターンが上手く装着できなかったり、何かしら邪魔になる可能性が考えられます。

厚みがあるので、表面硬度が高いですがときにはデメリットになるかもしれません。

価格

f:id:rick1208:20200830191554p:plain
それでは、気になるお価格のお話をさせていただきます。保護フィルムとガラスフィルムの素材の違いが分かったところで、価格が高ければお話になりませんよね?どっちが安いか・高いか?で選ぶひとも当然いると思います。

価格に見合った性能があるので、一概には言えませんが価格が安くてもいいものはかなりあります。でも一般的な保護フィルムとガラスフィルムの価格を知っておけば、これから購入するときの参考になると思いますので、解説をしていきたいと思います。

それでは、保護フィルムとガラスフィルムの平均的な価格を見ていきましょう。

液晶保護フィルムの一般的な価格

f:id:rick1208:20200830191545p:plain
まず最初は、液晶保護フィルムの価格について説明していきます。iPhoneに貼ろうとしているものが液晶保護フィルムのひとは要注目です。

100円~1,000円以内

なんと液晶保護フィルムはお手頃価格です。安くて100円、高くても1,000円以内に収まります。しかも私が見たときは100円未満なんて商品もありましたから、かなりお手頃に最近は購入可能なようです。お安いので試しやすいのではないと思いますか?

そこまで高級なiPhoneでないのなら、液晶保護フィルムでも良さそうですね。

要注目なコツが、お安い価格なのに3枚セットや4枚セットなどセット販売している商品があります。家族全員で新しいiPhoneに買い替えたときはお安いですし大量だから便利になると思います。

液晶保護ガラスフィルムの一般的な価格

f:id:rick1208:20200830155137p:plain
つぎに液晶保護ガラスフィルムの価格につて説明をしていきましょう。液晶保護ガラスフィルムは聞く限り頑丈な作りをしてそうだから、価格も高そうだというイメージがありますがはたして価格はどうなんと思います。

500円~4,000円

液晶保護ガラスフィルムの平均的な価格は、安くて500円。高いものだと4,000円です。液晶保護フィルムと比べると、かなり高価格な部類に入ります。でもiPhone自体が高級品なので、傷ついてしまうとテンションが下がってしまいます。

そんなことになるぐらいだったら、最初から液晶保護ガラスフィルムを貼っておくこともいいのではないと思いますか?最初だけ思いっきり価格をかければ、この先ずっと安心して使えるので物は考えようです。

ガラスフィルム独自の規格とは

f:id:rick1208:20200830104230p:plain
ガラスフィルムの商品を手にすると、よく表面硬度 3Hなどという謎の記載を目にすることがありますよね?実はこの表面硬度というものは、ガラスフィルム独自の規格なんです。その表面硬度という規格について説明をさせていただきます。

表面硬度

f:id:rick1208:20200830080912p:plain

表面硬度というのは厳密にいうと、JISで規定されている「塗料一般試験方法-第5部の塗膜の機械的性質-第4節:引っかき硬度(鉛筆法)」というのが正式な名称になっています。塗装塗膜の硬さ、傷の付きにくさを数字で表すための規格になります。

要するに表面硬度(JIS)は特別な実験を行って出た数字の規格なのです。

JIS(日本工業標準調査会)が定めた傷の付きにくさを数字で表した規格

表面硬度(JIS)のこの数字の規格。見て分かるように鉛筆の芯の硬度を表しています。この表面硬度(JIS)の数字の規格が高ければ高いほど傷に強いのです。ですからiPhoneを絶対に守りたいというひとは、このJISの数字の規格が高いのを選びましょう。

最高高度は「10H」

JISの数字の最高硬度は10Hまであります。表面硬度(JIS)が高いガラスフィルムを選べば安心ですが、その分表面硬度(JIS)が高い商品は価格も高いです。ですから、気を付けて選んでいきましょう。

気を付ける点があります。表面硬度(JIS)が高いものを選んだからといって、雑にiPhoneを扱っていてはいけませんよ。ガラスフィルムにも限度というものがあります。とんでもない強い衝撃には耐えられないかもしれません。

保護フィルムのメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200829092716p:plain
ここからは保護フィルムをiPhoneに貼るメリットについて詳しく見ていきましょう。購入するときの参考にしてくださいね。iPhoneに実ときに貼るのですから。

メリット

f:id:rick1208:20200829031709p:plain
保護フィルムをiPhoneに貼るメリットとして、価格が安いので気軽に貼れるということです。もしiPhoneに貼るときにヘマをしてもあまり痛くはありません。お金をあまり使わずにiPhoneを守ることが可能です。

認識感度が落ちづらい

iPhoneをガラスフィルムを貼ると、突然感知しづらくなります。しかし保護フィルムは認識感度が落ちづらいです。ですからiPhoneを押し続けても反応がおかしくなることはあまりありません。

デメリット

f:id:rick1208:20200828182953p:plain
つぎはiPhoneを保護フィルムを貼るデメリットについてお話をさせていただきます。

気泡が入りやすい

iPhoneを保護フィルムを貼るデメリットとして一番大きいのが気泡が入りやすいです。保護フィルムはふにゃふにゃしているので、中に空気が入り込みやすいです。iPhoneを保護フィルムを貼るときはこのデメリットに注意をして行っていきましょう。

貼りにくい

保護フィルムはふにゃふにゃしていますので、なかなかiPhoneに貼りづらいのがデメリットと思います。その上気泡が入りやすいのですから注意しながらiPhoneに正確に貼らなくてはいけません。以上がデメリットでした。

保護ガラスフィルムのメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200828163941p:plain
つづいては、保護ガラスフィルムをiPhoneに貼るメリット・デメリットを解説します。

メリット

f:id:rick1208:20200828161438p:plain
最初に保護ガラスフィルムをiPhoneに貼るメリットについて解説します。頑丈ですからiPhoneに貼るメリットはありそうです。

スマホ画面を傷や衝撃から保護

なんといっても、iPhoneのディスプレイを守ってくれることです。傷や衝撃から保護してくれます。多少のことならiPhoneに一切傷など残さないと思います。

貼りやすい

保護フィルムはふにゃふにゃしていないので、iPhoneにちゃんと貼ることが可能です。保護ガラスフィルムは価格が高いので、一発で決めなきゃいけませんからね。iPhoneに貼りやすいのは大きいメリットだと思います。

デメリット

f:id:rick1208:20200828090158p:plain

保護ガラスフィルムをiPhoneに貼るデメリットもお話ししましょう。

高価

価格が高い。これが最大のデメリットです。これだけで、iPhoneに貼らないというひともいるだろうと思います。

まとめ

f:id:rick1208:20200828071529p:plain

iPhoneは長期にわたって利用していくものですから、保護フィルムとガラスフィルムの違いについて良く知っておかなければなりません。

iPhoneに実ときに直接貼るものですからね。それではこの記事を参考にして、iPhoneに保護フィルムを貼っていきましょう。