漫画の地球儀

iPhoneの『書類とデータ』の削除方法!【ストレージ節約法、アプリ、iCloudフォトライブラリ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200830200528p:plain



みなさんはiPhoneのストレージの容量が増えすぎて、アプリを整理しているときに「書類とデータ」という項目を見つけて、「書類とデータ」がとっている容量が異常に多すぎて困惑した経験はないと思いますか?

「書類とデータ」って何だよ・・
アプリによって書類とデータの容量がおかしいくらい異常に多すぎる・・
アプリを取り除いても書類とデータが残る、、おかしい・・

などなど、「書類とデータ」といっても、どういうデータが内訳としてあり、減らし人はどうすればいいのか気になる方も多いかと思います。

そこでここではiPhoneの「書類とデータ」の消去方法・減らし方について説明していきます。

書類とデータ
f:id:rick1208:20200830191554p:plain
そもそも書類とデータとは何なのと思いますか。書類とデータを消去する前に何者なのかちゃんとと把握しておきましょう。

書類とデータとはiPhoneの各アプリが自由にiPhone内に保存可能なファイルで、例えば音楽ファイルであれば音楽データや、メールアプリであればメール本文や添付ファイルなどそのアプリを動かすために必須となるデータファイルやドキュメントファイルが置かれています。

要するに書類とデータを消去することによってはアプリが正常に動作しなくなる可能性があります。一方でアプリ本体をiPhoneから取り除いても、「書類とデータ」が端末に残っていればその状態を復元することが可能になります。
(厳密には違いますがExcelのファイルがあれば、Excelのソフトを再ダウンロードしても同じファイルを開けるイメージ)


iPhoneの「書類とデータ」のチェック方法

f:id:rick1208:20200830191545p:plain
まず最初はiPhoneのストレージではどのアプリが容量をとっているのか内訳をチェックしましょう。チェックすることでネックとなっているアプリがわかり、対策のやり方が変わってきます。

iPhoneの設定アプリを開き、「一般」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200830203354p:plain
一般のメニューをスクロールしていって、「iPhoneストレージ」を選びましょう。この中にiPhoneで容量をとっているアプリの内訳などが表示されます。
(読み込みにちょっと時間がかかります)
f:id:rick1208:20200830203416p:plain
iPhoneストレージの画面では各アプリがどれくらいのストレージ容量をとっているのか見ることが出来ます。写真をよく撮っている方であれば写真アプリが一番先頭にくると思います。
f:id:rick1208:20200830203440p:plain
ここでは写真アプリが多く容量をとっているので、この後解説するiCloudフォトライブラリを使用するのが有効となります。

このようにどのアプリが一番ネックとなっているのかまずチェックし、そのアプリが今使用していないアプリで今後も必要ないようであれば次章のやり方で消去しましょう。

iPhoneの書類とデータの消去方法・消し方

f:id:rick1208:20200830190357p:plain
それではiPhoneの書類とデータの消去方法・消し方をご説明していきます。

この方法では「書類とデータ」が消去されますので、例えばチャットアプリであればチャットの履歴や添付ファイルなどが消去される可能性もありますのでご注意下さい。
※もしも現在頻繁に使用しているアプリであれば、次章のiPhoneのストレージ容量節約方法を試してみましょう。

アプリ単位で「書類とデータを」消去

Appを消去することで、アプリの本体とアプリにより生成された「書類とデータ」をまとめて消去することが出来ます。これが一番のストレージ容量を奪っているデータの減らし方です。「Appを消去」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200830204701p:plain
Appを消去する場合は、「書類とデータ」も全部消えて影響が大きいため最終チェックのアラートが出ます。OK人は「Appを消去」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200830204715p:plain
ここでは例としてフェイスブックアプリを消去して、再ダウンロードしてどれくらい「書類とデータ」が減るのか見てみます。
f:id:rick1208:20200830204726p:plain
フェイスブックアプリを消去して、再ダウンロードした後に再度「書類とデータ」の容量を見ると、146、3MB→332KBに減っています。
f:id:rick1208:20200830204743p:plain
もちろんフェイスブックのアプリを使い続けていると、書類とデータが肥大化されていきますが、アプリを消去することでかなり容量が削減されます。

ただし再度フェイスブックにログインする必要が出てきたりなど、利便性の観点で不便になる点はありますのでご注意ください。

「書類とデータ」の容量の軽減のやり方

f:id:rick1208:20200830155137p:plain
アプリによっては書類とデータの中身の内訳から、別途キャッシュなど消せる機能を提供しているアプリもあります。この機能により「書類とデータ」を全部消去はできないが、容量を軽減することが出来ます。
(消去可能な容量が雀の涙ほどであっても、やっておくに越したことはありません)


LINEのアプリにもキャッシュがあり、また写真を整理することで容量を節約可能です。

iPhoneのストレージ容量節約法

f:id:rick1208:20200830104230p:plain

「書類とデータ」に手を付けないまでも、iPhoneのストレージ容量を節約する方法をご解説いたします。

Appを取り除く(アプリ本体だけ消去)

f:id:rick1208:20200829111424p:plain
Appを取り除くはアプリの本体がiPhoneから取り除かれその分ストレージ容量には空きがでます。

一方で書類とデータは残るので、そちらの方のストレージ容量が多すぎるアプリであればアプリを消去してもあまり効果がないかもしれません。
f:id:rick1208:20200830204903p:plain
Appを取り除いたあとはもちろん、再ダウンロードすることができ、更に「書類とデータ」は残っているため消去前と変わらず使用することが出来ます。

iCloudフォトライブラリを使用する

f:id:rick1208:20200829092716p:plain
iPhoneのストレージの内訳で写真アプリの容量が多すぎる方には効果抜群の方法です。写真や動画をiCloudフォトライブラリの機能でiCloudにアップロードすることで、iPhoneのストレージ容量の節約が出来ます。

この場合はiPhone内にはオリジナルの写真のサムネイル画像が残りますので、書類とデータが完全に消去されるわけではありませんが、劇的に容量を減らすことが出来ます。

まとめ

f:id:rick1208:20200829031709p:plain
いかがでしたと思いますか。「書類とデータ」が異常に多すぎるて、おかしいと感じている方向けに、消去方法や消し方についてご説明してきました。

まず今後も全く使わないアプリであれば、iPhoneから「書類とデータ」ごと消去することをおススメします。今は使わないけど、今後もしかしたら使うかもしれないのと引き続き同じ状態で使いたいレベルであればアプリ本体のみ取り除いて、「書類とデータ」は残しましょう。

また利便性とトレードオフになる可能性もありますが、「書類とデータ」の容量を軽減可能な機能があるアプリについては軽減しておくのをおススメします。

自身のよく使用するアプリを見直してみて、適切なストレージの使用量の減らし方を見つけていきましょう。