漫画の地球儀

ソフトバンクのiPhoneの下取りプログラムを使えない理由、対処法!【機種変更、特典金額】

スポンサーリンク

ソフトバンのiPhoneの下取りプログラムとは?

f:id:rick1208:20200830193718p:plain
ソフトバンクユーザーの皆さん、機種変更などのときにiPhoneの「下取りプログラム」を使用したことはありますか?ソフトバンクの下取りプログラムを使用することで、機種変更にかかる費用がぐっとお得になります。

最近までは中古屋などに古い端末を持ち込んで売る方も多くいましたが、ソフトバンクの下取りプログラムを使用すれば買取価格が決まっているのでより高額に買い取ってもらうことが可能ですよ。

しかし、そんなソフトバンクの下取りプログラムが使えない、使えなかったという方も中にはいます。一体なぜ、ソフトバンクの下取りプラグラムが使えなかったのでしょうか?

今回の記事では、ソフトバンクiPhone下取りプログラムを「使えない理由」についてを徹底説明していきます。もちろん、ソフトバンクの下取りプログラム自体の詳細も詳しく解説いたします。

ソフトバンクの下取りプログラムを使えない理由、また使える時の条件や対応機種などをちゃんととチェックしていきましょう。まず最初は、ソフトバンクの下取りプログラムとはどのようなサービスなのかを下記項目で解説します。

一体、下取りプログラムとはどのような内容のサービスなのでしょう?チェックしていきましょう。

機種変更のときに下取り購入金額から割り引くサービス

f:id:rick1208:20200830194111p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムとは、機種変更のときに下取り購入金額から割引くことが可能なサービスです。割り引くことで、通常の機種変更よりもずっとお得に新しいiPhoneに変更することが可能なのです。

もちろん、下取りプログラムを使用するときには条件等も存在します。条件を満たしているかどうか、今回の記事でぜひチェックしてみてください。

以下はソフトバンクによる公式ページです。下取りプログラムについての情報が明記されていますので、下記ページをチェックしながら次の項目をチェックしてみましょう。
下取りプログラム(機種変更) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

下取りプログラム(のりかえ) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク


ソフトバンクiPhone下取りプログラムとはどのようなサービスなのか、簡単に詳細を説明しました。以前までは乗り換えにより、一括0円で新しいiPhoneに変えることも可能でした。

しかし、それは規制によって不可能に。しかし、下取りプログラムを使用すれば一括0円とはいきませんが、機種変更のときにかかる費用の負担を減らしてくれるのです。

以下の項目では、iPhoneの下取りプログラムに出す前の「事前用意」についてを説明していきます。チェックしてみましょう。

iPhoneの下取りプログラムに出す時の事前用意

f:id:rick1208:20200830194214p:plain
上記項目では、ソフトバンクの下取りプログラムとはどのようなサービスなのか、簡単にサービスの内容を解説しました。ソフトバンクの下取りプログラムは、実ときに出す前にやっておく必要がある事前用意があります。

この項目では、ソフトバンクの下取りプログラムで必要となる事前用意についてを解説。事前用意の内容が、ソフトバンクの下取りプログラムを使用するときの「条件」にもかかわってくる可能性があります。ちゃんとと用意内容、方法をチェックしていきましょう。

バックアップ

f:id:rick1208:20200830191545p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムを使用するときは、機種変更と同様にiPhoneデータの「バックアップ」を取っておく必要があります。元々の機種は、データ初期化を行って下取りに出す必要があるためバックアップは必須です。

iPhoneデータのバックアップは、パソコンを所持している方であればパソコンで、所持していない方であればiCloudを使用して取ることが可能です。

下取りプログラムを使用したいというのであれば、しかりと事前にバックアップを取るようにしましょう。

データ初期化

f:id:rick1208:20200830191554p:plain
データのバックアップを終えたら、次はiPhone端末のデータ初期化(リセット)を行う必要があります。データ初期化をしておかないと、ソフトバンクの下取りプログラムにその端末は出すことが可能でせん。

バックアップを取ったらちゃんととデータ初期化をおこなっておきましょう。

データ初期化は、iPhoneの設定アプリからおこなうことが可能です。データ初期化をおこなってしまうと、バックアップによる復元操作をおこなわないと元通りにはなりません。その点はちゃんとと注意しましょう。

ソフトバンクの下取りプログラムを使用する前の事前用意を解説しました、バックアップとデータ初期化をちゃんととおこなって備えましょう。

特に、データ初期化はソフトバンクの下取りプログラムでは必須条件のひとつです。自分自身でデータ初期化をおこなう必要があるので、忘れないように気を付けてくださいね。

次の項目では、ソフトバンクの下取りプログラムの条件についてを解説。機種変更の場合の特典内容や条件、気を付ける点などを説明していきます。ちゃんととチェックしましょう。

iPhoneの下取りプログラムの条件「機種変更」

f:id:rick1208:20200830190357p:plain
上記項目では、ソフトバンクの下取りプログラムを使用する前の事前用意についてを解説しました。バックアップとデータ初期化をちゃんととおこなって、下取りプログラムの申し込みをおこないましょう。

この項目では、ソフトバンクの下取りプログラムを機種変更で使用するのでの「条件」についてを解説します。

特典内容や条件をまとめたほか、対応機種なども表として記載しています。それぞれチェックしてみましょう。

特典

f:id:rick1208:20200830155137p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムの特典内容をまず最初はチェックしていきましょう。ソフトバンクの下取りプログラムを使用することで、iPhoneなどの機種を「機種変更」で新たに購入するユーザーに、下取りに出す端末機種に応じて「割引き特典」がサービスされます。

通信費用から24回分の分割割引きが適用されます。対応機種に応じて、特典の金額は変わります。以下の表で金額のチェックをしていきましょう。

特典金額

f:id:rick1208:20200830104230p:plain
通史費用から割引きされる金額を表でチェックしましょう。内容は以下のとおりです。

下取り対象機種 正常品 破損品
iPhone X 63,600円

(2,650円×24回) |19,080円
(795円×24回)|
)|iPhone 8 Plus |39,600円)
(1,650円×24回) |11,880円
(495円×24回)|

iPhone 8 33,360円

(1,390円×24回) |10,080円
(420円×24回)|

iPhone 7 Plus 23,760円

(990円×24回) |7,200円
(300円×24回)|

iPhone 7 23,760円

(990円×24回) |7,200円
(300円×24回)|

iPhone 6s Plus 13,680円

(570円×24回) |4,200円
(175円×24回)|

iPhone 6s 13,680円

(570円×24回) |4,200円
(175円×24回)|

iPhone 6 Plus 11,400円

(475円×24回) |3,360円
(140円×24回|

iPhone 6 11,400円

(475円×24回 |3,360円
(140円×24回)|

iPhone SE 7,200円

(300円×24回) |2,160円
(90円×24回)|

iPhone 5s 2,400円

(100円×24回) |720円
(30円×24回)|

iPhone 5c 2,400円

(100円×24回) |720円
(30円×24回)|

iPhone 5 2,400円

(100円×24回) |720円
(30円×24回)|

iPhone 4s、4

iPhone 3GS、3G |2,400円
(100円×24回) |720円
(30円×24回)|

適用条件

f:id:rick1208:20200830200528p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムを使用するのでには、「適応条件」をすべて満たしている必要があります。適用条件の内容は、まず下取り対象機種をソフトバンクで購入していること。

そして、下取りの対応機種の査定が終了していること。そして、機種変更もソフトバンク指定の機種を購入すること。メーカーの保証対象外となっていないこと。

スマホデビュー割が適用されていないこと。また、iPhoneが故障していないことが条件であげられます。もちろん、先ほど述べたデータ初期化も適応条件のひとつです。

対象機種

f:id:rick1208:20200829111424p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムを使用するときは、以下の対応機種でないと下取りに出すことが可能でせん。チェックしましょう。

対応機種(iPhone)

iPhone X iPhone 8
iPhone 8 Plus iPhone 7
iPhone 7 Plus iPhone 6s
iPhone 6s Plus iPhone 6
iPhone 6 Plus iPhone SE
iPhone 5s iPhone 5c
iPhone 5 iPhone 4s
iPhone 4 iPhone 3GS
iPhone 3G

気を付ける点

f:id:rick1208:20200828182953p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムの使用には、気を付ける点があります。まず、破損品に関しては表でも挙げた通り、破損品価格が適用される、あるいは下取りに出せない可能性があることです。

その他気を付ける点としては、適応条件に満たしていないと下取りプログラムの使用は不可能なこと。データ初期化がおこなわれていないことも適用条件に含まれることがあげられます。

破損品に関してはソフトバンク側が査定をおこなうので、自分自身の思う通りの価格にならない、下取りプログラムが使えないといったことももちろんあります。気を付ける点として覚えておきましょう。

機種変更時のソフトバンク下取りプログラムの詳細を解説しました。適応条件や対応機種、気を付ける点などはそれぞれチェックできたでしょうか?

ソフトバンクの下取りプログラムが使えない時の理由は、適応条件を満たしていなかったという場合が大半です。特に、故障していると下取りに出せないので故障のときの機種変更時には使えません。

適応条件、気を付ける点に十分気を付けて下取りプログラムの申し込みをおこないましょう。

iPhoneの下取りプログラムの条件「のりかえ」

f:id:rick1208:20200828163941p:plain
上記項目では、機種変更時のソフトバンク下取りプログラムの詳細についてを解説しました。この項目では、「のりかえ」時のソフトバンク下取りプログラムの詳細を解説します。

機種変更とのりかえ時では、下取りプロフラムの特典内容や適応や適応条件が変わってきます。使えない時の理由にかかわってくるので、特に適応条件はよくチェックしましょう。

特典

f:id:rick1208:20200828161438p:plain
特典の内容は機種変更時と同じく、通信費用からの割引きです。変わるのは、特典金額になります。以下の表をチェックして、特典金額をチェックしましょう。

特典金額

f:id:rick1208:20200828090158p:plain
下記の表が、ソフトバンクの下取りプログラム「のりかえ」時の特典金額です。機種変更時と多少違いがあるので、ちゃんととチェックしておきましょう。

下取り対象機種 正常品 破損品
iPhone X 54,000円
(2,250円×24回) 16,200円
(675円×24回)
・iiPhone 8 Plus 30,000円
(1,250円×24回) 9,000円
(375円×24回)
・iiPhone 8 23,760円
(990円×24回) 7,200円
(300円×24回)
・iiPhone 7 Plus 23,760円
(990円×24回) 7,200円
(300円×24回)
・iiPhone 7 23,760円
(990円×24回) 7,200円
(300円×24回)
・iiPhone 6s Plus 13,680円
(570円×24回) 4,200円
(175円×24回)
・iiPhone 6s 13,680円
(570円×24回) 4,200円
(175円×24回)
・iiPhone 6 Plus 11,400円
(475円×24回) 3,360円
(140円×24回)
・iiPhone 6 11,400円
(475円×24回) 3,360円
(140円×24回)
・iiPhone SE 4,800円
(200円×24回) 1,440円
(60円×24回)
・iiPhone 5s 2,400円
(100円×24回) 720円
(30円×24回)
・iiPhone 5c 2,400円
(100円×24回) 720円
(30円×24回)
・iiPhone 5 2,400円
(100円×24回) 720円
(30円×24回)
・iiPhone 4s 2,400円
(100円×24回) 720円
(30円×24回)

適用条件

f:id:rick1208:20200828012028p:plain
のりかえ時のソフトバンクの下取りプログラムの適応条件は、大まかに分けて2つあります。まず1つは、他社からの乗り換えと同時にソフトバンクで、指定機種を購入すること。また、ソフトバンクのデータ定額サービスに加入すること。

2つめは、のりかえた翌月末までにソフトバンク下取りプログラムの「申し込み」をしていくこと。そして、下取り対象となる機種が正規に購入されているものであることが挙げられます。

先ほど同様、メーカー保証外となる改造品などは下取り対象には入りません。故障したもの、データ初期化されていないものも同様です。注意しましょう。

対象機種

f:id:rick1208:20200828000132p:plain
下取り対応機種はiPhone全般です。上記の特典金額で記載されているiPhoneシリーズであれば、対応機種となっていますのでそちらをご覧ください。対応機種、適応条件をそれぞれチェックしてソフトバンクの下取りプログラムに申し込みましょう。

気を付ける点

f:id:rick1208:20200827214912p:plain
気を付ける点としてあげられるのは、機種変更時の内容と同じです。ソフトバンク側の査定により、破損品と判断されたものは破損品価格が適用されます。

また、故障と判断されたものに関してはソフトバンクの下取りプログラムを使用することが可能でせん。破損、故障に関してはソフトバンクの査定によって判断されるものなので、先ほどと同様自分自身の思い通りにならない可能性があります。

気を付ける点として覚えておきましょう。

のりかえ時のソフトバンク下取りプログラムの詳細を解説しました。対応機種や適応条件、気を付ける点はそれぞれチェック可能でしたか?機種変更時とはちょっと違いもあるので、ちゃんととチェックしておきましょう。

次の項目では、ソフトバンクの下取りプログラムが使えない時の理由についてをさらに詳しく説明していきます。

対応機種でない、破損している、故障しているなどのさまざまな理由がありますが、破損や故障についての基準をあらかじめ知っておくことで自分自身えもある程度判断が可能になるでしょう。

iPhoneの下取りプログラムが使えない理由

f:id:rick1208:20200827211654p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムの破損内容、故障内容についてをチェックしていきましょう。まず最初は表で内容のチェックを行ってください。

下取り不可、破損価格となるときの内容
ガラス面が著しく破損している
画面に複数の破損(割れ)がある
画面に破損(割れ)が一本でもある
間面に二股の細いひび割れがある
水濡れしている
重度の故障で電源が入らない
初期化されていない
iPhoneの脱獄化など改造がおこなわれている

水没のため

f:id:rick1208:20200827202106p:plain
ソフトバンクの下取りプログラムを使えない時の理由としてまず挙げられるのは、「水濡れ」「水没」による故障の時です。故障していなくとも、水濡れの反応がチェックされてしまうと下取りプログラムが適用されない時があります。

iPhoneの水濡れ反応は、実は簡単にチェックできてしまいます。iPhoneの場合は、機種によって水濡れ反応のチェック場所が違いますが、イヤホンジャックの箇所やSIMカードのトレイを抜くとチェックが可能です。

事前に水濡れ反応がないか、インターネット等でチェックしながらチェックしてみましょう。

重度の故障で電源が入らないため

f:id:rick1208:20200830201250p:plain
軽度の破損であれば、「破損価格」として下取り価格が下がるものの、一応ソフトバンクの下取りプログラムが適応されることがあります。しかし、重度の故障となるとそうはいきません。

特に、重度の故障で電源が入らないなどの不具合が見受けられる場合はソフトバンクの下取りプログラムは使用可能でせん。また、タッチパネルが反応しないといった時も同様です。

なので、故障して使えなくなってしまったから機種変更をしたい!という時は、ソフトバンクの下取りプログラムは使用することができないのです。

改造が行われている

f:id:rick1208:20200826113950p:plain
また、iPhoneの脱獄化、非正規修理をおこなったなどの「改造行為」がチェックされたiPhoneも、ソフトバンクの下取りプログラムを使用することは可能でせん。特に、画面割れの修理をおこなった時は要注意です。

改造行為とは自分自身は思っていなくとも、Apple非正規の場所で画面割れの修理をおこなったり、自分自身で画面割れ修理をおこなってしまうとそれは改造行為に該当してしまうのです。気を付ける点としてよく覚えておきましょう。

この項目では、ソフトバンクの下取りプログラムが使えない時の理由についてを詳しく解説しました。使用できない理由の大半は「故障」や「改造行為」によるものです。

特に、改造行為に関しては修理が改造行為に該当するとは思っていなかったという方も少なくはありません。ソフトバンクの下取りプログラムを使用する予定がある人は、ちゃんとと正規の場所で修理を行うようにしましょう。

次の項目では、ソフトバンクの下取りプログラムと他の割引きと「併用」することが可能なのかを解説。併用でもっとお得に使用したい!と考えている方も多いでしょう。チェックしていきましょう。

iPhoneの下取りは他の割引と併用は?

f:id:rick1208:20200826025254p:plain
上記項目では、ソフトバンクの下取りプログラムが使えない時の理由についてを解説しました。対象機種や適応条件、そして破損・故障状況をちゃんととチェックする必要があるのです。

この項目では、ソフトバンクの下取りプログラムと他の割引きを併用して使用することは可能なのか、「併用」についての情報を説明していきます。

他の割引きサービスと併用することができたら、もっとお得にiPhoneを使用可能なことが考えられますが・・・併用が可能なのかまずチェックしていきましょう。

半額サポート for iPhoneとの併用

f:id:rick1208:20200823090444p:plain
ソフトバンクには、「半額サポート for iPhone」というお得な割引サービスが知恵鏡されています。iPhoneの本体代金を、最大「半額」の負担に減らせるというありがたいサービス。買い替え時期などによっては、あまりお得にならないこともあります。

そんな半額サポートの割引きサービスですが、実はソフトバンクの下取りプログラムとの「併用はできない」のです。なので、買い替え時期などを考えてどっちの割引きサービスを使用するか考えるのが重要。

併用できないので、双方のサービス内容をちゃんととチェックしていきましょう。半額サポートを適用した場合の月額費用を、下記項目を参考にしてシュミレーションしてみてください。

半額サポート for iPhoneを適用した場合の月額費用予想

以下の表は、半額サポートの割引きを適用した場合の月の費用参考価格です。

基本費用 本体費用 月月割 合計
24回払い 8,640円 5,460円 -3,210円 10,890円
48回払い 8,640円 2,730円 -1,605円 9,765円
差額 1,125円

残念ながら、ソフトバンクの下取りプログラムは他の割引きサービスとの併用は可能でせん。しかし、上記で解説したサービスは買い替え時期などによっては半額サービスの方がお得、下取りプログラムによる割引の方がお得と選択可能なでしょう。

併用できないのは残念ですが、場合によっては半額サービスの方がお得に使用可能なということもあります。ぜひ、上記の割引きサービスの詳細もチェックしてみてくださいね。

iPhoneの下取りプログラムが使えない時の対処法

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
上記では他の割引きサービスとの併用についての情報を解説しました。残念ながら併用は可能でせんが、どの割引きサービスを使用するのかという選択は可能です。

この項目では、ソフトバンクの下取りプログラムが使えなかった時の「対処法」についてを解説します。

故障端末買取キャンペーン

f:id:rick1208:20200822163331p:plain
故障端末の買取キャンペーンを使用しましょう。キャンペーンの内容は以下のとおりです。

故障端末買取キャンペーンの内容
水没・重度の破損・電源が入らないなどの故障している端末が買取対象
基盤の断裂・機種判別不能・改造されている端末は買い取り不可
端末に応じて最大9,000ポイントのTポイント付与の特典付き

iPhone買取業者

f:id:rick1208:20200822163252p:plain
iPhoneの買取業者を使用しましょう。iPhoneの買取業者は、ソフトバンクの下取りプログラムでは買い取り不可な端末でも買い取ってもらえる可能性があります。

以下の表は、買取業者による参考買取価格を表としてまとめたものです。ごチェックください。

参考買取価格

iPhoneの買取価格の参考表です。どのくらいの費用で買い取ってもらえるのかチェックしてみましょう。

参考買取価格表
iPhone XS
20,000円
iPhone XS Max
25,000円
iPhone XR
15,000円
iPhone X
15,000円
iPhone8
8,000円
iPhone8 Plus
10,000円
iPhone7
4,000円
iPhone7 Plus
7,000円
iPhoneSE
2,000円
iPhone6s
2,000円 iPhone6s Plus
3,000円
iPhone6
1,000円 iPhone6 Plus
2,000円
iPhone5s以前の端末
100円

ネットオークションやフリマアプリ

f:id:rick1208:20200822114026p:plain

上記で解説した参考表では、ソフトバンクの下取りプログラムよりもやはり買取価格は低いようです。もうちょっと高額で買い取ってもらいたいという場合は、ネットオークションやフリマアプリで出品することも可能です。

実ときに買い取ってもらえるかは分かりませんが、もしかしたら自分自身の設定した思い通りの値段で売れることもあるかもしれません。あまり高額に設定してしまうと恐らく売ることは可能でせんが、ぜひ使用してみてください。

ソフトバンクの下取りプログラムを使えない時の対処法を解説しました。中古品ということもあり、ソフトバンクの下取りプログラム程高額な査定額はつかないかもしれません。

しかし、ただ処分してしまうのももったいないのでどうにか活用可能な方法を見つけてみましょう。

今回の記事では、ソフトバンクの下取りプログラムについての詳細を解説しました。使えない時の理由や、対応機種、適応条件はちゃんととチェックできたでしょうか?

ソフトバンクの下取りプログラムは使用できれば、お得に機種変更をおこなうことが可能です。事前に自分自身の端末が下取りプログラムを使用可能なかどうかをチェックしてみましょう。