漫画の地球儀

AdGuard Proの使い方!【iPhone、メリット、デメリット、アプリ、Android、パソコン】

スポンサーリンク

AdGuard Proとは?

f:id:rick1208:20200830141953p:plain
スマートフォンを使用していると、頻繁に「広告」が検索の邪魔をしてきたりすることがあります。

Safariでインターネット検索をおこなう時はもちろん、ゲームアプリにも広告が表示されることがあります。

この広告をブロックして非表示にしてくれるアプリは複数あります。その中でもおススメの、「AdGuard Pro」を今回の記事では説明していきます。

非表示にするのでの設定・方法をこの記事でチェックし、広告によるストレスをなくしていきましょう。

広告を非表示に可能なアプリ

f:id:rick1208:20200830104230p:plain
AdGuard Proとは一体どのようなアプリなのか、という点についてまず最初は説明していきます。

上記でも述べたように、AdGuard Proは広告を非表示(ブロック)してくれるアプリのことです。

AdGuardを設定することで、ゲームによく表示されている上記画像のような広告も非表示にすることが可能です。

上記画像が、AdGuard Proを有効にした時の画面です。表示されていた広告がきれいになくなっています。

このように、ゲーム上の広告やSafariなどのインターネットブラウザに表示される広告を消すことが可能なのです。

AdGuard Proのメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200830142112p:plain
AdGuard Proを使用することで得られるメリット、そしてデメリットをチェックしていきましょう。

Safariなどのブラウザの広告は非表示にすることが可能ですが、中には非表示にできないアプリも存在するのです。

メリット・デメリットをチェックして、使用するか否かの判断をおこなっても良いでしょう。

メリット

f:id:rick1208:20200830142119p:plain
AdGuard Proを使用するメリットは、まず機能面です。広告を非表示設定可能なアプリは他にもありますが、中には不安定なものがあったりすり抜け広告が出てくるものも。

AdGuard Proでもすり抜け広告が出る場合がありますが、その時は手動ブロックで消すことが可能です。
f:id:rick1208:20200830142303p:plain
ペアレンタルコントロールという、子供がいる家庭に最適の機能がAdGuard Proには備わっています。

ウェブ上の子供には見せたくないコンテンツから、お子さんを守ることが可能な設定です。

子供に不適切なコンテンツを見せたくないという人は、こちらの機能を設定することで安心して使わせることが可能なでしょう。
f:id:rick1208:20200830142310p:plain
また、AdGuard Proは評価が高いことも魅力。安心して使用可能な広告非表示アプリと言えるでしょう。

デメリット

f:id:rick1208:20200830142318p:plain
デメリットとしては、TwitterYouTubeなどの広告は非表示設定することができないという点。

そして、有料であるという点です。さらに、更新が6月以降されておらずストップしています。

AdGuard Proのダウンロード方法

f:id:rick1208:20200830080912p:plain
AdGuard Proを使用したい人は、早速iPhoneにダウンロードをおこないましょう。下記にダウンロード先のリンクを記載しております。

AdGuard Proを早速購入しようとお考えの人は下記リンクからアクセスしてみましょう。
‎「AdGuard Pro - 本格的な広告ブロック」をApp Storeで

手順

f:id:rick1208:20200830002321p:plain
ダウンロードの手順をチェックしていきます。AdGuard Proを後々ダウンロードしようとお考えの人は手順をチェックしておきましょう。

先ほどのリンクからアクセスすることも可能ですが、公式サイトからAdGuard Proをダウンロードすることも可能です。

後からAdGuard Proをダウンロードする人は公式サイトを検索してみましょう。

あとはApp Storeに移動し、アプリをダウンロードするだけです。無料版と有料版を間違えないように注意しましょう。

Android

f:id:rick1208:20200830142938p:plain
また、AdGuard ProはAndroid版も存在します。Androidユーザーの方もぜひお試しください。

パソコン

f:id:rick1208:20200830145314p:plain
スマホ以外にも、WindowsMacなどのパソコンでもこのAdGuardは使用することが可能です。

すべて公式サイトからダウンロードが可能ですので、他のデバイスにも入れようとお考えの人はアクセスしてみてください。

AdGuard Proの使用方法、設定方法

f:id:rick1208:20200829092716p:plain
AdGuard Proのダウンロード方法がチェックできたら、次は使用方法・設定方法です。AdGuard Proを今後使おうとお考えの人はぜひチェックしてください。

設定手順

f:id:rick1208:20200828182953p:plain
設定方法を簡単にすると、アプリ起動→ステータスのタブをON→サブスクリプションの追加という流れになります。ステータスタブをON、サブスクリプションの追加方法などを下記項目で細かくチェックしていきましょう。

まず最初はダウンロードしたAdGuard Proのアプリを起動させましょう。今の段階では、設定がされていないため何もブロックすることが可能でせん。

アプリを起動すると、すぐに「ステータス」のタブが見えるかと思います。ステータスのタブをONにしましょう。ステータスのタブをONにすると警告画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200830145503p:plain
ステータスのタブをONにすると、上記画像のような画面が表示されます。(警告文)この画面では「Allow」を選びてください。
f:id:rick1208:20200830145512p:plain
次に、サブスクリプションの追加をおこなっていきます。サブスクリプションの追加は、広告を消すための前用意のようなものです。

プライバシー設定からサブスクリプションの追加を選択することが可能です。タップで選びてください。
f:id:rick1208:20200830145521p:plain
サブスクリプションの追加を選択すると、必要事項の記入画面が表示されます。上記画像を参考にし、それぞれ記入をしていきましょう。URLは下記のものをペーストてください。

https:、、280blocker、net、files、280blocker_host、txt


記入が終わったら右上にある終了の部分を選びます。これでアプリ内の広告非表示設定は終了です。

Safariの広告を消す手順

f:id:rick1208:20200830145647p:plain
AdGuard Proでは、Safariの広告もブロックすることが可能です。Safariの広告を非表示にする方法。

・手順をチェックしましょう。

Safariの広告を非表示にしたい場合は、iPhoneの設定から操作をおこないます。

iPhoneの設定から「Safari」を選び、Safariの設定画面を開いてください。

Safariの設定の中に、「コンテンツブロッカー」という項目が表示されているかと思います。

コンテンツブロッカーを押して開きましょう。
f:id:rick1208:20200830145712p:plain
コンテンツブロッカーの画面に、「AdGuard Pro」の項目が表示されているかと思います。

AdGuard Proを押して有効にすれば、Safariの広告も非表示になっているはずです。

ためしにSafariを開き、広告が表示されていないかチェックしてみましょう。

また、AdGuard Proでは非表示にできないTwitterアプリやYouTubeなどは、Safariから見るというのもひとつの手です。

AdGuard Proをぜひ有効利用してください。

今回の記事では、AdGuard Proの使用方法についてを解説しました。

いかがでしたでしょうか、有料アプリではありますが評価も高く、とても利用しやすい広告ブロックアプリです。

Twitter等で使用できないというのは難点ではありますが、Safariから見ることで広告を消せるという対処法もございます。


AdGuard Proを利用して、広告によるストレスをなくしていきましょう。