漫画の地球儀

iPhoneが遠隔操作されてるいるかの確認、解除方法!【盗難防止・対策、子供、アプリ、個人情報】

スポンサーリンク

iPhoneは遠隔操作が可能

f:id:rick1208:20200829031709p:plain
ウイルス感染なんてないし、セキュリティアプリをダウンロードしている。だから自分自身のiPhoneは遠隔操作なんて無縁だと思っていませんか?ですが、とあるiPhoneの設定をオンにしていたり、プロファイルを許可していると別のお話になってきます。

そのようなご自身がなんとなく行った設定・プロファイルをダウンロードをしてしまうと、いくらiPhoneにセキュリティアプリで遠隔操作を防止・対策をしていても駄目なのです。ウイルス感染などではなく、設定によりiPhoneを遠隔操作されてしまうのです。

iPhoneは遠隔操作がもともと可能ですので、それを悪用して遠隔操作するということも可能です。ですからAppleIDやパスワードが盗まれないように防止・対策しなくてはなりません。それでは、iPhoneは遠隔操作についてもっと深堀していきましょう。

iPhoneを探す」による遠隔操作

f:id:rick1208:20200828182953p:plain
iPhoneが遠隔操作可能な理由はすばり「iPhoneを探す」機能なのです。このiPhoneを探すは1回は利用してことはありませんか?iPhoneを探すの設定をチェックしていないと、iPhoneが遠隔操作されてしまう可能性は十分考えられてしまいます。

本来はiPhoneを探すは、iPhoneが紛失したり盗難の被害に遭ったときに、パソコンや他の携帯端末を使用して行方不明のデバイスの場所を調べたりインターネット回線を通してロックをかけることが可能な便利な機能が付いているのです。

盗難防止・対策のために自分自身のiPhoneを遠隔操作して個人情報が漏れない為に防止するという目的なのですが、このiPhoneを探すを悪用することもできてしまいます。ですからiPhoneを探すの設定をちゃんとチェックしなくてはなりませんよ。

アプリによる遠隔操作

f:id:rick1208:20200828163941p:plain
またその他にも遠隔操作アプリによって、あなたのiPhoneが遠隔操作されてしまうことも予想されます。これはいつの間にか遠隔操作されていることが多く、なかなか気づかないパターンがあります。遠隔操作アプリも最近は多くなってきました。

遠隔操作アプリの機能を増え続けているので、写真を取られたり。動画を撮影されたり。データを消去されたり、送信されたりとあらゆることが遠隔操作アプリで行われてしまいます。1回遠隔操作アプリをiPhoneにダウンロードされたら恐ろしいことになります。

セキュリティ面で対策・防止など心がけていても、遠隔操作アプリをダウンロードされてしまう手段は日常によくありふれているんです。遠隔操作アプリをダウンロードされないように、日ごろから気を付けて対策を行わなければなりません。

マルウェアによる遠隔操作

f:id:rick1208:20200828161438p:plain
iPhoneマルウェアを感染させることで、GPSを利用して居場所を特定したり、マイクやカメラを遠隔操作して周囲の状況を把握したり、カレンダーアプリやフェイスブックの内容をチェックしたり、メールを盗み見したりされることもありえます。

マルウェアを感染されないように、iPhoneにセキュリティアプリを入れるだとか設定を強化するなど防止・対策をしていれば、iPhoneマルウェアを感染することはそうありませんが、最近は新たなiOSマルウエアも登場しているのです。

最近では、「YiSpecter」というマルウェアが話題です。攻撃に遭ったユーザーの報告によると、YiSpecterはiPhoneが脱獄済みであろうとなかろうと感染し、手動で消去しても再び出現するという恐ろしいものまでありますので、注意をしていきましょう。

iPhoneで遠隔操作可能な理由

f:id:rick1208:20200828090158p:plain
iPhoneの標準機能で遠隔操作可能な理由は、なぜだろうか?と思ったことはありませんか?iPhoneを遠隔操作と聞いたら、やはり悪いイメージが先に思い浮かんでしまいますよね。そんなiPhoneを遠隔操作するという悪いイメージを実は覆す機能なのです。

iPhoneを遠隔操作することは、けして悪いことではありません。正しくチェックして使えば有効活用可能な機能なのです。それでは、なぜiPhoneは標準機能で遠隔操作可能なのか?その理由を解説させていただきますので、みなさんも使用方法を考えてみましょう。

保護者が子供を見守るため

f:id:rick1208:20200828071529p:plain
たとえば、親が子供を守るためなんかにiPhoneを遠隔操作すると役に立ちますよ。子供が外に遊びに出かけたときに、なかなか時間になっても家に帰ってこないといった場合、とても不安ですよね。そのような時にiPhoneを遠隔操作するといいのです。

GPSを使えば、子供の居場所を特定することが可能です。位置が分かるので、もうすぐ家に帰ってくるか一目瞭然になります。また家から遠ざかっていった場合は、何か危険なことが起きている可能性があるので、すぐさま警察に連絡をすることも可能です。

こういった子供を危険な目に合わせないように、iPhoneを遠隔操作することにより防止・対策をすることが可能です。また子供が危険なサイトを利用していたとしても、ロックをかけることが可能なのでとても役に立つのがiPhoneを遠隔操作する機能なのです。

個人情報の流出など悪用に注意する

f:id:rick1208:20200828012028p:plain
こういった役に立つiPhoneを遠隔操作機能ですが、悪用されることも十分予想されます。iPhoneを遠隔操作されることにより、個人情報が盗まれる危険性も考えられます。GPSなどあなたの居場所が分かってしまうので、遠隔監視されてしまうのです。

iPhoneを遠隔操作することは、通常そういうことをしてはいけないようになっていますが、万が一の為に防止・対策をちゃんとして設定などをむやみやたらに許可しない。AppleIDとパスワードは絶対に教えないなどしなくてはなりません。

それでは、iPhoneの遠隔操作で受ける被害を説明していきますので、被害にあわないように気を付けていくように心がけていきましょう。

iPhoneの遠隔操作で受ける被害

f:id:rick1208:20200828000132p:plain
iPhoneの遠隔操作で受ける被害は、あなたが想像しているよりもとても大きいのです。あなたのiPhoneには、どういったデータが入っているか考えたことはありますか?そしてiPhoneの端末本体を見てください。マイクやGPSが搭載されていますよね?

こういったあらゆるiPhoneのすべてのものが悪用されてしまうと思うと、ゾッとしませんか?では、iPhoneの遠隔操作で受ける被害を私が思いつく限り一覧にして解説をしていきますので、一つ一つチェックをしながら被害を理解していきましょう。

位置情報が知られる

f:id:rick1208:20200827221507p:plain
iPhoneの標準機能の遠隔操作や遠隔操作アプリでは、定番のGPS機能を遠隔で監視するといった機能があります。それを利用されてしまうと、あなたの入る場所がまるわかりです。もちろん遠隔操作アプリも進化しているのでリアルタイムで分かってしまいます。

一日の行動パターンが読まれてしまうので、空き巣、ストーカーなどさまざまな被害が考えられます。家にいない時間が分かりますので、空き巣の被害に合われるかもしれません。そうすると、とんでもない被害に遭遇します。

ストーカー行為をされてしまった場合は、恐怖で支配されてしまい精神的なダメージを受けることになります。そうならない為には、ちゃんとと防止・対策・設定強化していきましょう。

盗撮や盗聴をされる

f:id:rick1208:20200827214912p:plain
iPhoneが遠隔操作で受ける被害として、盗撮や盗聴をされるということもあります。iPhoneには、カメラとマイクが搭載されています。当然カメラとマイクを遠隔操作アプリでは、遠隔で操作することが可能なのです。

何もしていないのに、iPhoneからシャッター音が聴こえた。勝手に録音ファイルが多くなっている。といった症状が表れてしまいます。このような場合、相手に撮った写真や音声が送られてしまうので、どこにいるか?何を話しているか?が知られてしまいます。

もし個人情報などを含む会話や書類などを盗撮・盗聴されていた場合は、さらに被害が広がってしまいます。たとえば、AppleID・パスワードなどメモしていたものを盗撮されてしまう。なんてことも考えられます。

電話やSMSなどプライバシーが侵害される

f:id:rick1208:20200827202106p:plain
電話の内容までも遠隔操作により丸わかりになります。ビジネスシーンなどで通話は必須です。取引先との電話では、とても重要な会話をすることが予想されます。その場合は、顧客の情報や会社の情報を盗まれてしまう可能性があります。

またSNSのメッセージも読まれてしまいます。さまざまな情報が盗まれてしまいますので、プライバシーが侵害される被害を受けてしまいます。

1回知らないうちに遠隔操作されてしまったら、防止・対策することは難しいので、遠隔操作されていないかやはり隅々までチェックすることは大事ですよ。

データを消去される

f:id:rick1208:20200827190624p:plain
写真・動画・メールなどiPhoneには、たくさんのデータが入っていると思います。遠隔操作アプリの機能には、さまざまなデータを消去可能な機能があります。その遠隔操作アプリの機能を利用されると、いつの間にかデータが消去されるという被害を受けます。

大事なデータが入っているiPhoneですから、こういったデータを消去される可能性があると理解して、遠隔操作に対して防止・対策を取っていきましょう。

iPhoneが遠隔操作されているかチェックする方法

f:id:rick1208:20200827144815p:plain
それでは、あなたのiPhoneが遠隔操作されているかどうかチェックする方法はあるのと思いますか?もしiPhoneが遠隔操作されているのであれば、今すぐチェックして遠隔操作を解除しなければ被害は広がり続けてしまいます。そうならないためにチェックし解除をしましょう。

自分自身のiPhoneは遠隔操作なんてされていないよ!!と自信を所持しているひとも、気づいていないだけで見落としている可能性だって十分ありますので、今から解説をするiPhoneが遠隔操作されているかどうかチェックする方法を見ていきましょう。

ホーム画面をチェックする

f:id:rick1208:20200826183150p:plain
iPhoneのホーム画面をチェックしていきましょう。ホーム画面にはダウンロードしたアプリが表示されています。ホーム画面を隅々まで見渡してください。ホーム画面の一覧に知らないアプリのアイコンはありませんか?ホーム画面にあったのなら消去しましょう。

ホーム画面からそのまま遠隔操作アプリをアンダウンロードすることが可能ですので、すぐさまホーム画面からアンダウンロードして遠隔操作から解除しましょう。ただ厄介なのがホーム画面に遠隔操作アプリのアイコンを表示しないこともできてしまうのです。

ですからホーム画面の一覧に怪しいアプリがなかったからといって安心してはいけません。ホーム画面の一覧でチェックできなかった場合は、アプリ一覧をチェックするという方法を取ってください。

アプリ一覧をチェックする

f:id:rick1208:20200826113950p:plain
アプリをダウンロードした一覧をチェックしていきましょう。このアプリ一覧には、ホーム画面の一覧ではチェックできなかったアプリが隅々まで表示されます。最終的には、アプリ一覧に遠隔操作アプリがないかチェックしてください。

アプリ一覧では、いつそのアプリをダウンロードしたか?などが詳しく載っていますので、身に覚えがあるか?チェックしていきましょう。アプリ一覧からアンダウンロード可能ですので、遠隔操作から解除していきましょう。

プロファイルをチェックする

f:id:rick1208:20200826025254p:plain
プロファイルのチェックをしておきましょう。プロファイルとはiOSの機能制限や各種設定を行うためのソフトウェアのことです。遠隔操作を目的としたプロファイルがダウンロードされることもあるんです。ですからプロファイルもチェックしておきましょう。

プロファイルは、ホーム画面にも設定のアプリ一覧にもアプリアイコン等は表示されません。ですからプロファイル一覧から消去して遠隔操作から解除していきましょう。プロファイルの消去の仕人は後々説明をしていきます。

iPhoneの遠隔操作を解除する方法

f:id:rick1208:20200823090444p:plain

それでは、iPhoneの遠隔操作を解除する方法を解説します。遠隔操作を解除するには、AppleIDとパスワードが必要になりますのでAppleIDとパスワードを覚えておきましょう。

知らないアプリを消去する

f:id:rick1208:20200829032838p:plain
知らないアプリがiPhoneにあった場合は、基本的に消去するようにしましょう。普段利用していないアプリなんかも一気にアンダウンロードしてみてはいかがと思いますか?そうすると結果的に、遠隔操作アプリをアンダウンロードするかもしれません。

そうやって遠隔操作から解除していきましょう。AppleIDとパスワードなど個人情報など、どんどん被害が広がってしまうので見つけたらすぐに消去して解除してくださいね。

知らないプロファイルを消去する

f:id:rick1208:20200829032849p:plain
知らないプロファイルも消去してください。「設定」から「一般」を押して「デバイス管理」を押していきます。するとプロファイル一覧が表示されますので知らないプロファイルは消去しましょう。

iPhoneを探す」をオフにする

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
つづいて、iPhoneを探すをオフにしていきます。iPhoneを探すをオフにするには、AppleIDとパスワードが必要ですので事前に用意しておきましょう。まず最初はiPhoneのホーム画面から「設定」を押していきます。
f:id:rick1208:20200829033008p:plain
つぎに「ユーザ名」を押してください。
f:id:rick1208:20200829033024p:plain
そしたら「iCloud」を押して進んでください。
f:id:rick1208:20200829033036p:plain
そして「iPhoneを探す」を押していきます。
f:id:rick1208:20200829033049p:plain
iPhoneを探すの設定画面にある「iPhoneを探す」をオフにしていきます。
f:id:rick1208:20200829035823p:plain
そうしたら、AppleIDとパスワードを記入してください。AppleIDとパスワードを記入しないとオフには可能でせんので注意が必要です。もしAppleIDとパスワードを忘れたらサポートセンターに問い合わせをしましょう。
f:id:rick1208:20200829040315p:plain
AppleIDとパスワードを記入した後、自動的にiPhoneを探すがオフになります。
最後の位置情報を送信もオフにしておきましょう
f:id:rick1208:20200829040308p:plain
一応、最後の位置情報を送信もオフにしておきましょう。これで遠隔操作されることがないと思います。

iPhoneを初期化する

f:id:rick1208:20200822163331p:plain
iPhoneを初期化することで、遠隔操作アプリを消去することも可能です。では初期化していきましょう。iPhoneのホーム画面から「設定」を押していきます。
f:id:rick1208:20200829091411p:plain
つぎに「一般」を押していきます。
f:id:rick1208:20200829091419p:plain
「リセット」を押してください。
f:id:rick1208:20200829091430p:plain
「すべてのコンテンツと設定を消去」を押してください。
f:id:rick1208:20200829091440p:plain
ここでパスコードを記入します。
f:id:rick1208:20200829091448p:plain
最後に「iPhoneを消去」を押します。そうするとiPhoneが初期化されます。遠隔操作アプリも一緒に消去されますので安心して使えるようになります。

iPhoneの遠隔操作の防止、対策方法

f:id:rick1208:20200822114255p:plain
iPhoneの遠隔操作されない為には、どのように防止・対策をすればいいのと思いますか?防止・対策方法について解説をしていきます。

怪しいアプリをダウンロードしない

f:id:rick1208:20200822114209p:plain
ちょっとでも怪しいと思ったアプリをダウンロードしない。これが一番です。またダウンロードするときに、要求される権限が多ければ多いほどあなたのiPhoneの権限を許可することになるので、必ずチェックしておいてくださいね。

怪しいURLを開かない

f:id:rick1208:20200822114150p:plain
知らないメールにURLが記載されていても絶対にアクセスしないでください。遠隔操作アプリのダウンロード先かもしれません。また無料で音楽や漫画がダウンロード可能なといって、URLが指示されていても誘惑に負けずに我慢してくださいね。

他人にiPhoneを渡さない

f:id:rick1208:20200822114026p:plain
うっかりiPhoneをテーブルに置いていた。そうすると見知らぬひとが、勝手に遠隔操作アプリをダウンロードしてしまうかもしれません。1回ダウンロードされてしまうと、その相手はパソコンを使いあらゆることを遠隔で操作されてしまいます。

なんでもない日常に危険が潜んでいるということを忘れないでください。最近はストーカー行為などが問題になっていますので、女性の人は特にあまり親しくない男の人にiPhoneを渡さないようにしてください。

フリーWiFiを避ける

f:id:rick1208:20200822113324p:plain
フリーWiFiにはさまざまなものがあります。ときには危険なWi-Fiまであるんです。偽物のフリーWi-Fiを作り、あなたのiPhoneが接続されるのを待って不正なアプリをダウンロードさせてしまいます。こういった方法で遠隔操作アプリをダウンロードされるんです。

ですから、公式に提供されていないフリーWiFiには絶対に接続しないでください。

iPhoneにロックをかける

f:id:rick1208:20200822113302p:plain
iPhoneに必ずロックをかけるようにしましょう。ロックをかけていれば、遠隔操作されない場合もあります。また遠隔操作アプリをダウンロードしようとするひとが身近にいた場合に、防ぐことが可能です。

Apple IDやパスワードを厳重に管理する

f:id:rick1208:20200822113240p:plain
AppleIDやパスワードは他人に絶対に教えないようにしましょう。もし漏れてしまうと、遠隔操作されてしまうことに繋がります。管理はちゃんととしましょう。

脱獄しない

f:id:rick1208:20200822113221p:plain

iPhoneを脱獄しないようにしましょう。脱獄するとセキュリティが低下します。そして遠隔操作アプリもダウンロードしやすくなります。脱獄さえしていなければ防げるリスクはとても多いので、絶対に脱獄はしないようにしてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200822113205p:plain
iPhoneが遠隔操作されているかも、、とちょっとでも思いましたらこの記事を見てチェックをしていきましょう。