漫画の地球儀

iPhone純正の充電器、ケーブルを無償で交換する方法!【郵送、条件、保証期間、電話】

スポンサーリンク

iPhone純正の充電器やケーブルを無償交換するのでの条件

f:id:rick1208:20200829111424p:plain
Phone純正の充電器やケーブルを無償で交換するのでには、下記3つの条件を満たす必要があります。

使用中のiPhoneが製品保証期間内であること
壊れた製品がiPhone購入時に付属していたApple純正の充電器あるいは充電ケーブルであること
充電器や充電ケーブルの故障が人為的な外傷によるものではないこと

Apple純正のアクセサリには、通常使用中に材質や製造上の欠陥があった場合に製品を保証する、製品保証期間(購入後1年間)があります。さらに「AppleCare+ for iPhone」に加入していると、iPhoneの購入日から2年に保証期間を延長されます。

iPhoneが製品保証期間内かどうか調べる

f:id:rick1208:20200829191348p:plain
自分自身自身が使用しているiPhoneの製品保証期間は、Apple公式サイトの「製品の保証状況とサービス期間をチェックする」から調べることが可能です。
f:id:rick1208:20200829191409p:plain
f:id:rick1208:20200829191415p:plain
シリアル番号の記入が必要なので、iPhoneを操作してシリアル番号をチェックします。

「設定」アプリから一般→情報の順に進んで、シリアル番号の部分を長押ししてコピーしてください。
f:id:rick1208:20200829191811p:plain

先ほど開いた保証期間のチェックページにアクセスし、コピーしたシリアル番号をペーストして記入したら続けるを押します。
f:id:rick1208:20200829191823p:plain
f:id:rick1208:20200829191829p:plain
チェック画面を下にスクロールし、「修理サービス保証」が有効になっていれば保証対象なので、無償交換の条件を満たすことになります。

充電器や充電ケーブルの状態をチェックする

f:id:rick1208:20200829092716p:plain
無償交換の対象となるのは、iPhone購入時に付属していたApple純正の充電器・充電ケーブルです。非正規(サードパーティ)の製品を純正製品と交換することは可能でせん。また、人為的な破損ではなく経年劣化による故障であることも重要です。

特にケーブルは、中の配線がちぎれてケーブルが真っ二つに分裂していると交換可能でせん。さらに、水没などによる故障は保証対象外になるので気を付けてください。

iPhone純正の充電器や充電ケーブルの交換方法

f:id:rick1208:20200829031709p:plain
iPhone純正の充電器や充電ケーブルを交換するには、「Apple公式サイトから申し込み、郵送で商品を受け取る」「電話で申し込み、郵送で商品受け取る」「Apple StoreApple正規サービスプロバイダに持ち込んで交換する」の3つの方法があります。

Apple公式サイトから申し込み、郵送で交換品を受け取る

f:id:rick1208:20200828182953p:plain
Appleのサポートページにアクセスして交換手続きをし、新しい製品を配送してもらいます。製品が届いたら、手持ちの壊れた製品を送り返すと交換手続き終了です。自宅にいるだけで製品を交換可能なので、忙しい人には便利な方法です。

f:id:rick1208:20200829192550p:plain
Appleの公式サイトにある「Appleサポートへの問い合わせ」にアクセスし、iPhoneを選びます。

f:id:rick1208:20200829192733p:plain
f:id:rick1208:20200829192738p:plain
修理と物理的な損害を選びた後、イヤフォン、ケーブル、あるいはアダプタの交換を選びます。
f:id:rick1208:20200829193019p:plain
f:id:rick1208:20200829193026p:plain
「配送修理」を選択後、Apple IDとパスワードを記入して、サインインの許可を認証します。

f:id:rick1208:20200829193040p:plain
2ファクタ認証がある場合は、チェックコードを記入してサインインしてください。
f:id:rick1208:20200829195710p:plain
f:id:rick1208:20200830000924p:plain
交換が必要な部品の種類(イヤフォン、ケーブル、電源アダプタ)を選び、続けるを押します。
f:id:rick1208:20200830000938p:plain
f:id:rick1208:20200830000945p:plain
配送先の情報を記入する画面が現れるので氏名や郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスなどを記入し、続けるを押して支払い方法を選びます。

不具合のあるケーブルや充電器がAppleに配送されなかった場合や保証対象外と判断された場合のデポジットとして、一時的に「未返却料」が請求されることに承認が必要です。これは、古いアクセサリを10営業日以内にAppleへ返送した上で、保証対象であれば実ときに請求されることはありません。

必要情報を記入したら修理の詳細をチェックするを押して進みます。
f:id:rick1208:20200830001004p:plain
f:id:rick1208:20200830001011p:plain
内容をチェックしたら「Appleの使用規約に同意します」にチェックを入れ、送信をタップすれば手続きは終了です。修理費用は0円となっています。

新しい交換製品は、リクエストが送信されてから3~5日程度で届きます。前述のとおり、壊れたApple純正のケーブルや充電器を10営業日以内に返送しないと費用が発生してしまうので注意が必要です。

わたしの場合は、クロネコヤマトで交換商品が届きました。受け取りと同時に壊れた製品を返送する必要があるので、交換製品を封筒から取り出し、送られてきた封筒に自分自身自身の使用していた製品を入れて配送業者に渡してください。

電話で申し込み、郵送で交換品を受け取る

f:id:rick1208:20200828161438p:plain
Appleのサポートセンター(フリーダイヤル 0120-277-535)に電話をかけ、ガイダンスに従って交換手続きをします。オペレーターにつながるので、直接やりとり可能な点が便利です。新しい製品は郵送で届くので、壊れた製品を返送すればOK。営業時間は平日9:00~19:00まで、土日祝日は9:00~17:00までです。

電話ではiPhoneのIMEI番号や氏名、電話番号、郵便番号、住所、支払い方法(クレジットカード番号)などを尋ねられるため、あらかじめ用意しておくとスムーズです。交換受付が終了すると受付番号を伝えられるので、メモしておきます。

f:id:rick1208:20200830001511p:plain
IMEI番号は、iPhoneの「設定」アプリで一般→情報→IMEIでチェックすることが可能です。あとは公式サイトからの交換申し込みと同じで、新しい製品が郵送されてくるので受け取り、壊れた製品を返送すればOKです。

Apple StoreApple正規サービスプロバイダに持ち込んで交換する

f:id:rick1208:20200828090158p:plain
全国にあるApple StoreAppleの正規サービスプロバイダ店舗へ不具合製品を持ち込んで、交換してもらいます。早ければ当日中に交換可能なので、急いでいる場合は便利です。交換を依頼する場合は、Appleの公式サイトから来店予約をしましょう。
f:id:rick1208:20200830001550p:plain
f:id:rick1208:20200830001556p:plain
Appleの公式サイトにある「Appleサポートへの問い合わせ」にアクセスし、交換したい製品を選んで持ち込み修理を選びます。

Apple IDとパスワードを記入してサインインをした後、キーワードで検索したり位置情報を使用したりして持ち込みたい近隣のApple StoreApple正規サービスプロバイダ店舗を探します。

f:id:rick1208:20200830001610p:plain
f:id:rick1208:20200830001616p:plain
予約可能な店舗は店舗名と場所の下に青字で日時が記載されているので、店舗名をタップ。あとは来店時間を選択すれば、来店予約は終了です。

来店当日は交換したい製品を持参することを忘れないように注意し、店舗スタッフに予約時間と名前、症状などを伝えたり、店頭の機械などで受付をしたりして順番を待ちましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200828071529p:plain
Appleのサポートページや電話から手続きをして新しい充電器やケーブルを配送してもらう方法は、自宅にいるだけで交換可能なので便利な反面、製品が届くまでに最低3日~1週間程度かかります。すぐに交換が必要な場合は、Apple StoreAppleの正規サービスプロバイダの来店予約をしたほうがよいと思います。

完全に充電ができなくなってしまうとiPhoneが使えなくなってしまうので、「充電器に差し込んでも充電の動作が始まらない」「充電ができているときとできていない時がある」「接触が悪く、手で押さえたり差し込む向きを変えると充電可能なようになる」などの症状が現れたら、早めに交換手続きをすることをおススメします。