漫画の地球儀

『iPhone』のLEDフラッシュライトを点灯する方法!【消し方、ホームボタン、懐中電灯、オフ】

スポンサーリンク

iPhoneのLEDフラッシュライト

f:id:rick1208:20200827202106p:plain
iPhoneのLEDフラッシュライトとは一体なんなのか聞いて一発でピンとくる方、来ない方いるかと思います。LEDライトはその名の通りiPhoneに搭載されたLEDライトをオン・オフに切り替えることで簡単に明かりを灯すことが可能です。

iPhoneのLEDライトの操作方法や消し方もかなり簡単ですのでご解説したいと思います。

カメラのライト以外にも懐中電灯とみなして使用可能

f:id:rick1208:20200827190624p:plain
iPhoneの本体背面に搭載されているLEDライトは、カメラでの撮影時にフラッシュとして使用することが可能ですが、懐中電灯のように任意にライトを点灯させることも可能です。また、LEDライトの明るさも調整可能となっています。

iPhoneのLEDフラッシュライトを点灯する方法

f:id:rick1208:20200827144815p:plain
なんだか便利そうに聞こえるiPhoneのLEDライト。1回は利用してみたいですよね。しかしiPhoneのLEDライトのオン・オフの切り替えはそんなに簡単に行えるの?と疑問に思う方も中にはいると思います。実は誰でも簡単にオン・オフの切り替えが可能です。

そこでここではiPhoneのLEDライトを点灯する方法、消し方についてご解説します。

LEDフラッシュライトをオンにする手順

f:id:rick1208:20200826183150p:plain
iPhoneの機種にもよりますが、iPhoneでLEDライトを使用するとき、オン・オフの切り替えをしたいときにはコントロールセンターから行うことが可能です。私はiPhone5sを未だに利用しているので下から上にスワイプするとコントロールセンターが表示されます。

ホームボタンがある場合とホームボタンがなしの機種を利用している人によってiPhoneのLEDライトの起動の仕人はちょっと変わっていきます。

ホームボタンがあるiPhoneの場合

f:id:rick1208:20200826113950p:plain
iPhoneのホーム画面やアプリ画面、ロック画面から呼び出せるコントロールセンターからLEDライトを点灯させることが可能です。
f:id:rick1208:20200827202348p:plain
iPhone 8」などホームボタンのあるiPhoneの場合、画面の下部から上にスワイプしてコントロールセンターを呼び出します。コントロールセンター内の「懐中電灯」アイコンを押すことで、LEDライトを点灯させることが可能です。

上記の画面のように懐中電灯のマークは見つかりましたか?ちなみにこのコントロールセンターは位置や何を配置するのかなどもカスタマイズ可能なので懐中電灯のマークの位置は人それぞれかと思います。
f:id:rick1208:20200827202524p:plain
iPhoneのLEDライトの消しかたは「懐中電灯」アイコンを再度押します。するとiPhoneのLEDライトがオフになります。

ホームボタンがないiPhoneの場合

f:id:rick1208:20200826025254p:plain
iPhone X」など割と新しめの機種を利用している場合ホームボタンがなしの構造になっていると思います。そんなホームボタンがなしのiPhoneの場合、画面右上から下にスワイプしてコントロールセンターを呼び出します。

コントロールセンター内の「懐中電灯」アイコンを押すことで、LEDライトを点灯することが可能なのです。逆にiPhoneのLEDライトの消す方法は「懐中電灯」アイコンを再度押します。すると同様にホームボタンがなしでも消せます。

iPhoneのLEDライトって何かものを探したり、暗闇の中を照らすときに使うものですよね。要するになるべくすぐに使いたいものですよね。そんなときにすぐに使えるようにコントロールセンターをカスタマイズしておきましょう。

iPhoneのLEDフラッシュライトを消灯する方法

f:id:rick1208:20200823090444p:plain
iPhoneのLEDライトの点灯方法、要するにオンにする方法はわかりましたね。ではオフにする方法、消す方法はどのようにして行えばいいのと思いますか。これもiPhoneのホームボタンが構造上なしか、もしくはホームボタンがあるかで変わります。

そこでここではiPhoneのLEDライトの消灯、消し方についてご解説します。

LEDフラッシュライトをオフにする手順

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
iPhoneの本体背面に搭載されているLEDライトは、カメラでの撮影時にフラッシュとして使用することが可能ですが、懐中電灯のように任意にライトを点灯させることも可能です。また、ライトの明るさも調整可能となっています。

しかしiPhoneのLEDライトを消す方法、オフにする方法はどうしたらいいのと思いますか?ずっとオンになったままだと恥ずかしいですよね。それではLEDフラッシュライトをオフにする手順をご解説します。

ホームボタンがあるiPhoneの場合

f:id:rick1208:20200822163331p:plain
iPhone 8」などホームボタンのあるiPhoneの場合、画面の下部から上にスワイプしてコントロールセンターを呼び出します。コントロールセンター内の「懐中電灯」アイコンを押すことで、LEDライトを点灯させることが可能です。

消したい場合は「懐中電灯」アイコンを再度押します。

ホームボタンがないiPhoneの場合

f:id:rick1208:20200822163252p:plain
iPhone X」などホームボタンがなしの構造のiPhoneの場合、画面右上から下にスワイプしてコントロールセンターを呼び出します。コントロールセンター内の「懐中電灯」アイコンを押すことで、点灯中のLEDライトを消すことが可能です。

オンからオフ、要するにiPhoneのLEDライトを消したい場合は「懐中電灯」アイコンを再度押します。

iPhoneのLEDライトの明るさを変更する方法

f:id:rick1208:20200822114255p:plain
皆さん知っていましたか?iPhoneの本体背面に搭載されているLEDライトは、任意にオン、オフ可能で懐中電灯のように使用することも可能ですが、実はLEDライトの明るさを明るくしたり暗くしたりすることも可能となっています。

なお、LEDライトの明るさの変更は「iOS10」以降を搭載した「3D Touch」対応のiPhone、あるいは「iOS11」以降を搭載したiPhoneで使用可能です。それではここではiPhoneのLEDライトの明るさを変更する方法についてみていきましょう。

明るさを変更可能な機種

f:id:rick1208:20200822114209p:plain
iPhoneのLEDライトの明るさを変更可能な機種というのは「iOS10」以降の「3D Touch」対応のiPhone、あるいは「iOS11」以降のiPhoneでは、LEDライト(懐中電灯)を段階的に明るくしたり暗くしたり、明るさを調整することが可能となっています。

ではまず明るさが変更可能なバージョンになっているのかをチェックするのでにiPhoneの設定のアプリを開きます。
f:id:rick1208:20200827202953p:plain
設定のアプリを開くと「一般」という項目があるのでこちらを押します。
f:id:rick1208:20200827203003p:plain
すると上から2番目に「ソフトウェア・アップデート」という項目があるのでこちらを押します。
f:id:rick1208:20200827203044p:plain
すると現在のあなたのiOSのバージョンをチェックすることが可能です。もし、「ダウンロードとダウンロード」と表示されている場合にはこちらを押してアップデートしましょう。
f:id:rick1208:20200827203305p:plain
もしiPhoneのアップデートが必要な場合には上記の画面のように青い文字で「ダウンロードとダウンロード」と表記がでますのでこちらを押してアップデートしましょう。

明るさの変更手順

f:id:rick1208:20200827203411p:plain

では早速iPhoneのLEDライトの明るさの変更手順をご解説したいと思います。ちなみに私はiPhone5sで3Dtouchの機能は付いていませんが、アップデートしたので実ときに使えます。まずiPhoneでコントロールセンターを表示します。
f:id:rick1208:20200827203419p:plain
「懐中電灯のマーク」を押すことで、本体背面のLEDライトを点灯することが可能です。ホームボタンのあるiPhoneでは画面下から上にスワイプ、ホームボタンのないiPhoneでは画面右上から下にスワイプすると、コントロールセンターを表示可能です。

コントロールセンターから懐中電灯のマークのアイコンを長押しします。
f:id:rick1208:20200827203428p:plain
すると上記の画面のようにiPhoneのLEDライトの明るさの変更が可能な表示になります。
f:id:rick1208:20200827210953p:plain
明るさの調節画面をスライドあるいは押して変更します。
f:id:rick1208:20200827211159p:plain
明るさを選びたら余白を押して画面を閉じます。これでiPhoneのLEDライトの明るさの変更をすることが可能でした。簡単ですね。私みたいに古いiPhoneを利用していても使うことが可能なのです。

皆さんはiPhoneのLEDライトを使うことができても明るさの変更が可能ななんて知っていましたか?私も古いiPhoneながら可能なのは嬉しいです。しかもiPhoneのLEDライトって本当に何気ないときに役立つ機能なんですよね。

例えば何かの隙間にものを落としてしまったとき・・・。まったく何も見えない状態です。何か棒などでとろうとしても明かりがないと見えないので落としたものがそのままになってしまったりということも・・・。また、このiPhoneのLEDライトは他にも役立ちます。

今の日本は自然災害の多い国ですから停電もそのようなときには起こると思います。そんなときにiPhoneのLEDライトがあれば多少安心可能ですよね。そのような色々な場面に活用が可能なのでぜひ利用してみてください。