漫画の地球儀

『iPhone』の緊急SOS機能の使い方!【警告音を設定する、メディカルIDと連動させる方法、作成】

スポンサーリンク

iPhoneの緊急SOSの使用方法

f:id:rick1208:20200827190624p:plain
皆さんはiPhoneに「緊急SOS」という機能があることをご存知ですか?この緊急SOSとは、iOS11で追加された緊急時に特定の部署へ通報可能な機能のことです。災害時以外にも、急な病気や怪我、事故などの緊急時に警察や救急車を呼ぶことが可能です。

緊急時にiPhoneで通報しようとしても、画面のロックを解除したり、電話のアプリを起動して電話番号を記入したりしていると時間が掛かってしまいます。その僅かな時間が命取りになることだってあります。そんな時に便利なのがiPhoneの「緊急SOS」です。

iPhoneの緊急SOS機能でアクセス可能な電話番号は、「警察」「消防・救急」「海上保安庁」です。いざという時に重宝するので覚えておきましょう。今記事では、iPhoneの緊急SOS機能の使用方法と設定方法について説明していきます。

iPhone8以降の端末

f:id:rick1208:20200827144815p:plain

まず最初はiPhoneの緊急SOS機能の使用方法について説明していきます。iPhone8以降の端末で緊急SOS機能を起動する方法は、「サイドボタンと音量ボタンを同時長押し」と「サイドボタンを5回クリック」のふたつの方法があります。

以下が、iPhone8以降の端末で緊急SOS機能を使う方法です。

サイドボタンと音量ボタンを同時長押し

f:id:rick1208:20200827193526p:plain
ひとつ目の方法が、iPhone8以降の機種でサイドボタンと音量ボタンを同時に長押しすることで緊急SOSを使うことが可能です。音量ボタンは、上げるボタンと下げるボタンのどっちの音量ボタンでも可能です。

サイドボタンを5回クリック

f:id:rick1208:20200827194108p:plain
ふたつ目の方法が、サイドボタンを連続で5回クリックすることで緊急SOSを使うことが可能です。

iPhone7以前の端末

f:id:rick1208:20200826183150p:plain
iPhone7以前の端末で緊急SOSを使う方法は、iPhone8以降の端末と違って音量ボタンを使った方法では緊急SOSを起動することは可能でせん。いざという時に緊急SOSを起動可能なように、ご自身が使用しているiPhoneのモデルはチェックしておきましょう。

以下が、iPhone7以前の端末で緊急SOS機能を使う方法です。

サイドボタンを5回クリック

f:id:rick1208:20200827194141p:plain
iPhone7以前の機種で緊急SOSを使うには、サイドボタンを連続で5回押します。

iPhoneの緊急SOSの自動、手動を設定する方法

f:id:rick1208:20200826113950p:plain

上記でiPhoneの緊急SOSの使用方法についてはご理解いただけたと思います。次に、緊急SOSの設定方法について説明していきます。iPhoneの緊急SOSを起動するには、「自動」と「手動」のふたつの方法があります。

ここでは、iPhoneの緊急SOSの自動、手動を設定する方法について説明していきます。

iPhoneの緊急SOSを自動に設定する場合、まず「設定アプリ」を起動します。
f:id:rick1208:20200827194610p:plain
iPhoneの設定アプリを開いたら、ちょっと下の方にスクロールして「緊急SOS」を選びて開きます。

「自動通報」をオンにする

f:id:rick1208:20200827194849p:plain
緊急SOSの設定画面を開いたら、「自動通報」をオンに切り替えます。iPhoneSIMカードが入っていない場合は、自動通報をオンにすることは可能でせん。
f:id:rick1208:20200827194902p:plain
画像のようになっていれば、自動通報の設定がオンの状態です。
f:id:rick1208:20200827194912p:plain
自動通報がオンの状態で緊急SOSを起動すると、画像のようにカウントダウンが始まります。カウントダウンが3秒経つと、自動的に通報されます。緊急SOSを停止したい場合は、画面の停止ボタンを押すことでカウントダウンがストップします。
f:id:rick1208:20200827195158p:plain
自動通報がオフの状態で緊急SOSを起動すると、画像のようにスライダーが表示されます。緊急SOSを使用する場合は、緊急SOSのスライダーをスライドします。

iPhoneの緊急SOSで警告音を出す方法

f:id:rick1208:20200826025254p:plain

iPhoneの緊急SOSには、警告音を出す機能も備わっています。

この警告音はかなり大きな音で、事件に巻き込まれたとき、周りの人が異変に気付いてくれたり、不審者が警告音に驚いて逃げたりすることもあります。常に持ち歩いているiPhoneが、防犯ブザーの代わりになる訳です。

いつどこで事件に巻き込まれてしまうか分からない世の中なので、常に持ち歩いているiPhoneで警告音が出るように設定しておきましょう。

警告音を設定する手順

f:id:rick1208:20200823090444p:plain
iPhoneの緊急SOSで警告音を出す設定をしている場合、緊急SOSの自動通報を立ち上げたときに、3秒間のカウントダウンがはじまって警告音も出るようになります。そして、カウントダウン終了後に自動的に通報されます。

以下が、iPhoneの緊急SOSで警告音を出す設定方法です。

iPhoneの緊急SOSで警告音を出す場合、まず「設定アプリ」を起動します。
f:id:rick1208:20200827195236p:plain
iPhoneの設定アプリを開いたら、ちょっと下の方にスクロールして「緊急SOS」を選びて開きます。
f:id:rick1208:20200827195259p:plain
緊急SOSの設定画面を開いたら、「カウントダウンで音を出す」をオンに切り替えます。なお、自動通報がオフ状態の場合は、この「カウントダウンで音を出す」項目は表示されません。
f:id:rick1208:20200827195343p:plain
画像のようになっていれば、「カウントダウンで音を出す」の設定がオンの状態です。
f:id:rick1208:20200827200335p:plain
「カウントダウンで音を出す」の設定がオンの状態で緊急SOSを起動すると、カウントダウンのときに警告音が出ます。警告音に関しては、以下の動画でチェックすることが可能です。

iPhoneの緊急SOSをメディカルIDと連動させる方法

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
iPhoneの緊急SOSとメディカルIDを連動させることによって、緊急時に指定した緊急連絡先にメッセージや位置情報を自動的に送信することが可能です。位置情報が変わった場合は、その都度新しい位置情報が緊急連絡先へ送信されるので緊急時には重宝します。

家族やかかりつけの医者がいる場合は、緊急連絡先として登録しておくととても安心です。また、緊急SOSを起動したときに、メディカルIDに登録した情報が表示され、緊急連絡先へすぐに電話をかけることも可能です。

メディカルIDと連動する手順

f:id:rick1208:20200822163331p:plain
iPhoneの緊急SOSをメディカルIDと連動させるには、まずメディカルIDを作っておく必要があります。以下が、iPhoneの緊急SOSをメディカルIDと連動させる方法と、メディカルIDの設定方法です。

iPhoneの緊急SOSをメディカルIDと連動させる場合、まず「設定アプリ」を起動します。
f:id:rick1208:20200827200412p:plain
iPhoneの設定アプリを開いたら、ちょっと下の方にスクロールして「緊急SOS」を選びて開きます。
f:id:rick1208:20200827200453p:plain
緊急SOSの設定画面を開いたら、「ヘルスケアで緊急連絡先を設定」を選びて開きます。

メディカルIDを作成する

f:id:rick1208:20200827200636p:plain
メディカルIDを作っていない場合は、ヘルスケアアプリでメディカルIDを作成する必要があります。「メディカルIDを作成」を押します。
f:id:rick1208:20200827200710p:plain
「メディカルIDを作成」をクリックすると、自分自身自身の情報を記入する画面が表示されます。上から情報を記入していきましょう。記入が終了したら「続ける」を押します。自分自身自身の情報を記入しなくても次へ進むことが可能です。
f:id:rick1208:20200827200806p:plain
次に、ヘルスケアアプリの開始画面になります。「続ける」を押してください。
f:id:rick1208:20200827201107p:plain
ヘルスケア情報を記入する画面が表示されます。服用中の薬やアレルギーなどがある場合は、登録しておきましょう。ヘルスケア情報を記入したら右上の「次へ」を押します。
f:id:rick1208:20200827201522p:plain
メディカルIDに緊急時の連絡先を登録することが可能です。緊急SOSで使用する連絡先なので、必ず登録しておきましょう。以上が、iPhoneの緊急SOSをメディカルIDと連動させる方法でした。

iPhoneの緊急SOSで救出された事例

f:id:rick1208:20200822114255p:plain


実ときに、iPhoneの緊急SOSで救出された事例もあります。ここでは、iPhoneの緊急SOSで命を救った一例をご解説します。

救出事例

f:id:rick1208:20200822114209p:plain
1人で磯釣りをしていた男の人が突然倒れ、意識が遠のく中で無意識にiPhoneのサイドボタンを連打していました。意識が戻ったときには、病院のベッドに運ばれていました。たまたまiPhoneの緊急SOSを設定しておいたお陰で助かりました。

これは実ときにiPhoneの緊急SOSで救出された方が、ツイッターでつぶやいて拡散された話です。iPhoneの緊急SOSで命を救った例として注目を浴びました。

まとめ

f:id:rick1208:20200822114026p:plain

iPhoneの「サイドボタンと音量ボタンを同時長押し」か「サイドボタンを5回クリック」することで緊急SOSを起動することが可能です。

緊急SOSは、ロック画面を解除しなくても起動することが可能なので、他人でもiPhoneに登録されている緊急連絡先へ連絡を取ることが可能です。設定していない人は、いざという時のために設定しておきましょう。