漫画の地球儀

iPhoneのロック画面、ホーム画面の壁紙画像を変更する方法!【ダイナミック壁紙、アニメーション】

スポンサーリンク

iPhoneのロック画面、ホーム画面の壁紙を変更する方法

f:id:rick1208:20200827214912p:plain
iPhoneのホーム画面やロック画面の壁紙を好きな写真やおしゃれな画像に設定したいけど、壁紙の設定について「どうやって設定するのだろう」「今更聞けない」という人はいませんと思いますか?

ここではiPhoneのホーム画面・ロック画面の壁紙を設定するにあたり基本的な方法を改めて説明します。

設定アプリから変更する方法

f:id:rick1208:20200827211654p:plain
まず最初はホーム画面の設定アプリから設定する方法を説明します。

①ホーム画面の設定アプリを開きます。

②「壁紙」を押します。
f:id:rick1208:20200827215011p:plain
③「壁紙を選択」を押します。
f:id:rick1208:20200827215031p:plain
④静止画を押します。ホーム画面をダイナミック壁紙、ロック画面をLive壁紙に変更したい場合はここで選びて下さい。
f:id:rick1208:20200827215040p:plain
⑤好きな画像を選びます。
f:id:rick1208:20200827220014p:plain
⑥「静止画」「視差効果」いずれかを選び、設定を押します。
f:id:rick1208:20200827220226p:plain
視差効果については後程詳しく説明しますが、ホーム画面の壁紙に奥行きがあるように見える設定になります。消費電力を少なくしたい人は視差効果は設定しないほうが良いとされています。

⑦「ロック中の画面に設定」「ホーム画面に設定」「両方に設定」のいずれかを選び押し設定終了です。
f:id:rick1208:20200827220234p:plain

写真アプリから変更する方法

f:id:rick1208:20200827144815p:plain
次に、写真アプリから設定する方法を説明します。①ホーム画面から写真アプリを開きます。

②「すべての写真」を選びます。

③好きな画像を選びます。
f:id:rick1208:20200827220326p:plain
④一番下の選択画面の左側のアイコンを押します。

⑤一番下のメニューを左へスクロールします。

⑥「壁紙に設定」を押します。

⑦写真が拡大されて出てきますので縮小します。

⑧「静止画」「視差効果」いずれかを選び「設定」を押します。

⑨「ロック中の画面に設定」「ホーム画面に設定」「両方に設定」のいずれかを選び押し設定終了です。

iPhoneに初期搭載されているプリセットを使用する場合はOKのですが、写真アプリから壁紙を変更する場合はロック画面・ホーム画面で拡大されて表示されます。それは写真のサイズが画面の解像度よりかなり大きいためです。

私がまだ現役で使用しているiPhone6sでは写真サイズは3264×2448です。iPhone6sの画面サイズは1334×750なのでかなり大きいです。ロック画面・ホーム画面ぴったりにしたい場合はリサイズが必要ですので後程説明します。

iPhoneに初期搭載されているプリセット

f:id:rick1208:20200826183150p:plain
iPhoneでは初期搭載されている壁紙があります。静止画だけでも綺麗な画像が複数搭載されていますが、静止画のほかにホーム画面・ロック画面で使用可能なダイナミック壁紙とLive壁紙というものがあります。ここではその2つについて詳しく説明します。

端末の動きに反応して動くダイナミック壁紙

f:id:rick1208:20200826113950p:plain
ダイナミック壁紙とはiPhoneの傾きに合わせてアニメーションが変化する壁紙です。上の動画ではロック画面にダイナミック壁紙が設定されていますが、ホーム画面にも設定が可能でiPhoneを傾けると同様に水玉が動きます。

iPhoneX以前のダイナミック壁紙は色んな色の背景色に白っぽい水玉が動く壁紙でしたが、iPhoneXでは背景色が黒でカラフルな水玉が動くダイナミック壁紙が追加されています。

これはiPhoneXのみ有機ELディスプレイを搭載しており完全な黒色を再現することが可能なとされているため、それを活用した黒背景のダイナミック壁紙を搭載したようです。

今のところ水玉の以外のダイナミック壁紙は無いようです。水玉が動く壁紙もおしゃれですが、今後の新機種にはどのようなダイナミック壁紙が搭載されるか楽しみです。

タッチに合わせて反応して動くLive壁紙

f:id:rick1208:20200826025254p:plain

Live壁紙とはiPhoneのロック画面で長押しすると動く壁紙です。iPhone6sから搭載されている機能で、プリセットにあるLive壁紙を使うのもよいです。

また、カメラアプリにあるLive機能で撮ったLive PhotoをLive壁紙としてロック画面へ使用することが可能です。

他にも話題のTikTokの動画をiPhoneのLive壁紙として保存し、ロック画面のカスタマイズをすることも可能ですのでその種類は無限大です。

iPhoneユーザーの中には、ロック画面をLineのQRコードにしておいて友達登録をするときにLineを開く手間を省くといったことを考えている方もいらっしゃいます。

ロック画面なので誰でも見れてしまうといった個人情報的問題もあるのでそれは自己責任で行っていただく必要がありますが・・・。

自分自身でLive壁紙を作っている方もいるので、この機会に自分自身のiPhoneのロック画面をおしゃれなLive壁紙へカスタマイズしてみませんか?

ダイナミック壁紙とLive壁紙での気を付ける点

f:id:rick1208:20200823090444p:plain
iPhoneではダイナミック壁紙は、ロック画面・ホーム画面両方に設定しても動きますが、Live壁紙はロック画面のみでしか動きません。Live壁紙をホーム画面へ設定しても最初の画面の静止画状態なのでご注意ください。

またロック画面を長押ししても壁紙が動かない場合は、設定において低電力モードが「オン」になっている可能性があります。ホーム画面より「設定」→「バッテリー」から低電力モードをオフにして再度ロック画面を確かめてください。

他にiPhoneの壁紙の設定画面に「Live Photos」という項目が出てこないという人は、設定で3Dtouchが「オフ」になっている可能性があります。ホーム画面より「設定」→「アクセシビリティ」→「3Dtouch」でオンへ変更してください。

iPhoneのロック画面、ホーム画面の壁紙を初期に戻す方法

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
上記の壁紙の設定画面より、iPhoneへ初期搭載されているプリセットから画像を選ぶことで初期に戻すことが可能です。ところがiosのバージョンアップで以前あったプリセットの壁紙が無くなり、新しいものへと変わることもあるようです。

プリセットで搭載されている画像は美しく、良いものも多いため残念に思う方もいると思います。そんな方々のために、Googleフォトでは古いバージョンのiosの壁紙が公開されています。そちらからのダウンロードも可能なのでぜひ利用して下さい。

壁紙のサイズが合わない時の対処法

f:id:rick1208:20200822163331p:plain
iPhoneの壁紙の設定方法が分かっていざ好きな壁紙へ設定しようとすると、ホーム画面と画像サイズが合わなかったりなぜか拡大されてみたりすることがあります。ここでは具体的な対策方法を説明します。

視差効果設定を変更して解決する場合も

f:id:rick1208:20200822163252p:plain
iPhoneではios7より視差効果が新しく導入されました。視差効果とはiPhone本体を上下左右に傾けると壁紙が動いているように見えるというものです。

この視差効果により壁紙をカスタマイズするときに、画面サイズと同じサイズで設定しても拡大されて表示されるようになりました。

この効果をオフにすると、画面サイズと同じ壁紙でも拡大されずに壁紙に設定することが可能です。
設定方法は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」→「オフ」で効果を消すことが可能です。

画像のリサイズを行う

f:id:rick1208:20200822114255p:plain
iPhoneで視差効果の設定を変更しても満足がいかない方のためにスクリーンショットでリサイズする方法とアプリでリサイズする方法2つを解説いたします。

スクリーンショットでリサイズ

手早く画像のリサイズを行うにはスクリーンショットを活用する方法が簡単ですので解説します。

①写真アプリから好きな画像を選び、写真上で1回押す。

②上下に黒背景が出る画面でスクリーンショットする。

このようにスクリーンショットした写真を壁紙にすると、写真全体が見れる壁紙としてロック画面やホーム画面に使用可能です。

スクリーンショットを行うとどうしても上下に黒背景が入ってしまうため気になる人はアプリを使用した方法もあります。下記のサイトではメールを使用したリサイズも記載されていますので、リンクからご参照下さい。

iPhoneのバージョンに合わせたサイズとは?

f:id:rick1208:20200822114150p:plain
iPhone機種別のバージョンに合わせたサイズを以下の表にまとめました。

機種 壁紙サイズ(px) アスペクト比
iPhoneXS MAX 2688×1242 2:1
iPhoneX,XS 2436×1125 2:1
iPhoneXR 1792×828 2:1
iPhone

6Plus,6sPlus
7Plus,8Plus
|1920×1080 |16:9|

iPhone

6,6s,7,8
|1334×750 |16:9|

上記のサイズで視差効果をオフにするとホーム画面ぴったりのサイズで壁紙へ設定することが可能です。中には視差効果を使用したいという方がいると思いますが、その場合は上記のサイズより大きめに画像をリサイズする必要があります。

iPhoneのおしゃれな壁紙を探す方法

f:id:rick1208:20200822114026p:plain
おしゃれな壁紙は「おしゃれ 壁紙 iPhone」と検索すると、日本サイトから海外サイトまで無数の壁紙が検索結果に出てきます。

初期搭載のプリセットも素敵ですが、検索して自分自身の好みに合った画像へカスタマイズしてみると楽しいですし、気分転換にもなります。

また動く壁紙のLive壁紙の説明でTikTokについて触れましたが、TikTokの動画をLive壁紙として保存することが可能です。TikTokでは動く壁紙を「ダイナミック壁紙」と共通認識で広がっています。

TikTokでダイナミック壁紙と呼ばれているものは、iPhoneでLive壁紙なので間違えないようにしてください。

iPhoneでもアプリを使えばカスタマイズは可能

f:id:rick1208:20200822113324p:plain
iPhoneではアプリを使用すると壁紙だけではなくアイコンのカスタマイズも可能です。特に人気のアプリはCocoPPaというアイコンと壁紙を着せ替えるアプリです。

上のツイッター画像を見るととってもかわいいです。かわいいもの好き女子にはとっておきのアプリではないと思いますか。ぜひホーム画面を自分自身好みに、そしておしゃれにカスタマイズしてみてください。
「CocoPPa(ココッパ) - アイコン&壁紙きせかえ」をApp Store

以上、壁紙の設定方法からおススメのアプリまで解説しました。IT化している今、スマートフォンは欠かせない存在になっており、1日の中でも長い時間画面を見ることも多いと思います。

だからこそ、自分自身好みのおしゃれな画像やかわいい画像、パッと見て微笑ましい写真やちょっと笑っちゃう動画などにカスタマイズして楽しんでみてはいかがと思いますか?