漫画の地球儀

iPhone8のホームボタンのクリック振動の設定方法!【ホームボタンが反応しない原因、強さを調整】

スポンサーリンク

iPhone8のホームボタン

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
そもそもiPhone8のホームボタンはどのようなものなのと思いますか

物理ボタンから感圧式ボタンに変更

f:id:rick1208:20200823090444p:plain
iPhone8ではホームボタンが物理的に押すことの可能なボタンから、クリックの感覚を伝える感圧式ボタンへと変更になりました。

このiPhone8のホームボタンの仕様が変更されたことにより、従来のiPhoneと比較してiPhone8はホームボタンが押しにくいと感じる人がいるようです。そんなiPhone8のホームボタンの設定方法について解説したいと思います

iPhone8のホームボタンのクリック振動の設定方法

f:id:rick1208:20200822163331p:plain
iPhone8のホームボタンを押した時の挙動を変更する手順を解説します。

手順

f:id:rick1208:20200822163252p:plain
以下の手順で操作して設定を変更します。

iPhone8を起動し、ホーム画面から「設定」のアイコンを押して設定画面を開きます。
f:id:rick1208:20200826015454p:plain
設定画面の中にある「一般」を押して一般の設定画面を開きます。
f:id:rick1208:20200826020208p:plain
一般の設定画面から「ホームボタン」を押してクリックを選択画面を開きます。
f:id:rick1208:20200826020217p:plain
クリックを選択画面を開くとデフォルトでは2番のオプションが選択されていると思います。ここでは試しに3番のオプションを押してみます。
f:id:rick1208:20200826020226p:plain
選びているオプションが変更されます。この状態でホームボタンを押してみるとちょっと振動が強くなったのが分かると思います。
f:id:rick1208:20200826020740p:plain
1番を選びてホームボタンを押してみると今度はちょっと振動が弱くなります。気に入った振動の強さが決まったら右上の「終了」を押してクリックを選択の設定を保存します。

また、iPhone8ではダブルクリックやトリプルクイックをするのでの間隔を調整することも可能です。

f:id:rick1208:20200826020754p:plain
先ほど振動の強さを調節したときの手順と同様に、iPhone8を起動してホーム画面から「設定」のアイコンを押して設定画面を開きます。
f:id:rick1208:20200826020812p:plain
同様に、設定画面の中にある「一般」を押して一般の設定画面を開きます。
f:id:rick1208:20200826021611p:plain
一般の設定画面から「アクセシビリティ」を押してアクセシビリティの設定画面を開きます。
f:id:rick1208:20200826021618p:plain
アクセシビリティ画面から「ホームボタン」を押します。
f:id:rick1208:20200826021626p:plain
「クリックの間隔」という項目があるので、こちらでクリックの間隔を調整することが可能です。設定を変更すると振動が起こるので気に入った間隔に調整しましょう。

iPhone8のホームボタンが反応しない場合

f:id:rick1208:20200822114255p:plain
iPhone8のホームボタンが反応しない時の対処法について説明していきます。

充電がされているかチェック

f:id:rick1208:20200822114209p:plain
iPhone8ではホームボタンが感圧式のため、電源が入っていないと反応しません。まず最初はiPhone8本体の充電をしてからホームボタンが反応するかどうかチェックしましょう。

手が汚れたり濡れていないかチェック

f:id:rick1208:20200822114150p:plain
iPhone8のホームボタンは汚れた手や濡れている手では反応しないことがあります。

記事の冒頭でiPhone8のホームボタンが感圧式になったことを説明しましたが、この感圧式というのは大雑把に説明すると指先に流れている微弱な静電気を感知する、といった仕組みです。

なのでiPhone8は手が汚れていたり濡れている場合に反応しないことがあるのです。同様に手袋や包帯などを巻いていても反応しにくくなっています。iPhone8を操作するときは素手で触りましょう。

フィルムやパターンを外す

f:id:rick1208:20200826022746p:plain
上記と同じような理由で、iPhone8のホームボタンがフィルムやパターンで覆われている場合にも反応しないことがあります。このようなことがあるためフィルムやパターンはiPhone8に対応しているものを使用するようにした方が良いです。

iPhoneの再起動

f:id:rick1208:20200822113324p:plain
iPhone8本体を再起動してみます。iPhone8の内部でプロセスがなにかしらの不具合を起こしている可能性があります。再起動することこれらの不具合が解消されることがあります。

バイブレーション設定の見直し

f:id:rick1208:20200822114026p:plain
iPhone8には次のような設定があるのでチェックしてみます。

手順

f:id:rick1208:20200826022810p:plain
設定画面から「サウンドと触覚」を押してサウンドと触覚の設定画面を開きます。
サイレントスイッチ選択時がオンになっていることをチェックする。
f:id:rick1208:20200826023039p:plain
「サイレントスイッチ選択時」の項目がオンになっていることをチェックします。もしここがオフになっていた場合は押してオンにしてみてください。

iPhone8のホームボタンのデメリット

f:id:rick1208:20200822113240p:plain
進化しているiPhone8のホームボタンですが、一方でデメリットも存在します。

故障時に代えが効かず修理が必要

f:id:rick1208:20200822113221p:plain

iPhone8が感圧式になったことは説明しましたが、これが故障してしまった場合どうなるのと思いますか。iPhone8のホームボタンは本体とペアリングされているため、ただ付け替えれば直るというものではありません。

どのような故障かにもよりますが、場合によってはiPhone8本体を交換するしかないこともあるようです。