漫画の地球儀

iPhoneで4K動画を撮影する方法!【編集、カメラ、再生、機種、解像度、写真アプリ、iMovie】

スポンサーリンク

iPhoneで4Kビデオを撮影可能な機種

f:id:rick1208:20200823090444p:plain
今主流となってきている4K動画、とても綺麗です。テレビ、ディスプレイも4K対応が業界標準となってきています。

なんと、今ではそんな4K動画が気軽にiPhoneで撮れてしまいます!やはりiPhoneでも撮るなら可能なだけ綺麗に取りたいところです。

今回の記事では、4K動画をiPhoneで撮りたい!という方に向けてその方法と、iPhoneで撮った動画をiPhoneで簡単に編集する方法を説明していきます。

iPhone6s、6s Plus以降の機種

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
早速iPhoneで綺麗な4K動画を撮りたいところですが、iPhoneが4Kビデオ撮影に対応している機種でなければなりません。

4Kビデオ撮影に対応している機種はiPhone6s、6s Plus以降の機種となりますので、ご注意ください。

4K動画について

f:id:rick1208:20200822163331p:plain
4Kはすごい、4Kは・・・といわれていますが、そもそも4Kとはなにか?ということについて知らない方もいると思いますので、簡単にご説明しておきます。

4Kとは、画面解像度が3840×2160のものを示します。iPhoneの通常のHD動画は1920×1080なので、より細かい描写が可能になっています。最近では倍の8Kというのも徐々に浸透してきているようです。

iPhoneの4Kビデオの1分あたりのデータ量

f:id:rick1208:20200822163252p:plain
iPhoneの4K動画で気になるのがデータ量。画質が綺麗な分、多くのデータが必要となりますので、iPhoneのストレージ容量にも気を付けなければなりません。

もしiPhoneで4K動画を沢山撮りたいのであれば、可能なだけストレージ容量が大きいiPhoneにしたいものです。では、1分あたりのデータ量はどのくらいなのと思いますか?

解像度別の動画1分あたりの容量

f:id:rick1208:20200823211840p:plain
1分あたりの動画のデータ量はiPhone本体の設定画面からチェック可能です。4K動画の1分あたりのデータ量をまとめてみると、以下のようになります。

1分あたりのデータ量
4K/24 fps 135MB
4K/30 fps 170MB
4K/60 fps 400MB

フレームレート(fps)が大きいほど動画は滑らかになりますが、その分データ量も多くなってしまいます。最高設定である4K、60 fpsで撮ると、1分で400MBほど。10分の動画であれば、なんと4GBです!

このように4K動画は綺麗な分、容量を多くとるので撮影するときにはデータ量、ストレージ容量に気をつけてください。

iPhoneで4Kビデオを撮影する方法

f:id:rick1208:20200822114255p:plain
4K動画に対応しているiPhoneのチェックができたところで、早速撮影方法について説明していきます。

設定アプリでの操作

f:id:rick1208:20200822114209p:plain
カメラアプリではなく、設定アプリから設定するので、まず最初はiPhoneの設定アプリを開きます。
f:id:rick1208:20200823212604p:plain
設定アプリを開きましたら、"カメラ"を選びてください。

カメラの解像度の設定をする

f:id:rick1208:20200823213006p:plain
カメラを開きましたら、ビデオ撮影という項目があるので、そちらを押してください。
f:id:rick1208:20200823213027p:plain
4K~となっているものを選べば4K動画を撮ることが可能です。fpsは高いほうが動画が滑らかになりますが、その分データ量が必要となります。使用しているiPhoneの容量と相談しながら決めてください。

ここでは例として、4K、30 fpsを選びます。
これで、iPhoneで4K動画を撮る用意は可能でした!4K動画の撮影に移っていきましょう。

カメラアプリでの操作

f:id:rick1208:20200823213039p:plain
それでは、iPhoneで4K動画を撮影してみましょう。iPhone本体の設定が済んだので、iPhone標準のカメラアプリから4K動画撮ることが可能です。

iPhone標準のカメラアプリを開きます。

動画の撮影

f:id:rick1208:20200822113324p:plain
カメラアプリを開きましたら、"ビデオ"を選びてください。

ビデオモードにしたとき、右上に"4K・30"と表示されていると思いますか?表示されていればあとは4K、30 fpsで動画を撮ることが可能です。是非綺麗な4Kで撮ってみましょう!いつも持ち歩くiPhoneで撮れるというのは、時代の進歩を感じます。

カメラアプリから直接設定することはできないのが、ちょっと手間な気もしますが、、、。アップデートなどで選択可能なようになることが望まれます。

iPhoneで4Kビデオを再生する方法

f:id:rick1208:20200822113302p:plain
次に、撮った4KビデオをiPhoneで再生する方法をご解説いたします。といっても、すぐ簡単に見ることが可能なので、何も難しいことはありません。

4Kビデオの再生には、iPhone標準の写真アプリを使用します。

動画を再生するにはこちらのiPhone標準の写真アプリを使用します。

写真アプリでの操作

f:id:rick1208:20200824040741p:plain
写真アプリを開きます。

写真アプリを開きましたら、再生したい4K動画を選びます。ここでは、先ほど撮った動画を4Kというアルバムに入れています。

タップで再生可能です。iPhoneで4Kの動画を撮ってすぐに見れるのは、とても便利です。

iPhoneで4Kビデオを編集する方法

f:id:rick1208:20200822113221p:plain
最後に、撮った動画を編集する方法をご解説いたします。今回解説するのは、Appleの公式アプリであるiMovieを使用する方法と、iPhoneの標準の写真アプリを使用する方法です。どっちもiPhone本体だけで済ませることが可能なので、楽です。

iMovieを使用して編集する

f:id:rick1208:20200824040901p:plain
最初に、iMovieを使用して編集する方法をご解説いたします。iMovieAppleが公式で出しているアプリで、無料でダウンロードすることが可能です。
i
まず最初はiMovieを起動します。iPhoneにダウンロードをしていない人は、先にダウンロードをしましょう。

動画の読み込み

f:id:rick1208:20200824041417p:plain
起動したら、編集する動画を読み込みます。まず最初は"プロジェクトを作成"を押します。
f:id:rick1208:20200824041444p:plain
次に、ムービーか予告編を選びます。動画をどのように編集したいかに合わせて選びます。ここでは例としてムービーを選びます。
f:id:rick1208:20200824041456p:plain
次に、編集したい動画を選びます。ここでは、先ほど撮影した動画を選んでみます。
f:id:rick1208:20200824041516p:plain
選びましたら、ムービーを作成で読み込みが終了します。また、動画は複数選択することも可能です。さらに、後で追加することも可能です。

動画の読み込みが終了しました。これで、編集することが可能です。編集について簡潔に説明していきます。

動画の編集

iMovieでは色々な編集が可能です。ここでは、基本的な編集方法をご解説いたします。
f:id:rick1208:20200824041544p:plain
動画内で拡大をすることが可能です。4Kならズームしてもとても綺麗です。
f:id:rick1208:20200824041614p:plain
トリミングや、複製もすることが可能です。
f:id:rick1208:20200824041729p:plain
再生速度を変更することも可能です。倍速、低速の両方に対応しています。
f:id:rick1208:20200824041739p:plain
音量の変更も可能です。500%まで上げることが出来ますが、場合によっては音割れしてしまうので、気を付けてください。
f:id:rick1208:20200824041746p:plain
色々なスタイルのテキストを追加可能です。表示方法や、フォントに違いがあります。
f:id:rick1208:20200824041754p:plain
色調の変更も可能です。こちらもたくさんの種類から選ぶことが可能です。
f:id:rick1208:20200824041827p:plain
また、右上のクエスチョンマークを押すと、ヘルプが表示されます。慣れるまでは出しておくことをおススメします。また、詳しい情報でさらに調べることも可能です。

iPhone本体だけでここまで編集出来てしまうので、簡単な編集ぐらいであれば、もはやパソコンいらず、といったところと思いますか。

写真アプリを使用して編集する

f:id:rick1208:20200826000025p:plain

次に、もう一つの編集方法をご解説いたします。iPhoneの写真アプリからも簡単な編集が可能です。iMovieのような編集とまではいきませんが、手早くしたいときにはおススメです。

まず最初は写真アプリを開きます。

次に、編集したい動画を押します。

動画を開きましたら、編集を押します。

すると、このような画面になり、下のバーをスライドすることにより、動画の開始位置と終了位置を変更することが可能です。

編集した動画は、そのまま上書きするか、別の動画をして新しく保存するか選べます。iMovieのようにはいきませんが、ちょっとしたトリミングをしたいときにはおススメです。