漫画の地球儀

『iPhone』の画面の明るさを極限まで暗くする方法【ズーム、眼精疲労、ホワイトポイント】

スポンサーリンク

iPhoneの画面を暗くする方法

f:id:rick1208:20200823081635p:plain
皆さんiPhoneの画面の明るさを極限まで暗くする方法をご存知と思いますか。iPhoneの画面が明るすぎると、眼精疲労にも繋がるため、出来る限り画面は暗くするようにしたいと思っている人は多いと思います。

ここではそんなiPhoneの画面の明るさを極限まで暗くする方法をご説明していきたいと思います。極限までいかなくてもいい場合も併せてご説明していきたいと思います。

まず本章では極限まではいかないiPhoneの画面を暗くする方法をご説明していきたいと思います。

手順

f:id:rick1208:20200822163331p:plain

本節では極限ではありませんが、通常の方法でiPhoneの画面を暗くする方法の手順をご説明していきたいと思います。

コントロールセンターを表示

f:id:rick1208:20200822163252p:plain
通常の方法でiPhoneの画面を暗くする方法の手順として、まず最初はコントロールセンターを出してください。

明るさ調整バーを下げる

f:id:rick1208:20200823082535p:plain
次に表示されたコントロールセンターで明るさ調整バーを下げてください。

明るさの自動調整

f:id:rick1208:20200822114255p:plain
前章ではiPhoneの画面を暗くする方法をご解説しました。これでiPhoneの画面を暗くする方法や手順についてはご理解頂けたかと思います。

しかし、このiPhoneの画面を暗くしたり明るくしたりと、自分自身が全部設定を開いて行うのはとても手間になると思います。そんな人向けに明るさの自動調整という設定項目があります。

本章ではそんなiPhoneの画面を極限まで暗くする方法の中でも、明るさの自動調整についてご説明していきたいと思います。

手順

f:id:rick1208:20200822114209p:plain
明るさの自動調整を行って、iPhoneの画面を極限まで暗くする方法の手順について本節ではご説明していきたいと思います。

iPhoneの画面を極限まで暗くする方法の手順として、まず最初はiPhoneの設定画面にいきます。なのでに、iPhoneの設定アイコンを選びてください。
f:id:rick1208:20200823083559p:plain
iPhoneの設定画面の中に、上図のように一般という項目があると思います。なので、このiPhoneの設定画面の中にある一般という項目を選びてください。

f:id:rick1208:20200823083605p:plain
次に一般画面の中にあるアクセシビリティという項目を選びてください。
f:id:rick1208:20200823084331p:plain
するとアクセシビリティの中にディスプレイ調整があるのでそれを選びてください。

明るさの自動調整をオンにする

f:id:rick1208:20200823084347p:plain
ディスプレイ調整画面の中にある明るさの自動調整をオンにしてください。

ホワイトポイント

f:id:rick1208:20200822114026p:plain
前章ではiPhoneの画面を極限まで暗くする方法の中でも、明るさの自動調整についてご解説しました。これで明るさの自動調整によるiPhoneの画面を極限まで暗くする方法はご理解頂けたかと思います。

しかし、iPhoneの画面を極限まで暗くするのでには、まだ他の方法も存在しています。その方法とはホワイトポイントを使うことでiPhoneの画面を極限まで暗くすることが可能です。

次に本章ではそんなiPhoneの画面を極限まで暗くする方法の中でも、ホワイトポイントを用いる方法をご説明していきたいと思います。

ホワイトポイントとは?

f:id:rick1208:20200822113324p:plain
iPhoneの画面を極限まで暗くする方法の中でも、ホワイトポイントを用いる方法をご解説する前に、そもそもホワイトコツとは何か知らない人が圧倒的に多いと思います。そこで本節ではホワイトポイントについてご説明していきたいと思います。

ホワイトポイントとは、画像内の一番白い要するに最も明るい位置を指定するポイントのことを指しています。ここの場合だとiPhoneの画面内で一番明るい位置を指定することになります。

このホワイトポイントを指定することによって他の領域にも影響がでます。基本的にはペイントソフト等で用いられることの多いカラーキャリブレーションの基準となります。

手順

f:id:rick1208:20200822113302p:plain
本節からはiPhoneの画面を極限まで暗くする方法の中でも、ホワイトポイントを用いる方法の手順についてご説明していきたいと思います。

まず最初はホワイトポイントを用いる方法の手順として、一般からアクセシビリティを選びてください。これは前章と同じ手順となります。

次に一般からアクセシビリティを選びた後、ディスプレイ調整を選びてください。こちらも前章と同じ手順となっています。
f:id:rick1208:20200823084606p:plain
次にディスプレイ調整画面の項目の中にホワイトポイントに関する項目があります。そこでホワイトポイントを下げるを調整してください。

ズーム機能

f:id:rick1208:20200822113221p:plain
前章ではiPhoneの画面を極限まで暗くする方法の中でも、ホワイトポイントを使用する方法についてご解説しました。これでホワイトコツによるiPhoneの画面を極限まで暗くする方法はご理解頂けたかと思います。

しかし、iPhoneの画面を極限まで暗くするのでには、もう1つ方法が存在しています。その方法とはズーム機能を使うことでiPhoneの画面を極限まで暗くすることが可能です。

最後に本章ではそんなiPhoneの画面を極限まで暗くする方法として、ズーム機能を用いる方法をご説明していきたいと思います。

手順

f:id:rick1208:20200822113205p:plain
本節ではiPhoneの画面を極限まで暗くする方法として、ズーム機能を用いる方法の手順についてご説明していきたいと思います。

ズーム機能を用いる方法の手順として、まず最初は設定から一般を選びてください。
f:id:rick1208:20200823090235p:plain
次に設定の一般画面の中からアクセシビリティを選び、そのアクセシビリティ画面の中からズーム機能を選びてください。

そのズーム領域をフルスクリーンズーム以外からフルスクリーンズームに設定してください。このフルスクリーンズームはズーム領域からフルスクリーンズームに変更可能です。なのでフルスクリーンズーム以外の場合フルスクリーンズームに変更してください。

トリプルタッチでズーム倍率変更

f:id:rick1208:20200821200516p:plain
次にトリプルタッチでズーム倍率変更してください。トリプルタッチでズーム倍率変更するのでには、画面をトリプル押してください。トリプルタッチではなくダブルタッチだとズーム倍率変更ではなく次項の低照度になるので、ご注意ください。

このトリプルタッチでズーム倍率変更はどの画面でも出来るので、トリプルタッチでズーム倍率変更はいつでもすることが可能です。

ダブルタッチで低照度に設定

f:id:rick1208:20200821200402p:plain
次にダブルタッチで低照度に設定してください。こちらはダブルタッチで低照度するので、画面をダブルタッチすることで低照度にすることが可能です。ダブルタッチではなくトリプル押してしまうと低照度ではなく前節のズーム倍率変更になります。

ズーム機能をオフにする

f:id:rick1208:20200821200343p:plain
設定が終了次第、ズーム機能をオフにしてください。

この設定でショートカットから暗くすることが可能になります。このショートカットを活用することでショートカットから画面を暗く可能なので、ショートカットを使わない方法よりもショートカットを使ったほうが早く設定可能です。

なので、ショートカットは重要なため、必ず覚えておくようにしてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200823090444p:plain
iPhoneの画面の明るさを極限まで暗くする方法として、設定で画面を暗くすること以外に、多くの方法でiPhoneの画面の明るさを極限まで暗くすることが可能でした。

iPhoneの画面の明るさを極限まで暗くするのでに用いた方法として、ズーム機能であったり、ホワイトポイントであったり、明るさの自動調整であったりと、大半がiPhoneの画面の明るさを極限まで暗くするのでには欠かせないものとなっています。

もし皆さんもiPhoneの画面の明るさを極限まで暗くしたい場合は、是非ここを参考にiPhoneの画面の明るさを極限まで暗くしてみてください。