漫画の地球儀

Androidで辞書登録する方法!【キーボード、スマホ、アプリ、単語、ATOK、Wnn IME】

スポンサーリンク

Androidで辞書登録する方法『Google日本語記入』

f:id:rick1208:20200822114255p:plain
会社名や人名、時には普通の熟語でも、Androidでは毎回誤変換されてしまい、もどかしい思いをしたことのある人も多いのではないでしょうか。そのような時は、Androidのユーザー辞書機能で問題解決しましょう。

同じAndroidスマホでも、利用しているIME(キーボードの種類)によって操作方法は異なります。まず最初はじめに、Androidユーザーの中でも愛用者の多い「Google日本語記入(Google IME)」でのユーザー辞書の使用方法から見ていきましょう。

単語の登録方法

f:id:rick1208:20200822114209p:plain
AndroidスマホGoogle日本語記入のユーザー辞書機能を使うには、まずAndroid本体の設定アプリを開きます。

次に、Android設定アプリの「言語と記入」の項目を押します。
f:id:rick1208:20200822114712p:plain
「言語と記入」の画面で、「Google日本語記入」を押してください。
f:id:rick1208:20200822114721p:plain
同じAndroidでも、Androidスマホの機種やAndroidのバージョンによって、ここまでのやり方が異なることがあります。自分自身のAndroid本体の設定アプリと異なると思った場合は、以下のやり方を参考にしてください。

「言語と記入」→「Google日本語記入」右隣にある設定ボタン
「言語と記入」→「画面上のキーボード」→「Google日本語記入」
「一般管理」→「言語とキーボード」→「仮想キーボード」→「Google日本語記入」


さて、Google日本語記入の設定画面を開けたら、「辞書ツール」を押します。
f:id:rick1208:20200822114735p:plain
辞書ツールのページの右上にある、プラスマークのボタンを押してください。
f:id:rick1208:20200822114915p:plain
次の画像のように「新しい単語の追加」のウィンドウが表示されます。
f:id:rick1208:20200822141613p:plain
それぞれの項目に記入します。記入のやり人は以下を参考にしてください。

「単語」・・・Androidスマホで変換したい単語を記入します。
「よみ」・・・読みがなのことです。ここに記入したものを記入すると、「単語」で記入したものがAndroidスマホの変換の候補として表示されるようになります。
「カテゴリ」・・・品詞の一覧から適切なものを押して選びます。


記入が終わったら、右下の「OK」を押します。

「辞書ツール」のページに記入した内容が表示されれば、単語登録終了です。

Androidで単語登録をするとき、キーボードから直接「Google日本語記入設定」の画面を出しる使用方法も可能です。やり人は2通りあります。

1つ目のやり方では、キーボード左上にある「>」ボタンを押します。
2つ目のやり方では、キーボード左下の「あa」のボタンを長押しします。
f:id:rick1208:20200822141703p:plain
1つ目のやり方で「>」ボタンを押すと、メニュー項目ボタンが表示されるので、設定ボタンを押してください。「Google日本語記入設定」が開きます。
f:id:rick1208:20200822144929p:plain
2つ目のやり方で「あa」ボタンを長押しし続けると、Google日本語記入のメニュー一覧のウィンドウが表示されます。「Google日本語記入設定」の項目を押してください。
f:id:rick1208:20200822144935p:plain
Google日本語記入設定」の画面が開いたら、登録機能の使い人は先述したやり方と同様です。

辞書登録した単語を使う方法

f:id:rick1208:20200822114150p:plain
Androidで辞書登録をした単語は、そのAndroidスマホ内のAndroidアプリや検索欄で使用可能です。単語登録する前と後の予測変換の様子を比較してみましょう。

こちらは、Androidへの単語登録前の画像です。カタカナや英単語の他、ちょっと頓珍漢な変換候補が挙げられています。

一方、こちらがAndroidに単語登録した後の画像です。きちんと変換候補に登録した単語が表示されています。予測変換ではない通常の「変換」ボタンを押す使用方法でも同様に、登録した単語への変換が可能です。

単語の消去方法

f:id:rick1208:20200822114026p:plain
Androidに登録した単語は、必要なくなったら消去することが可能です。まず、Google日本語記入設定の「辞書ツール」を開き、消去したい単語の左端にあるチェックボックスにチェックを入れてください。

画面右上にあるゴミ箱マークのボタンを押します。辞書ツールのページから単語が消えていれば、単語の消去の終了です。

辞書登録ボタンが見つからない場合の対処法

f:id:rick1208:20200822113324p:plain
Androidスマホの機種によっては、「辞書ツール」の画面において、「プラスマークのボタン」や「ゴミ箱マークのボタン」が見つけられないことがあります。

これは、ボタンのアイコンの色と背景の色がとてもよく似ており、ボタンが背景に同化してしまっているためです。ボタン自体は、ここで解説した画像のように画面右上に存在していますが、見えにくくなっています。

ボタンの機能は、タップさえできれば問題なく動作します。Androidスマホがアップデートで改善されるまでは、ボタンをよく探して利用してみてください。

Androidで辞書登録する方法『ATOK

f:id:rick1208:20200822113302p:plain
続いては、Androidスマホユーザーにも根強いファンがついている「ATOK」のユーザー辞書機能の使用方法を見ていきましょう。

単語の登録方法

f:id:rick1208:20200822113221p:plain
まず最初はAndroidスマホ本体の設定アプリから、「ATOKの設定」の画面を開きます。Androidスマホの機種やAndroidOSのバージョンによって開き人は異なるので、以下を参考にしてください。

「言語と記入」→「ATOK
「言語と記入」→「Google日本語記入」右隣にある設定ボタン
「言語と記入」→「画面上のキーボード」→「Google日本語記入」
「一般管理」→「言語とキーボード」→「仮想キーボード」→「Google日本語記入」
f:id:rick1208:20200822150227p:plain
ATOKの設定」画面で、「ツール」の項目を押します。
f:id:rick1208:20200822150242p:plain
次に、「辞書ユーティリティ」の項目を押します。
f:id:rick1208:20200822150249p:plain
ATOK辞書ユーティリティ」の画面の右上にある「メニューボタン」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200822150457p:plain
次に、メニュー一覧にある「新規登録」を押します。
f:id:rick1208:20200822150729p:plain
「新規登録」を押すと、「単語登録」のウィンドウが開きます。
f:id:rick1208:20200822150737p:plain
それぞれの項目に記入します。記入方法は以下を参考にしてください。

「単語」・・・Androidスマホで変換したい単語を記入します。
「読み」・・・読みがなのことです。ここに記入したものを記入すると、「単語」で記入したものがAndroidスマホの予測変換候補として表示されるようになります。
「品詞」・・・品詞の一覧から適切なものを押して選びます。


記入が終わったら、右下の「登録」を押します。

ATOK辞書ユーティリティ」のページに記入した内容が表示されれば、単語登録終了です。

辞書登録した単語を使う方法

f:id:rick1208:20200822113205p:plain
Androidで辞書登録した単語は、そのAndroidスマホ内であればどのようなAndroidアプリでも使うことが可能です。Androidで単語登録する前後の様子を比較してみましょう。

こちらは、Androidで単語を辞書登録する前の画像です。変換候補にはカタカナしか出てきません。

一方、こちらはAndroidで単語を辞書登録した後の画像です。予測変換候補にきちんと登録した単語が表示されています。

Androidの予測変換ではなく、「変換」ボタンを押す使用方法でも同様に表示されます。

単語の消去方法

Androidスマホで辞書登録した単語は、必要なくなったら消去可能です。ATOKでの単語消去の使用方法を見てみましょう。

まず、単語登録をしたときと同様にAndroidの設定アプリからATOKの設定を開き、「ATOK辞書ユーティリティ」を出します。

次に、Androidから消去したい単語を長押ししてください。

長押しし続けると、その単語を消去するのでのウィンドウが開きます。ウィンドウ下部の「消去」を押し、ATOK辞書ユーティリティの画面から単語が消えていれば、消去終了です。

Androidで辞書登録する方法『iWnn IME

f:id:rick1208:20200821200516p:plain
最後に、Androidスマホに標準搭載されていることも多い「iWnn IME」でのユーザー辞書の使用方法を解説します。

単語の登録方法

f:id:rick1208:20200821200402p:plain
はじめに、Androidスマホ本体の設定アプリから「iWnn IME 設定」を開きます。Androidスマホの機種やAndroidOSのバージョンによって開き人は異なるので、以下を参考にしてください。

「言語と記入」→「iWnn IME
「言語と記入」→「iWnn IME」右隣にある設定ボタン
「言語と記入」→「画面上のキーボード」→「iWnn IME
「一般管理」→「言語とキーボード」→「仮想キーボード」→「iWnn IME
f:id:rick1208:20200822151230p:plain
「iWnn IME 設定」の画面で、「辞書」の項目を押します。
f:id:rick1208:20200822151245p:plain
画面右側に、ユーザー辞書として「日本語」「英語・その他」の2つの辞書が表示されます。この2つの違いは、Androidに辞書登録する単語の「読み」の違いです。読みが日本語の場合は「日本語」、それ以外の場合は「英語・その他」を選びます。
f:id:rick1208:20200822151252p:plain
Androidに登録したい単語が英語であっても、読みが日本語(ひらがな)であれば「日本語」を選びます。Androidで予測変換を利用している人はひらがなで記入することが多いので、多くの場合は「日本語」の辞書でOKです。

選びたい方の辞書(画像では「日本語」)を押します。「ユーザー辞書」の画面を開けたら、画面右上にある「メニューボタン」を押してください。
f:id:rick1208:20200822151301p:plain
メニュー一覧が表示されたら、「登録」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200822151305p:plain
「単語登録」のウィンドウが開きます。
f:id:rick1208:20200822151312p:plain
それぞれの項目に記入します。記入方法は以下を参考にしてください。

「読み」・・・読みがなのことです。ここに記入したものを記入すると、「単語」で記入したものがAndroidで予測変換の候補として表示されるようになります。
「単語」・・・Androidで変換したい単語を記入します。


記入が終わったら、右下の「OK」を押します。

「ユーザー辞書」の画面に記入した内容が表示されれば、Androidへの単語登録終了です。

AndroidのiWnn IMEでは、キーボードから直接単語登録をすることも可能です。文字記入の最中に登録したい単語があったら、この方法を利用してみましょう。

まず、キーボード左下にある「文字」のボタンを長押しします。
f:id:rick1208:20200822151323p:plain
長押しし続けると「iWnn IME メニュー」のウィンドウが表示されます。「単語登録 - 日本語」「単語登録 - 英語・その他」の項目があるので、登録をしたい方の辞書を押してください。
f:id:rick1208:20200822151329p:plain
Androidの設定アプリから開いたときとどうように「単語登録」のウィンドウが開き、ユーザー辞書に単語を登録可能です。

辞書登録した単語を使う方法

f:id:rick1208:20200821200343p:plain
ユーザー辞書登録した単語は、そのAndroid内であればどのようなAndroidアプリでも使えます。Androidで単語を登録する前と後の画像を比較してチェックしてみましょう。

こちらが、Androidで単語登録する前の画像です。出したい単語は出てきません。

こちらが、Androidに単語登録した後の画像です。Androidで辞書登録した単語がトップに表示されています。

予測変換機能を使用すると便利ですが、通常の「変換」ボタンを押すやり方でも、辞書登録した単語にきちんと変換することが可能です。

単語の消去方法

f:id:rick1208:20200820151216p:plain
Androidスマホで登録した単語は消去可能です。まず、単語登録した時と同様にAndroidの設定アプリから「iWnn IME 設定」を開き、該当の単語が登録されているユーザー辞書を開いてください。

ユーザー辞書の画面に表示されている単語を押すと、選択された単語がハイライトされます。消去したい単語を押してハイライトされたことをチェックしたら、ユーザー辞書画面右上の「メニューボタン」を押し、「消去」を押してください。

単語消去のチェックウィンドウが開くので、右下の「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200822151538p:plain
ユーザー辞書の画面からその単語が消えていれば、消去終了です。

Androidで辞書登録した方が良い単語

f:id:rick1208:20200820151206p:plain
Androidスマホでよく使用する人名や団体名、熟語などは、勿論登録しておくと良いでしょう。他には、自分自身の情報を単語として登録しておくと便利です。

メールアドレス、住所、電話番号や郵便番号を登録しておくと、Androidスマホでいちいち長く記入したり、数字キーに切り替えたりする手間を省けます。セキュリティの観点から、パスワードやクレジット番号は登録を控えましょう。

Androidで頻繁に特定の顔文字や数字・記号などを使う人は、よく使うものを登録しておくのがおススメです。

Androidのユーザー辞書機能を上手く利用して、Androidでの記入作業をもっと快適にしましょう。