漫画の地球儀

YouTubeをブラウザで見る方法!【iPhone、Android、アプリが勝手に開く原因、対処法】

スポンサーリンク

YouTubeをブラウザで開く方法

f:id:rick1208:20200820211613p:plain
スマホのブラウザアプリでYouTubeを使用する方法を2つ解説します。

YouTubeアプリからURLをブラウザにコピペする

f:id:rick1208:20200820211218p:plain
1つ目の方法が、YouTubeアプリで見ることしたい動画のURLをコピーし、ブラウザにペーストするという方法です。
f:id:rick1208:20200820231451p:plain
f:id:rick1208:20200820231500p:plain
YouTubeアプリで見ることしたい動画などの画面を開きます。動画の下部分にある 共有を押し、コピーを選びてください。

これで、この動画(ページ)のURLがコピーされました。

YouTubeなどの動画リンクがSNSなどでシェアされている場合、押して一旦YouTubeアプリで開いてから、上述のようにURLを取得(コピー)するのが便利です。

f:id:rick1208:20200820234738p:plain
あとはブラウザアプリを開き、コピーした動画のURLをペーストするだけです。これで、ブラウザでYouTubeを使用可能です。

YouTubeへのリンクを新規タブで開く

f:id:rick1208:20200820151216p:plain
二つ目は、ブラウザからYouTubeへのリンクを新規タブで開く方法です。

YouTubeアプリをダウンロードしている場合、たとえばブラウザでGoogle検索結果の画面からYouTubeへのリンクを押すと、自動的にYouTubeアプリが起動してそのページが表示されてしまいます。
f:id:rick1208:20200821001506p:plain
f:id:rick1208:20200821001514p:plain
この場合、YouTubeへのリンクを長押しし、表示されたメニューから新しいタブで開く(あるいは新しいウインドウで開くなどの項目)を押すだけ。

あとは新しく開いたタブに切り替えれば、ブラウザアプリでYouTubeを使用可能です。

YouTubeアプリとブラウザで画質は変わる?

f:id:rick1208:20200820151206p:plain
気になるのは、YouTubeアプリとブラウザで動画の画質(解像度)が変わるのかという点と思います。
f:id:rick1208:20200821001540p:plain
f:id:rick1208:20200821001545p:plain
YouTubeアプリとブラウザアプリでは動画の画質を変更することが可能ですが、それぞれ設定可能な画質が異なる場合があります。

上に挙げたパターンでは、同じ動画でもYouTubeアプリは6種類の画質から選択可能なのに対し、ブラウザアプリでは3種類となっています。

ここでは同じ動画の画質をそれぞれ「360p(自動)」に設定してみましたが、YouTubeアプリとブラウザで画質はそれほど変わらないように見えました。

見られない場合はブラウザアプリのアップデートを

f:id:rick1208:20200818221202p:plain

ブラウザアプリでYouTubeを見ることできない場合、その要因のひとつにアプリのバージョンが考えられます。もしブラウザアプリのバージョンが古ければ最新のバージョンにアップデートしておきましょう。


アプリをアップデートしても解決しない場合、アプリやスマホを再起動するなどの方法を試してみましょう。それでも解決しなければ、ブラウザアプリのヘルプページ等を参照してみてください。