漫画の地球儀

LINEでメッセージを相手側で消せない原因、復元方法、対処法!【iPhone、Android、pc、スマホ】

スポンサーリンク

LINEのメッセージ送信取り消し機能

f:id:rick1208:20200818215934p:plain
LINEのメッセージ送信取り消し機能とは、その名の通りLINEで送ったメッセージを取り消す機能のことです。自分自身の画面からメッセージを消去する機能は昔からありましたが、相手のトーク画面からもメッセージを取り消す機能は今までありませんでした。

LINEメッセージの送信取り消し機能は、誤爆してしまった場合などに大変助かりますが、LINEメッセージを取り消すためにはいくつかの条件が存在します。

また、とても便利に感じる取り消し機能ですが、間違えて送信を取り消してしまい、メッセージを復元したい場合の対処法はないなどいくつか注意すべき点もあります。消せない・復元できないといったトラブルに合わないためにも、これから取り消し機能の詳しい内容についてチェックしていきましょう。

相手に送ったメッセージを消去することが可能

f:id:rick1208:20200818124743p:plain
メッセージの送信取り消し機能はiPhone版もAndroid版も共通して使える機能ではありますが、LINEのメッセージ取り消し機能が使えるのは自分自身自身が相手に送ったメッセージのみに限定されています。

例えば相手が自分自身自身にとって都合の悪いメッセージを送ってきたからといって、相手から送られてきたメッセージは長押ししても取り消せないようになっているので注意しましょう。
f:id:rick1208:20200818220006p:plain
メッセージの送信取り消し機能の使い人は、まず”LINE”を開いて”取り消したいメッセージ”を長押しします。(自分自身自身が送ったメッセージ限定です)すると、上の画像のようなリンクが出てくるので”送信取り消し”を押してください。

消去と取り消しが横に並んでいてややこしいですが、取り消しの隣に表示されている「消去」を押してもただ自分自身自身の画面上からメッセージが消去されるだけなので間違えないようにしましょう。
f:id:rick1208:20200818220021p:plain
もし間違えて取り消しボタンではなく消去ボタンを押した場合、トーク画面のいちばん下に上の画像のような「キャンセル」「消去」といったリンクが表示されます。
f:id:rick1208:20200818220201p:plain
そのまま消去ボタンを押すと、今度は「選びたメッセージはこの端末上でのみ消去されます。相手側のメッセージは消去されません」といった注意書きが表示されます。

この注意書きの通り、メッセージを取り消しではなく消去した場合は、自分自身自身の端末のトーク画面からはメッセージがキレイに消えますが、肝心の相手のトーク画面にはメッセージがそのまま残ることになります。

なので、相手のトーク画面からもメッセージを消したい場合は間違えて消去を押さないように気を付けてください。

”送信取り消し”を押すと下の画像のようなポップアップが表示され、「友達が使用中のLINEバージョンによっては、友だちのトークからメッセージが消えないことがあります。送信を取り消しますか?」といった注意書きがでてきます。
f:id:rick1208:20200818220318p:plain
この件についてはあとで詳しく説明しますが、要するに対象メッセージのやり取りをしている相手がLINEのバージョンアップをしてない場合は送信取り消しをしても相手のトーク画面からメッセージを消去することができない原因になる可能性がある、という内容です。

特に問題がなければ気にせず”送信取り消し”を押しましょう。相手がバージョンアップしていないのに送信取り消しを押したからといって、特に不都合はありません。
f:id:rick1208:20200818220344p:plain
メッセージの送信取り消しが終了すると対象メッセージがトーク画面から消去され、代わりに「メッセージの送信を取り消しました」という表示が出てきます。正常にメッセージの送信取り消しが行われた場合は、自分自身自身のトーク画面からも、相手のトーク画面からも自分自身自身の送信したメッセージが消えるようになっています。

相手が未読のうちにメッセージを消去することができれば、自分自身自身と相手のトークルーム内、およびトークリスト上からは対象のメッセージと新着バッジが消えます。

また新着メッセージがあるとLINEの仕様上、該当のトークトークリストの最上部に表示されますが、メッセージの送信を取り消した場合は最上部に表示されていたトークの位置が元に戻るため気付かれにくくなっています。

しかし、ここでひとつ気を付けてほしいのが、相手には「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」という表示が出てしまうということです。なので、送信を取り消したからといって完全に何もなかった状態に戻すことはできないので気を付けてください。トーク送信前のようには消せないので、知らずに連発していると相手からツッコまれてしまいます。

LINEアプリのバージョンが原因で送信取り消しできない場合

f:id:rick1208:20200818220358p:plain

LINEの送信取り消し機能を使用してメッセージが消せない場合に、まず疑うべきなのが使用しているLINEのバージョンが古くないかどうかです。LINEにメッセージの送信取り消し機能が追加されたのは、バージョン7、17、1以降となっています。

もし古いバージョンのままLINEを使用している場合は、メッセージを長押ししても送信取り消しボタンが表示されないため、メッセージは消せないようになっています。メッセージを長押ししているのに取り消しボタンが出てこないといった場合は、使用しているLINEのバージョンの古さが原因の可能性が高いのでバージョンをチェックしましょう。

対処法は最新のバージョンにアップデートすること

f:id:rick1208:20200818220452p:plain
LINEのバージョンが古くて送信取り消しができない場合の対処法としては、LINEを最新のバージョンにアップデートすることが有効です。もしLINEの送信取り消し機能が使えない原因がバージョンの問題の場合は、それぞれのストアアプリからLINEのバージョンをアップデートしてください。

使用している端末がiPhoneの場合は”Apple Store”から、Android端末の場合は”Google play”ストアから更新することが可能です。対処法を試したあとに、もう1回送信の取り消しが可能なようになっているかチェックしましょう。

相手のバージョンが古い場合メッセージは消せない

f:id:rick1208:20200818220712p:plain
また、見落としがちなのが相手の使用しているLINEのバージョンが古い場合です。残念なことに、相手の使用しているLINEがメッセージの送信取り消し機能を実装する前のバージョンの場合も、メッセージの送信取り消しができないようになっています。

LINEのメッセージ送信取り消し機能を使うためには、自分自身自身以外にも相手のLINEでも取り消し機能が実装されている必要があるということです。

相手の使用しているLINEバージョンをチェックすることは不可能なので、こちらについての対処法としては、試しに相手にスタンプなどを送ってみて送信取り消しが可能なかどうか試しておくと安心です。

LINEメッセージ送信からの経過時間が原因で取り消しできない場合

f:id:rick1208:20200818220740p:plain
LINEメッセージを送信取り消しする条件でいちばん重要なのが、メッセージの送信直後でないことと、メッセージを送信してから24時間以内であるということです。

送信後24時間以上経過すると取り消しができない

f:id:rick1208:20200817220342p:plain
LINEの送信取り消し機能を使うためには、メッセージを送信してから24時間以内に送信を取り消す必要があります。
LINEメッセージを送信してから24時間以内であれば、メッセージの未読・既読にかかわらず送信内容を取り消すことが可能です。
f:id:rick1208:20200818220803p:plain
ですが、もしメッセージを送信してから24時間以上が経過してしまった場合はメッセージを長押ししても送信取り消しのリンクが表示されなくなり、メッセージを取り消すことができないようになります。

したの画像は、24時間以上が経過したメッセージを長押ししたときに出てくるリンクですが「送信取り消し」ボタンが表示されなくなっているのがわかります。
f:id:rick1208:20200818220814p:plain
もしも、LINEのバージョンが最新版でメッセージの送信から24時間以内なのに取り消しができない!といった場合は、24時間以上が経過してしまっている可能性が高いです。チェックのため、試しに新しくメッセージを送信してみて取り消しボタンが出てくるか試してみてください。

新しいメッセージだと送信取り消しボタンが表示されるという場合は、取り消せないメッセージは24時以上経過たことが原因となっている可能性があります。こちらに関しての対処法はないので、とにかく24時間以内に取り消すことが大事です。

送信直後は取り消しできないことがある

f:id:rick1208:20200817121303p:plain
24時間以上経過してしまった場合はメッセージを消去することができないと言いましたが、逆にメッセージの送信直後も取り消せない場合があります。

基本的にメッセージの送信後2~3秒ほどで送信取り消しのリンクは表示されるようになりますが、念のためにメッセージが24時間以上経過したとき以外の原因として、送信直後も取り消せない場合があるということを覚えておいてください。

もし、送信直後に取り消せない場合は、対処法として数秒待ってからもう1回取り消したいメッセージを長押しして送信取り消しボタンがでてくるかをチェックしましょう。無事に取り消せた場合はOKのですが、それでも取り消せない場合は別の原因が考えられます。

LINE公式アカウントへのメッセージは送信取り消しできない

f:id:rick1208:20200817121245p:plain
バージョンアップで新しい機能が増えたときに、公式アカウントを使用して機能をやってみるといったことをする人もいるかと思いますが、メッセージの送信取り消し機能にかんしては公式アカウントだと使えません。

コカ・コーラの公式アカウントで試しにテストメッセージを送って長押ししましたが、ご覧の通り「送信取り消し」ボタンは出てきませんでした。

この機能を使用してメッセージを消去可能なのは、公式アカウント以外とのトークのみとなっています。バージョンと時間制限についてOK場合の対処法として、送信できない原因が公式アカウントだからではないかという点を1回チェックしてみてください。

送信取り消し機能が正常に使えるかどうか公式アカウントで試して、送信取り消しボタンが表示されずにメッセージが消せない!と焦らないよう注意しましょう。

LINEの送信取り消しできない情報の場合

f:id:rick1208:20200817121234p:plain
取り消したいメッセージ対象が、公式アカウント以外とのやり取りで、24時間以内のメッセージにもかかわらずトークの消去ができない場合は、LINEの送信取り消しができない情報を消去しようとしている可能性があります。

LINEの送信取り消し機能が使える情報は以下の通りです。

・テキスト
・画像
・スタンプ
・動画
・ボイスメッセージ
・URL
・LINEMusic
・連絡先
・位置情報
・ファイル
・通話履歴

しかし、目を通してみればわかると思いますが、テキスト・通話履歴・ボイスメッセージなどといったLINEで送信可能な大半の情報が取り消し可能となっています。なので仮に取り消しができない場合でも、これが原因でメッセージが消せない可能性は大半ないと言っていいと思います。

逆にどんな情報ならメッセージを取り消せないのか、教えてほしいくらいです。

LINEアプリの不具合で送信取消できない場合

f:id:rick1208:20200817121206p:plain
以上にあげたメッセージが取り消せない原因がどれも当てはまらないにもかかわらず、送信が取り消せない場合はLINEアプリそのものが不具合を起こしているといったパターンもあり得ます。特に、LINEを新しいバージョンにアップデートした直後などは不具合が起きやすく、それが原因となってメッセージが取り消せないことがあります。

時間をおいて復旧後に取り消す

f:id:rick1208:20200817114706p:plain
LINEアプリの不具合でメッセージの送信が取り消せない場合の対処法としては、LINEが問題となっている不具合を解消するのを待つしかありません。他に自分自身自身で可能な対処法といえば、お問い合わせでトラブルの詳細について報告するくらいで、あとはLINEの原因解決を待つことのみです。

LINEアプリが不具合を起こしてしまっている場合は、正直どうしようもないので数日間、様子を見てみて不具合が解消されるのを待ち、LINEアプリの復旧後メッセージの取り消しが可能なようになったか試しましょう。

LINEで送信取り消ししたメッセージは復元できない?

f:id:rick1208:20200818221142p:plain
LINEでトーク履歴から消去したメッセージをあとから復元したい場合、メッセージの復元が可能かどうかについて結論から言うと、1回取り消したメッセージの復元は可能でせん。なので、送信取り消しを行うさいはあとから復元する必要のないものだけに留めておきましょう。

間違えてトークを消去してしまった場合に復元するのでの対処法は存在しません。

1回取り消してしまったメッセージは二度と復元することができないため、前後の会話から送った内容を予測するしかありません。復元ができないことを知らずに日頃からメッセージの送信取り消しを行っている場合は、いざ復元が必要になったとき焦らないように気を付けましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200818221202p:plain
以上で解説したように、LINEメッセージの送信取り消しにはいくつかの条件があります。特に原因となりやすいのが24時間以上たってしまったことで取り消しができなくなってしまうことです。

もしも消したいメッセージがある場合は、後回しにせずはやめに送信取り消しをしておきましょう。