漫画の地球儀

iPhoneでLINEのトーク履歴を完全に復元する方法!【スマホ、pc、iTunes、iCloud、旧端末】

スポンサーリンク

LINEトークのメッセージを保存する方法(バックアップ)

f:id:rick1208:20200806154956p:plain
iPhoneでLINEのトーク履歴はスマホの機種変更のときに行う「引き継ぎ設定」では引き継ぎ可能でせん。iPhoneの機種変更をする場合、トーク履歴の引き継ぎはあきらめる人が多いですが、iPhoneからバックアップをとれば復元が可能です。

iPhoneの機種変更の時、LINEアプリを新しくする時のトーク履歴の復元に必要なバックアップは、iPhoneのLINEアプリ内にある「keep」での保存と、iCloudによる保存の方法があります。

iPhoneのLINEトーク履歴は1回消えたら、復元が難しいのできちんとした用意をしてから機種変更をしましょう。

LINEトークのLINE keepによる保存

f:id:rick1208:20200806044255p:plain
iPhoneのLINEアプリには「keep」機能があります。トークでやりとりしたメッセージや動画、画像などを長押しすると表示されるメニューの中から「keep」を押すと、ホーム画面からいけるkeep一覧に保存されます。

iPhoneに表示されるトークの画面そのものは保存されませんが、選びたメッセージや写真が一覧で引き継ぎ可能です。メッセージや動画などの復元方法はとても簡単で、機種変更後のスマホからLINEにログインすればいいだけです。

iPhoneトーク履歴のメッセージすべてを保存したいというわけではないけど、うれしかったメッセージや面白い動画・写真など個別で保存したい人に向いているバックアップの取り方です。

LINEトークiCloudでの保存

f:id:rick1208:20200817122924p:plain
iPhoneの場合はiCloudにアカウントを所持しているなら、iCloudでLINEトーク履歴のバックアップをとることが可能です。

手順は事前にiCloudにアカウントを作っておいて、LINEを起動し「その他」タブから画面右上にある歯車マークを押して「トーク・通話」を選びます。そこから「トークのバックアップ」をタップすれば、バックアップの画面に切り替わります。

「今すぐバックアップ」を選択すると、すぐにLINEトーク履歴のバックアップが始まります。メッセージごとや写真・動画ごとにバックアップを取る必要はないので、手間をかけずにデータのバックアップが可能です。
f:id:rick1208:20200817123249p:plain
LINEトーク履歴をiCloudにバックアップする場合は、事前にiCloudを最新版に更新しておきましょう。iPhoneの設定からすぐに更新可能です。

最新版のアプリでLINEトーク履歴のバックアップを撮らないと写真や動画、スタンプなどの画質が悪くなる・メッセージが文字化けする可能性が高くなります。

もしiPhoneのLINEトーク履歴をパソコンを利用してバックアップする場合も、パソコンからiTunesを最新版へ更新しましょう。iTunesの「ヘルプ」から「更新プログラムをチェック」を押してください。

iPhoneとパソコンをつないでトーク履歴をバックアップする

f:id:rick1208:20200817123350p:plain
iPhoneとパソコンをつないでトーク履歴のバックアップを取る場合は、事前に暗号化するのを忘れないようにしましょう。

iPhoneのLINEトーク履歴をパソコンでバックアップする方法はパソコンでiTunesを起動して、スマホアイコンを押します。

「○○(ユーザー名)のiPhone」という項目が表示されるので押して、「自動的にバックアップ」という項目で「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」をオンにします。

「パスワードを設定」でパスワードを記入すれば,iPhoneのバックアップがはじまります。
f:id:rick1208:20200817123410p:plain
iPhoneからiTunesにバックアップを取った場合、新しいiPhoneを起動して初めて言語や時刻を設定する手順の中で「iTunesから復元」を押しないと、パソコンにとったバックアップが復元可能でせん。

iPhoneからiCloudにバックアップをとった場合は「iCloudから復元を押しないと復元可能でせん。間違えて「新しいiPhoneとして設定」を押してしまうと、バックアップを撮ったデータが無駄になってしまうので、気を付けましょう。

「新しいiPhoneとして設定」は一番上にあるので、間違えて押してしまう可能性が高いですが、バックアップをとったところからiPhoneへの復元を選びましょう。

パソコンでiCloudが自動で起動しない場合

f:id:rick1208:20200806044103p:plain
機種変更後の新しいiPhoneで「iTunesから復元」を押すと、USBケーブルで接続してあるパソコンで自動的にiTunesが起動します。

「ようこそ新しいiPhoneへ」という画面で「このバックアップから復元」をオンにして「続ける」を押してください。

自動でiPhoneからバックアップをとったトーク履歴の復元が始まるので、終了するまで待ちましょう。もし自動でiTunesの画面が起動しない場合は、ホーム画面でiTunesのアイコンを押してください。

iTunesのアイコンをクリックすれば、iPhoneバックアップ復元の画面になります。

LINEトークのメッセージを保存できない時は

f:id:rick1208:20200805230203p:plain
LINEトーク履歴のバックアップは、基本的に自己責任です。きちんとバックアップをとったはずなのに完全に復元できないこともあります。もし完全に復元しない場合は専用のソフトを使いましょう。

またバックアップそのものをとれないこともあるので、LINEトーク履歴のバックアップ・復元は確実に成功するものではないことを頭に入れておきましょう。

ただもしバックアップや復元に失敗してLINEトーク履歴が消えたとしても、専用のソフトで完全に復元可能です。

保存できない原因

f:id:rick1208:20200805123759p:plain
LINEトーク履歴で保存できないのは、主に写真です。写真は受信してから一定期間しかサーバーに保存されないので、その保存期間を過ぎてしまうとkeepで保存できなくなります。

写真のサーバーの保存期間はまちまちで2週間で保存できなくなることもあれば、2週間以上保存可能なこともあります。1回サーバーから写真や動画のデータが消えた状態になると、復元は可能でせん。

トーク画面からスマホに保存した場合もあるので、ギャラリーでチェックしてみましょう。

またトーク履歴にデータ量の多い動画がたくさんあるとiCloudの空き容量が足りなくなって、保存できなくなります。LINEのトーク履歴を保存する前に、必要のないトーク履歴はiPhoneから削除しておいてください。

仲のいい友達とのトーク履歴でもスタンプの送りあいやあまり重要じゃないやりとりなどは、本当にトーク履歴としてバックアップ・復元する必要のないものです。

iCloudを普段から利用していて、iPhoneの写真や動画などを共有している場合は、いらないトーク履歴を消しておきましょう。

対処法

f:id:rick1208:20200805225935p:plain
LINEトーク履歴で写真を保存する場合は、サーバーの保存期間にもよります。保存期間を気にせずにスマホの機種変更をするときにバックアップをとるためには、スマホスクリーンショットを活用しましょう。

LINEのトーク画面でバックアップをとりたい写真を押して大きく出します。iPhoneの場合はホームボタンと音量ボタンを同時に長押しして、Androidの場合は電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しします。

スクリーンショットで撮影した写真はスマホのギャラリーに自動で保存されます。機種変更のときにスマホの機種によって設定方法は違いますが、これで引き継ぎが可能なようになります。

トーク履歴はiPhoneスクリーンショットで撮影した画像なら新しいiPhoneだけではなく、パソコンでも保管可能です。

トーク履歴は残しておきたいけど、いつもトーク履歴のデータを持ち歩く必要はない場合はiPhoneスクリーンショットで撮影した画像をメールでパソコンに送信しておきましょう。

iPhoneからiPhoneへの復元

f:id:rick1208:20200817121303p:plain
もしiCloudにアカウントを所持していない場合でも、すぐに無料で作ることが可能なので、1時間以内にLINEトーク履歴をバックアップ・復元可能です。

旧端末でトーク履歴のバックアップをとる

f:id:rick1208:20200817123650p:plain
iCloudにアカウントを所持していない場合は、スマホから新規作成可能です。iPhoneの「設定」から「iCloud」を選びて「Apple IDを新規作成」をタップすれば、iCloudのアカウント作成画面に切り替わります。
f:id:rick1208:20200817123658p:plain
iCloudのアカウントはパソコンからしか新規作成できないと誤解している人もいますが、機種変更前のスマホ1台あればLINEトーク履歴のバックアップはとれるのです。

iCloudのアカウントを作成したら、今度はiPhoneと結合します。スマホの「設定」でユーザー名を押すとiCloudのアカウントにいきます。

パスワードをIDを記入して「ログイン」を押したら、「2フェクタ認証を使用しない」を押して次の画面で「結合」を押してから、「iCloud Drive」をオンになっていることをチェックしてください。

もし「iCloud Drive」がオフになっている場合は、「iCloud Drive」の項目を押してオンにしましょう。
f:id:rick1208:20200817123718p:plain
iCloudでLINEトーク履歴のバックアップを取る場合にデータ通信量が不安な場合は、「iCloud Drive」の項目を押して「モバイルデータ通信を使用」をオフにします。

データ通信よりもWi-Fiの方が通信が安定しやすいので、Wi-Fi環境がある場合はここをオフにしてLINEトーク履歴のバックアップを取ることをおススメします。

iCloudにバックアップがとれれば、完全にデータが消えた状態になるのを防げます。iCloudへのバックアップが成功すれば、LINEトーク履歴の引き継ぎは大半成功したことになります。

新端末でトーク履歴をインポート(復元)する

f:id:rick1208:20200817123728p:plain
機種変更した新しい端末でLINEトーク履歴を復元する方法は、まず新しい端末にLINEアプリをダウンロードします。

iPhoneならAppStoreでLINEアプリをダウンロードして、LINEを起動します。表示される画面で必ず「ログイン」を選び、LINEに登録してあるパスワードとメールアドレスを記入してログインします。

次の画面で電話番号を記入すると、記入した電話番号にSMSで認証番号が届きます。SMSはスマホのホーム画面にある「メッセージ」からチェックします。SMSを記入すると、ログインが終了します。
f:id:rick1208:20200817123740p:plain
機種変更後の新しい端末でLINEへのログインが終了すると、「トーク履歴の復元」画面で「トーク履歴をバックアップから復元」を押します。

すぐに復元が始まり、トーク履歴のバックアップの復元が終了したら年齢チェックの画面になり、「サービス向上のための情報使用に関するお願い」の画面になります。

年齢認証も、情報使用に関するお願いも、しなくてもLINEは問題なく使えるので、抵抗がある場合は「年齢認証をしない」「同意しない」を押しましょう。

機種変更前の端末で「引き継ぎ設定」をオンにする

f:id:rick1208:20200817194242p:plain
LINEトーク履歴を引き継ぎする場合は、機種変更する前の端末で「アカウントを引き継ぐ」をオンしましょう。

この設定はLINEを起動して「設定」から「アカウント引き継ぎ」を押して可能です。アカウントの引き継ぎ設定をオンにしてから、36時間以内に機種変更を行い、LINEトーク履歴を復元しましょう。

もしiPhoneで「アカウントの引き継ぎ」をオンしてから36時間たってしまっても、もう1回LINEの「設定」から引き継ぎ設定をオンにすればいいだけです。

iPhoneでの引き継ぎ設定は何度でもオンに可能なので、トーク履歴のバックアップや復元に失敗してもやり直すことが可能です。ただ新しいiPhoneだけで、古いiPhoneがない場合は可能でせん。

トーク履歴の引き継ぎには古いiPhoneが必要不可欠なので、LINEの引き継ぎが終了するまでは古いiPhoneを処分しないでください。

iPhoneからAndroidAndroidからiPhoneへの復元

f:id:rick1208:20200817114648p:plain
LINEのトーク履歴をバックアップし、復元する条件はiPhoneからiPhoneへの機種変更、AndroidからAndroidへの奇襲変更など、スマホのOSをまたがない事です。

iPhoneからAndroidAndroidからiPhoneなどスマホのOSをまたぐ機種変更は、iCloudGoogleなどにLINEのトーク履歴をバックアップできないので、基本的に引き継ぎ可能でせん。

もしスマホのOSをまたぐ機種変更の場合は、これまで説明してきた方法とは異なる方法でバックアップ・復元を行います。

旧端末でトーク履歴のバックアップをとる

f:id:rick1208:20200817114617p:plain
スマホのOSをまたぐ機種変更の場合は、まず旧端末で保存する方法が3つあります。

1つはLINEのkeep機能でメッセージや画像を一覧で保存する方法です。この方法ではスタンプや位置情報は保存可能でせんが、テキストメッセージ、音声メッセージ、写真、動画などを保存することが可能です。

もう一つはトーク画面の右上にある矢印マークから「テキスト」を押して、「メールで送信」を押す方法です。LINEのトーク履歴を、テキスト形式でメール送信します。

スタンプや動画、写真、音声メッセージが保存できないうえに、LINEのアプリ内で観ることもできなくなってしまいますが、LINEトーク履歴の流れそのままでバックアップ可能です。

スマホのOSをまたぐ機種変更でLINEトーク履歴のバックアップの取り方でもっとも簡単なのは、スクリーンショットで撮影し、新端末へ送信することです。この方法ならLINEトークの流れそのままを保存可能なし、手間もかかりません。

保存したいトークスマホの画面に出してキャプチャ機能を使うだけなので、LINEのサーバーでの保存期間が過ぎていても、改めてダウンロードしないから写真が保存可能です。位置情報と動画は保存可能でせんが、あとのものは保存可能です。

これら3つのバックアップ方法を組み合わせてLINEトーク履歴は基本的にスクリーンショップで保存し、動画はkeepで保存するのがおススメです。

新端末でトーク履歴をインポート(復元)する

f:id:rick1208:20200817114323p:plain
スマホのOSをまたぐ機種変更でバックアップをとったら、iPhoneからiPhoneへのLINE引き継ぎとは別の手順で復元をします。keepに保存したデータはLINEの引き継ぎ設定をオンにして、新端末でLINEにログインすれば特に操作をしなくても復元可能です。

スクリーンショットに保存したデータはスマホそのものの引き継ぎになるので、完全に別手順です。機種によって引き継ぎの方法は異なるので、気を付けましょう。

またLINEトーク履歴を復元する専用のソフトは、OSをまたぐ機種変更では使うことができないので、気を付けましょう。

LINEのトーク履歴を復元できない時は

f:id:rick1208:20200817114323p:plain
LINEのトーク履歴を復元しようとしたときに、正常に復元できなかった場合は、もう1回iPhoneで「トーク履歴をバックアップから復元」を押しましょう。

それでも復元できない場合は1回iPhoneの電源を切り、電波が安定している場所へ移動してください。それで復元を試してもできない場合は、iCloudのサーバーの電波状況がよくない可能性があるので1時間置後や翌日に復元を試してみましょう。

またiPhoneからiCloudへのバックアップが撮れていなくて、古い端末も無くしてしまった場合はLINEトーク履歴は消えたことになります。復元は無理なので、諦めてください。

また正常にiPhoneからLINEトーク履歴をバックアップから復元できたとしても完全ではなく、トーク画面で画像や動画のサムネイルしか復元できないので気を付けましょう。

サムネイルとはトーク画面に表示される小さい画像や動画のトップ画像のことです。

通常ならiPhoneでサムネイルをタップすれば画像が大きくなりスマホに保存でき、動画を再生することが可能ですが、機種変更でLINEトーク履歴を引き継いだ場合は、完全に復元できないのでこれらの操作が可能でせん。

写真を大きいサイズで保存したかったり、動画を再生したかったりする場合はiPhoneそのものに保存してiCloudで共有するか、LINEのkeep機能で保存しましょう。

復元できない原因

f:id:rick1208:20200817210055p:plain
LINEトーク履歴を復元できない理由は、バックアップの容量にあります。iPhoneからiCloudのアカウントを作ったときに設定される無料プランのデータ容量は5GBまでです。

iPhoneのLINEトーク履歴のバックアップ以外にも、写真や動画のデータを共有している場合は、データ容量が足りず、LINEトーク履歴のバックアップをとれない可能性あります。

しかしこの場合はiPhoneからiCloudへのバックアップが終了しないので、正常にバックアップが出来なかったことを伝えるメッセージが表示されます。

この場合はiPhoneiCloudで共有している写真が動画のデータを削除するか、LINEトーク履歴でいらない部分を削除してから保存しましょう。

他にはLINEで多くの人とトークをいつもしていて、トーク履歴のデータ量が多すぎる場合もバックアップがとれないことがあります。

特にビジネスでもLINEのトークでやり取りをしている人は、トーク履歴を可能なだけ残しておきたいものですが、本当に必要なトーク履歴だけを厳選して選び、あとはiPhoneから削除しましょう。

またどうしでもiPhoneからiCloudにバックアップをとりたいのにとれない場合は、iCloudの加入しているプランを変更してください。

対処法

f:id:rick1208:20200817210104p:plain
もしiPhoneからiCloudにきちんとバックアップがとれていなくてLINEトーク履歴が復元できない場合は、「Phonerescue for iOS」というソフトを使うと復元可能です。

「Phonerescue for iOS」はiPhoneiPadなど向けの復元ソフトでLINEトーク履歴の写真や動画なども復元することが可能です。

使い人はとても簡単でパソコンに「Phonerescue for iOS」のソフトをダウンロードして、USBケーブルでパソコンとiPhoneを接続し、ソフトを起動して「デバイスからリカバリー」を押し、「LINE」を選択すればいいだけです。

このソフトはiPhone関連のデータしか復元できないので、Android版LINEの消えたトーク履歴は復元可能でせん。
f:id:rick1208:20200817210116p:plain
「Phonerescue for iOS」というソフトなら、iPhoneのLINEトーク履歴のデータだけを選んで復元可能なから、余計な時間がかかりません。

iCloudの容量がいっぱいでトーク履歴が消えたとしても、添付の写真や動画まで復元可能なので、iPhoneを機種変更するときは事前にパソコンにこのソフトをダウンロードしておきましょう。

復元ボタンを押して「データ復元が終了しました」というメッセージが画面に表示されたら、iPhoneのデータが1回消えた場合でも、ソフトを通じてLINEトーク履歴は復元可能でした。

iPhoneのLINEトーク履歴を完全に復元する専用ソフトは無料でダウンロード可能です。無料版ソフトと有料版ソフトがあるのですが、どっちでも完全にiPhoneのLINEトーク履歴を復元可能です。

もし無料版のソフトで本当に完全にトーク履歴が復元可能なのか心配という場合は、有y郎版ソフトの60日間返金保証を使用しましょう。有料版なら完全にLINEのトーク履歴を復元可能です。

また無料版ソフトを利用してみて、完全にiPhoneのLINEトーク履歴が復元可能なかどうかをチェックして、出来ていなかったら有料版ソフトをダウンロードするという方法もあります。

Android版LINEならいつでもトーク履歴を復元可能

f:id:rick1208:20200817210216p:plain
iPhone版LINEだと新しい端末ではじめてログインしたときしか、トーク履歴のバックアップを復元することが可能でせん。しかしAndroid版LINEならいつでもトーク履歴を完全にバックアップ・復元可能です。

LINEの「設定」から「トーク」を押し「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択すれば、復元可能です。

機種変更後の端末ではじめてログインするときに復元できなくても、LINEの引き継ぎはとりあえず終わらせてしまって、復元は後日時間をかけてすることも可能です。

もしAndroid版LINEでトーク履歴のデータが消えたと思っても、「設定」から簡単に復元可能です。

それでもダメな時の対処法

f:id:rick1208:20200817114212p:plain
iPhoneからiCloudのバックアップを利用しても、iPhoneスクリーンショットを利用しても、専用ソフトを利用しても、LINEトーク履歴が復元できない場合は困りますよね?iPhoneからデータが消えたと思った場合はLINEアプリの再ダウンロードやスマホやパソコンの再起動をしてみましょう。

iPhoneからLINEトーク履歴が消えたからと言って、新しい端末で「新規登録」を選んでしまうと友だちリストが消えたり、スタンプや着せ替えが消えたり、LINEコインやポイントの残高が消えたりするのでしないでください。

LINEの再ダウンロード

f:id:rick1208:20200816191915p:plain
iPhoneのLINEトーク履歴が消えたと思ったら、まず最初はiPhoneにLINEアプリの再ダウンロードをしてみましょう。iPhoneのホーム画面でLINEアプリを長押しして、画面上部の削除まで移動させます。

そしてAppStoreで改めてLINEアプリをダウンロードして、「ログイン」からメールアドレスとパスワードを記入してください。

トーク履歴のバックアップ・復元」というメッセージが表示されるので、もう1回押して完全に復元されるのを待ちましょう。

たまたまiPhoneにダウンロードしたLINEアプリが不具合がある場合もあるので、iPhoneへの再ダウンロードで改善することは多いです。

新しいiPhoneでLINEを再ダウンロードする前に再起動をしてみましょう。iPhoneの再起動の方法はとても簡単で、LINEのアプリを閉じて、画面下にある四角いマークのマルチタスクを押し、LINEのタスクも閉じます。

そしてiPhoneのホーム画面でLINEアプリを押して起動します。ログインしてトーク履歴を復元できないか試してみてください。

スマホ・パソコンの再移動

f:id:rick1208:20200816191858p:plain

iPhoneでLINEトーク履歴を復元するのに失敗してしまったら、スマホやパソコンを再起動してみましょう。

iPhoneからiCloudへのバックアップがうまく行われないなら、スマホのホームボタンと音量ボタンを長押ししてシャットダウンします。そしてもう1回同じ操作をしてスマホを起動して、改めてLINEトーク履歴のバックアップをとってみましょう。

パソコンとiPhoneをつないでLINEトーク履歴をするときに完全にバックアップが取れない場合も、パソコンのスタートボタンから「再起動」を押して、パソコンを再起動してください。


iPhoneのLINEトーク履歴のバックアップ・復元は手順は簡単なものの、iCloudのアカウントが必要だったり、専用のソフトを使う場合があったりして、知識ゼロでは難しいです。ただ手順をきちんと把握しておけば、初心者でも可能です