漫画の地球儀

LINEでQRコードを作成、生成、表示する方法!!【pc、Web、URL、アプリ、オリジナル、】

スポンサーリンク

LINEでQRコードを作成・表示する方法「基本的な方法」

f:id:rick1208:20200806154956p:plain
皆さんは友達や仲間たちと連絡をとる時、どうしていますか?多くの人がLINEを使うと思います。

今やLINEは大半の人が使う重要な連絡ツールとなっています。

LINEはLINEトーク以外にも、LINE通話やLINEPayなど、独自の機能が多く備わっており、利用しやすいことから今日もLINEのユーザーは多くなっていることでしょう。

そんな便利なLINEですが、その機能の中の1つ、LINEQRコードというものをご存知ですか?LINEのQRコードは、LINEの友達を追加するときに使えるLINEの機能です。

LINEのQRコードを友達に追加したい人に読み込んでもらったり、逆に自分自身のLINEのQRコードを友達に読み込んでもらうことも可能です。

このLINEのQRコード機能を使えば、いちいちLINEの友達交換の度に、LINEIDをいれなくても、LNEQRコードを表示して読み込むだけでいいのでLINEの友達交換方法の中でも一番楽です。

こんな便利な機能、使わないと損ですよね?ここではそんなLINEQRコードを表示・読み込む方法や、スクショ画像で保存したり、LINEQRコードを生成する方法を説明していきます。

3Dタッチ対応機種ならではの方法

f:id:rick1208:20200806044103p:plain
さて、まず最初はLINEQのRコードを表示する情報を説明していきます。LINEのQRコードを表示する方法を知って入れば、LINEの友達交換が楽になりますよ。

1、 「友達追加」を押します。
f:id:rick1208:20200817220911p:plain
2、 「QRコード」を押します。
f:id:rick1208:20200817221006p:plain
3、 すると「QRコードリーダー」が出てきます。右下の「マイQRコード」を押します
f:id:rick1208:20200817221057p:plain
するとあなたのLINEのQRコードが表示されます。
f:id:rick1208:20200817221105p:plain
以上です。これであなたのLINEQRコードが表示可能です。今表示されているLINEQRコードを、先ほど出てきた「QRコードリーダー」で読み込むと、LINEの友達交換が可能です。LINEQRコードを読み込むだけでLINEの友達交換が終わります。便利ですね。

ちなみに、一定以上のOSの(3Dタッチ対応)機種では、3Dタッチのクイックアクション機能を使用して、LINEQRコード表示可能です。LINEの3Dタッチのクイックアクション機能は簡単で、LINEのアイコンを長押しするだけです。すると3Dタッチのクイックアクション機能が働いて以下のような表示が出てきます。
f:id:rick1208:20200817221121p:plain
3Dタッチのクイックアクション機能で表示された欄がありますよね。その3Dタッチのクイックアクション機能で表示された「QRコードリーダー」を押すと、先ほど解説した「QRコードリーダー」の画面まで一気に行けます。

3Dタッチのクイックアクション機能を使えば、わざわざLINEを開いて、LINEQRコードを開いて・・・なんてやらなくていいわけですね。3Dタッチのクイックアクション機能が使えるかどうかはLINEのアイコンを長押しすればわかると思います。

もし、3Dタッチのクイックアクション機能が使える人はぜひ3Dタッチのクイックアクション機能を利用してみてくださいね。

スクショして画像として保存しておく方法

f:id:rick1208:20200805230203p:plain
ここまで説明してきたLINEのQRコードを、スクショして画像に保存しておくことだって可能です。LINEのQRコードをスクショして画像に保存するメリットとしては、LINEを開かなくても画像を開くだけで、スクショで保存したLINEQRコードを見せられることが大きいでしょう。

素早くLINEのQRコードを表示したい人や、そもそもLINEを開くことが面倒な人は、1回LINEのQRコードをスクショするだけで、あとはその画像をひらけばLINEの友達交換が可能なようになるので、これをやっておいて損はないでしょう。

スクショでのLINEQRコードの保存の方法は、利用している機種でのスクショ方法と代わりありません。それでLINEQRコード画像を保存可能です。

スクショしたLINEQRコード画像が、どこに保存してあるのかわかりやすいように、スクショで保存したLINEQRコード画像は、新しいファイルの中に保存しておくのがいいでしょう。

オリジナルのQRコードを作成する方法

f:id:rick1208:20200805225935p:plain
LINEのQRコードはLINEで自動的に生成されるものです。

ですが、そんなLINEQRコードをオリジナルのものにしたい!と言う人も中にはるのではないでしょうか?実はLINEのQRコードを自分自身で作成することが可能なんです。

ここからはURLなどでLNEQRコードを作成する方法を説明していきます。

QRコードはURLから生成可能?

f:id:rick1208:20200817220354p:plain
通常であればLINEアカウントのQRコードはLINEアプリでしか生成(作成)することは可能でせん。

ですが、友だち登録用のURLとQRコードジェネレーターを使用するとオリジナルQRコードを生成(作成)することが出来ます。

QRコードはテキストや電話帳から作成することも可能ですが、URLから生成することも可能です。

QRコードを生成するジェネレーターは、Webやアプリで数多くあるので好みのジェネレーターを探してみましょう。

何はともあれまず最初はURLを入手しましょう。URLからQRコードを作成するのはウェブアプリが多いですが、最近ではアプリからでもURLからQRコードを生成可能なものもあります。

オリジナルQRコードを読み込んでもらう

f:id:rick1208:20200817220342p:plain
URLから無事QRコードを生成できたら、次はLINEの友達登録したい人に、LINEのQRコードリーダーで読み込んでもらいましょう。

すると生成したLINEQRコードからLINEに友だち登録することが出来ます。この場合のQRコードリーダーは好みのアプリで問題ありませんし、LINEアプリから読み込むことも可能です。

LINEでQRコードを作成・表示する方法「オリジナルのQRコードだから可能な事」

f:id:rick1208:20200817220330p:plain
ここからは、LINEQRコードを利用して可能なことを説明していきます。LINEQRコードは、何も端末の中でしか機能しない、というわけではありません。

LINEQRコードは印刷や、画像として紙に出力してもLINEQRコードの機能を失うことはありません。

たとえ紙にLINEQRコードがあっても、そのLINEQRコードを読み込めば、LINEのアプリなどでLINEQRコードを読み込んだ時と同様にLINEの友達追加が可能なのです。

紙にLINEQRコードが書いてあっても、なんの障害なくLINEQRコードを読み込むことが可能です。

名刺に印刷しておけば仕事でも便利に

f:id:rick1208:20200817121303p:plain
最近はLINEQRコードを名刺に記載する人も多くなってきています。

もちろんLINEQRコードを名刺に記載しても、なんの問題なくLINEQRコード読み込むことが可能です。

ここからはLINEQRコードを名刺に記載する方法を説明していきます。

まず、自分自身で名刺を作ったり、誰かに名刺を作ってもらう場合、スクショで撮ったLINEQRコードが役に立ちます。

自分自身で作る場合はLINEQRコードの画像を使えばいいですし、業者に頼む時もLINEQRコード画像を名刺に入れてもらうように頼みましょう。

どっちの場合もLINEQRコードを出力や、メールなどで送らなければならないことには代わりありません。

LINEQRコードをメールなどで送る方法は、メールで送りたいLINEQRコードを画像で選びて、共有などの項目を選択すれば、LINEQRコードをメールで送ることが可能です。

(OSや端末によって若干LINEQRコードをメールで送る方法は変化します)


f:id:rick1208:20200817114648p:plain

あとはLINEQRコードを入れたメールを名刺を作ってもらう業者さんなどに遅ればいいだけです。

そのとき、LINEQRコードをトリミングしておくといいでしょう。LINEQRコードをトリミングすれば、名刺の出来上がりが綺麗になると思います。

ですが、LINEQRコードのトリミングは業者さんに頼めばやっていただけると思いますが。

とはいえ、これでLINEQRコードを記載した正真正銘あなただけの名刺が可能です。LINEQRコードは、先ほど解説したオリジナルのLINEQRコードでも問題ありません。

いかがでしたか?ここではLINEQRコードを表示・読み込む、制作する方法を説明していきました。

LINEQRコードは友達交換するときに便利ですし、名刺などにLINEQRコードを記載すれば、すぐに連絡を取れるツールが可能です。

LINEQRコードは他にも役立つ場面があると思うので、ぜひ1回LINEQRコードを利用してみてください。