漫画の地球儀

LINEのmyBridgeの使い方!【名刺管理アプリ、登録、共有方法、料金、ビジネス、機能】

スポンサーリンク

LINE名刺アプリmyBridge

f:id:rick1208:20200812223436p:plain
LINEをビジネスで使用する、というのは、広告出稿以外にはあまり今までにはなかった流れかもしれません。しかし、my̪̺Bridgeという名刺管理アプリが登場したことで、状況は一変しそうです。コミュニケーションアプリLINEから2018年5月に名刺管理アプリのmyBridgeがリリースされました。

仕事をしているといつの間にか膨大な量になっていく名刺の数。これを管理して、必要な時に必要な人脈にたどり着けることは、ビジネスを成功させるためにはとても大事なことです。

ここではビジネスマンなら絶対に抑えておきたいLINEの名刺管理アプリのmyBridgeの特徴や使用方法について詳しく解説します。まず最初はmyBridgeの特徴についてです。

名刺を撮影して登録

f:id:rick1208:20200812224956p:plain
LINEの名刺管理アプリmyBridgeの特徴には、名刺を撮影するだけで会社名や名前、住所、電話番号などが登録できてしまうという点があります。名刺管理アプリの多くが、撮影するだけで情報が登録できてしまうというものが多くなってきましたが、その大半が有料のサービスです。

撮影するだけで情報を登録するというシステムの多くが、手作業での記入に頼っているのが現状なので、記入にコストがかかるのはやり方がありません。しかし、LINEの名刺管理アプリは無料で使えてしまいます。無料で名刺を撮影するだけで使えるというのは、本当にお得な名刺管理アプリといえると思います。

検索も共有も簡単操作

f:id:rick1208:20200812225004p:plain
LINEの名刺管理アプリmyBridgeの特徴には、操作がとにかく簡単に可能な、という点があります。登録した名刺を検索する方法も、とてもシンプルで簡単です。名前だけではなく、会社名、部署名、役職などのキーワードで、いつでも必要な時に必要な名刺を簡単に探し出すことが可能です。

それだけではなく、LINEだからこそのこの名刺管理アプリの強みというのは、LINEのトークと連携させて共有することが可能なということです。トークの中で名刺を共有することも可能です。

自分自身が登録した名刺を自分自身で使うだけではなく、会社や部署全体のLINEのグループを作っておけば、みんなで共有することも可能なので、仕事の効率がより一層高まります。

シンプルな名刺管理

f:id:rick1208:20200812225014p:plain

他の名刺管理アプリの中には、メモを付けることができたり、情報を自分自身で追加することができたり、タスク管理ができたりするものもあります。名刺管理アプリではなく、名刺管理の機能もついたビジネス管理アプリといった方がいいものも多いものです。

しかし、いくら便利なツールが付いていたとしても、すべて使いこなすのはかなり高等なテクニックが必要です。その点、LINEの名刺管理アプリのmyBridgeは、LINEのトークと連携させて共有可能な機能の他は、名刺管理に特化しているというのが大きな特徴です。

登録も検索もとても簡単でシンプルで操作性のいい名刺管理アプリです。

LINE名刺アプリmyBridgeの費用は無料?

f:id:rick1208:20200806044228p:plain
とても便利で使い勝手良く、今、他の名刺管理アプリから乗り換える人も続出しているLINEの名刺管理アプリのmyBridge。会社全体や部署内で名刺を共有する機能も強化されて、使い勝手がますます増しているのに、本当にすべて無料なんと思いますか。

本当に無料でいいのか疑わしいという声も出ています。しかし、myBridgeはすべて無料で使うことが可能です。正確にいうと、2019年2月現在は全部無料で使える、といった方がいいかもしれません。

現在は完全無料で広告表示やツールに対する内部課金などもされていませんが、将来的には完全無料というわけにはいかなくなっていくと思います。LINEにとってもビジネスであることを考えれば、一定数のユーザーを獲得できた後は、広告表示や内部課金などでの収入も検討されていくようです。

しかし、LINEのアプリの基本プラットフォームが無料で使えるように、myBridgeの名刺管理という基本に関しては無料で続けられることが予測されます。

LINE名刺アプリmyBridgeの便利機能

f:id:rick1208:20200813010235p:plain
名刺管理アプリとしては後発組といってもいいLINEのmyBridgeですが、実は他の名刺管理アプリから続々と乗り換える人が多くなっています。やはりその理由は、費用無料よりも、他の名刺管理アプリにはない便利な機能がいろいろとあるため、というのが大きいようです。

他の名刺管理アプリから、後発組のLINEの名刺管理アプリに乗り換えたくなる、myBridgeの便利機能にはどんなものがあるのと思いますか。

取り込んだ名刺の名前が着信で表示される

f:id:rick1208:20200805074751p:plain
LINEの名刺管理アプリに登録してある人からスマホに電話がかかってきたときに、その人の名前がスマホに表示されるようになります。

電話が掛かってきたときには、通常は電話のアドレス帳に登録していない人の名前は表示されません。かといってもらった名刺をすべてスマホのアドレス帳に登録するのはとても手間がかかりすぎてできない作業です。

しかし、中には登録していない番号には出たくない、という人もいるものです。しかしそれではせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうこともあると思います。しかし、LINEの名刺管理アプリなら、名刺の情報を着信の時に表示してくれるので、アドレス帳に登録し直す手間もいりません。

他の名刺管理ソフトからインポート可能

f:id:rick1208:20200804153954p:plain
LINEの名刺管理アプリに乗り換える人が続出している理由の一つが、他の名刺管理ソフトやアプリから簡単にmyBridgeにデータを移行することが可能なというものです。myBridgeにインポートすることが可能な名刺管理ソフトは次のものがあります。

・Eight
・Sansan
Wantedly People
・Camcard
Googleの連絡帳
Outlook
・その他

その他で何が使えるのかが気になりますが、具体的に名前が挙がっている名刺管理アプリなら確実に使えます。LINEの名刺管理アプリなら無料で使えるので、これらの名刺管理ソフトを利用している人は、1回試してみてはいかがと思いますか。

連絡帳サービスに保存やExcel出力が可能

f:id:rick1208:20200803172728p:plain
他の名刺管理アプリからLINEの名刺管理アプリのmyBridgeにインポート可能なほか、myBridgeのデータを逆に他のもので使用することも可能です。例えば、スマホのアドレス帳やGoogleの連絡帳サービスに保存したり、Excelのファイルでダウンロードすることも可能です。

集めた名刺のデータをLINE以外のデータとして使用することで、ビジネスの幅をぐっと広げていくことが可能になります。

溜まった名刺をまとめてデータ化

f:id:rick1208:20200803172643p:plain
その都度、名刺をもらうたびに暇を見つけてmyBridgeで1枚1枚スキャンしていけば、溜まりすぎて困るということはないかもしれません。しかし、パーティや異業種交流会のように、1回に多くの人と会う機会があると、1回にたまる名刺の数は何十枚になることも多いです。

ついついmyBridgeへスキャンして登録することが面倒くさくなってしまうこともあります。そんな場合にも、LINEでは”おまかせスキャン”というものを用意してくれています。”おまかせスキャン”とは、たまった名刺を郵送すれば、代わりに名刺をスキャンして登録してくれるサービスです。

”おまかせスキャン”の費用が気になるところですが、実はこれも無料なんです。ぜひ名刺が溜まりすぎて困っている人は”おまかせスキャン”を使用してみてはいかがと思いますか。

LINE名刺アプリmyBridgeの使用方法

f:id:rick1208:20200803124023p:plain
気になるのが名刺管理アプリmyBridgeの使用方法です。どのような使用方法をすればいいのと思いますか。使用方法の第一歩はスマホにアプリをダウンロードしてダウンロードするところから始まります。

ダウンロードしたらアプリを開いて”始める”を押します。
f:id:rick1208:20200813130026p:plain
メールアドレスを記入して”次へ”を押します。
f:id:rick1208:20200813130035p:plain
LINEと連携するか、連携せずにパスワードを登録するか決めます。LINEと連携させなくても、LINEの会員でなくても、myBridgeを使うことは可能です。また、LINEの友だちとmyBridgeの情報は連携されないので、仕事とプライベートで友だちを分けている人も安心して連携させることが可能です。
f:id:rick1208:20200813130059p:plain
会員登録ができたら、アプリを開いて実ときの使用方法に入っていきましょう。

名刺を撮影でスキャン終了

f:id:rick1208:20200801191635p:plain
myBridgeの使用方法の最初の手順は、交換してもらった名刺を撮影してスキャンすることから始まります。画面に”カメラのマーク”があるので、そちらを押すと撮影可能なので撮影して名刺をスキャンします。
f:id:rick1208:20200813130329p:plain

撮影した名刺の修正

f:id:rick1208:20200801191614p:plain
myBridgeの使用方法の2つ目の手順は、登録した名刺を修正します。名刺を撮影すると、このような画面になります。トリミングすることが可能なので、向きがおかしかったり、明るすぎて文字が読み取れないような場合には、加工して見やすいようにしましょう。

また、この画面から”裏面も撮影”に進むことも可能なので、裏面にも情報がある場合には、そちらも撮影しておくといいと思います。
f:id:rick1208:20200813130347p:plain

撮影した名刺を登録

f:id:rick1208:20200801191558p:plain
撮影して、トリミングができたら”チェック”を押します。すると”登録”と出てくるので、そちらを押すと名刺が登録されました。
f:id:rick1208:20200813130405p:plain

たったの1分で登録できちゃう

f:id:rick1208:20200801190702p:plain
名刺を登録するのでに必要な手間は、撮影して文字が見やすいように修正して登録するだけです。myBridgeの使い人はとても簡単でたったの1分でできてしまいます。情報の記入は手記入なので、多少時間はかかりますが、それでもたったのこれだけの使用方法でOKなのは驚きです。

おまかせスキャンの使用方法

f:id:rick1208:20200801184402p:plain
おまかせスキャンに申し込むときには、まず最初はスマホかパソコンでmyBridgeのおまかせスキャンのページを開きます。
f:id:rick1208:20200813130439p:plain
”お申込みはこちら”をクリックすると、おまかせスキャンの申し込みフォームに入れるのでそちらから必要事項を記入しておまかせスキャンに申し込みます。
f:id:rick1208:20200813130449p:plain
おまかせスキャンの申し込みフォームに記入したメールアドレスに案内メールが届きます。そちらに名刺の送付先が記載されているので、そちらに名刺を送れば、名刺のスキャンと登録を完全におまかせ可能です。後はスキャンされて登録された名刺が手元に帰ってくるのを待つだけです。

共有名刺帳でシェア可能

f:id:rick1208:20200801173250p:plain
この名刺管理アプリはLINEがリリースしているものなので、LINEのトークを介した共有が簡単に可能なとお伝えしました。しかし、2018年12月にLINEのトークを介さなくても共有可能な”共有名刺帳”という機能が追加されました。

共有名刺帳を使えば、社内で共有したいグループとLINEのトークを介さなくても名刺を共有可能なようになります。他のサービスでは、共有可能な人数や名刺の枚数に制限がある場合も多いのですが、LINEのmyBridgeでは人数も枚数も制限がありません。

しかもExcelへのダウンロードも共有したデータをダウンロードすることが可能です。共有名刺帳も無料で使えるのは言うまでもありません。

LINE名刺アプリmyBridgeの評判・口コミ

f:id:rick1208:20200813130526p:plain
気になるところは、実ときにmyBridgeを利用している人の口コミや評判です。実ときに利用している人からはどんな声が寄せられているのと思いますか。

”いろいろなアプリを試してみましたが、名刺の一元管理ではこれが一番使いやすかったです。”

”結婚式から家を購入するまで、多くのセールスマンの人から名刺をもらいました。今後も何かとお世話になることを考えたら、家族で名刺を共有できたらいいと思って、いろいろと試してみました。無料でもSNS機能が付いていたら、知らない人からメッセージが来たら怖いし、無料アプリは電話番号を登録すると営業の電話がかかってくるとも聞きます。いろいろと調べたら、LINEのこちらはそれがないようなので、安心して使えます。夫と一緒に共有して利用しています。”

”手記入の作業をしている人に感謝する機能が欲しい。本当に名刺管理のわずらわしさから解放されました。これだけ高性能なツールを無料で提供する裏には膨大な努力があると思います。敬意を表します。”

”これで無料はすごい。手記入ということで、アップロードしてからタイムラグがあるのが気になるが、AIのみの記入で修正作業が必要になるよりは断然楽でいい。”

中には”使いにくい””自分自身には合わない”といった声も聞かれますが、総じて高評価な声が多いようです。プライベートで利用している人もいるとのことで、今後、活用の幅が広がっていきそうです。

まとめ

f:id:rick1208:20200801064752p:plain
LINEがリリースした名刺管理アプリのmyBridgeについて詳しく使用方法などみてきました。ビジネスを円滑に進めるうえで、名刺の情報というのは本当に重要なものです。この大事な名刺の管理を、無料で行うことが可能なLINEのこのサービスというのは、本当に貴重なものです。

myBridgeの展開もビジネスの一環であることを考えれば、今後、広告表示や内部課金が始まる可能性はあります。しかし、LINEが基本無料で使えるように、myBridgeのベースも無料使用が続くと考えられます。経費削減など考えているのであれば、完全無料の今のうちにmyBridgeに乗り換えてみてはいかがと思いますか。