漫画の地球儀

iPhoneでLINEのトークをiCloudにバックアップする方法!【スマホ、iOS版、旧端末、無料】

スポンサーリンク

iCloudによるLINEトーク履歴バックアップと復元の気を付ける点

f:id:rick1208:20200806154956p:plain
iOS版LINEでは、Appleが提供しているクラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」を利用してトーク履歴のバックアップ、復元をおこないます。バックアップの作業自体はかんたんに可能ですが、事前にいくつか知っておきたい気を付ける点があるので目を通しておきましょう。

iCloudでバックアップをする気を付ける点

iCloudの無料容量は5GBまで
トーク内の写真・動画は基本的に縮小サムネイルのみが残る
トーク履歴を復元可能な機会が限られる
iPhoneからAndroidスマホにはLINEトーク履歴を引き継げない

iCloudの無料容量は5GBまで

f:id:rick1208:20200806044103p:plain


iCloudを無料で使える容量は5GBまで。基本的にトーク履歴のバックアップに必要な容量としては5GBあれば十分ですが、すでに他の保存データでいっぱいになっている場合、容量不足でバックアップに失敗する可能性もあります。

f:id:rick1208:20200812123426p:plain

iCloudの空き容量をギリギリでやりくりしているなら、iCloudの保存データを整理するか、有料プランへのアップグレードも検討しましょう。有料プランは50GBで月額130円(税込)から用意され、最大2TBのプラン(月額1300円)まで選べます。

iPhoneの「設定」アプリから最上部の名前部分を押し、iCloud→ストレージを管理→ストレージプランを変更と進んでアップグレードをおこなえます。

トークルームの写真・動画は別途LINE Keepかアルバムに保存しておく

f:id:rick1208:20200805230203p:plain
iCloudでのバックアップに限った話ではありませんが、トークルーム内で共有(送信)されているだけの写真や動画は引き継ぎのときに復元されず、消えてしまうおそれがあります。

大事な写真・動画は、あらかじめLINE Keepかアルバムに保存しておくとよいと思います。

トーク履歴を復元可能な機会が限られる

f:id:rick1208:20200805225935p:plain
iOS版LINEでiCloudにバックアップしたトーク履歴データを復元可能なのは、アカウント引き継ぎ途中の「トーク履歴を復元」の画面が表示されたタイミングだけ。Android版LINEのように、いつでも設定から復元可能なわけではありません。

f:id:rick1208:20200812141316p:plain
再びトーク履歴の復元画面を出しるには、アプリをアンダウンロードして再びダウンロードし直し、すべての復元作業をイチからやり直す必要があります。

iPhoneからAndroidスマホにはLINEトーク履歴を引き継げない

f:id:rick1208:20200803172728p:plain
LINEのトーク履歴は仕様上、同じOS間(Android版LINE⇄Android版LINE、iOS版LINE⇄iOS版LINE)でのみ引き継いで復元することが可能です。要するに、iPhoneiCloudにバックアップしたLINEトーク履歴は、Androidスマホに機種変更する場合には復元できないので注意しましょう。

f:id:rick1208:20200812143748p:plain
トーク履歴をLINEアプリに復元することはできなくても、テキストデータとしてならメモ帳やメールなどに記録として残しておけます。ただ、あくまでも上の画像のようなテキストベースでの保存となるため、スタンプや画像は表示されません。

詳しい方法は、以下の記事を参照してください。

iOS版LINEでトーク履歴をバックアップする方法

f:id:rick1208:20200803172643p:plain
ここからは、実ときにiCloudを利用してLINEのトーク履歴をバックアップする手順を解説します。機種変更時以外にも、日常的にバックアップを習慣にしておくと、スマホの故障、紛失時にも安心です。

LINEアプリとiOSのバージョンを最新版にアップデートする

f:id:rick1208:20200801191635p:plain
まず大前提として、バックアップするときには、LINEアプリとiOSのバージョンをそれぞれ最新版にアップデートしましょう。あまりにも古いバージョンでバックアップしたデータは、新しいiPhoneで復元できずエラーが発生する可能性があります。

下記の記事を参考にバージョンをチェックし、古い場合はアップデートしてください。

iCloud Driveがオンになっているかチェックする

f:id:rick1208:20200801191558p:plain
トーク履歴のバックアップを実行するには、iPhoneiCloudに接続されている必要があります。

f:id:rick1208:20200812144338p:plain
LINEアプリの「ホーム」タブから設定ボタン→トークトークのバックアップと進み、iCloudに接続されているかをチェックしてください。

iCloud Driveがオフになっている場合には、左上の画像のように「iCloudに接続されていません」という画面が表示され、バックアップができません。この場合は、iPhoneの「設定」アプリからiCloud Driveをオンにする操作が必要です。

なお、iCloudが設定済みで使える状態の人は、読み飛ばして次に進んでください。
f:id:rick1208:20200812144723p:plain
iPhoneの「設定」アプリで、最上部にあるユーザー名の部分を押してください。

なお、ここでユーザー名ではなく「iPhoneにサインイン」と記載されている場合は、Apple IDとパスワードを記入し、案内に従って認証などを済ませてサインインしましょう。
f:id:rick1208:20200812171113p:plain
f:id:rick1208:20200812171126p:plain
Apple IDの画面に移動するので、iCloudを選びます。続いて、iCloud画面を下にスクロールするとiCloud Driveの項目があるのでスイッチをオンにします。

これで、iCloud Driveがオンになりました。

iCloudを利用してトーク履歴のバックアップをおこなう

f:id:rick1208:20200812171147p:plain
f:id:rick1208:20200812171152p:plain
あらためて、LINEアプリの「ホーム」タブから設定ボタン→トークトークのバックアップと進みます。

今すぐバックアップをタップすれば、自動的にトーク履歴データの圧縮・アップロードがはじまり、数秒ほどで終了します。正しくバックアップされていると、バックアップ終了の表示とともに「トークのバックアップ」の履歴部分にバックアップ日時が記録されます。

これで、トーク履歴のバックアップが終了しました。

バージョン10、3、0以上なら自動バックアップ機能を使用可能

f:id:rick1208:20200801190702p:plain
冒頭述べたように、スマホの紛失や故障に備えて、バックアップはこまめにおこなうことが重要。しかし、手作業によるバックアップはどうしても忘れがちになってしまいます。

そんな人は、トーク履歴の自動バックアップを設定しておくのがおススメ。最初にバックアップスケジュールを設定しておくだけで、以後は自動的にトーク履歴が保存可能な便利な機能です。
f:id:rick1208:20200812171225p:plain
f:id:rick1208:20200812171231p:plain
通常のバックアップと同様に、LINEアプリの「ホーム」タブから設定ボタン→トークトークのバックアップと進みます。

iOS版LINEのバージョン「10、3、0」以上なら、バックアップ頻度というボタンが表示されるはず。このバックアップ頻度を押し、次の画面で「自動バックアップ」の項目をオンにしてください。
f:id:rick1208:20200812171251p:plain
f:id:rick1208:20200812171259p:plain
続いて、バックアップ頻度の項目が表示されます。これを押し、毎日3日に1回などの選択肢からトーク履歴の自動バックアップが実行される頻度を選びましょう。

これでトーク履歴の自動バックアップの設定は終了です。

なお、自動バックアップは、iPhoneの電源がオンの状態で、かつWi-Fiに接続されていないと実行されません。夜間など自宅のWi-Fiにつないでいるときに自動バックアップ可能な、といったイメージで使用するとよさそうです。

トーク履歴とLINEアカウントを引き継ぎ、新iPhoneで復元する手順

f:id:rick1208:20200801184402p:plain

LINEトーク履歴の引き継ぎ作業には、機種変更前に今まで利用していたスマホでおこなう操作と、機種変更後に新しいスマホでおこなう操作があります。この引き継ぎ手順に従って操作すれば、トーク履歴以外にもLINEアカウント全体を問題なく新機種に移行可能です。

なお、ここで解説するのは、機種変更後に同じ電話番号を引き続き使う場合の引き継ぎ方法。大半のLINEユーザーが該当するはずです。

機種変更によって電話番号が変わるパターンや、フェイスブックアカウントを連携して利用しているパターンでは、必要な用意や復元手順が異なります。それぞれの状況に合わせて、下記記事を参考にしてください。

機種変更「前」に旧端末で必要な作業

機種変更の前後でやるべき主な引き継ぎ操作は以下の通り。難しい作業はないので、一つひとつ確実におこないましょう。


LINEアプリとOSをアップデートする
LINEにパスワードが登録されているかをチェックする
トーク履歴のバックアップを最新にする
アカウント引き継ぎ設定をオンにする

1LINEアプリと端末のOSをアップデートする

f:id:rick1208:20200801173250p:plain
機種変更の前に、旧スマホのLINEアプリのバージョンを必ずアップデートしておきましょう。LINEアプリのバージョンが旧スマホと新スマホとで異なると、アカウントやトーク履歴の引き継ぎが失敗するおそれがあります。

2LINEのパスワードをチェックする

f:id:rick1208:20200801111902p:plain
2019年2月のアップデートで引き継ぎ方法が大きくシンプル化され、原則として電話番号認証とパスワード記入だけでLINEアカウントを引き継げるようになりました。

その反面、パスワード未登録のまま引き継ぎをおこなうと、手間がかかる以外にも、引き継ぎができなくなる可能性があります。パスワードを登録しているかどうか、事前にチェックしておきましょう。あわせて電話番号とメールアドレスのチェックあるいは新規登録も済ませましょう。
f:id:rick1208:20200812171552p:plain
f:id:rick1208:20200812171559p:plain
LINEアプリの「ホーム」タブで設定ボタン→アカウントと押し、アカウントの画面を開きます。

右上の画像のように「電話番号」「メールアドレス」の項目に使用中のものが記載され、パスワードが「登録終了」となっていれば、いずれも正常に登録されています。

パスワードが未登録であれば、パスワードの欄を押して登録画面に進みます。すでに登録済の人も、パスワードの記憶があいまいであれば、再登録して正確なパスワードを把握しておくと安心です。

f:id:rick1208:20200812171702p:plain
f:id:rick1208:20200812171708p:plain
パスワードの登録はかんたん。パスコードや指紋認証で本人チェックを済ませたら、新しいパスワード(6〜20文字)を2回記入し、OKボタンをタップすればOKです。

もしメールアドレスが未登録なら登録しておきましょう。引き継ぎに必ず必要というわけではなりませんが、引き継ぎ時にパスワードを忘れてしまっても再設定が可能ななど、登録しておくと万が一のときに役立ちます。

3トーク履歴のバックアップを最新にする

f:id:rick1208:20200801064752p:plain
トーク履歴のバックアップ方法は前述したのでここでは割愛しますが、引き継ぎ前には必ず最新のトーク履歴をバックアップしてください。

4アカウント引き継ぎ設定をオンにする

f:id:rick1208:20200801063544p:plain
引き継ぎの当日、アカウントを引き継ぐの設定を有効化させます。設定をオンにすると、向こう36時間は引き継ぎ設定が有効になった状態になります。異なる電話番号への機種変更やフェイスブック連携のアカウントを引き継ぐときには必須の作業です。
f:id:rick1208:20200812171758p:plain
f:id:rick1208:20200812171803p:plain
「ホーム」タブの設定ボタン→アカウント引き継ぎと押し、アカウントを引き継ぐのスイッチをタップ。チェックを求められるのでOKを選びて、アカウント引き継ぎ設定をオンに切り替えます。

もし36時間以内に引き継ぎができそうになければ、一旦オフに戻し、引き継ぎ作業が可能なようになった段階であらためて有効化させれば問題ありません。

旧端末での作業はここまでです。以降、新端末での作業に移動します。

機種変更「後」に新端末で必要な作業

新しいiPhoneを操作してLINEアカウントを引き継ぎ、トーク履歴を復元させましょう。
機種変更「後」に新端末で必要な作業

旧端末と同じApple IDでアカウントで新端末にログインし、iCloud Driveをオンにする
LINEアプリをダウンロードして起動する
電話番号を記入し、SMSに届いた番号を記入する
パスワードを記入する
トーク履歴を復元する
友だち追加設定・年齢チェックをする
スタンプ・絵文字・着せ替えの再ダウンロード、通知音・着信音などの再設定

1旧端末と同じApple IDで新端末にログインしておく

f:id:rick1208:20200812171840p:plain
バックアップするときに、iCloudドライブをオンにしていることをチェックしましたが、復元するときにも新しいiPhoneiCloud Driveがオンになっていなければなりません。

LINEの引き継ぎをはじめる前に、必ずバックアップした旧端末と同じApple IDでiCloudにログインし、iCloud Driveをオンにしておきましょう。

2LINEアプリをダウンロードして起動する

新しいiPhoneにLINEアプリをダウンロードして、起動します。

3電話番号を記入し、SMSに届いた番号を記入する

f:id:rick1208:20200812171922p:plain
LINEアプリを起動したら、「LINEへようこそ」の画面が表示されるのではじめるを押します。
f:id:rick1208:20200812172207p:plain
f:id:rick1208:20200812172211p:plain
次の画面で端末の電話番号を記入すると、SMSに認証番号が書かれたメッセージが届きます。この認証番号をLINEに記入してください。

4パスワードを記入する

f:id:rick1208:20200731004915p:plain

「おかえりなさい〇〇!」と、記入した電話番号に紐付いたアカウント名が表示されます。自分自身の情報で間違いなければ、はい、私のアカウントですを選んで進みます。

次の画面でパスワードの記入が求められるので、登録してあるパスワードを記入し、→ボタンをタップ。これで、新しいiPhoneで自分自身のLINEアカウントにログインが可能です。

5トーク履歴を復元する

f:id:rick1208:20200812172957p:plain
パスワード記入後すぐ「トーク履歴を復元」の画面が表示されるので、ここでトーク履歴を復元をタップ。

f:id:rick1208:20200812173248p:plain
トーク履歴を復元しますか?」というチェックポップアップが表示されます。旧端末でバックアップが確実に取れているなら、続行を押してください。

メッセージにあるように、続行を押した時点でLINEアカウントは新しいiPhoneに引き継ぎ済み(ログイン終了)という扱いになり、以前利用していたiPhoneのLINEアプリが初期化されます。

万が一、トーク履歴のバックアップを取り忘れていた場合は、続行を押す前に必ず旧端末でバックアップをとってください。
f:id:rick1208:20200812173444p:plain
再度「トーク履歴を復元」の画面が表示されます。バックアップが正常におこなわれていた場合、前回のバックアップ:の項目に当日の日付と時間が記載されているはずです。

チェックできたら、トーク履歴を復元を押しましょう。これで、新端末へのトーク履歴の引き継ぎは終了です。

6友だち追加設定・年齢チェックをする

f:id:rick1208:20200812173806p:plain
f:id:rick1208:20200812173810p:plain
続いて、友だち追加設定のオン・オフと(必要であれば)年齢チェックをおこないます。友だち追加設定は、とりあえずオフにしておくことをおススメします。

これらの項目は引き継ぎ終了後にも設定可能なので、先を急ぎたければ後回しにしても大丈夫です。

これで、LINEアカウントへのログインは終了。無事にデータを引き継げているかチェックしましょう。

7スタンプ・絵文字・着せ替えの再ダウンロード、通知音・着信音などの再設定

f:id:rick1208:20200812173854p:plain
f:id:rick1208:20200812173859p:plain
今まで利用していたスタンプや絵文字、着せかえはここまでの手順では復元可能でせん。「ホーム」タブの設定ボタン→スタンプと進み、マイスタンプを押すと、個別あるいは一括でスタンプを再ダウンロード可能です。

スマホでの通知設定は、新スマホに引き継がれません。「ホーム」タブの設定ボタン→通知と進み、通知のさまざまな設定を変更しましょう。トークごとに通知設定をしたい場合は、トークルーム右上の∨ボタンから、通知オフを押します。