漫画の地球儀

LINEで自作スタンプを自分だけで使う方法!【販売しない、プライベート専用、申請方法】

スポンサーリンク

プライベート専用のLINE自作スタンプを作る

f:id:rick1208:20200806154956p:plain
販売目的ではない場合、LINE自作スタンプを申請するときにいくつかチェックしておきたいコツがあるので解説します。

アプリから申請すると本人のみ無料でダウンロード可能

f:id:rick1208:20200806044103p:plain
現在、自作スタンプの販売申請の方法は目的別に2つ用意されています。

自作スタンプの申請方法

販売して売上金を得られる:WebのLINEクリエイターズマーケットのマイページから申請する
売上金を得られない:LINE Creators Studioアプリ経由で申請する

一見、売上金を得られないアプリ経由での申請は損のように思えますが、自作スタンプをプライベートで使う目的なら、アプリ経由のほうがおススメです。売上金を得られない代わりに、クリエイターは無料で自作スタンプをダウンロード可能なほか、スタンプの登録や申請手続きもWeb版より簡単です。

注意したいのが、無料ダウンロード可能なのはスタンプを作成した本人のみという点。友人や家族にシェアする場合は最低でも120円かかるうえ、その売上金はクリエイター本人に分配されません。

とはいえ、もともとスタンプの分配金は、売上総額からApp StoreGoogle Playの手数料などを差し引いた35%分が1000円以上にならないと受け取れない仕組みです。いずれにせよ数個売れたくらいでは、売上金の申請はできないため、大きなデメリットとはいえないと思います。

プライベート設定で非公開を選択する

f:id:rick1208:20200805230203p:plain
自分自身や家族、友人など数人だけがその自作スタンプを使う想定なら、「プライベート設定」を忘れずにおこなってください。

プライベート設定で「公開」を選ぶと、売上金の分配はなくてもスタンプショップやLINE STOREで不特定沢山の人が見ること・購入可能になります。自分自身だけもしくは限られた人だけで使いたい時には必ず非公開にしましょう。

f:id:rick1208:20200809195457p:plain
非公開に設定していても、スタンプを受信した相手がトーク内でスタンプを押すと、販売ページにアクセスしてスタンプを入手可能です。親しい人に自作スタンプを利用してもらいたいなら、作成したスタンプをトークで送りましょう。

逆にいえば、非公開設定であってもトークからであれば誰でもスタンプを入手可能です。もし、絶対に他人に入手されたくなければ、すぐにWebのLINE Creators Marketのマイページから、スタンプの販売を停止しましょう(アプリから販売停止は可能でせん)。販売停止にしたからといって、購入済みスタンプが使えなくなることはないので安心してください。

LINEスタンププレミアムに参加しない

f:id:rick1208:20200805225935p:plain
「LINEスタンププレミアム」は、2019年7月から開始されたクリエイターズスタンプが使い放題になるサブスクリプション(定額制)サービスです。スタンプ申請の途中で、このLINEスタンププレミアムに参加するかどうかを選択可能です。

f:id:rick1208:20200809195724p:plain
デフォルトの「参加する」にチェックが入ったままだと、LINEスタンププレミアムに加入している人全員があなたの作ったスタンプを見ること・使用できてしまいます。

自分自身だけもしくは限られた人のみで使いたいなら、必ず「参加しない」にチェックを入れてください。
スタンプが定額使い放題「LINEスタンププレミアム」とは──無料登録して解約するまでの方法や気を付ける点まとめ

スタンプを作ってからダウンロードするまでの手順

f:id:rick1208:20200806044228p:plain

クリエイターズマーケットに登録してスタンプを作成

f:id:rick1208:20200805123759p:plain

まず最初は、LINE Creators Studioのアプリをダウンロードしましょう。アプリ経由でないと、自作スタンプを無料でダウンロード可能でせん。

1クリエイターズマーケットに登録し、スタンプを作成
f:id:rick1208:20200806044255p:plain
クリエイターズマーケットに登録し、スタンプを最低8個作成しましょう。LINE Creators Studioアプリ自体に用意されたツールを駆使して、十分クオリティの高いスタンプが可能です。別途手描きのイラストなどを使用したいのであれば、他のツールで作ってもOKです。

リエーターズマーケットへの登録方法からLINE Creators Studioアプリを使ったスタンプの作り方、審査に通るコツなどは、以下の記事に詳しく書いています。

販売するスタンプを選択

スタンプができたら、販売審査の申請をしましょう。販売目的でないとしても、LINE社による審査に通らなければLINEスタンプをダウンロード可能でせん。

f:id:rick1208:20200809195823p:plain
f:id:rick1208:20200809195832p:plain
アプリのトップ画面から、販売したいスタンプのパッケージを選び、販売申請をタップ。使用規約が表示されるのでチェックし、問題なければ同意してください。

スタンプの数を8~40の中から選び、販売するすべてのスタンプにチェックを入れます。

f:id:rick1208:20200809195929p:plain
「メイン画像を選択」という画面が表示されたら、LINE STOREやLINEアプリ内のスタンプショップ、トークルーム内のタブに表示される部分のメインにしたい画像を選び、次へを押します。

スタンプの情報を記入をする

f:id:rick1208:20200805074751p:plain
続いて、販売情報を記入していきます。前述した「プライベート設定」の非公開と、「LINEスタンププレミアム」への不参加は忘れずにチェックしてください。

f:id:rick1208:20200809200311p:plain

販売情報の記入項目

タイトル:スタンプのタイトル。英名必須

説明文:スタンプの説明。英文必須

写真の使用:1点でも使用されていれば「使用されています」を選択。選び忘れるとリジェクト対象になる可能性がある

販売価格:最低120円(50コイン)。無料にはできない

プライベート設定:「LINE STORE、ショップ非公開」にすれば、直接シェアした相手しかスタンプを見たり買ったりできなくなる。顔写真などが利用されている、仲間内だけで使いたいといった場合は「非公開」おススメ

コピーライト:Creators Marketに登録したクリエイター名が表示される。変更可能

販売エリア:販売可能なすべてのエリアか、選びたエリア(日本)のみか選べる

テイストカテゴリ:「カワイイ・キュート」「シュール」「挨拶」といった中からテイストを選ぶ。スタンプ検索のキーワードになる

キャラクターカテゴリ:「男の人キャラ」「とり」「食べ物」などから選択。テイストカテゴリと同様、検索のキーワードになる

LINEスタンププレミアム:スタンプの定額制使い放題サービス。「参加する」を選ぶと、会員に登録しているすべての人がスタンプを使用可能


写真が1点でも使用されていれば、「写真の使用」項目で使用されていますを選びましょう。選び忘れると、リジェクトされる(審査に落ちる)可能性があります。

なお、友人や家族には無料でシェアしたいところですが、現状では無料の設定は可能でせん。

最終チェック後、申請手続きを終了する

f:id:rick1208:20200804153954p:plain
販売情報の記入が終わったら、スタンプのプレビューをチェックします。

f:id:rick1208:20200810072946p:plain
一番目立つ位置にあるのが「メイン画像」です。その下のスタンプの並びは、スタンプを選んだ順番どおりになります。
f:id:rick1208:20200811113225p:plain
f:id:rick1208:20200811113231p:plain
肖像権、プライバシー権パブリシティ権などについての注意事項が表示されます。よく読んで問題がなければ、上記の内容に同意しますをチェック。

続けてリクエストを押し、ポップアップの注意書きをチェックしたらOKを押します。

f:id:rick1208:20200811113409p:plain
リクエストが承認されると「リクエスト終了」の表示とともに、登録したメールアドレスとLINEにメッセージが届きます。

審査の状況はTOP画面の申請済みリストからチェック可能です。はじめは「審査待ち」ですが、しばらく経つと「審査中」に変わり、通常そこからおよそ2日〜1週間程度で結果が出ます。

審査結果はLINEメッセージとメールの両方に届くので、アプリで何度もチェックしなくても大丈夫です。

審査が通り次第、自作スタンプをダウンロードする

f:id:rick1208:20200811113420p:plain
f:id:rick1208:20200811113428p:plain
無事に審査に通ったら、申請済みリストのステータスが販売開始待ちになるので、販売開始するボタンを押してください。ポップアップの注意事項をチェック後、OKをタップで販売手続きは終了です。

この時点で販売が開始されますが、プライベート設定を非公開に設定していれば、LINE STOREおよびLINEアプリ内のスタンプショップに自作スタンプが表示されることはないので安心してください。
f:id:rick1208:20200811113444p:plain
f:id:rick1208:20200811113452p:plain
この後、クリエイター本人にのみ届くLINEメッセージから、無料でスタンプをダウンロード可能です。メッセージが届くまで数時間がかかるパターンがありますが、気長に待ちましょう。

先にも述べましたが、家族や友人が入手しようとしても無料ではありません。また、LINE STOREおよびLINEアプリ内のスタンプショップで検索しても表示されないので、トークでスタンプを送信して購入ページに移動してもらいましょう。もしくは、自作スタンプをプレゼントしてあげるという手もあります。