漫画の地球儀

LINEのビックリマークの消し方!【灰色、スマホ、iPhone、android、意味、タブレット】

スポンサーリンク

LINEの灰色のビックリマークの意味

f:id:rick1208:20200805225935p:plain
LINEでトークを行っていると、灰色のビックリマークが表示されてしまうことがあります。この灰色ビックリマークが出ると、送ったメッセージに既読がつきません。

それだけではなく、後から送ったメッセージに既読がついても、灰色ビックリマークが表示されているメッセージだけは、既読にならないままスルーされたりもします。

ここではこの状況の意味と、灰色ビックリマークが表示されてしまった時の消し方、要するにその対処法について説明していきます。

メッセージが送れない場合に表示される

f:id:rick1208:20200806044103p:plain
LINEのトーク画面に表示される灰色ビックリマークは、メッセージが送れないことを意味しています。送れない=相手のLINEに届いていない、ということです。要するに、相手LINEのトーク画面上に、灰色ビックリマークのついたメッセージは表示されません。

だから、後から送ったメッセージに既読がついても、灰色ビックリマークのあるものには既読がつかない、という事態が発生するわけです。この件に関して、LINEの公式アカウントとのトークを用いて、詳しく見ていきます。

上画像のように、LINEのトーク画面上に斜め上を向いた矢印が表示されたとします。この時、そのメッセージは相手のLINEに送れていないことを意味しています。このままの状態でLINEアプリを終了させ、再びLINEアプリを起動すると、下画像のようになります。
f:id:rick1208:20200806141611p:plain
LINEの画面に、灰色のビックリマークが表示されました。これは、先程触れた矢印の表示されているLINEトークです。相手のLINEに届いていないトークがある場合、そのことを灰色のビックリマークで教えてくれているのです。

メッセージや画像が相手のLINEに届いている場合、下2つのトークのように、灰色のビックリマークが表示されることはありません。

LINEの灰色のビックリマークの消し方

f:id:rick1208:20200805230203p:plain
では、LINEにこのような灰色ビックリマークが表示されてしまった場合の消し方ついて、記載していきます。

このビックリマークが消えると、メッセージは相手のLINEトーク画面に届きます。その基本的な消し人は、極めて単純です。

再送信すれば消える

f:id:rick1208:20200806044228p:plain

先述したとおり、LINEトークにおける灰色ビックリマークの表示は、メッセージが送れないことを意味しています。もしメッセージが送られたら、灰色ビックリマークは表示されなくなり、既読だってつくようになるかもしれません。

要するに、灰色ビックリマークが表示されてしまった場合、そのメッセージをもう1回送ればいいわけです。

無事に再送信ができれば、灰色ビックリマークは消えます。

先程のLINEトーク画面を開くと、送信に失敗したメッセージの横に、円を描く矢印が表示されています。

上画像のように、これはメッセージを送った場合だけではなく、LINEスタンプの送信に失敗した時にも表示されます。

さらにいえば、LINEで写真の送信に失敗した時にも、表示されます。LINEに表示される灰色ビックリマークの消し人は、この回転を描く矢印のタップとなります。

こちらを押すと、LINE画面上に、「再送する」「削除する」「キャンセル」という項目が出現します。

灰色ビックリマークの消し人は、こちらの「再送する」を押すこととなります。再送は文字通り、相手のLINEにそのメッセージやLINEスタンプなどを、再送信することを意味しています。

無事に再送信できれば、回転矢印は消滅し、LINEのトーク一覧画面からも、灰色のビックリマークが表示されなくなります。

送信に失敗したものは削除も可能

f:id:rick1208:20200806044255p:plain
余談ですが、「再送する」「削除する」を選べるこの状況では、メッセージやLINEスタンプ、写真の送信をやめてしまうことが可能です。
f:id:rick1208:20200806142052p:plain
通常、LINEにおけるメッセージやLINEスタンプ等の削除は、自分自身のLINEから削除することを意味しています。

1回送ったメッセージは、自分自身のLINEトーク画面から消したところで、相手のLINEトークには表示され続けます。

しかし、この場合はメッセージやLINEスタンプの送信に失敗していますので、削除してしまえば相手には届かず、取り消すことが可能です。

LINEトークにおける「再送」は、送信に失敗したメッセージやLINEスタンプ等を1つずつ選んで、再送信します。

上のような場合、送りたいメッセージが再送信できれば、「おーい」などのチェックメッセージは不要になります。

不要なメッセージやLINEスタンプを残しておくと、新しいメッセージやLINEスタンプの下に残り続けるので、邪魔です。

LINEをスッキリさせるためにも、送りたいメッセージだけを再送し、不要なものは削除してしまってください。

LINEの灰色のビックリマーク「再送信しても消えない場合」

f:id:rick1208:20200805123759p:plain
灰色のビックリマークがあるメッセージを、再送信しました。しかし、送れない。灰色のビックリマークが消えない。そんな時もあります。これは、再送信の失敗を意味しています。
f:id:rick1208:20200806142129p:plain
灰色のビックリマークは、メッセージが送れないことを意味していますので、再送信に失敗すると状況が改善されていないため、依然として灰色ビックリマークが消えないままとなるのです。

そんな時は、再送信に失敗した理由を解き明かし、解消していきます。

多くの場合は電波障害

f:id:rick1208:20200805074751p:plain
メッセージが送れない、灰色のビックリマークが消えない。その多くの理由は、電波障害にあります。使用している端末に電波が入っていなければ、LINEでトークを行うことは出来ません。
f:id:rick1208:20200806144428p:plain

通信状況をチェックしよう

f:id:rick1208:20200804153954p:plain
まず最初は、使用しているスマートフォンなどの電波状況をチェックします。電波は入っているのか、圏外になっていないか、画面に表示されている電波状況をチェックしてください。もし電波が入っていなかったら、電波の入る場所に移動して、再度LINEを開き再送信を実行してください。

WiFiから切り替えるタイミングなどで起こりやすい

f:id:rick1208:20200803172728p:plain
電波の入る場所にいるのに、電波障害が起きて送れない場合、Wi-Fiに切り替えるタイミングで発生している可能性もあります。Wi-Fi接続が完全に済んだのをチェックしてから、LINEの再送信を実行してください。
f:id:rick1208:20200806153945p:plain
また、Wi-Fiを入れたつもりが、間違えて機内モードを設定している場合もあります。機内モードでは電波が入らずLINEのトークは送れないので、こちらもチェックしてみてください。
f:id:rick1208:20200806153950p:plain
なお、電波を入れ直しからLINEを起動しても、送信に失敗したメッセージやLINEスタンプ等が自動で送信されることはありません。

電波をチェックする→OKならLINEを起動し、灰色のビックリマークが表示されているトーク画面へ→送り直したいメッセージやLINEスタンプ等を選び、再送する。
f:id:rick1208:20200806153959p:plain
必ず、上記の流れを実行してください。その後で、送らなくていい不要なメッセージやLINEスタンプを消してしまうと、LINEのトーク画面がスッキリします。送信に失敗したメッセージ等の消し人は、先述した通り、「回転する矢印→削除する」と押していくだけです。

LINEの再起動してから再送信しよう

f:id:rick1208:20200803124023p:plain
それでも再送信に失敗する場合は、1回LINEアプリを終了させてください。再度LINEアプリを起動し、再送信を実行し直すことで、成功することもあります。

また、LINEスタンプの場合は、スタンプの有効期限が切れている可能性もあります。無料スタンプには有効期限がありますので、こちらが過ぎていないかどうかもチェックしてみてください。
f:id:rick1208:20200806154020p:plain
LINEスタンプの有効期限は、LINEの設定画面からチェック可能です。LINEアプリ起動後、「友だち」画面の左上にある歯車タープを押してください。

あとはLINE設定の項目から、「スタンプ」→「マイスタンプ」と選びていくだけです。現在所持しているLINEスタンプの一覧と、そのLINEスタンプが使える期限をチェック可能です。
f:id:rick1208:20200806154028p:plain

その他のアプリを終了させてから再送信しよう

f:id:rick1208:20200801191635p:plain
LINEのトークでメッセージやLINEスタンプ等が送れない場合、重さが関係していることもあります。複数のアプリを同時展開していると、重くなってうまく送れていないことがあります。LINE以外のアプリを1回終了させてから、再送信を試してみてください。

iPhoneの場合、端末下部にあるホームボタンを二度押すと、現在起動しているアプリが表示されます。アプリを上にスライドさせ、終了させていってください。

スマホを再起動しよう

f:id:rick1208:20200801191614p:plain
スマートフォン(もしくはタブレットなど)の電波を状況をチェックした。LINEを再起動してみた。

LINE以外のアプリも終了させた。それでも、LINEトークの再送信が失敗し、灰色ビックリマークが消えない。

そんな時は、1回利用している端末を再起動してみてください。

問題の原因が、スマートフォンの調子の悪さにある場合、再起動することで問題が解決する場合も多いです。
f:id:rick1208:20200806154059p:plain

トークなど不要なデータを削除

f:id:rick1208:20200801191558p:plain
それでも再送信できない時は、トーク画面上にある不要なデータを削除してみるのも手です。

いらないデータを消していくことで、トーク画面を軽くスッキリさせ、送りやすくすることが出来ます。

LINEトーク履歴の消し人は、LINEアプリ起動後にトーク一覧を開き、消したいトークを左にスライドさせます。

消えるのは履歴です。相手をブロックしたり、削除したことが相手にバレることはありません。

ただし、消してしまったトークは見ることが出来ないので、その点だけ要注意。

LINEの灰色のビックリマーク「画像や動画の場合」

f:id:rick1208:20200801190702p:plain
これまでの事例は、LINEトークにおけるメッセージやLINEスタンプが送れない場合の対処法です。送信に失敗しているのが画像や動画の場合、灰色ビックリマークの消し人はちょっと異なります。

もちろん、画像や動画を再度送りたい場合、送り方自体は同じです。回転する矢印を押し、再送を選択するだけです。しかしながら、画像や動画の場合は、通常のメッセージやLINEスタンプとは異なる原因によって、灰色ビックリマークが表示されているパターンが存在するのです。
f:id:rick1208:20200806154127p:plain
※LINEのトークで画像を送る場合、トーク画面下部にある四角いボタンから行います。

左にあるカメラマークは、写真を撮影して送信する場合です。

スマートフォン内にある画像データをLINEで送る場合は、四角いボタンを押してください。

ファイルサイズが大きすぎないかチェックしよう

f:id:rick1208:20200801184402p:plain
LINEは通常のトークや、LINEグループによるトークなどを用いて、メッセージを送り合ったり画像・動画を共有することの出来るツールとなっています。

しかし、LINEはあくまで気軽にやり取りをしたり、情報を共有したりするのでのツールです。

画像や動画を送るために特化した、専門のツールではありません。

なのでに、LINEには1回に送信可能な画像の容量が決められています。こちらの限界は3MBとなっています。

画像や動画が送信出来ない場合、容量をチェックしてみてください。

LINEの灰色のビックリマーク「最終手段」

f:id:rick1208:20200801111902p:plain
以上の“灰色のビックリマークの消し方”を試しても、表示が消えない場合。最終手段があります。

LINE公式サポートへ連絡してみよう

f:id:rick1208:20200801064752p:plain

“灰色のビックリマークの消し方”の最終手段は、LINE公式サポートへ連絡することです。ブラウザから「LINE 問題報告」と検索すれば、LINEの問題報告フォームが出てきます。
f:id:rick1208:20200806154159p:plain
LINEのトークでメッセージやLINEスタンプが送信できない、灰色のビックリマークが消えないといった症状を記載し、送信してください。
f:id:rick1208:20200806154207p:plain
LINEのお問い合わせから送ることも可能です。項目を「LINE」「トーク」「トークの送受信」と選び、送信してください。返答があるかもしれません。
f:id:rick1208:20200806154213p:plain
灰色のビックリマークが意味するのは、トークが送れない状態であることです。マークの消し人は、トークを再送信すること。

それでもマークが消えない場合は、消えない理由を1つずつチェックし、対処するのです。

今回解説した”消えない理由”をチェックしていけば、大抵の場合は問題が解決します。

それでも消えない時のみ、LINEの問い合わせを利用してください。