漫画の地球儀

『Grab Pay』の使い方、メリット!【スマホ、Android、iOS、iPhone、ポイント、クーポン】

スポンサーリンク

Grab Pay

f:id:rick1208:20200802002431p:plain
Grab Payとはマレーシアから誕生した、配車アプリGrab(グラブ)から展開したスマホ決済サービスのこと。

Grab Payはタクシーを呼ぶGrabと同じアプリで決済も行えるようになった為、タクシー代の支払いはもちろんのこと、Grab Payを導入している店舗での支払いも可能です。

マレーシア発ですが、マレーシアだけではなく、東南アジアの8カ国(マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムインドネシアミャンマーカンボジア)で使用されています。

Grabはタクシー配車サービス

f:id:rick1208:20200802003446p:plain
そもそも、Grab Payの元になっているGrabとは、タクシーや一般自動車、バイクなどの配車サービスです。

配車サービスと言えば、アメリカのUberが有名ですが、使用方法も同様です。Grabはマレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムインドネシアミャンマーカンボジアの8カ国で展開しています。

東南アジア諸国では日本のように電車や地下鉄といった公共交通機関が発展していない国が多く、その為タクシーや配車アプリのGrabがお得に使えるメリットがあります。

東南アジアで圧倒的なシェア

f:id:rick1208:20200801191635p:plain
Grabは全世界で7,200万以上ダウンロードされており、更に210万人以上のドライバーを前述の8カ国の156都市に抱えています。Grabは東南アジアでは圧倒的なシェアを誇っています。


GrabはUberのようなタクシーや一般自動車、バイクの配車サービスになります。空き時間のある人がドライバーとしてGrabに登録しており、Grabアプリからドライバーを依頼するとすぐに現地まで来てくれます。

GrabではUberのように、タクシーを使用後にアプリ上でお互いに「良いドライバーか」「良い客か」を評価しあう仕組みになっている為、信頼性の高いドライバーだけを選べるほか、ドライバーも客が来なくなるので質の高いサービスを心がけます。

Grabの発展と共に、マレーシアやタイなどではタクシー移動が格段に楽になりました。これから東南アジア旅行の予定があるのであれば、ぜひ、Grabの使用方法を覚えておく良いと思います。

Grabの支払いシステムGrab Pay

f:id:rick1208:20200801191753p:plain
Grab PayはGrabが展開しているスマホの決済サービス。Grabと同じアプリで決済を行えます。

Grabでタクシーを呼んだとき支払いはもちろんのこと、Grabアカウントを所持しているユーザーへの送金、そしてシンガポールではGrab Payを導入している店舗でのアプリ支払いも可能になりました。

Suicaのようにチャージして使うタイプなので、クレジットカードを持ち歩くよりもリスクが少ないのもメリット。

長期滞在するのであればオートチャージも出来ますし、配車サービスを優先的に行ってくれる特典もあり、東南アジアへ行くのであれば使うとお得です。

現在は使用可能な店舗やデリバリー

f:id:rick1208:20200801191558p:plain
Grab Payは、現在では実ときの店舗で電子マネーのように使えますし、GrabはUberEatsのように料理をデリバリーしてくれるサービスGrabFoodを開始しています。

GrabFoodは提携しているレストラン一覧からオーダーしたい料理を選ぶだけで、Grabに登録しているドライバーが届けてくれるサービス。Grabは東南アジアではとても便利なアプリです。

rab Payの使用方法

f:id:rick1208:20200801191614p:plain
東南アジアではとても便利なGrab Pay。それでは実ときにGrab Payの使用方法をチェックしてみましょう。

Grabアプリをダウンロード

f:id:rick1208:20200801190702p:plain
まず、スマートフォンにGrabアプリをダウンロードします。

GrabアプリはAndroidiOS両方でダウンロードが可能ですが、日本でダウンロードしてもその後の設定は位置情報を変更するアプリを使わないと操作出来ません。旅行でGrabを使いたいと思っているのであれば、設定は現地の空港で行いましょう。

Android

f:id:rick1208:20200802032906p:plain
Androidの場合はGooglePlayでGrabと記入して検索してダウンロードします。下記のリンクからもダウンロード可能です。

iOS

f:id:rick1208:20200802032941p:plain
iOSの場合はAppStoreでGrabと記入して検索して、表示されたGrabを開いてダウンロードします。下記のリンクからもダウンロード可能です。

認証登録が必要

f:id:rick1208:20200801184402p:plain
Grabアプリをダウンロードしたら、アカウントを作成します。Googleアカウント、フェイスブックアカウント、携帯電話番号でアカウント作成が可能です。

おススメはアカウントの作成もログインも簡単なGoogleフェイスブックのアカウントを使う方法です。ただし、アカウントの作成時はにSMSでの認証が必要です。

GrabアプリでGrab Payが使用可能

f:id:rick1208:20200802135513p:plain
Grabアプリをダウンロードすると、Grabアプリ内にてGrab Payが使用可能になります。クレジットカードを登録する方法と、Grab Payにセブンイレブンか、クレジットカードでチャージ(入金)してSuicaのような電子マネー的に使う方法があります。

Grab Payでも必要なトップアップとは

f:id:rick1208:20200801173250p:plain
お店などでGrab Payを使う前にトップアップ(チャージ)が必要です。Suicaのような電子マネーをイメージすると分かりやすいかと思います。それでは、トップアップ方法について解説します。

チャージ式の支払いシステム

f:id:rick1208:20200801111902p:plain
前述のように、Grab Payはトップアップが必要です。使用するには事前のトップアップ(チャージ)が必要なのですが、毎回チャージするのが面倒なのであれば、一定金額を下回ると自動でチャージをしてくれるオートチャージ機能もあります。

Grab Pay内に残高がない場合、まずトップアップをします。トップアップは店舗やクレジットカード、オンラインバンキングで可能です。

その中でも、クレジットカードであればコツが最大限得られるのでおススメ。日本発行のクレジットカードでも問題なく登録可能です。

二種類の入金方法

f:id:rick1208:20200802135536p:plain

Grab Payでは店舗やクレジットカード、オンラインバンキングの三つの入金方法がありますが、ここではクレジットカードと店舗(セブンイレブン)の二種類で入金する方法を解説したいと思います。

クレジットカードでのトップアップ方法

f:id:rick1208:20200801064752p:plain
Grabアプリを開いたら、トップにある「Top Up」を選び、Top-up with 「Cards and Wallets」を選びてカードを登録し、入金金額を記入するか、選びたら、支払方法を選びます。

最後に「SUBMIT」を押してトップアップ終了です。

現金(セブンイレブン)でのトップアップ方法

f:id:rick1208:20200801063544p:plain
Grabアプリを開いたら、トップにある「Top Up」を選び、更に「In Store」を選びます。そこでチャージしたい金額を記入したら、「Select from the list」から”7eleven”を選びます。

Reference Numberが発行されるので、それを所持してセブンイレブンへ行きます。大体の店舗がレジの横にCliqqという電子端末を置いていますので、その端末を操作し、”Bill Payment“を選びます。

検索欄に”Dragon pay“と記入すると、記入画面が出てくるので、先ほどGrabアプリで発行した”Reference Number“、”Contact(電話番号)“、Amount(金額)“を記入します。

再び連絡先を記入するページになります。先ほど記入したのと同じ電話番号を記入します。最後に「Confirm」を押すとレシートが発行されます。そのレシートをレジに所持していって支払いして入金は終了です。

支払いが終わったら、Grab Payにチャージされてるかをチェックしてください。

クレジットカードなら設定でオートチャージ

f:id:rick1208:20200731004915p:plain
残高がなくなったら自動でチャージしてくれるのが便利なオートチャージ機能。このオートチャージ機能もトップアップ画面で設定することが出来ます。オートチャージにはクレジットカードが必要です。

「この残高を下回ったら」という境界の金額と、下回ったときに入金する金額を記入したら、オートチャージに使用するカードを選択するだけでオートチャージ設定は終了します。

Grab Payのメリット

f:id:rick1208:20200730224423p:plain
Grab Payには現金で決済するよりもお得なメリットがいくつかあります。リワードシステムや、優先的にGrabの配車サービスを使えるなど、特典はさまざまです。その中でもメジャーなものを下記でご解説します。

お得なリワードシステム

f:id:rick1208:20200802135653p:plain
GrabタクシーやGrabFoodなど、Grabの各種サービスを使ったときに、その決済をGrab Payで行った場合、「リワードポイント」というポイントが貯まります。

リワードシステムではタクシーに乗車してGrab Payで支払う都度、どんどんポイントがどんどん貯まっていき、そのポイントで割引出来るシステムです。マレーシアでは乗車した費用の1リンギットにつき、1ポイントが加算されます。

使うほどにランクが上がるシステム

f:id:rick1208:20200730195850p:plain
使うほどにランクが上がるシステムを採用しています。自分自身のランクはGrabアプリの画面でチェックが可能です。

ランクは一番下から順に「メンバー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナム」と昇格していきます。ランクが上がれば上がるほど、使えるサービスが多くなっていきお得です。

上位ランクほど配車優先・ポイントアップ

f:id:rick1208:20200728142341p:plain
Grab Payでは、上位ランクほど配車サービスを優先的に使えますし、ポイントがたまりやすくなります。

基本的には、ポイントを獲得すればするほど、早く割引サービスを使うことができたり、優先予約や専用のサポートを受けられる仕組みになっています。

旅行中でもそのポイントはすぐに貯まりますので、ランクを上げておくと、お得に旅行を楽しめます。

付与されるリワードポイントは商品券などに

f:id:rick1208:20200728142341p:plain
優先的に配車サービスが使えるというメリットがあると解説しましたが、ランクが上がるとさらに溜まりやすくなるリワードコツもお得です。

溜まったコツは対象店舗の商品券や、デリバリーサービスの割引クーポン、Grabの割引クーポンにも交換が出来ます。また、Spotifyの有料会員費にも換えることが出来ます。

クレジットカードでトップアップしていた場合、ポイントが更に増えますので、ポイントの二重取りでさらにお得です。

Grab Payのエラーと対処方法

f:id:rick1208:20200727032720p:plain
たまったポイントで優先的に乗車出来たり、割引クーポンに使えたりとお得なGrab Payですが、日本から設定しようとするとエラーが起こりやすいようです。ここでは主なエラーとその対処法について解説します。

Grabアプリの登録が出来ない

f:id:rick1208:20200726180223p:plain
Grabアプリがそもそもスマホに登録できないパターンです。

Grab Payはサービス対象地域の東南アジアでしか展開されていない為、対象地域外の日本ではGrabアプリを登録できない場合があります。その場合は旅行先の空港など、対象地域内でアプリをダウンロードしてみてください。

Grabアプリをダウンロードしたはいいものの、認証チェックのために送信されるコードがSMSが受信できない為にチェックできないこともあります。

この場合は、海外でのモバイルデータ通信をオンに設定し直すと解決することがあります。格安SIMなどは海外では使用できない設定にされていることが多いようです。

クレジットカードが登録出来ない

f:id:rick1208:20200726172022p:plain

Grabアプリにクレジットカードが登録できないパターンがあります。これに関しても、いくつか理由があります。

2018年11月に、Grabはペイメントサービス会社「Moca」と提携した為、Grab PayはGrabPay By Mocaに変わりました。

それにより、入金は現地のATMカードからのみになり、VISAやJCB等のクレジットカードからGrabPayへの入金が出来なくなったのが原因です。

日本国内ではクレジットカードを登録することが出来ないので、旅行先の空港などで登録しなければなりません。

また、Grabの認証を現地の電話番号で設定していた場合、クレジットカードを日本で発行したものは登録できません。Grabの認証をやり直すか、別のクレジットカードで試してみてください。
まとめ

Grab Payの使用方法について説明しました。東南アジアを旅行するときにはとても便利なGrab Pay。実ときに使うときには空港でアプリをダウンロードして、チャージするのがトラブルが少なそうです。