漫画の地球儀

『Pocket』の記事を2タップで保存する方法!【パソコン、iPhone、iPad、Android、スマホ】

スポンサーリンク

Pocket

f:id:rick1208:20200728174754p:plain
記事を保存して「後で読む」サービスとして人気のあるPocketを知っていますか?ここでは、Pocketとは・Pocketの特徴・使用方法の手順など詳しく解説します。

記事を保存可能なアプリ、拡張機能

f:id:rick1208:20200728190148p:plain
Pocketとは、Webの記事や動画などのコンテンツを保存可能なサービスです。保存した記事は後から好きな時に読むことが可能です。

サービスは、パソコンからブラウザの拡張機能としても、スマホアプリとしても使用可能です。また色々なアプリと連携可能なので、Pocketがあれば情報を1か所で管理することが可能な点でとても便利です。

Pocketの特徴

f:id:rick1208:20200728175615p:plain
記事・コンテンツを簡単に保存でき、情報管理に便利なPocket。その機能・特徴をさらに説明していきます。

Pocketアプリを起動しなくても記事が保存可能

f:id:rick1208:20200728175648p:plain
Pocketは、アプリやソフトを起動しなくても記事の保存が可能な点でとても便利です。Webブラウザツイッターの共有・シェアボタンから保存が可能です。

2タップで記事が保存可能

f:id:rick1208:20200728190501p:plain

また、記事の保存方法もとても簡単です。ブラウザから保存する場合、「1、共有メニューを開く→2、Pocketのアイコンを選択」の2タップで保存が終了です。

オフラインでも記事が読める

f:id:rick1208:20200728165128p:plain
オフラインで使用可能な点もPocketの大きな特徴です。コンテンツを保存・見るアプリ・サービスでは、URLを保存するサービスが主です。実ときに記事を読む場合は、インターネット経由でWebページにアクセスするのでオンラインでしか使用可能でせん。

一方PocketではWebページのテキスト・画像などをデバイス本体に保存するので、オフラインで使用可能なのです。Webページが変更・消去されたり、URLが変更されたりしても影響がない点も嬉しいです。

動画も保存可能

f:id:rick1208:20200728142341p:plain
さらにPocketは、ツイッターYoutubeから動画ものURLも保存することが可能です。ただし動画についてはオフラインでの再生はできないので注意が必要です。

対応アプリが多い

f:id:rick1208:20200728191001p:plain

連携に対応しているアプリも多岐に渡ります。次のようなジャンルの1,500以上のアプリをPocketと連携可能です。

Webブラウザ
SNS
メール
ニュース
メモ・ブックマーク
RSSリーダー

保存した記事をスマホ、パソコンで同期可能

f:id:rick1208:20200728191009p:plain

Pocketはマルチデバイス対応のサービスです。「マルチデバイス」とは、スマホiPadなどタブレット・パソコンなど複数のデバイスで使用可能な、という意味です。

バイス間でアカウント・保存した記事をシェア可能なので、外出先でスマホから保存しておいた記事を、自宅に帰ってからパソコンで読むなど便利に使用可能です。

シェア機能がある

f:id:rick1208:20200728191028p:plain
Pocketにはシェア機能も充実しています。Pocketアプリ上でユーザーをフォローして、その人のシェアした保存記事を読むことが可能です。

連絡先をPocketと連携させると、友人がPocketを使用していればお互いの登録した記事をシェアするよう設定も可能です。また、SNSアプリと連携すればPocketを使用していない友人にも記事を共有可能です。

導入

f:id:rick1208:20200728131447p:plain
ここからはPocketの基本的な使用方法の詳しい手順を説明していきます。まず最初は各デバイスにPocketを導入しましょう。

パソコンから使用する場合、またiPhoneiPadアプリ、Androidアプリをダウンロードする場合をそれぞれ解説します。

パソコン

f:id:rick1208:20200727032720p:plain
パソコンでPocketを使用する場合は、Webブラウザ拡張機能として使用することがでます。「拡張機能」とはブラウザをより便利にする追加機能のことです。

ここではChromeにPocketの拡張機能を追加する手順を解説します。

まず最初は上のURLより、Pocketの導入ページにアクセスします。
f:id:rick1208:20200728191714p:plain
表示されたページ内の「今すぐ接続」を選びます。
f:id:rick1208:20200728192025p:plain
Chromeウェブストアが表示されました。右上の「Chromeに追加」を選びます。アドレスバーの横にPocketのアイコンが表示されれば、ダウンロード終了です。

ちなみに「Pocket」とはiPhoneiPadまたAndroidアプリ版の名前です。ブラウザの拡張機能としての名前は「Save to Pocket」が正式です。

iPhoneiPad

f:id:rick1208:20200728192049p:plain
iPhoneiPadの場合はApp Storeからダウンロードしましょう。下のURLよりPocketアプリのページにアクセスして、「ダウンロード」を選びます。

Android

f:id:rick1208:20200728192103p:plain

Androidの場合は下のURLからGoolge Playストアにアクセスしましょう。iPhoneの場合と同様に、アプリのページから「ダウンロード」を選びます。

ログイン

f:id:rick1208:20200726180223p:plain
つづいてPocketをスマホアプリで使用する方法を説明していきます。初めて使用するときには、アカウント作成・ログイン・コンテンツの保存設定を行いましょう。

アプリへのログイン方法

f:id:rick1208:20200726172022p:plain
アプリを初めて使用するときは、アカウント作成から行います。アカウントはGoogleアカウント、もしくは好きなメールアドレスで設定が可能です。
f:id:rick1208:20200728192145p:plain
まず最初は、ダウンロードしたPocketアプリを立ち上げましょう。Googleアカウントで登録する場合は「Googleで登録」を選びます。
f:id:rick1208:20200728192205p:plain
Googleアカウントの選択画面が表示されるので、Googleアカウントのパスワードを記入して登録します。
f:id:rick1208:20200728192213p:plain
好きなメールアドレスで登録したい場合は、「メールアドレスで登録」を選びます。
f:id:rick1208:20200728192242p:plain
名前・メールアドレス・パスワードを記入して「登録」を選びます。以上でアカウント登録が終了しました。
f:id:rick1208:20200728192344p:plain
アカウントをすでに所持している場合・2度目以降ログインする場合は、「ログイン」を選びます。

コンテンツの保存設定

またPocketアプリを使用する場合は、記事の保存設定をしておきましょう。この設定をしておくことで、ブラウザや他アプリの拡張機能としてPocketを使用可能です。

要するにアプリを毎回立ち上げなくても、ブラウザや他のアプリからPocketに記事を保存可能なのです。設定方法は次のとおりです。
f:id:rick1208:20200728192404p:plain
初回ログイン後には、スタート画面が表示されます。右下の「次へ」を選びます。
f:id:rick1208:20200728192538p:plain
保存設定をするかチェック画面が表示されます。「有効にする」を選びます。
f:id:rick1208:20200728192544p:plain
ブラウザが立ち上がり、共有メニューが表示されます。右端の「・・・(More)」の項目を選びます。
f:id:rick1208:20200728192552p:plain
Activitiesのメニューが表示されます。Pocketの欄のチェックボックスをONにします。
f:id:rick1208:20200728192559p:plain
「保存可能なようになりました!」と表示されれば、設定終了です。また追加で次の設定を行うと、共有メニューの先頭にPocketのアイコンが表示されより便利です。
f:id:rick1208:20200728192720p:plain
Activitiesのメニュー画面で、Pocketのアイコンを一番上に所持していきます。
f:id:rick1208:20200728192727p:plain
一番上に移動しました。この状態でブラウザの共有メニューを開いてみましょう。
f:id:rick1208:20200728192734p:plain
共有メニューの先頭にPocketのアイコンが表示されています。これで、2タップで記事を保存する用意が終了です。

2タップで保存

f:id:rick1208:20200726165943p:plain
Pocketは保存する方法にも数通りあり、アプリに直接URLを記入・ブラウザや他アプリに拡張機能を追加・メール経由などがあります。

ここでは、一番楽に2タップで保存する方法を解説します。どのデバイスからでも可能ですが、iPhoneiPadアプリを例に説明していきます。

記事の保存方法

f:id:rick1208:20200726101434p:plain
PocketをダウンロードしたiPhoneiPadを用意しましょう。Webブラウザの記事を2タップで保存する手順を見ていきます。

f:id:rick1208:20200728193627p:plain
Webブラウザを開き、保存したい記事のページを表示します。画面下の「共有ボタン」を選びます。
f:id:rick1208:20200728194539p:plain
メニュー内のPocketのアイコンを選びます。
f:id:rick1208:20200728194550p:plain
「Saved!」のポップアップが表示され、保存が終了しました。Pocketを使用すると、あっという間に記事を保存可能ですね。

保存した記事を読む方法

f:id:rick1208:20200726010658p:plain
つづいて先ほど保存した記事をアプリから読んでみましょう。ここでもiPhoneアプリの画面を例に解説します。

iPhoneのホーム画面からPocketのアイコンを選びます。
f:id:rick1208:20200728194738p:plain
アプリが立ち上がり、保存した記事やコンテンツが表示されました。デフォルトでは、トップ画面に保存したすべての記事が表示されます。こちらもとても簡単ですね。
f:id:rick1208:20200728194759p:plain
またPocketは多機能なため、お気に入り登録やタグ付け、テキスト記事と映像コンテンツでビューを分ける、保存やシェア機能の設定などさまざまな設定が可能です。ぜひ便利な機能も使いこなしてみましょう。

後で読みたい記事やお気に入りのコンテンツを保存・見ること・シェアが可能な便利なPocket。使用方法もシンプルで簡単です。ぜひ使用してみてください。