漫画の地球儀

Google Payの『QUICPay』の使い方!【設定方法、メリット、デメリット、Android、スマホ、Windows】

スポンサーリンク

Google PayはQUICPayに対応している?

f:id:rick1208:20200726182943p:plain
ちょっと前にGoogle PayにSuica交通系電子マネー)が仲間入りしました。最近は殆ど公共交通機関を使用しないうえに行動範囲内で交通系電子マネーを使用可能なところが無いのであまりピンときませんでした。

でも今度はQUICPayに対応しているようなのでこれはちょっと興味が湧いてきたので気になる所を調べてみたいと思います。

Google Payってどんなアプリ?使い人は?メリットとデメリット等々皆さんも一緒にGoogle Payについて詳しくなっちゃいましょう。

Google Payとは

f:id:rick1208:20200726182442p:plain
Google Payとは?(旧 Android Pay)どんなものなのと思いますか?便利になる?お得感は?Google Payを使うことで何か良いことがあるのと思いますか?

使い人は?使えない時の対処法とは?メリットとデメリットとは?いろいろと気になるので調べてみようと思います。

Google社が提供している決済アプリ

f:id:rick1208:20200726180223p:plain
Google Payは、Google社が提供している決済アプリで、「Suica」「楽天Edy」「nanaco」「WAON」「QUICPa」等の5種類の電子マネーやクレジットカードをGoogle Payという一つのアプリにまとめて、決済を簡単にすることが可能です。

Android版のApple Payといえば理解しやすいかもしれません。今までAndroidにはこういう機能は無かったので嬉しいですね。しかもこのアプリは無料なので試してみないわけにはいきません。

Google Payは簡単&スピーディーな支払いの利便性、安全・安心の決済が可能になるセキュリティを両立させた決済。Googleのサービスであり、店舗やアプリケーション・Webサイトでのお買い物に使用可能なんです。

しかもdコツとTコツも追加設定すればコツを使ったり、貯めたり出来ます。

Google Payのダウンロード方法

f:id:rick1208:20200726172022p:plain

Google Payをダウンロードした画面です。開くを選びて押します。
f:id:rick1208:20200726193903p:plain
あとは順番に指示に従っていけば大丈夫です。

QUICPayとは

f:id:rick1208:20200726152449p:plain
ではQUICpayとはとはどんなものなのと思いますか?QUICpayの使用方法についても調べてみることにします。

クイックペイには「QUICPayクイックペイ)」と「QUICPay+(クイックペイプラス)」があります。QUICPay+はQUICPayの機能をより便利に使いやすくした支払い方法です。

QUICPayQUICPay+それぞれの支払い方法と限度額、ご使用可能店舗

     QUICPay使用分の支払い方法  1回あたりのご使用可能金額    ご使用可能店舗  
QUICPay クレジットカード 2万円まで QUICPay加盟店

QUICPay₊加盟店|

QUICPay+ ※1 クレジットカード QUICPay+対応店では、

2万円以上の使用も可能 ※2 ※3 |QUICPay加盟店
QUICPay₊加盟店|

デビットカード

プリペイドカード |2万円以上の使用も可能 ※2 |QUICPay
加盟店のみ|
1 QUICPay+は、Apple Payに搭載されています。Apple Payは対象のiPhoneApple Watchにクレジットカード等を登録することで、使用可能です。
2 ご使用上限金額はお支払に指定されたカードおよびご使用の店舗等により異なります。
3 QUICPay加盟店でのご使用は2万円までとなります。

お店の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけ支払いが終了するシステム

f:id:rick1208:20200726170012p:plain
QUICPayとは、チャージ不要で後払い方式の電子マネーのことです。使い人はお店の端末にカードやスマートフォンなどをかざすだけでお支払いが終了する「簡単・おトク」な支払い方法です。しかもマイルもたまるのでお得感もさらにアップです。

一般的に電子マネーはチャージをして、チャージしてある金額の分だけお買い物や、交通系電子マネーなら公共機関に使用可能なものですが、チャージが不要というのは有難いです。

楽しくお買い物をして「いざお支払い」というときに残高が足りなかったりするとテンションが下がってしまいますがQUICPayなら残高の心配をしなくてもお買い物が出来ると言うことです。これは本当に有難いです。

でもQUICPayQUICPay+やはり良く分からないですね。もう1回ちゃんと比較をしてみましたのでご覧ください。

QUICPayQUICPay+の違い

f:id:rick1208:20200726165943p:plain
QuicPayにはQuicPayQuicPay+が有ります。もともとQuicPayがあって、さらに便利にとQUICPay+が登場したようですがQuicPayQuicPay+の何が異なるの?

QuicPayQUICPay+を比較してみました。

QUICPay QUICPay
使用可能店舗 QUICPay加盟店

QUICPay₊加盟店 |QUICPay
加盟店のみ|

種類 クレジットカード

モバイル、キーホルダー等 |モバイル|

紐づけ

可能なカード |クレジットカード |クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード|

使用限度額(一回当たり) 2万円迄 2万円以上の使用も可

通常の「QUICPay」はクレジットカード専用のサービスでに対して、デビットカードプリペイドカードでも使えるのは「QUICPay+」というサービス。

QUICPayからQUICPay+にバージョンアップして変わった事

デビットカードプリペイドカードでも使えるようになった
使用限度額が上がったこと

Google PayのQUICPayの使用方法

f:id:rick1208:20200726100635p:plain
QuicPayを使いたくなってきました。Google PayでQuicPayの設定方法とその使用方法とは?

Google PayでのQUICPay設定方法

f:id:rick1208:20200726101434p:plain
Google PayでQuicPayを設定するのでにはまず一番にGoogle Payアプリがダウンロード出来ていなければなりません。

Google Payアプリを起動します。もしまだGoogle Payアプリのダウンロードがまだという人はまずダウンロードしましょう。

それではGoogle Payにクレジットカードを登録してみましょう。
f:id:rick1208:20200726194609p:plain
Google Payアプリのダウンロードが出来ていたら利用してみるを押します。
f:id:rick1208:20200726194618p:plain
私はGoogle Payにクレジットカードを追加してみたかったので赤枠のクレジット、デビット、プリペイドに押しました。
f:id:rick1208:20200726194626p:plain
クレジット、デビット、プリペイドにチェックが入りました。同意するを押します。
f:id:rick1208:20200726194655p:plain
元々Google に登録していたカード情報が表示されました。ここではGoogle Payに他のカードを登録してみたいので続行を押します。

この操作は画面キャプチャ出来ませんと表示が出てスクリーンショットが出来なかったのですが、この後モニター画面に切り替わってカードをスキャンしてカードの有効期限や住所などを登録しました。
f:id:rick1208:20200726194704p:plain
Google Payではわたしのジャパンネット銀行のVISAデビットカードは残念ながらオンラインでの支払いは可能ですが、非接触型決済用には対応していなかったようです。

Google Payにはデビットカードも使えると書いてあったので驚きました。非接触型決済用には使えないとはどういう事なんと思いますか?

VISAデビットカードが使えない。ちなみに私が一番よく使用するau WALETTのVISAカード(こちらのカードはデビットカードでは有りません)も試してみましたが残念ながらこちらも非接触型決済用には使えないカードでした。?VISAカードが使えない?


Google Payで何故VISAデビットカードが非接触型決済用には対応していないと表示されたのかを調べてみたところ、使えるデビットカードJCBデビットカードだけでした。

しかもJCBが発行しているデビットカードのみが対象なのでJCB以外のカード会社発行のJCBデビットカード、例えばイオン銀行JCBデビットカード等は対象外になるそうです。

デビットカードを使うつもりでここまでいろいろと調べてきたのに使えないとはとてもショックです。何か対処法はないのでしょうか?

VISAデビットカードを使うための対処法

f:id:rick1208:20200726010658p:plain
VISAデビットカードGoogle Payで使うための対処法をみつけました。Google PayはKyashにも対応しているのでKyashを経由することでVisaデビットカードでもGoogle Payが使用可能なようになるということです。

KYASHを経由することでKYASHの決済金額の+2、0%分お得に買い物が可能なので、最初にVisaデビットカードをひも付けてしまえば事前チャージする手間も必要ないので何の労力もなく高還元のカードが完成するというとてもお得な対処法をみつけました。

ただしこの対処法はリアルカードがないと出来ません。

Google PayでのQUICPayを実ときに使う方法

f:id:rick1208:20200724030017p:plain
あいにく私の所持しているカードはGoogle PayのQuicPayには対応していなかたので使えないと分かりましたが対応カードを下記にまとめました。

JCBクレジットカード
JCBデビットカード
ANA JCBプリペイドカード(QUICPay+のみ)
ジャックスカード
Kyash Visaカード


以上がGoogle PayでQUICPayに使用可能なクレジットカードです。

f:id:rick1208:20200726194915p:plain
カードを追加を押してGoogle PayのQUICPayに対応するカードを追加します。

会計時に「クイックペイで支払います」と伝えてかざす

f:id:rick1208:20200723133608p:plain
Google PayのQUICPayを使うにはQUICPayマークがついているお店で会計時に「クイックペイで支払います」とお店の方に伝えて、お店の端末にスマホをかざすだけでお会計が終了です。

お財布を出したり、小銭を数えたり。お釣りをもらったりすることが無いので本当にスピーディーにお会計を済ませる事が出来そうです。

Google PayのQUICPayを使うメリット

f:id:rick1208:20200723133339p:plain
お支払いの時にお店の方に「QuicPayでお支払いします」と伝えるだけなのでとても早くて良いのはとても魅力ですが、他にも何かメリットは有るんと思いますか?そしてデメリットとは?

モバイルQUICPayアプリなしでも使用可能

f:id:rick1208:20200726195040p:plain
モバイルQUICPayアプリをダウンロードしていなくてもアプリなしでも使用可能なのだそうです。通常ポータルサイトへURLを直接記入するか?QRコードからアクセスしてGoogle Payにアクセスし「QUICPay」と検索してダウンロードします。

ダウンロード終了後にアプリを起動するとQUICPayポータルサイトへアクセス可能なそうですがGoogle Payアプリだけで出来るというのは大きなメリットだと思います。

Google Payアプリで新規登録から履歴までみれる

f:id:rick1208:20200722221143p:plain
Google Payアプリだけで新規カードの登録、QUICPayの支払い、履歴表示が可能で便利です。ただしそんなに詳しい内訳は見られないようなので大事なお買い物をした時などはレシートや領収書、明細を残しておいた方がよさそうです。

強固なセキュリティ

f:id:rick1208:20200722185536p:plain
Googleのサービスはすべて強固なセキュリティで保護されており、Google Payも同様です。最先端の堅牢なセキュリティ技術がちゃんとと自分自身のアカウントとデータを守護してくれるので、安心してお買い物に使用することが可能です。

バーチャルアカウント番号

f:id:rick1208:20200722132845p:plain
Google PayのQUICPayの購入手続きは、実ときのカード番号の代わりに「バーチャルアカウント番号」が使用されます。

店員さんにクレジットカードを渡す必要がなく、バーチャルアカウント番号で決済が終了するので、カード情報は店舗に残らないのでクレカをスキミングされたり、カード情報を写真撮影されて不正使用されるリスクがなくなります。

QUICPayの無効化やカード消去がいつでも簡単に可能

f:id:rick1208:20200722132830p:plain
Google PayはQUICPayの使用を停止することや、登録したカードを消去することが柔軟に可能です。

カード消去の方法
消去したいカードを押して右上の(・・・ボタン)ー(お支払い方法の消去)メニューという手順でカードの消去が可能です。

QUICPayの無効にする方法
無効にしたいカードをタップ→右上の(・・・ボタン)ー(非接触型決済を無効にする)という手順で無効にすることが可能です。

但しメインカードを消去したり無効にした場合、他のカードが自動的にメインカードになるわけではないので、改めて設定する必要があるので注意が必要です。

Google PayのQUICPayを使うデメリット

f:id:rick1208:20200722102009p:plain
これまで便利なGoogle PayのQUICPayを見てきましたが続いてはデメリットを見ていきましょう。メリットがたくさんあったのにデメリット?と思いますがGoogle PayのQUICPayとはどんなことが有るのと思いますか?

紛失・盗難の補償なし

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
Google Payを設定したスマホ等のモバイルしたときの端末を紛失・盗難補償がないのがデメリットです。Google PayのQUICPayは端末をかざすだけで支払うことが可能なので、反対に不正使用のリスクがアップします。

おサイフケータイをロックすると決済が不可能になりますが、その都度ロックをオン・オフするのは面倒なのがデメリットです。

Kyashの場合はアプリでカードをロック可能なようですが、端末を紛失した場合はロックの設定が不可能なのも大きなデメリットの一つです。

コツ二重取りが不便

f:id:rick1208:20200721072156p:plain

Tコツ、Pontaコツ、楽天コツカード、dコツ等の共通コツ加盟店で支払う場合、共通コツを貯める作業がケータイ一つだとちょっと手間がかかるのがデメリットです。

Google Pay非対応のコツカードの場合、それ以外のアプリでモバイルコツカードを提示してからGoogle Payで決済をしなければならないのでわりと手間がかかります。

それよりも共通コツ一体型のクレジットカード1枚、あるいはクレカとコツカード2枚を出して決済した方がスムーズに思えます。特にサインレス決済可能な店舗だとなおさら不便に感じます。

ただし、サインか暗証番号の記入が必要になる店舗では、Google PayのQUICPayだとサインレスとなるメリットもあります。

おサイフケータイではないAndroidでは使用不可能

f:id:rick1208:20200721071207p:plain
Google PayはFeliCa搭載のAndroidでのみ使用可能です。ガラケーでは使えません。格安スマホが普及している現在では、おサイフケータイ非搭載のAndroidも増加していますが、そのようなAndroidでは使用できないのがデメリットです。

iPhoneでも使用可能でせんが、7以降の端末ならApple Payを使えるのでこれに関しては大きなデメリットではないかもしれません。

その他、Windowsスマホブラックベリーでも使用できません。日本ではこれらのシェアは低いようですが、これらを利用している人はGoogle PayのQUICPayは使えません。

Google PayはFeliCa搭載の5、0以上のAndroid(おサイフケータイ)のバージョンに対応しています。次はAndroid(おサイフケータイ)のバージョンのチェック方法をご案内いします。

Google PayでQUICPayが使えない場合の対処法

f:id:rick1208:20200720192436p:plain
Google PayでQUICPayが使えないという不具合がある様なのでそんな時の対処法をまとめてみたいと思います。Android(おサイフケータイ)のバージョンはOKのに使えない時の対処法も調べてみましょう。

QUICPayが使えない人は、「クレジット、デビット、プリペイド」が表示されません。

チェック事項

f:id:rick1208:20200720190319p:plain
Google Payを使用するには上でもお話ししましたが、おサイフケータイ対応のスマートフォンであることが大前提です。


対処法を見ていきましょう。おサイフケータイ対応のAndroidでもGoogle PayでQUICPayが使えないというときにチェックしたいのがGoogle PayでQUICPayを使用するアプリのバージョンです。

アプリのバージョンのアップデート

f:id:rick1208:20200720152327p:plain
使えない時の対処法として、Google Payにアクセスし、「おサイフケータイ」「Google Pay」のそれぞれのアプリを最新版にアップデートする必要が有ります。

下記リンクからおサイフケータイのバージョンのアップデートが可能です。まず最初はおサイフケータイアプリを最新版にアップデートしましょう。

おサイフケータイ

f:id:rick1208:20200720092014p:plain
おサイフケータイのアプリのバージョンチェックの方法をご覧ください。おサイフケータイのバージョン: 6、1、5 以上。

設定を開くためにホーム画面を上から下に向かってスワイプします。

右上の設定マークを押して設定を開きます。
f:id:rick1208:20200726200626p:plain
設定を開きスクロールダウンしてアプリを押します。
f:id:rick1208:20200726200634p:plain
設定ーアプリーおサイフケータイを押します。
f:id:rick1208:20200726200642p:plain
おサイフケータイのバージョンをチェックしました。バージョン6、1、5以上に対してバージョン6、2、8なので問題なさそうです。

Google Play

f:id:rick1208:20200720085652p:plain
Google Payのバージョンをチェックしてみましょう。チェックの方法はおサイフケータイのバージョンをチェックした時と同じ方法です。Google Payのバージョンは2、75 以上なのでこちらもアプリのバージョンが条件に合っているかチェックしてみましょう。


上でと同じ操作です。

設定を開くためにホーム画面を上から下に向かってスワイプします。

右上の設定マークを押して設定を開きます。
f:id:rick1208:20200726200755p:plain
おサイフケータイのバージョンをチェックした時と同じです。設定をアプリ迄スクロールダウンします。
f:id:rick1208:20200726200803p:plain
設定ーアプリを押します。
f:id:rick1208:20200726200810p:plain
今度はGoogle Payを押して開きましょう。今度はG迄スクロールダウンするので大変ですが頑張りましょう。
f:id:rick1208:20200726200818p:plain
Google Payのバージョンがチェック出来ました。Google Payのバージョンは2、75 以上が対応なのに対して2、85なのでこちらも問題ありませんでした。

さらにここまで調べてバージョンは大丈夫なのにGoogle PayでQUICPayが使えない場合の対処法を探ってみましょう。

Google開発者サービスの再ダウンロード

f:id:rick1208:20200718093803p:plain
Google開発者サービスに問題がある場合が有ります。Google開発者サービスの再ダウンロードする方法がある様です。

下記リンクからアクセスしてGoogle開発者サービスが最新かどうかのチェック可能です。
Google Play開発者サービス - Google Play のアプリ

Google開発者サービスが最新でもGoogle PayでQUICPayが使えない場合の対処法として次の方法も有ります。

Google開発者サービスが最新でもGoogle PayでQUICPayが使えないという場合、Google Play開発者サービスを再ダウンロードするという方法も対処法としては有りますが、繊細な作業なのでご自身の責任で実施するかどうかを判断して頂いた方が良いようです。

通常のQUICPayとの比較

f:id:rick1208:20200718045752p:plain

Google PayのQUICPayと通常のQUICPayとの比較してみましょう。

QUICPayは、対応しているデバイスが多いのが特徴で物理型カードタイプでは、クレジットカード一体型で使い勝手が良好なタイプ、専用カードがあり、nanacoカードにも搭載されています。

ANA QUICPaynanacoQUICPayコイン、スピードパスプラスなどのキーホルダー型のクイックペイも有ります。

支払い設定が可能なクレジットカードの種類も豊富で、オリコカード、MUFGカード、セゾンカード、セブンカード、セディナカード、UCSカード、ラグジュアリーカードなど幅広いカードで使用可能です。

QUICPay(nanaco)なら、セブンイレブンでコツ二重取りが可能であり、JCBオリジナルシリーズ、ANA JCBカードならお得になるのがメリットです。

対してGoogle PayのQUICPayは初期設定が簡便なのが大きなメリットです。また、Google Pay独自のキャンペーンを使用可能なのが大きなメリットです。

Apple Payとの比較

f:id:rick1208:20200717164727p:plain
Google Payの前身のAndoroid Payは当初楽天Edynanacoしか使えませんでした。交通系電子マネーSuica、さらにクレジットカードを登録すれば、QUICPay、iDが使える&NFC Payにも対応しているApple Payに大きく差を付けられていました。

しかし、現在では使えるプリペイドカードの数多く、QUICPayにも対応することを発表してApple Payを追従しています。

Apple PayのQUICPayは、使用可能なカード会社がGoogle Payよりも幅広い点がメリットです。また、iDを使えるクレジットカード会社もあります。

半面、支払いにはFace IDによる顔認証もしくはTouch IDの指紋認証が必要なのがデメリットです。Google PayのQUICPayはかざすだけでOKで、指紋認証やコード記入が不要なので簡単です。