漫画の地球儀

QUICPayの使い方!【スマホ、iPhone、android、メリット、デメリット、QUICPayコイン、コンビニ】

スポンサーリンク

QUICPay

f:id:rick1208:20200726152449p:plain
QUICPayとは、JCBが提供する電子決済サービスで、かざすだけで簡単に決済が可能な便利な電子マネーです。電子マネーにもいろいろな種類がありますが、QUICPayとはどのような電子マネーなのと思いますか?。

QUICPayの特徴

f:id:rick1208:20200726152734p:plain
QUICPayとはどのような特徴があるのと思いますか?使用方法や種類、QUICPayQUICPay+の違いとは?などQUICPayの特徴を詳しくご解説します。

スマホ端末をかざすだけで簡単支払い

f:id:rick1208:20200726100635p:plain
QUICPayの特徴 QUICPayで支払いますといってかざすだけのかんたん決済です。

QUICPayとは、スマホを立ち上げてレジでスキャンしてもらうタイプの決済ではなく、クレジットカードを出して、お店の人に「ピッ」としてもらうような決済でもありません。

QUICPayの特徴は、無料で使用することができて、使用方法もかざすだけで決済が終了する最もスピーディーに決済が可能な便利な電子マネーです。

お店の人に「QUICPayで支払います」と伝えて端末にカードやスマホをかざすだけでお支払い終了です。もちろんサインもいりません。

QUICPayの支払いに指定しているカードによって異なりますが、QUICPayの支払いでコツや、マイルが貯まります。そして、クレジットカード・デビットカードプリペイドカードにも対応しているのも特徴です。

支払いは後払い方式でチャージ不要

f:id:rick1208:20200724030017p:plain
QUICPayの1番の特徴とは、便利な後払いで使用可能なチャージ不要な電子マネーということです。

後払いとは、QUICPayはあらかじめ特定のクレジットカードと紐付けして使います。使った分はクレジットカードの支払いと一緒に引き落としされます。

面倒なチャージの手間もいらず、残高をチェックしなくてもチャージ不足になる心配もいらないという特徴が魅力の、使用方法も簡単・便利な電子マネーです。

QUICPayQUICPay+の違い

f:id:rick1208:20200726153144p:plain
クイックペイにはQUICPayクイックペイ)とQUICPay+(クイックペイプラス)があります。QUICPay+はQUICPayの機能を、より便利に使いやすくした支払い方法です。

QUICPayQUICPay+は1回あたりの使用可能金額が違います。

  QUICPayの支払い方法  1回あたりの使用可能金額  
QUICPay      クレジットカード       2万円まで
QUICPay+      クレジットカード     QUICPay+対応店では、

    2万円以上も可能|

     デビッとカード

    プリペイドカード    |2万円以上の使用も可能|

QUICPayQUICPay+の使い人は同じですが、違いは1回あたりの使用可能金額です。QUICPayの1回あたりの使用可能の金額が2万円なのに対して、QUICPay+は2万円以上も可能です。

そしてもう1つ。QUICPay+ではクレジットカードに加え、デビットカードプリペイドカードにも対応可能なようになりました。

QUICPayの種類

f:id:rick1208:20200724003706p:plain
QUICPayにはたくさんの種類があるのをご存知ですか?ライフスタイルや、お好みの使用方法に応じてたくさんの種類の中から選ぶことが可能なのもQUICPayの特徴です。

カードタイプ

f:id:rick1208:20200726153436p:plain
はじめにご解説するのは、QUICPayカードです。

QUICPayの機能だけを持ったQUICPayの専用カードです。発行手数料も無料です。使い人は、かざすだけ。タッチでラクラクです。


クレジットカードとQUICPayの機能のどっちも使用することが可能なクレジットカード一体型のカードです。年会費無料ですが、クレジットカード会社によります。クレジットカードと一体型なら使用方法の幅も広がります。

f:id:rick1208:20200726153501p:plain
カード型の中には、QUICPaynanaco)もあります。nanacoカードにQUICPayの機能を付加した、複合型の電子マネーです。nanacoの使用方法がもっと豊富になります。

モバイルタイプ

f:id:rick1208:20200726153515p:plain
続いては、モバイルタイプQUICPayです。こちらは、スマホ・携帯電話で使用するQUICPayです。おサイフケータイに対応するタイプと、Apple Payに対応するタイプもあります。
f:id:rick1208:20200726153527p:plain
おこづかいQUICPayという種類もあります。10歳から使用することが出来て、月間使用の上限が3万円です。例えば、塾通いをしている子供たちにお財布やカードを持たせなくても良いので便利ですね。

その他タイプ(キーホルダーなど)

f:id:rick1208:20200726153539p:plain
画面上が、スピードパスプラスです。セルフスタンド「エクスプレス」発行のキーホルダー型QUICPayです。そして画面下がANA QUICPay+nanacoです。ANA「スキップサービス」、QUICPaynanacoを搭載したキーホルダー型多機能ツールです。
f:id:rick1208:20200726153548p:plain
コンパクトなコイン型のQUICPayです。QUICPayコインは500円玉ほどの大きさなので、持ち運びに大変便利です。使い人は使用する専用ホルダーによって異なるようです。

リストバンド式やキーホルダー式のホルダーもあるのでそれぞれのライフスタイルに合った使用方法が可能です。

リストバンド式は、腕時計のように腕にはめて使用可能なので、スムーズな使用方法ができて、キーホルダー式の使い人は、ガソリンスタンドなどでも財布やスマホを出さずに簡単に使用出来るので、とても便利だということです。

QUICPayのメリット、デメリット

f:id:rick1208:20200723163944p:plain
QUICKPayのメリットとデメリットをQUICPayのユーザーの皆さんのレビューから集めてみました。普段QUICPayを使用しているユーザーの皆さんは、どんなメリットやデメリットを感じているのと思いますか?

メリット

f:id:rick1208:20200723163923p:plain
QUICKPayのユーザーの皆さんの感じるメリットとデメリット、まず最初はQUICPayのメリットからご解説します。

コンビニならほぼどこでも使えるのが大きな魅力です。
支払いが簡単で使用しやすい。
後払いなのでお給料前などお財布の中が寂しいときにも買い物が可能な。

チャージの手間がかからない
少額な買い物にも使用しやすい
コツが貯まる


QUICKPayの特徴がちゃんとメリットとして反映していているようです。チャージいらずで、かざすだけで支払いが出来るのは、使用方法も簡単で使用しやすいですね。

デメリット

f:id:rick1208:20200723134157p:plain
QUICKPayのユーザーの皆さんの感じるメリットとデメリット。デメリットはどうと思いますか?

使い始めは、クレジットカードを用意したり、別のカードを申し込む必要がある。
カフェやレストランなど、まだまだ使えないお店が多いです。
公共交通機関で使用できない。

決済の度に「支払いはQUICPayで」と言わなければいけない。
思ったよりも会計に時間がかかる。


などの声があげられています。メリットで挙げられていた「支払いが簡単で使用しやすい」声がデメリットにも挙げられています。コンビニなどは殆どのコンビニで使用することが可能ですが、まだまだ使えないお店もあるようです。

QUICPayが使えるコンビニ一覧
 アンスリー   くらしハウス    スリーエイト     生活彩家  
セイコーマート   セブンイレブン デイリーヤマザキ   ファミリーマート
  ポプラ   ミニストップ    ローソン ローソンストア100

このようにセブンイレブンやローソン等コンビニの大半でQUICPayを使うことが可能です。コーヒーやジュース一本買う時にも小銭を数える手間もなくかざしてお支払いが終了するのはとても便利です。

QUICPay専用カード

f:id:rick1208:20200723133339p:plain
QUICPayの使用方法。QUICPay専用カードはクレジットカードとは別に発行されるのがQUICPayの専用カードです。QUICPayを使うには、QUICPay機能だけの専用カードを発行する必要があります。

使用手順

f:id:rick1208:20200722221143p:plain
QUICPay専用カードは、QUICPayなのでチャージが不要で、後払いなので残高を気にすることなく使えます。使い人は他のカードと同様に店頭の端末にかざすだけで支払いが終了します。

おサイフケータイ

f:id:rick1208:20200722185603p:plain
QUICPayの使用方法。おサイフケータイを使用してQUICPayを使用することが可能です。

おサイフケータイとは、SONYが開発した非接触ICカードFeliCa(フェリカ)チップを搭載したサービスもしくは、搭載した携帯端末の総称のことで、NTTドコモが提供する電子決済サービスです。

使用手順

f:id:rick1208:20200726154547p:plain
おサイフケータイ対応のスマホで、QUICPayモバイルの設定を行うことによって、AndroidスマホQUICPayを使用することが可能です。MyJCBからも申込むことが可能です。

QUICPayおサイフケータイで使用する手順をご解説します。

希望のカード会社(QUICPayモバイルに対応したクレジットカード)にQUICPayモバイルを申し込みます。
カード会社から登録に必要なID・パスワードを取得します。


カード会社から登録に必要なID・パスワードを取得出来たら、スマホおサイフケータイのアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200726154603p:plain
おサイフケータイの、電子マネー一覧からQUICPayを押します。
f:id:rick1208:20200726155137p:plain
サイトへ接続を押します。
f:id:rick1208:20200726155145p:plain
カード会社を選びてQUICPayモバイルを登録します。ここまでの作業は多少面倒な気もしますが、1回ここまでやっておけばあとは楽です。

おサイフケータイの使用方法も、他のQUICPayと同様にレジで「QUICPayで支払います」と伝えてスマホをかざすだけでお支払いが終了します。この使い人は本当に魅力ですね。

QUICPayコイン

f:id:rick1208:20200722173030p:plain
QUICPayコインは500円玉ほどの大きさのため、持ち運びに大変便利です。使い人は使用する専用ホルダーによって変わるようです。

QUICPayコインには手軽に持ち運びが可能なというメリットがあります。専用のリストバンドやコインパターンに入れたり、ポケットにそのまま入れて持ち歩くことも可能です。逆に小さいので、紛失しやすいといったデメリットもあります。

QUICPayコインの便利な使用方法を考えてみました。例えば、リストバンド式の専用パターンにQUICPayコインを入れて、腕にはめておけば、スポーツの時等、お財布をロッカールームに入れたままでも自動販売機で飲み物を買うことが可能です。

バイクでツーリングの時も手袋を外さずにお支払いが可能なので良いですね。便利な使用方法がたくさんあります。

Apple Pay

f:id:rick1208:20200726155202p:plain
QUICPayの便利な使い人は、iphoneを使用している人はApple Payをご存知だと思いますが、そのApple PayでQUICPayを使用ことが可能なということです。

Apple Payとは、米アップル社が開発し、2014年9月に発表した電子決済サービスです。iPhone 7以降のiPhoneApple Watch Series 2以降のApple WatchApple Payを使うことが可能です。

このApple PayでQUICPayを使用する時の使い人は、お店の端末にスマホをかざすだけで支払いが終了するので、従来のクレジットカードやプリペイドカードよりもすばやく支払いが終了します。

レジでお財布からカードを取り出す手間さえないので、コンビニなどでの少額の購入にも最適です。

使用手順

f:id:rick1208:20200726155209p:plain
iPhone7以降のwalletアプリにクレジットカードやプリペイドカードを登録することで、Apple PayでQUICPayを使用することが可能です。
f:id:rick1208:20200726155218p:plain
使用方法も簡単です。お会計の時に「QUICPayで支払います」とお店の人に伝えて、お店の端末にスマホをかざすだけでお支払いが終了します。

Apple Payでのお支払い時の気を付ける点
気を付ける点の1つ目は、お店で、Apple Payではなくて「QUICPayで支払います」と伝えて使用して下さい。

気を付ける点の2つ目は、お店の端末が「クイックペイ」となって緑色に点灯するとお支払い終了です。iPhoneで「終了」となってもお店の端末が緑色に点灯しないとお支払いは終了していないので、使用方法にご注意ください。

Google Pay

f:id:rick1208:20200726155227p:plain
QUICPayの便利な使い人は、Google PayでQUICPayを使用することも可能なということです。

Google Payとは、Google社が提供している決済アプリです。QUICPaySuica楽天EdynanacoWAONなど5種類の電子マネーやクレジットカードを、Google Payという一つのアプリにまとめて、決済をすることが可能なのが特徴です。

Google PayでQUICKPayで使用するなら、モバイルQUICPayアプリをダウンロードしていなくても、アプリなしで使用可能になります。

QUICPayは、カードやスマホからコイン、キーホルダーまで、さまざまタイプを選ぶことが可能なという特徴がありましたが、これ以上増やしたくないという人は、Google PayやApple PayでQUICPayを使用するという使用方法が良いかもしれないですね。
f:id:rick1208:20200726155237p:plain
Google Payの使用可能な端末はおサイフケータイ(R)アプリ(6、15以上)対応していてAndroid5、0以上のデバイスで使用することが可能です。

使用手順

f:id:rick1208:20200726155242p:plain

Google Payは、Google Playからをダウンロード、ダウンロードすることが可能です。

Google PlayからGooglePayをダウンロードすることができたら、対応しているクレジットカードを追加、登録すればGooglePayでQUICPayを使用することが可能です。
f:id:rick1208:20200726155252p:plainf:id:rick1208:20200726155300p:plain
カードを追加を押してクレジットカードを追加します。

Google PayでQUICPayに使用可能なクレジットカード一覧

JCBクレジットカード
JCBデビットカード

ジャックスカード
Kyash Visaカード
ANA JCBプリペイドカード(QUICPay+のみ)

f:id:rick1208:20200726155319p:plain
既にGoogleアカウントに登録されているカードが表示されますが、+新しいカードを追加を押すと別のクレジットカードを追加することが可能です。

使い人は他のQUICPay同様に、QUICPayマークがついているお店で、「QUICPayで支払います」とお店の人に伝えて、端末にスマホをかざすだけでお会計が終了します。

まとめ

f:id:rick1208:20200722132845p:plain
QUICPayの使用方法と、スマホを便利に使用する方法をご解説しました。QUICKPayの使い人は、お店で「QUICKPayで支払います。」と伝えて専用端末にスマホをかざすだけで支払いが可能なのでとても簡単ですね。

たくさんの種類からの中からQUICKPayを選ぶことが出来るので、メリットやデメリットを考えて、使用しやすい使用方法の可能なQUICKPay選べるところもQUICKPayの特徴です。確かにデメリットもいくつかありました。

メリット・デメリットを感じるのも、人それぞれの環境や個性です。個人的にはチャージのいらない後払いの電子マネー&専用端末にかざすだけで使用可能なだけでも、かなりのメリットだと感じました。最後までお読みいただき有難うございました。