漫画の地球儀

Googleマップをライトモード『2D』に設定する方法!【稲妻マークで解除する方法、pc、スマホ】

スポンサーリンク

Googleマップのライトモード(2D)

f:id:rick1208:20200722145301p:plain
Googleマップには、ライトモード(2D)と呼ばれる機能があります。まず最初は、このライトモード(2D)機能についてどのような機能なのかを説明します。Googleマップのライトモード(2D)とは、簡単に言うと、動作を軽くするのでのモードです。利用しているパソコンなどで、Googleマップの動作が異様に遅く感じられる場合には、改善されることが期待可能です。

Googleマップのライトモード(2D)

f:id:rick1208:20200722145325p:plain
Googleマップのライトモードは、2Dというモードの名称に変わりましたが、基本的には動作を速くさせる機能になりますので、以前と同様な効果が得られます。Googleマップの内容は時間が経過するごとにパワーアップしていきます。古いスペックのパソコンやスマホを使用している場合はアップグレードされたGoogleマップに追いつけないことがあります。

ライトモードは2Dモードに使用が変更された訳ですが、特に新しい使用方法を覚える必要もありません。機能の名称が変わったということを知識として頭に入れておく程度で結構です。また、Googleマップでのモード切り替えに使用していた稲妻マークは、基本状態では表示されなくなりましたので、新しくなったGoogleマップで探さないようにしてください。

3Dモードとは?ライトモードとの違い

f:id:rick1208:20200722145431p:plain
ここまでGoogleマップでは、従来の機能として切り替えができたライトモードが2Dモードという呼び方に変更されたということを説明してきました。名前が変わっても基本的な役割は大きく変わりませんので、安心して使用してください。ここからは、Googleマップの3Dモードと、ライトモードの違いについて説明していきます。

Googleマップでの3Dモードとライトモードの違いは、表示と設定・検索など機能がいくつか異なる部分があります。1つずつ説明していきますので、Googleマップで初めてライトモードを使用するという人は、ここで2つの違いについて知っておきましょう。

表示での違い

f:id:rick1208:20200722173030p:plain
まず最初は3Dモードとライトモードの表示の違いについて解説します。ライトモード(2D)で地図を表示すると、立体的な表示がなくなります。全体的に平たい表示になるため、パフォーマンスも軽くなるという仕組みになっています。ストリートビューや航空写真を見ない時には、2Dにしていても十分使用可能ですのでストレスなく操作が可能になります。

設定・検索での違い

f:id:rick1208:20200722185536p:plain
次に解説する違いは、Googleマップでの設定や、検索です。Googleマップでは、自宅や職場をはじめ、よく行く場所を登録することが可能ですが、それらの設定を行うことができなくなります。設定をするには一旦通常の3D表示に戻してから設定することが必要になります。また、検索では、自分自身の付近の施設などの検索ができなくなります。

その他機能

f:id:rick1208:20200722185603p:plain
3Dモードとライトモードは他にも異なる部分があります。Google Earthを使用する場合には3D状態でないと使用可能でせん。Google Earthを使用するときにはCPUに負担をかけてしまうことが多いため、動作も遅く感じることがあります。マイマップの使用も制限されてしまいます。これらを使用しない場合は2Dでサクサクした動作を実現させてください。

ストリートビューは可能?

f:id:rick1208:20200722221143p:plain
また、Googleマップでよく使用されるストリートビューは2D状態でも使用可能なのか疑問に思う方も多くいます。2D状態のGoogleマップでもストリートビューを楽しむことが可能です。ただし、3D表示など細かい機能を出しることが可能でせんので、フル機能で出したいときは、モードを通常の3Dに戻してから再出してください。

Googleマップをパソコン・スマホでライトモードに設定する方法

f:id:rick1208:20200723133339p:plain
Googleマップでの通常表示と、2D表示の違いについて説明してきました。ここからはGoogleマップをパソコンやスマホを利用してライトモード(2D)に切り替える方法を説明していきます。ちょっと変わったやり方になりますが、1回マスターしてしまえばいつでも自由に表示モードを切り替えて、通信を節約することが可能になります。

ライトモードに切り替える方法

f:id:rick1208:20200723133608p:plain
ライトモードに切り替えるには、複数通りの方法があります。利用しているパソコンやスマホでやりやすい方のやり方でモード切替を行ってみてください。ライトモード(2D)に切り替える方法としてはヘルプから切り替える方法と、URLから切り替える方法があります。ここではその両方のやり方について解説しますのでチェックしておきましょう。

ヘルプから切り替える

f:id:rick1208:20200724030017p:plain
まず最初はGoogleマップの表示モードをヘルプから切り替える方法について解説します。まず最初はパソコンやスマホを使用してGoogleマップのアプリを起動させてください。Googleマップアプリにある「≡」のアイコンを押してください。表示されたメニューの中に「ヘルプ」がありますので押します。「ライトモード」と検索で切り替えが可能です。

URLから切り替える

f:id:rick1208:20200722132830p:plain
次にGoogleマップの表示モードをURLから切り替える方法について説明していきます。URLから切り替えるというのは、URLを編集するということになります。この方法は簡単ですので、覚えてしまいましょう。GoogleマップのURLの末尾に「force=canvas」と記入するだけで2Dの表示に切り替えることが可能です。必要に応じて使い分けましょう。

「force=lite」を記入することで2Dを表示できていましたが、これを記入しても変化しない場合が多く、上記で解説した「force=canvas」を試してください。わからない人は下記のURLにアクセスしてください。

ライトモードを解除する方法

f:id:rick1208:20200722132845p:plain

ライトモード(2D)の表示に切り替えることが可能でしたら、次は3Dの通常モードにするのでに解除する方法を説明します。周辺検索などを使用したい場合は、ご自身で解除して使用することになります。ライトモード(2D)を解除するには、稲妻マークを押します。稲妻マークをまず最初は探してください。

稲妻のマークが見つかりましたらそれを押してください。「通常のマップに切り替えられます」もしくは「3D表示に戻す」という部分をクリックすることで、2Dの表示が解除されます。適宜変更してお使いください。また、2Dを基本的に使用したい場合は、2D表示を解除する前に、ブックマークをしておくと次に起動しやすくなります。

Googleマップがライトモードに切り替わらない場合

f:id:rick1208:20200722102009p:plain
ここまで、Googleマップの表示モードを切り替える方法と、使用目的に応じてパソコンやスマホで切り替える方法について説明してきました。ここからは、Googleマップがライトモードに切り替わらない場合の対処法について説明していきます。パソコンやスマホで表示を切り替えられない場合には、以下で記載するチェック事項をチェックした上で再度試してください。

URLが間違えていないかチェックする

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
まず最初はGoogleマップを表示しようとしているURLに間違いがないかチェックしてください。2D表示にURLから変更するには「force=canvas」を記入する必要がありますが、スペリングには十分気をつけて記入してください。また、同じGoogleが提供しているChromeのブラウザを使用することも、相性が良いため、効果的です。

また、パソコンやスマホで利用しているインターネットブラウザのアプリによっては、適切にモードが切り替わらない場合もありますので、どうしても切り替えができないという人は、「≡」のアイコンから「ヘルプ」の箇所で「ライトモード」と検索して切り替える方法で行ってください。

稲妻マークをチェックする

f:id:rick1208:20200721072053p:plain
3Dの通常モードから2Dに適切に切り替えることができたときには、必ずGoogleマップ上に稲妻のマークが表示されています。稲妻のマークが表示されない状態では2Dモードに切り替えがヘマをしているということになります。再度切り替えを試してください。Googleマップの表示切り替えのときにはこのように稲妻マークを目安にしてください。

ライトモードが解除できない場合

f:id:rick1208:20200721071207p:plain
また、ライトモード(2D)に切り替えることができたものの、通常のモードに戻すことができなくなってしまった場合には、インターネットブラウザをもう1回ダウンロードし直してみてください。キャッシュなど一時的なデータや不具合がリセットされて、設定もデフォルト状態に戻っていますので、この状態からGoogleマップにアクセスしてみてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200720190319p:plain
ここまで、Googleマップでの通常表示である3Dモードから、2Dの表示に変更する方法について説明してきました。表示モードを切り替えることによって、動作がスムーズになり、表示しやすくなる以外にもデータ通信の節約にもなります。ぜひ覚えて、好きな時に切り替えが可能なようにしてください。