漫画の地球儀

『Googleマップ』のタイムラインを削除、停止する方法!【行動履歴、スマホ、pc、iPhone、android】

スポンサーリンク

Googleマップで行動履歴がわかるタイムライン

f:id:rick1208:20200722145301p:plain
Googleマップには行動履歴が分かるタイムラインというものがあります。Googleマップのタイムラインとは、一日の行動履歴を交通手段や時間や写真などの情報と共にマップ上に自動的にマークアップし、記録として残してくれる機能です。

タイムラインはGoogleマップの機能の内の一つですので、使用する場合はGoogleマップを開きます。Googleマップを開くと画面左上に三本線のマークが出ますので押します。すると左側にメニューが表示されます。その中の一つの機能にタイムラインというものがあります。
f:id:rick1208:20200724000907p:plain
タイムラインの機能を使いこなすことでGoogleマップの可能性が一段と広がります。例えば、過去に大阪までドライブした時にどのような経路で移動したのか気になった時、Googleマップのタイムラインを見返す事で移動経路がわかります。

例えば、名古屋まで電車で出張に行った時どれくらいの金額の交通費がかかったか分からないといった時でも、Googleマップのタイムラインで過去のロケーション履歴を見返す事でどのような移動経路を使ったのか分かるので、それらの情報から交通費を算出することも可能です。
f:id:rick1208:20200724001557p:plain
では、早速そのような便利な機能のついたGoogleマップのタイムラインの使用方法を見ていきましょう。

Googleマップのタイムラインで行動(タイムライン)履歴を表示する

f:id:rick1208:20200722145325p:plain
Googleマップのタイムライン機能をオンにしながら行動すると、下の画像のように自分自身の一日の行動がGoogleマップ上で経路がマークアップされ記録されます。移動手段や時間なども記録されるので、後から過去の記録を遡りたい時に便利です。

上にはGoogleマップ上に移動経路が表示され、下には交通手段や時間、ロケーション名などが表示されます。
f:id:rick1208:20200724001729p:plain

Googleマップ のタイムラインで行動(ロケーション)履歴を消去する方法(iPhone)

f:id:rick1208:20200722132845p:plain
Googleマップのタイムラインの行動(ロケーション)履歴は、位置情報を取得されづらい場所などでは誤ったロケーションが記録される場合などがあります。そのような場合はGoogleマップのタイムラインで過去の行動履歴を消去する事も可能です。

iphoneGoogleのタイムラインの過去の行動履歴を消去するには、四つの方法があります。四つの方法を習得して状況によって使い分けていきましょう。

1日のタイムライン(行動履歴)を全部消去する

f:id:rick1208:20200722132830p:plain
Googleマップを開き、左上のボタンを押しタイムラインを押します。すると一日のロケーション履歴が表示されます。右上のボタンを押すと下にメニューが表示されます。その中から「一日のタイムラインを全部消去する」というボタンがあるので押します。
f:id:rick1208:20200724001758p:plain
「一日分をすべて削除」という注意書きが表示されます。右下の消去をクリックすると一日分のロケーション履歴をすべて消去されます。
f:id:rick1208:20200724001817p:plain
一日分のタイムラインが消えていれば、消去成功です。

期間を指定してタイムライン(行動履歴)を消去する

f:id:rick1208:20200722102009p:plain
Googleマップ のタイムラインで、期間を指定して過去のロケーション履歴を消去したい場合は、タイムラインの設定画面から消去を行います。

まず、Googleマップのタイムラインの画面を開きます。右上の「・・・」ボタンを開くと下にメニューが表示されます。メニューの一番上の設定を選びます。すると下の方に「指定期間のロケーション履歴の消去」というのがありますので押します。
f:id:rick1208:20200724001839p:plain
過去の期間を指定する画面に移動します。自分自身が消去したいロケーション履歴の日付の始まりから、終りまで設定し、右上の消去を押します。
f:id:rick1208:20200724001902p:plain
「指定期間のロケーション履歴を完全に消去しますか?」という注意書きが出てきます。理解した上で消去しますという文の隣にチェックボックスがあるので、チェックを入れ右下の消去ボタンを押します。

f:id:rick1208:20200724001911p:plain
過去の期間を指定してロケーション履歴を消去可能でした。

全部のタイムライン(行動履歴)を一括消去する

f:id:rick1208:20200723133339p:plain
Googleマップ のタイムラインで、期間を指定して過去のロケーション履歴を消去したい場合は、タイムラインの設定画面から消去を行います。

まず、Googleマップのタイムラインの画面を開きます。右上の「・・・」ボタンを開くと下にメニューが表示されます。メニューの一番上の設定を選びます。すると下の方に「ロケーション履歴をすべて消去」というのが出てくるので押します。
f:id:rick1208:20200724001942p:plain
すると、「すべてのロケーションを完全に消去しますか?」という注意書きが出てくるので、「理解したうえで消去します。」というチェックボックスにチェックを入れ消去を押します。
f:id:rick1208:20200724002000p:plain
タイムラインのロケーション履歴を全部消去できていれば成功です。

場所や経路の履歴を一部消去する

f:id:rick1208:20200723133608p:plain
Googleマップの場所や経路の履歴を一部消去する場合は、Googleマップを開きタイムラインを開きます。消去したい場所や経路の日付を、右上の「・・・」ボタン横からカレンダーを開き選びます。
f:id:rick1208:20200724002042p:plain
すると、その日行動した移動経路が画面上に表示され、画面したにはロケーションや移動手段、時間などが表示されます。消去したい経路もしくは場所を選びます。

次のような画面に切り替わります。画面右上にゴミ箱マークが出てきますので押します。
f:id:rick1208:20200724002055p:plain
「当日のタイムラインからこの場所を消去しますか?」という表示が出てくるので右下の消去を押します。
f:id:rick1208:20200724002103p:plain
場所や経路の履歴の一部分を消去する方法は以上です。

Googleマップのタイムラインで行動(ロケーション)履歴の記録を停止する方法

f:id:rick1208:20200723134157p:plain
Googleマップがバックグラウンド起動しているためバッテリーの消耗が激しい。」あるいは、「Googleに行動履歴の情報を見られたくない。」という場合にはGoogleマップのタイムラインで行動履歴機能の記録を停止することが可能です。

それでは早速、ロケーション履歴の停止、記録方法を説明していきたいと思います。

ロケーション履歴をオフ(停止)する方法

f:id:rick1208:20200722185536p:plain
Googleマップのタイムラインのロケーション履歴を停止するには、Googleマップを開きタイムラインを選びます。右上の「・・・」ボタンを押します。すると「設定」というボタンが出てくるので押します。画面中央に「ロケーション履歴をオン」というのが出てくるので押します。
f:id:rick1208:20200724002145p:plain
すると、画面上にロケーション履歴と表示された画面に移動し変わります。オンという文字の右側に青色のボタンが出てくるので押します。
f:id:rick1208:20200724002154p:plain
すると「ロケーション履歴の保存を停止しますか?」という注意書きが出てきます。右下の「位置情報の保存を停止」を押します。すると画面が切り替わり下のような画面が出てきます。このような画面が出てくればロケーション履歴の停止に成功です。
f:id:rick1208:20200724002202p:plain

ロケーション履歴をオン(記録)する方法

f:id:rick1208:20200722185603p:plain
Googleマップのタイムラインのロケーション履歴を停止するには、Googleマップを開きタイムラインを選びます。右上の「・・・」ボタンを押します。すると「設定」というボタンが出てくるので押します。画面中央に「ロケーション履歴をオフ」というのが出てくるので押します。
f:id:rick1208:20200724002218p:plain
すると、画面上にロケーション履歴と表示された画面に移動し変わります。オフと書かれた灰色のボタンを押します。
f:id:rick1208:20200724002228p:plain
すると下の画像のように、オフと書かれていた部分がオンに切り替わります。ボタンが青色になった事をチェックできれば、ロケーション履歴をオンの状態する事に終了です。
f:id:rick1208:20200724002234p:plain

Googleマップ のタイムラインで行動(ロケーション)履歴を編集する方法

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
Googleマップのタイムラインで行動(ロケーション)履歴を編集することも可能です。ロケーション履歴を編集する方法を身につけることで、誤った過去の移動経路などを書き換えることが可能なようになるので覚えておきましょう。

場所を編集する

f:id:rick1208:20200721072156p:plain
場所を編集するには、Googleマップを開きタイムラインを選びます。すると一日のロケーション履歴が出てきます。右上の「・・・」ボタンの左にあるボタンを押しカレンダーを開きます。編集したい日付けを押します。すると、選びた日付けのロケーション履歴が表示されます。
f:id:rick1208:20200724002314p:plain
上にロケーション履歴の経路が表示され、下に場所や移動手段が表示されるので、編集したい場所を押します。

すると、画面中央右側に場所を編集するというボタンが出てくるので押します。
f:id:rick1208:20200724002325p:plain
画面中央に検索窓が出てくるので押します。
f:id:rick1208:20200724002333p:plain
場所や住所を記入します。すると、下に検索したワードに近い場所や住所の候補が出てくるので、自分自身が追加したい場所に相応しいものを選びます。
f:id:rick1208:20200724002347p:plain
画面左上の「<」ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200724002417p:plain
ここでは、「東京スカイツリー」という場所を「東京タワー」に編集しました。自分自身が記入した場所がちゃんとと表示されていれば、場所の編集は終了です。

場所を追加する

f:id:rick1208:20200721072053p:plain
場所を追加したい場合は、場所を編集するには、Googleマップを開きタイムラインを選びます。すると一日のロケーション履歴が出てきます。右上の「・・・」ボタンの左にあるボタンを押しカレンダーを開きます。編集したい日付けを押します。すると、選びた日付けのロケーション履歴が表示されます。

画面右上の「・・・」ボタンをもう1回押します。その中に「場所を追加」というボタンがあるので選びます。

f:id:rick1208:20200724002520p:plain
画面中央に検索窓があるので押します。
f:id:rick1208:20200724002701p:plain
追加したい場所に相応しい場所名、又は、住所を選びます。右上の保存を押します。
f:id:rick1208:20200724002708p:plain

Googleマップ のタイムラインの行動(ロケーション)履歴は本人のみ見ること可能

f:id:rick1208:20200721071207p:plain
Googleマップのタイムラインのロケーション履歴は、Googleマップにログイン可能なものにしか見ることできないようになっています。従って、ロケーション履歴などを他人に見られる可能性は低いと言えるでしょう。

しかし、ログインIDやパスワードを他人に盗まれログインされるような事があった場合は見ることされるかもしれません。GoogleのログインIDやパスワードは複雑なものにし、厳重に管理しましょう。

Googleマップのタイムライン(行動履歴)のQ&A

f:id:rick1208:20200720192436p:plain
Googleマップのタイムラインのロケーション履歴の基本的な使用方法などを説明してきました。Googleマップのタイムラインのロケーション履歴の停止の方法、移動経路や場所の消去編集などのタイムラインの基本的な機能の使う事がができれば十分にGoogleマップの力を発揮可能なかと思います。

Googleマップのタイムラインの機能を一通り使う事が可能なようになると疑問点などが生まれてくると思います。そのようなGoogleマップのタイムラインでのユーザーが疑問を持ちやすい場所などを説明していきます。

タイムラインの行動履歴は他の人も見ること可能?

f:id:rick1208:20200720190319p:plain
Googleマップのタイムラインの行動履歴は自分自身のGoogleID専用なので、基本的に他の人に見られることはありません。しかし、GoogleにはGoogleマップの行動履歴の情報を握られています。Googleは、Googleマップの行動履歴の情報を元にユーザーに最適な情報を提供しているのです。

Googleに過去の移動経路などのロケーション履歴を知られるのが嫌な場合は、思い切ってGoogleマップタイムライン機能をオフにしましょう。

タイムラインの行動履歴の精度は?

f:id:rick1208:20200720152327p:plain
Gooleマップのタイムラインの行動履歴を使用していて、誤った場所や経路が記録される事があります。GPS機能が正常に動作しにくい地下鉄や地下道、建物が複雑に建設されているなどで使用した場合は精度が下がります。そのような場所でなければ精度が高くほぼ問題なくロケーション履歴が正しく記録されます。

GPS機能が動くのを苦手とする場所では、先ほど解説したロケーション履歴の場所の編集や消去の方法を利用して正しい記録に直していきましょう。

Googleマップのタイムライン(行動履歴)の便利な使用方法

f:id:rick1208:20200720152312p:plain
Googleマップのタイムラインの基本的な使用方法を説明してきました。Googleマップのロケーション履歴をオンにしておく事で、それ以外にも便利な使用方法をする事が可能です。そのような便利な使用方法も見ていきたいと思います。

Googleマップを使いこなす事で、多くの損失まで防ぐ事が可能です。そのような便利な使用方法を解説します。

スマホを落とした時に行動履歴が便利

f:id:rick1208:20200720134720p:plain

Googleマップのロケーション(行動)履歴をオンにしてタイムラインを記録可能なようにしておいたスマホを落とした場合は、他の端末でGoogleマップにログインしてタイムライン開けば落としたスマホがどこにあるのかチェックする事が可能です。

もし落としたスマホが拾われた場合でも、拾った人がGoogleマップのロケーション履歴がオンになっている事に気づかなければ、犯人がどのような行動をし今どこの場所にいるのかも他の端末から把握する事が可能です。

スマホを落とした時にもGoogleマップの本領が発揮可能なので、常にGoogleマップのロケーション履歴をオンにしておく事をお勧めします。