漫画の地球儀

Chromeの翻訳機能の使い方!【ページ翻訳、表示設定、パソコン、Android、iPhone、スマホ】

スポンサーリンク

Chromeのページ翻訳機能をオンにする方法

f:id:rick1208:20200728101940p:plain
Googleが開発しているwebブラウザChromeでサイトを検索していると、英文などの海外サイトのページが表示されたときに、自動で翻訳してくれる機能があります。

ここでは、このChromeの翻訳機能をパソコン、iPhoneAndroid)で、オン、オフに設定変更するやり方や、言語の設定変更のやり方をご解説します。

まず最初は、Chromeの翻訳設定をオンにするやり方からご解説します。

パソコン

f:id:rick1208:20200728101727p:plain
パソコンからChromeの翻訳機能の設定をオンにするには、まず最初はじめにパソコンでChromeを開きます。

次に他の言語で作られているwebページにアクセスします。下の画像のように、翻訳が必要なwebページを開くと、右上にツールバーに「このページを翻訳しますか?」と表示されます。

「翻訳」をクリックすると、その場でwebページが翻訳されます。

翻訳がされない場合は、Chromewebページを更新してみてください。更新しても翻訳が反映されない場合は、そのページ内を右押して、「日本語に翻訳」をクリックすると、翻訳することが可能です。

Chromeで検索する場合、海外のwebページを出しると、翻訳するかしないかのツールバーが表示されるかと思います。もし、表示されない場合は、上での右クリックから「日本語に翻訳」をクリックする方法が、早く翻訳可能なかと思います。

Chromeで海外のwebページを開いても、「このページを翻訳しますか?」ツールバーが表示されないときは、右上にある「・・・」あるいは矢印のようなアイコンを押します。クリックするとメニューバーが表示されるので、「設定」を押します。

設定をクリックすると、Chromeの設定画面に移動するので、画面の1番下にある「詳細設定」を押します。詳細設定を押して、下にスクロールすると「言語」の項目が出てきます。

下の画像が言語の項目の画像です。
f:id:rick1208:20200731015844p:plain
Chromeの翻訳のツールバーが自動で表示されない場合は、上の画像の赤枠の中をチェックしてください。

上の画像にある、右側の青色のアイコンで翻訳のツールバーの表示のオン、オフを設定可能です。青色になっていると、翻訳のツールバーが自動で表示される「オン」の設定になっています。

AndroidiPhone

f:id:rick1208:20200731004915p:plain

iPhoneAndroid)でChromeの翻訳機能をオンにする設定のやり方をご解説します。iPhoneの画像でご解説しますが、Androidを使用している方と大きな違いがないと思いますので、参考にしてみてください。

まず最初はじめに、iPhoneAndroid)でGoogleChrome)を開きます。下の画像が開きましたら、左上の歯車のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200731015906p:plain
歯車のアイコンを押すと、下の画像のようにGoogleChrome)の設定画面が表示されます。下へスクロールすると、「Google翻訳」の項目が出てきますので、「Google翻訳」を押します。
f:id:rick1208:20200731020139p:plain
Google翻訳を押すと、下の画像のような画面が表示されます。

Google翻訳を有効にする」項目が、GoogleChrome)の翻訳のオン、オフを設定する項目です。右側のアイコンが青色になっていると、翻訳がオンになっている状態です。
f:id:rick1208:20200731020147p:plain

Chromeのページ翻訳機能をオフにする方法

f:id:rick1208:20200730224423p:plain

Chromeの翻訳機能は便利ですが、完ぺきに翻訳されている訳ではありません。ちょっと違和感のある日本語の文章になることはよくあります。

Chromeの翻訳機能を使わない方のために、Chromeの翻訳機能をオフに設定する方法をご解説します。

パソコン

f:id:rick1208:20200730195850p:plain
パソコンでChromeの翻訳機能をオフにするをご解説します。

Chromeの翻訳機能を設定変更のやり人は、先ほどの翻訳機能をオンにする設定のやり方と変わりません。

Chromeの画面の右上にある「・・・」あるいは矢印のようなアイコンを押して、「詳細設定」を開きます。次に「言語」の項目が表示されるまでに下にスクロールすると、「翻訳ツールを表示する」の項目を見ます。

右側のアイコンが青色になっていると、自動翻訳ツールバーが表示される状態なので、翻訳機能がオンになっています。Chromeの翻訳のツールバーを自動で出したくない場合は、青色のアイコンをクリックすると、オフにすることが可能です。

AndroidiPhone

f:id:rick1208:20200728165128p:plain
上でのiPhoneAndroid)で翻訳機能設定をオンにするやり方と同じです。

GoogleChrome)を開き、歯車のアイコンを押すと、Chromeの設定画面が表示されます。下へスクロールし、「Google翻訳」を押します。

Google翻訳を有効にする」項目の右側のアイコンが青色になっていると、翻訳がオンになっている状態なので、オフにしたい場合は、右側の青色になっているアイコンを押すと、Chromeの翻訳機能はオフになります。

Chromeでサポートされていない言語を使う方法

f:id:rick1208:20200728142341p:plain
Chromeの翻訳機能を日本語、英語以外の言語も翻訳してほしいときは、拡張機能を使用すると、より多くの言語を翻訳することが可能です。

Chromeの翻訳機能を拡張可能な機能をご解説します。

拡張機能Google Input Tools”を使う

f:id:rick1208:20200731020244p:plain
上の画像は、「Google Input Tools」のサイトの画像です。

この機能は、オンライン、オフライン、外出先でも使用でき、ユーザーの記入の修正履歴を記憶し、管理することが可能なので、新しい単語も記憶することが可能です。

GoogleChrome)を使用して、自分自身が送りたいメッセージを使いたい言語で送信することも可能な便利な機能です。

下記URLからダウンロードする方法

f:id:rick1208:20200731020251p:plain
https://www.google.com/inputtools/chrome/


こちらのURLから拡張機能をダウンロードすることが可能です。ダウンロード方法のわかりやすく解説した動画も添付してあります。

興味がございましたら、ぜひ1度「Google Input Tools」を検索してみてはいかがでしょうか?

Chromeの言語の表示設定を変更する方法

f:id:rick1208:20200728131447p:plain
Chromeの翻訳機能には、言語設定を変更する機能もあります。Chromeの言語設定のやり方をパソコン、iPhoneAndroid)それぞれご解説します。

パソコンの場合

f:id:rick1208:20200727032720p:plain
パソコンからChromeの言語設定を変更するやり方が2種類ありますので、ご解説します。
f:id:rick1208:20200731020354p:plain
Chromeを開き、「chrome:、、settings、languages」を記入して検索します。検索すると上の画像が表示されるので、項目の中の「言語」のメニューを開きます。

開くと赤枠の「言語を追加」があるので押します。すると、言語の一覧が表示されるので、自分自身が追加したい言語を選びて、言語の追加が終了します。
f:id:rick1208:20200731020404p:plain
Chromeを開き、右上の「・・・」あるいは矢印のようなアイコンを押して、設定を押します。上での翻訳設定のオン、オフに変更するのと同様に、詳細設定から言語を開きます。

あとは、上でと同様に「言語を追加」で使いたい言語を選びて、言語の追加が終了です。

AndroidiPhoneの場合

f:id:rick1208:20200726180223p:plain
iPhoneChromeの言語を設定する場合、iPhone内にある「設定」を起動させます。下の画像が表示されましたら、「一般」を押します。
f:id:rick1208:20200731020426p:plain
「一般」をタップ後、下の画像の赤枠内の「言語と地域」を押します。
f:id:rick1208:20200731020430p:plain
次に、下の画像の赤枠内の「iPhone(あるいはiPad)の使用言語」をタップを押します。
f:id:rick1208:20200731020437p:plain
下の画像のように、自分自身が設定したい言語を押し、最後に「終了」を押すと、言語の設定の変更が終了し、Chromeの言語に反映されます。
f:id:rick1208:20200731020444p:plain
Androidスマホを使用している人は、「検索の設定」 のページを開きます。次に、「言語の設定」を選びて変更します。変更後「保存」を押すと、言語の設定が保存されます。

パソコンもiPhoneAndroid)も、Chromeの翻訳はとても便利な機能で、言語の設定も難しくなく、自分自身がより使いやすくなるように拡張機能もあります。

ネットでお仕事をされている人はChormeの翻訳機能を使うことでより、活動の幅が増えるかもしれません。自分自身だけの利用しやすいChromeにカスタマイズしてみてはいかがでしょうか?

パソコンやiPhoneAndroid)で使用する、Chromeの翻訳機能の設定変更のやり方や、言語の設定のやり方をご解説しました。