漫画の地球儀

Chromeを『Ubuntu』にインストールする方法!【pc、Linux、ダウンロード、使用方法】

スポンサーリンク

Ubuntu

f:id:rick1208:20200730200804p:plain
Ubuntu(ウブントゥ、ウブンツ)とは、WindowsMac OSのようなオペレーティングシステム(OS)であり、Linuxディストリビューションの一つです。その使いやすさからLinux入門に最適で、Ubuntuは今や最も有名なディストリビューションです。

Ubuntuの特徴はそのユーザーフレンドリーさです。Debianというディストリビューションの派生ではありますが、本家DebianよりもUbuntuの方がダウンロードが簡単で、GUIも直感的でとても分かりやすくなっています。

また、軽量なOSなので、古くて低スペックのパソコンを再使用する時にも有用です。

LinuxベースのOS

f:id:rick1208:20200728101727p:plain
上にも書いた通り、UbuntuLinuxベースのOSです。LinuxとはオープンソースのOS(厳密にいえばカーネル)で、それを利用しやすいように必要なソフトウェアとまとめてパッケージにしたものがLinuxディストリビューションです。

オープンソースなので誰でも修正・頒布が可能なため、多くのディストリビューションは無料で提供されており、Web上からダウンロードしてパソコンにダウンロードすることで使用可能です。

Ubuntu」にダウンロードする方法

f:id:rick1208:20200728101940p:plain
Ubuntuが利用しやすいといっても、予めパッケージに入っているソフトウェアが自分自身好みとは限りません。特にWebブラウザは皆さん愛用のものがあるでしょう。

UbuntuにはデフォルトのWebブラウザとしてFirefoxがダウンロードされています。しかし、Webブラウザといえば世界シェア1位のGoogle Chromeを使いたいという人は多いと思います。

Googleアカウントでの色々なサービスとの連携や互換性など、Chromeを使用する利点は多いです。そこで、UbuntuGoogle Chromeをダウンロードする手順をご解説します。

実行ファイルでダウンロードする手順

f:id:rick1208:20200730195850p:plain

まず、最も分かりやすくて一般的な方法が、Google Chromeの公式サイトからのダウンロードです。手順の大半は、Windowsなどの他のOSでも同様ですので、あまり迷うことはないと思います。

Webブラウザで公式ページからChromeをダウンロードする

f:id:rick1208:20200728142341p:plain
まず最初は、Google Chromeの公式サイトにアクセスするのでに、UbuntuにデフォルトでダウンロードされているFirefoxを起動しましょう。左側のDockの一番上のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200730203829p:plain

Google Chromeの公式サイトを開きます。「Chrome」で検索すれば直ぐに見つかります。表示された「Chromeをダウンロード」のボタンを押します。
f:id:rick1208:20200730203844p:plain
Chrome for Linuxをダウンロード」という画面が表示されたら、「64ビット、debDebianUbuntu用)」という方にチェックを入れて、同意してダウンロードを押します。
f:id:rick1208:20200730210633p:plain
Ubuntu側からダウンロードファイルの処理について聞かれますので、お好きな方を選んでください。ダウンロードファイルを取っておきたい場合は下にチェックを入れてください。そうでないなら、そのままOKを押せばダウンロード画面に移動します。
f:id:rick1208:20200730210646p:plain
Ubuntuのソフトウェアセンターが起動し、Google Chromeのダウンロード画面が表示されます。そのまま「ダウンロード」のボタンを押します。
f:id:rick1208:20200730210652p:plain
ここでUbuntuからユーザー認証を求められるので、自分自身のUbuntuのパスワード(Ubuntuのダウンロード時に設定したもの)を記入して認証します。すると、ダウンロードが開始されるので、終了までしばらく待ちましょう。

ダウンロードが終了したら、Dockの左下のボタンからすべてのアプリケーションを出して見ましょう。この画面にGoogle Chromeが表示されていればダウンロードは成功です。

コマンドからChromeをダウンロードする手順

f:id:rick1208:20200728131447p:plain
次に、コマンドを利用してUbuntuGoogle Chromeをダウンロードする方法を解説します。せっかくLinuxを使うなら全部CUIで操作したいという人は試してみてください。

コマンドラインを起動します。WindowsではコマンドプロンプトMac OSではターミナルなどと呼ばれますが、Ubuntuでは「端末」という名前になっています。Dock左下のボタンからすべてのアプリケーションを表示して「端末」を押します。
f:id:rick1208:20200730210735p:plain
まず、「sudo sh -c 'echo "deb http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main" >>/etc/apt/source.list.d/google.list'」と記入します。これによってUbuntuGoogle Chromeリポジトリを追加します。
f:id:rick1208:20200730210806p:plain
次に、「sudo wget -q -O - https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub | sudo apt-key add -」と記入し、認証キーをダウンロードして登録します。「OK」と表示されれば大丈夫です。
f:id:rick1208:20200730210858p:plain
最後に、「sudo apt-get install google-chrome-stable」と記入してダウンロードします。ダウンロードが終了後に、上でと同様にすべてのアプリケーションにアイコンが表示されていれば成功です。

コマンド操作時の気を付ける点

f:id:rick1208:20200730210918p:plain
Ubuntuコマンドラインで操作しているとパスワードを要求されるときがあります。Chromeのダウンロード時にも、リポジトリの追加を行うときにパスワード認証が必要になります。

Ubuntuのユーザーパスワードを記入すれば良いのですが、コマンドでのパスワード記入の場合には、いくらキーを叩いても画面上には何も表示されないので注意が必要です。

画面には何も表示されませんが内部では記入がされていますので、正確にキーを打ってEnterを押せば問題ありません。

Ubuntu」を使う方法

f:id:rick1208:20200727032720p:plain
ダウンロードができたら、実ときにGoogle Chromeを起動して利用してみましょう。すべてのアプリケーションからアイコンを押して起動します。

Googleアカウントでログインする手順

f:id:rick1208:20200730210945p:plain
Google Chromeを起動して初期設定を進めると上のような画面が表示されます。Googleアカウントをお持ちの場合はここでログインしましょう。

同じGoogleアカウントでログインすれば、ブックマークや拡張機能が同期されるので、Windows等利用していたChromeと同じような環境を整えることが可能です。

使用方法の手順

f:id:rick1208:20200726180223p:plain
これからGoogle ChromeをメインのWebブラウザとして利用していこうという人は、UbuntuのDockに追加しましょう。Chrome起動後にDockのアイコンを右押して「お気に入りに追加」を押します。

ChromeがDockに固定されるので、ドラッグ&ドロップで利用しやすいように上に移動させておきましょう。

アップデートの手順

f:id:rick1208:20200730211011p:plain
Google Chromeを常に最新に保つためにアップデートの方法を解説します。Chromeのメニューからバージョンチェックの画面を呼び出せば、アップデートがあれば表示されます。(上の画像は既に最新バージョンなので表示されてません。)

apt-getでアップデートする場合

f:id:rick1208:20200730223922p:plain
アップデートもコマンドで行うことが可能です。コマンドラインに「sudo apt-get update」と記入することで、apt-getがアップデートのあるパッケージのリストを入手します。
f:id:rick1208:20200730223930p:plain
「sudo apt install google-chrome-stable」と記入してアップデートをダウンロードします。(画像は既に最新版だった場合です。)

Ubuntu」で使えないときの対処法

f:id:rick1208:20200726165943p:plain
UbuntuGoogle Chromeがうまく使えない場合の対処法をいくつか解説します。

エラーが出てダウンロードできない場合

f:id:rick1208:20200726170012p:plain
実行ファイルでのダウンロードがうまくできない場合には、コマンドでのダウンロードを試しましょう。それでもうまくいかない場合には、ユーザーパスワードの記入に間違いがないか、Ubuntuのパソコンが32ビットではないかをチェックしてみてください。

現在、Linux用のGoogle Chromeの32ビット版は、公式から提供されていません。パソコンが32ビットの場合はダウンロードできないので気を付けてください。

起動時のパスワード認証を回避する場合

f:id:rick1208:20200730223946p:plain
Chrome起動時に上のような画面が表示され、ログインキーリングのパスワードを要求される場合があります。Ubuntuのパスワードを記入すれば問題なく使えますが、毎回表示されて煩わしい思いをするかもしれません。
f:id:rick1208:20200730223955p:plain
このパスワード要求は、Ubuntuの起動時に自動ログインをする設定の場合に発生します。起動時にパスワードを記入していない代わりに、いくつかのソフト起動時に要求されてしまう訳です。

設定>詳細>ユーザーから、右上の「ロック解除」を押してパスワードを記入し、自動ログインをオフにしてください。Ubuntu起動時にパスワードを記入する必要はありますが、スムーズにChromeを起動可能なようになります。