漫画の地球儀

渋滞情報をGoogleマップで渋滞を回避する方法【交通、混雑、時間帯別、iPhone、android、pc】

スポンサーリンク

Googleマップの渋滞、交通状況機能

f:id:rick1208:20200722145301p:plain

地図でルートをチェックしても、実ときにその道を通ると、交通規制がかかっていたり、道路が混雑して渋滞していたりすることがあります。

そんなとき、Googleマップでは道路の交通状況や渋滞情報を見ることが可能な便利な機能がついています。

この機能のおかげで、出発地から目的地までにかかる実ときの時間を知ることができたり、渋滞にはまってしまっても「もうちょっとで渋滞から抜けられる」などとチェックすることも可能なので、ストレスが大きく軽減されます。
f:id:rick1208:20200723154231p:plain
地図上に緑や赤などの線で示されているのが、渋滞情報・交通状況です。色で認識可能なので、わかりやすいです。

事前にGoogleマップで渋滞情報・交通状況を調べたり、曜日や時間帯別の混雑傾向を調べれば、渋滞を回避して、空いているルートや曜日・時間帯を選ぶことが可能です。

このように、Googleマップを使用する場合において、交通状況・渋滞情報は、なくてはならない機能と言えます。

Googleマップの渋滞、交通状況の表示方法

f:id:rick1208:20200722145325p:plain
Googleマップではとても簡単に道路の混雑状況を出しることが可能です。スマホGoogleマップアプリで交通状況や渋滞情報を出しる方法を解説します。

渋滞・交通情報を見るための設定

f:id:rick1208:20200722145431p:plain
渋滞情報や交通状況の情報を見るためには、スマホの位置情報をオンに設定する必要があります。スマホの設定から位置情報をオンにしましょう。

iPhoneの場合、設定アプリを開き、「プライバシー」を押します。
f:id:rick1208:20200723154310p:plain
プライバシーのメニューが開いたら、「位置情報サービス」を押します。
f:id:rick1208:20200723154357p:plain
位置情報サービスのメニューの一番上の、「位置情報サービス」と書かれた右横のボタンを押して緑にします。もともと緑になっていれば、そのままでオーケーです。これで、位置情報サービスがオンに設定されました。
f:id:rick1208:20200723154420p:plain
そのままのページのいくつか下に、「Google Maps」という項目があるので、それを押します。Google Mapsのメニューが開いたら、「このAppの使用中のみ許可」か「常に許可」を押します。
f:id:rick1208:20200723154426p:plain
これで、設定は終了です。androidの場合は、「設定」を開いて「位置情報サービス」をオンにすれば設定終了です。

交通(渋滞)状況を表示する「地図」

f:id:rick1208:20200722132830p:plain
道路の交通状況や渋滞情報を地図上でチェックする方法を解説します。まずGoogleマップアプリを開き、右上のアイコンを押します。すると、下からメニューが出てくるので、「交通状況」を押します。
f:id:rick1208:20200723154442p:plain
これで、地図上に道路のリアルタイムな交通状況や渋滞情報を出しることができました。

交通(渋滞)状況を表示する「航空写真」

f:id:rick1208:20200722132845p:plain
Googleマップの地図上だけではなく、Googleマップの航空写真上にも、道路のリアルタイムな交通状況や渋滞情報を出しることが可能です。

方法はとても簡単で、スマホGoogleマップアプリを開き、右上のアイコンを押します。下のほうに出てきたメニューのなかの、「航空写真」を押すと、地図から航空写真に変わります。
f:id:rick1208:20200723154602p:plain
あとは地図のときと同様に、「交通状況」を押すと、航空写真上にリアルタイムな道路の混雑状況が表示されます。
f:id:rick1208:20200723154610p:plain

交通(渋滞)状況を表示する「経路(ルート)検索・ナビ」

f:id:rick1208:20200723134157p:plain
経路(ルート)を検索し、そのルートの混雑情報を地図に出しることも可能です。まず、検索窓の右端のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200723154812p:plain
すると上部にルートの出発地点と到着地点を記入する欄が出てくるので、上の段に出発地点の住所や施設名を、下の段に到着地点の住所や施設名を記入します。
f:id:rick1208:20200723154825p:plain
これで、記入した出発地点から到着地点までのルートが地図上に表示されます。このルートの線は青や黄色や赤など色がついていて、これが道路の交通情報になっています。

また、この状態で、右上のアイコンを押し、「交通状況」を押すと、検索したルート周辺の交通状況も出しることが可能です。
f:id:rick1208:20200723154932p:plain
ルート周辺の混雑・渋滞状況が表示されました。検索したルート付近の交通状況や渋滞情報がわかるので、迂回ルートや、寄り道をしたいときにも役立ちます。

Googleマップの渋滞、交通情報の見方

f:id:rick1208:20200723133608p:plain
Googleマップの地図上に表示された交通状況や混雑・渋滞情報は、色や記号によって表されています。その見方を知っていないと、交通状況や渋滞情報をチェックすることは可能でせん。

感覚的にわかりやすくなっているのですが、ここで改めて、Googleマップに表示された交通状況や混雑・渋滞情報を説明します。

渋滞、交通情報の見方①色

f:id:rick1208:20200723133339p:plain
色から判別可能なのは、道路の混雑状況・渋滞状況です。Googleマップの地図上で交通状況を出しると、緑、黄色、赤、赤茶色、の線が地図上にまばらに表示されます。その色が、道路の混雑状況・渋滞状況を表しています。
f:id:rick1208:20200723154957p:plain
ルートを検索して交通状況が表示された場合は、緑ではなく青い線になっています。ルートの混雑・渋滞状況の色は、青=緑だと思ってください。
f:id:rick1208:20200723155003p:plain
混雑状況・渋滞情報を示す線の色は次のようになっています。緑の線は「渋滞は発生していない」、黄色の線は「やや渋滞している」、赤の線は「渋滞している」、赤茶色の線は「大渋滞している」ことを表しています。

さらに具体的に説明すると、緑は「80キロ以上で走行可能」、黄色は「40~80キロで走行可能」、赤は「40キロ未満で走行可能」、赤茶色は「大半進まない状況」となっています。

渋滞、交通情報の見方②記号

f:id:rick1208:20200722221143p:plain
記号から判別可能なのは、事故や道路の封鎖などの交通情報です。Googleマップで交通状況を出しると、地図上に記号が現れることがあります。この記号が、道路の情報を示しています。
f:id:rick1208:20200723155116p:plain
記号は4種類あります。Googleマップの公式サイトには以下のような記号の説明がありました。

赤い丸の中に車の絵が入った記号は「事故」のマーク、黄色い丸の中に工事中の人の絵が入った記号は「工事」のマーク、赤い丸の中に横棒の入った記号は「道路の閉鎖」のマーク、黄色い丸の中にビックリマークが入った記号は「その他」のマークです。
f:id:rick1208:20200723155128p:plain
公式サイトにも書かれていますが、さらに詳しい道路の状況を知りたい場合には、地図上の記号を押すと、詳しい状況が表示されます。

Googleマップの渋滞、交通状況データの仕組み

f:id:rick1208:20200722173030p:plain
Googleマップと同様に、道路の交通状況や渋滞情報を見ることが可能なものにカーナビがあります。多くのカーナビは、日本道路交通情報センターからの情報や、VICSの情報をもとに、交通状況や渋滞情報を表示しています。

では、Googleマップはどのようにして道路の交通状況や渋滞情報のデータを取得しているのでしょうか。

スマホアプリ利用者から渋滞情報を取得している

f:id:rick1208:20200722185536p:plain
Googleマップの交通状況は、スマホユーザーからの位置情報をもとにして交通状況の情報を割り出しています。

要するに、スマホの位置情報サービスをオンにしてGoogleマップアプリを使用すると、そのスマホからGoogleに対して移動速度を示すデータが匿名で送信されます。

同じ地域を走行している多くのスマホアプリ利用者からのデータを独自の方法で解析し、混雑情報をリアルタイムで出しるという仕組みになっています。

また、スマホGoogleマップアプリから送られるデータは速度や位置を知るためだけの匿名情報で、なおかつ位置情報の送信を許可している利用者のみのデータしか使用されることはありません。

スマホユーザーが多くいる道路ではかなり正確な交通状況や渋滞情報をリアルタイムで知ることが可能です。

Googleマップの渋滞、交通状況の便利機能

f:id:rick1208:20200722185603p:plain
ここまで、基本的なGoogleマップの交通状況・渋滞情報の機能を見てきました。ここからはちょっと応用編で、この交通状況・渋滞情報の機能を、さらに便利に使うための機能を解説します。

曜日・時刻帯別の渋滞、交通状況がわかる

f:id:rick1208:20200722102009p:plain
Googleマップでは、曜日・時間帯別の渋滞・交通状況の傾向を見ることが可能です。あらかじめ、通る道の渋滞情報・交通状況の時間帯別の傾向を知ることで、曜日や時間帯を調整し、渋滞や混雑を回避することが可能です。

旅行の計画を立てる場合に、曜日や時間帯の混雑傾向をもとに日程や時間を考え、混雑する曜日や時間を回避することが可能なので、この機能はとても役に立ちます。

曜日・時刻帯別の渋滞・交通状況の傾向を見る方法は、まず、パソコンでGoogleマップを開き、検索窓の左横のメニューアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200723155409p:plain
すると、メニューが表示されるので、そのなかの「交通状況」を押します。
f:id:rick1208:20200723155514p:plain
すると、Googleマップの地図上に交通情報が表示され、地図の下の方に「ライブ交通情報」というバーが現れます。この「ライブ交通状況」という文字を押し、「曜日と時刻別の交通状況」を押します。
f:id:rick1208:20200723155521p:plain
曜日と時刻が設定可能なようになるので、混雑傾向を知りたい曜日・時間帯を選択すると、地図上にその曜日・時間帯の混雑傾向が表示されます。
f:id:rick1208:20200723155536p:plain
この機能には二つ気を付ける点があります。一つは、この機能がスマホGoogleマップアプリには搭載されていないということです。パソコンのGoogleマップでしか見られません。

もう一つは、混雑傾向を表示可能な時間帯が6:00~22:00の間という点です。22:01~5:59の混雑傾向は見ることができないので注意しましょう。

最寄りの駐車場を検索可能な

f:id:rick1208:20200723155547p:plain
初めての場所に車で訪れると、目的地周辺に駐車場が見つからなくて時間をロスしてしまった経験はありませんか?

車を運転する人にとって、周辺の駐車場の情報はとても重要です。Googleマップでは現在地周辺の駐車場を簡単に検索することが可能なので、慌てずに済みます。

方法は二つあります。一つ目の方法は、Googleマップを開き、画面上部の検索窓に「駐車場」と記入する方法です。
f:id:rick1208:20200723155559p:plain
この方法も簡単ですが、文字を打つのが面倒な場合には、タップのみで駐車場を検索することも可能です。

その方法は、まずGoogleマップを開いたら、画面下部の「周辺のスポット」を押します。
f:id:rick1208:20200723160541p:plain
すると、「○○(現在地名)周辺のスポット」というメニューが下部に出てくるので、右端の「もっと表示」という緑色のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200723160559p:plain
カテゴリという画面になるので、そのページの一番下の「駐車場」を押します。これでGoogleマップの地図上に周辺の駐車場が表示されます。
f:id:rick1208:20200723160606p:plain

周辺の渋滞、交通情報を自動で受け取れる

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
車を走行しているときに混雑や渋滞している道を回避したいと思っても、運転中に地図を見るのは難しいです。ですが、Googleマップでは、地図を見なくても渋滞情報や交通状況を自動で受け取ることが可能です。

渋滞・交通状況を自動で受け取るためには、スマホであらかじめ設定をしておく必要があるので、その設定方法を解説します。

iPhoneの場合、ホーム画面で一番左のウィジェット画面を表示し、「編集」を押します。

Google交通状況」の左側の緑のプラスマークを押して、「終了」を押します。
f:id:rick1208:20200723160653p:plain
すると、スマホで現在地周辺のリアルタイムの交通状況を受け取れ、地図を見なくても渋滞・交通状況をチェックすることが可能です。

通行止め・交通規制の情報がわかる

f:id:rick1208:20200721072156p:plain
通行止めや交通規制の情報は、Googleマップの地図上に現れる記号で示されています。リアルタイムな情報を見ることが可能なので、「通ろうとした道が通行止めだった」といったトラブルを回避することが可能です。
f:id:rick1208:20200723160712p:plain
あらかじめ走行する予定のルートに交通規制などがないかGoogleマップでチェックして、通行止めや交通規制のかかった道路を回避しましょう。

渋滞を考慮した所要時間がわかる

f:id:rick1208:20200721072053p:plain
Googleマップでルートを検索すると、出発地点から目的地に着くまでの所要時間が表示されます。
f:id:rick1208:20200723160735p:plain
この所要時間を見ると、同じルートなのに、朝検索して見たときと夜検索して見たときの所要時間が違っていることがあります。

これは、今現在の道路の混雑・渋滞状況を考慮して所要時間が表示されるのでです。この機能によって、より正確な所要時間を知ることが可能です。

Googleマップの渋滞、交通状況の便利な使用方法

f:id:rick1208:20200720190319p:plain

旅行にもドライブにも、Googleマップを使うときには、道路の渋滞・交通状況は欠かせない機能です。この機能にはさまざまな使用方法が考えられますが、ここでは、おススメの便利な使用方法を解説します。

目的地周辺の渋滞、交通状況を先に把握

f:id:rick1208:20200720192436p:plain
出発地から目的地までの途中のルートは、道路の混雑状況を見て他のルートへ回避することが可能ですが、目的地周辺は回避可能でせん。

なので、出発する前に、目的地周辺の渋滞情報・交通状況を、Googleマップである程度把握しておくことをお勧めします。

目的地周辺の渋滞情報・交通状況を出しる方法は、まず、Googleマップを開き、検索窓に目的地を記入します。
f:id:rick1208:20200723161228p:plain
次に、右上のアイコンを押し、「交通状況」をタップすれば、地図上に目的地周辺の渋滞情報・交通状況が表示されます。
f:id:rick1208:20200723161244p:plain

iPhoneの「今日の表示」に入れてアプリを起動せず見る

f:id:rick1208:20200720152327p:plain
iPhoneの「今日の表示」にウィジェットを設置することで、Googleマップアプリを起動しなくても、ホーム画面から現在地周辺の渋滞情報・交通状況を見ることが可能です。

方法は、この記事の「周辺の渋滞、交通情報を自動で受け取れる」の項目にも載せましたが、ホーム画面を一番左の画面までフリックし、「編集」を押して「Google 交通状況」のプラスマークを押して終了です。

Googleマップの渋滞、交通状況とカーナビ・光ビーコンを比較

f:id:rick1208:20200720152312p:plain
以前はナビゲーション機能だけだったGoogleマップですが、渋滞・交通状況の機能も搭載されたことで、今やGoogleマップをカーナビや光ビーコンの代わりとして使用している方も多いのではないでしょうか。

無料で手軽に使用可能なGoogleマップと、カーナビ・光ビーコンを、簡単に比較してみたいと思います。

Googleマップの方がリアルタイムで精度が高い

f:id:rick1208:20200720085652p:plain
カーナビや光ビーコンは、日本道路交通情報センターVICSからの情報を受けて交通状況を表示しているので、実ときの交通状況とズレがあったり、ちょっとの混雑状況は表示されない場合があります。
カーナビ

一方で、Googleマップは、Googleマップ利用者からのデータで交通状況を割り出しているので、リアルタイムな情報の精度がとても高いです。

ちょっとした混雑でも、Googleマップ利用者の位置情報や速度情報からリアルタイムな交通状況を割り出すことが可能なので、制度の高い情報を知ることが可能です。

Googleマップには自動リルート機能がない

f:id:rick1208:20200720092014p:plain

Googleマップには自動リルート機能がありません。自動リルート機能とは、混雑していたり渋滞しているルートを回避してリアルタイムで別ルートを提案する機能です。

Googleマップでナビゲーションしているルートから外れれば、再びその場所からの新しいルートを提案してくれますが、それはあくまで、その場所から目的地までの一番近いルートを提案されるだけで、渋滞や混雑を回避したルートではありません。

一方で、カーナビは、この自動リルート機能が搭載されているものも多くあります。自動リルート機能があれば、渋滞情報や交通状況を知ることが可能な以外にも、自動で回避することが可能なので、その点ではカーナビの方が優秀です。

以上、Googleマップの渋滞情報・交通状況の機能を解説しました。Googleマップでリアルタイムの渋滞情報・交通状況をチェックしたり、時間帯別の混雑傾向を見たり、スマホウィジェットに交通状況を設定したりして、便利にGoogleマップを活用しましょう。