漫画の地球儀

Googleマップで位置座標『緯度・経度』を表示する方法【iPhone、iPad、pc、スマホ、android】

スポンサーリンク

Googleマップで位置座標(緯度・経度)を表示する方法「パソコン」

f:id:rick1208:20200722145301p:plain

最もポピュラーなパソコンのWebブラウザを使用して座標を表示する方法です。
利用しているWebブラウザからGoogleマップを開きます。

座標を表示したいポイントを押します。
すると画面下部に押した場所の住所が表示され、住所の下に薄いグレーの文字で座標が表示されます。

グレーで表示された座標をクリックすると、ピンがドロップされ左側の検索窓に緯度・経度が大きく表示されます。

iPhoneアプリ

f:id:rick1208:20200722145325p:plain
ここではスマホ、特にiPhoneGoogleマップアプリを使用して座標を表示する方法です。
まず最初はApp StoreよりGoogleマップアプリをダウンロードして、アプリを開きます。

座標を表示したい場所を長押しします(短くタップでは何もおこりません)。
すると、押した場所にピンがドロップされ下部に住所が表示された枠が表示されます。
f:id:rick1208:20200723144328p:plain
下部に表示された枠を画面上部方向へ引っ張ります。
f:id:rick1208:20200723144358p:plain
赤枠で囲んだ部分が緯度・経度になります。
iPhone以外のスマホアプリでもほぼ同じ方法で座標を取得することが可能です。
f:id:rick1208:20200723144404p:plain

iPadアプリ

f:id:rick1208:20200722145431p:plain
iPadGoogleマップアプリを使用した方法ですが、同じiOSなためiPhoneのアプリを使った方法にとてもよく似ています。
まず最初はApp StoreからGoogleマップをダウンロードします。

座標を知りたい地点を長押しします(iPhoneと同じく短いタップではダメです)。
ピンがドロップされ、下部に指定した地点のウインドウが現れます。
f:id:rick1208:20200723144608p:plain
iPhone版アプリと同じく下部のウインドウを上に引っ張ります。
f:id:rick1208:20200723144737p:plain
赤枠のように緯度・経度が表示されます。
f:id:rick1208:20200723144751p:plain

Googleマップで位置座標(緯度・経度)を記入して地点検索する方法

f:id:rick1208:20200722102009p:plain
位置座標(緯度・経度)がわかっている状態から、緯度・経度を記入して目的の地点を検索する方法をご解説します。

この方法には、地点検索したときに打ち込んだ緯度・経度位置にマーカーがドロップされた状態で検索結果として表示される方法と、打ち込んだ緯度・経度位置が画面真ん中に表示されるだけでマーカーがドロップされない方法の2通りがあります。

マーカーありで地点検索

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
マーカーがドロップされた状態で地点検索する方法ですが、GoogleのWebアドレスhttps://www.google.co.jp
に続いて /maps?q={lat},{lng} と記入します。

{lat}とは緯度のことで、{lng}は経度のことになります。

例えば、検索したい地点の座標を(緯度) 36、086320 (経度) 137、7855391 とした場合このようになります。

Google マップ


URLにアクセスするとこのような画面になると思います。
地図中央の指定した位置座標にピンがドロップされ、左側に指定した位置座標が記入されています。
f:id:rick1208:20200723145156p:plain

マーカーなしで地点検索

f:id:rick1208:20200721072156p:plain
マーカーをドロップせずに地点を表示するには、先ほどと似ていますがGoogleのWebアドレスに続いて /maps/@{lat},{lng},{zoomlebel}を記入します。
先ほどとの違いは、3つ目にズームレベルの指定が必要になることです。

https://www.google.co.jp/maps/@36.086320,137.7855391,15z


このような画面が開くかと思います。
ピンはドロップされていませんが、先ほどと同じ地点が画面中央にきていることがチェック可能なと思います。
f:id:rick1208:20200723145412p:plain
指定するズームレベルについてですが、これはマップ画面の表示範囲を表しています。
上の画像は15zで指定しており、下の画像は17zで指定しています。

下の17zの方が拡大表示されているのがお分かりいただけると思います。
このように指定した地点を中心に、数字が大きいほど拡大され、数字が小さいほど縮小されて表示されます。

画像右下の拡大縮小スライダのレベルが違っていることもチェック可能なかと思います。
ズームレベルに記入可能な数字は1z〜21zとなっており、それ以下や以上の数字を入れても反映されません。
f:id:rick1208:20200723145425p:plain

Googleマップで座標を住所に変換する方法

f:id:rick1208:20200721071207p:plain
あらかじめ位置座標がわかっている状態から、Googleマップを使用して住所に変換する方法です。

位置座標から住所への変換はあまり使用する機会がないかもしれませんが、スマホGPSなどを使い現在の位置座標が分かれば、そこから住所に変換することができ、緊急時などに役立つかもしれません。

まず最初は、検索窓に調べたい緯度・経度を記入し、ピンをドロップします。
f:id:rick1208:20200723150822p:plain
続いてドロップしたピンの可能なだけ根元付近を押します。
この時、クリックするポイントによってはズレが生じますので、ある程度地図を拡大してから根元をクリックするようにすると、ズレが生じにくいと思います。

すると、下部に住所が記されたウインドウが出てきますので、それを押します。
f:id:rick1208:20200723150830p:plain
左の検索窓の下に郵便番号と住所が表示されます。
f:id:rick1208:20200723150837p:plain

Googleマップの座標についての豆知識

f:id:rick1208:20200720192436p:plain

ここからは、ズームレベルの取得や座標とズームレベル指定するサンプルコード、座標の表記方法の違いなどの豆知識を解説します。

ズームレベルを取得する

f:id:rick1208:20200720190319p:plain
地図のズームレベルを取得するには、現在表示されているGoogleマップのURLを見ることでチェック可能です。

GoogleマップのURLは
https://www.google.co.jp/maps/@{lat},{lng},{zoomlevel}

で構成されているため、URLの末尾を見るとズームレベルをチェックすることが可能です。

下の画像の場合、末尾は17zとなっており、この場合ズームレベルは17ということになります。
f:id:rick1208:20200723151002p:plain

座標とズームレベルを指定して表示するサンプルコード

f:id:rick1208:20200720152327p:plain
Google Maps APIを使用して
緯度 43、0686601740126 経度 141、35075529999995 ズームレベル 18
を指定して表示するときのサンプルコードは下記になります。

// Map
var map = new google.maps.Map( mapDiv, {
center: new google.maps.LatLng( 43.0686601740126, 141.35075529999995 ) ,
zoom: 18 ,
} ) ;

座標の百分率表記と度分秒表記

f:id:rick1208:20200720134650p:plain
Googleマップでは緯度・経度を検索した時には百分率表記で表示されますが、その他に度分秒表記という記述方法も利用されます。
度分秒表記とは「東経130度20分35秒」のような記述方法です。

百分率表記へ変換するには下記の式を使います。

百分率表記 = 度 + (分、60) + (秒、3600)

よって、「東経130度20分35秒」の場合は下記のようになります。

130 + (20、60) + (35、3600) = 130、3431

同様に、西経、北緯、南緯も求めることが可能です。


このようにGoogleマップでは位置座標やズームレベルを使用することで色々なことが可能です。
今まで単に地図やナビとしてしか使用していなかった人も、これを機に座標を使った機能を試してみることをオススメします。