漫画の地球儀

『Chrome』でポップアップブロックを解除する方法!【Android、iPhone、スマホ、pc】

スポンサーリンク

Chromeの”ポップアップ

f:id:rick1208:20200728101727p:plain
ポップアップとは。WEBページを表示したときに、自動で新しく開かれるWEBページのことです。ポップアップブロックとは、このポップアップを表示しないようにするシステムの事です。

ポップアップは、ユーザーに対する警告や広告で使用されることが一般的です。今回ご解説するのは、このポップアップブロックの解除方法です。

今回ご説明するのは、Google Chromeでポップアップに関する設定方法です。まず最初はパソコン版でのご説明になります。

Chromeでポップアップブロックを解除する方法「パソコン」

f:id:rick1208:20200728101940p:plain
まず最初はパソコン版Google Chromeでの解除方法です。早速、パソコン版Google Chromeを開いてみましょう。※ここではWindows10を使用しております。

ポップアップを許可する方法

f:id:rick1208:20200728165128p:plain
ではポップアップブロックを解除してみます。ポップアップを許可するので、Google Chromeの設定にアクセスします。下記の画像のように、Google Chrome右上の三点リーダーを押します。
f:id:rick1208:20200729123654p:plain
Google Chromeのメニューバーが表示されたら、設定を押します。すると、下記の画像のように「設定」のページに移動します。
f:id:rick1208:20200729123709p:plain
Google Chromeの設定」から詳細設定の欄へ、ページをスクロールします。詳細設定を見つけたら、コンテンツの設定を探します。
f:id:rick1208:20200729123715p:plain
コンテンツの設定へ移動できたら、「ポップアップとリダイレクト」という項目を探します。
f:id:rick1208:20200729123721p:plain
下記の画像をご覧ください。ポップアップの設定ページに移動可能でした。このページでGoogle Chromeのポップアップ設定を行えます。では、ポップアップブロックを解除し、ポップアップの表示を許可しましょう。
f:id:rick1208:20200729125221p:plain
上記の画像をご覧ください。本項ではポップアップの許可とブロックについて、次項から特定サイトのポップアップの許可とブロックについてご解説致します。

まず画像の赤枠にご注目下さい。画面右上にあるマークをクリックすると、貴方のGoogle Chromeでポップアップの許可。もしくはブロックが設定出来ます。WEBサイトごとにポップアップの許可を行いたい人は、次項へとお進み下さい。

特定のサイトだけポップアップブロックする方法

f:id:rick1208:20200728142341p:plain
特定サイトのポップアップブロックを行いたい人は、今からご説明する方法をお勧め致します。説明の都合上、先ほどと同じ画像を貼付しております。

下記の画像の、青枠と緑枠にご注目下さい。それぞれポップアップブロックするサイトと、ポップアップを許可するサイトを個別に登録可能です。
f:id:rick1208:20200729125238p:plain
青枠をクリックすることで、「特定サイトのポップアップのブロック」を設定可能です。また、緑枠をクリックすることで、「特定サイトのポップアップの許可」を行えます。

どっちもサイトのURLを記入することで、設定することが出来ます。サイトURLの登録画面は以下の通りです。
f:id:rick1208:20200729125245p:plain
上記の画像がURLを設定する画面になります。URLを記入する画面が両者で酷似していますので、間違えて登録しないように注意しましょう。

Chromeでポップアップブロックを解除する方法「Android

f:id:rick1208:20200726172022p:plain
次にご解説するのは、Android版とiPhoneGoogle Chromeでの操作方法です。スマホGoogle Chromeを使用する場合。パソコン版とはちょっと表記が違ったり、操作にも変化があります。

ここではAndroid版、iPhone版の順番でご説明しております。では、AndroidGoogle Chromeでポップアップを許可してみましょう。

ポップアップを許可する方法

f:id:rick1208:20200726165943p:plain
まず最初はAndroidGoogle Chromeアプリを起動します。画面右上の三点リーダーを押しましょう。
f:id:rick1208:20200729214150p:plain
メニューから「設定」を押します。設定画面をスクロールして「詳細設定」の欄を探しましょう。
f:id:rick1208:20200729214155p:plain
詳細設定の欄から「サイトの設定」を押します。
f:id:rick1208:20200729214210p:plain
サイトの設定から「ポップアップとリダイレクト」を押します。
f:id:rick1208:20200729214536p:plain
上記の画像赤枠の部分で、ポップアップの許可とブロックが設定出来ます。

特定のサイトだけポップアップブロックする方法

f:id:rick1208:20200726170012p:plain
AndroidGoogle Chromeで「特定サイトのポップアップのブロック方法」を調査した結果。Android版ではパソコン版との違いが見られました。

前項の説明画像から分かるように、Android版ではサイトURLを設定出来るメニューは見当たりませんでした。なので、特定サイトだけポップアップブロックするにはちょっと手法を変える必要があります。手順は以下の通りです。

まず最初はAndroidGoogle Chromeでポップアップをブロック設定にする。
次にポップアップを許可したいサイトへ移動する。(下記の画像参照)
サイトからの通知「常に表示」に同意する。(下記の画像参照)
f:id:rick1208:20200729214549p:plain
上記画像の「常に許可」に同意することでポップアップを許可可能です。パソコン版とは違い、特定サイトのポップアップブロックを行うには「ポップアップブロックした状態で、特定サイトのポップアップを許可」を行いましょう。

Chromeでポップアップブロックを解除する方法「iPhoneiPad

f:id:rick1208:20200726100635p:plain
Phoneをご使用の方々、お待たせいたしました。iPhoneGoogle Chromeでのポップアップ許可方法です。AndroidGoogle Chromeとは似ている点もありますが、表記やデザインの違いがあります。間違えないようご注意ください。

使用している端末は、筆者が以前使用していた。iPhone5になります。

ポップアップを許可する方法

f:id:rick1208:20200726101434p:plain
まず最初はiPhoneGoogle Chromeを起動します。Google Chrome画面右下の三点リーダーを探しましょう。
f:id:rick1208:20200729220429p:plain
上記の画像のように三点リーダーを押し、設定を開きます。
f:id:rick1208:20200729220441p:plain
設定画面より、「コンテンツの設定」を押しましょう。※Android版とは表記が違います。
f:id:rick1208:20200729220715p:plain
「ポップアップをブロック」から、ポップアップの許可又はブロックが設定出来ます。

特定のサイトだけポップアップブロックする方法

f:id:rick1208:20200724030017p:plain
iPhoneGoogle Chromeで「特定サイトのポップアップブロックする方法」です。こちらもパソコン版とは違いURL登録などは行えないようです。


ですので、Android版同様。ポップアップブロックを行うサイトではなく、ポップアップを許可するサイトを登録しましょう。

Android版同様、ポップアップをブロック設定でサイトを表示します。すると上記画像のように、ポップアップの許可を求められます。

「常に表示」を押すことで、サイトごとにポップアップの許可を設定出来ます。
f:id:rick1208:20200729225910p:plain

ポップアップブロックが正常に反映されない場合

f:id:rick1208:20200724003706p:plain
もしも上記の方法を試してもポップアップブロックが正常に反映されず、ポップアップの表示が行われる場合どうしたら良いのでしょうか? 調査した結果、以下のような原因が考えられます。

ポップアップブロックと許可を間違って登録している。
不正なソフトウェアがダウンロードされている可能性。など


対処法としては、ポップアップブロック設定に間違いが無いかチェックする。あるいは、Google Chromeのクリーンアップツール等の使用です。それでも解決しない場合はGoogle Chromeの運営側へのチェックをお勧めします。