漫画の地球儀

iCloudキーチェーンのセキュリティコードを忘れた時の対処法!【iPhone、iPad、Mac、pc】

スポンサーリンク

iCloudセキュリティコードを設定した覚えがない

f:id:rick1208:20200721235749p:plain
iPhoneiPadMacユーザーで「iCloudセキュリティコード」といわれてピンッとくる人はどれくらいいると思いますか?一言でいうと「iCloudセキュリティコード」とは「iCloudキーチェーン」のパスワードのことです。

iCloudキーチェーン」とは自分自身のクレジットカード情報やWebサイトログイン時のIDやパスワードの情報を一括で管理する機能です。これらの情報を一括で管理することで、同じApple IDでサインインしたデバイスであればどのデバイスでも情報共有可能なようになります。

この「iCloudキーチェーン」の情報を共有するときに必要になるのが、「iCloudセキュリティコード」になります。

iPhoneの初期設定時にApple IDでサインインしたときに設定

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
通常、「iCloudキーチェーン」「iCloudセキュリティコード」の設定はiPhoneの初期設定の時に行われます。初めてiPhoneを立ち上げた時に、一連のオリエンテーションの中でApple IDなどと一緒に設定しています。
f:id:rick1208:20200721235839p:plain

iCloudキーチェーンを使用している人は必ず設定している

f:id:rick1208:20200721072156p:plain
iCloudキーチェーン」を使用している人は必ず設定しているはずですが、念のため設定しているかどうかチェックする方法があります。

iPhone・iPadiであれば、「設定」→「Apple ID」「iCloud」→「キーチェーン」まで進み、「オン」になっていれば設定されています。
f:id:rick1208:20200721235907p:plain
Macであれば、「システム環境設定」→「iCloud」→「キーチェーン」まで進み、チェックが入っていれば設定されています。

iCloudセキュリティコードを忘れた場合の対処法:コードを変更

f:id:rick1208:20200721072053p:plain
次に、「iCloudセキュリティコード」を忘れた場合の対処法について解説します。まず最初はコードを変更する場合のやり方です。

セキュリティコードの変更は可能

f:id:rick1208:20200720192436p:plain


何故かというと、何度も間違ったコードを記入すると不正記入と判断されて「制限回数を超えました」というメッセージが表示され、「iCloudキーチェーン」の情報が無効化・消去されてしまうからです。

そうした状況を踏まえ、「iCloudセキュリティコード」を忘れたときは、コード記入は行わず、別のデバイスで「iCloudセキュリティコード」の変更処理を行う必要があります。

iCloudセキュリティコードを変更する方法
f:id:rick1208:20200720190319p:plain
iCloudセキュリティコード」を変更するやり方をiPhoneを例に説明します。まず、「設定」→「Apple ID」→「iCloud」→「キーチェーン」まで進み、「詳細」を押します。

f:id:rick1208:20200722000042p:plain
変わった画面で「セキュリティコードを変更」を押し、「Apple ID」と「パスワード」を記入後、新規の「セキュリティコード」を設定します。
f:id:rick1208:20200722000102p:plain

iCloudセキュリティコードを忘れた場合の対処法:コードのリセット

f:id:rick1208:20200720152327p:plain
iCloudセキュリティコード」を忘れたときに、諸条件がそろわず、上記のやり方ではコードを変更できない場合があります。その場合はコードをリセットして再設定する方法があります。

セキュリティコードの変更ができない場合はリセットする

f:id:rick1208:20200720152312p:plain
上記のやり方ではコードを変更するには、コード変更を行うデバイスの「iCloudキーチェーン」が有効になっている必要があります。「iCloudキーチェーン」が有効になっているデバイスがない場合はコードを1度リセットして、新たにコードを設定する必要があります。

iCloudセキュリティコードをリセットする方法

f:id:rick1208:20200720092014p:plain
iCloudセキュリティコード」をリセットするやり方をiPhoneを例に説明します。まず、「設定」→「Apple ID」→「iCloud」→「キーチェーン」まで進み、「iCloudキーチェーン」をオンに設定し、「詳細」を押します。
f:id:rick1208:20200722000438p:plain
次に、「セキュリティコードで承認」→「コードをお忘れですか?」→「キーチェーンをリセット」と順番に押し、最後に「リセット」をタップすればコードのリセットは終了です。その後は指示に新規のコードを設定します。
f:id:rick1208:20200722000448p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200720091941p:plain

iCloudセキュリティコードを忘れた場合はあせらずに現状チェックしましょう。「iCloudキーチェーン」が有効になっているデバイスがあればコードの変更、ない場合はコードのリセット・再設定をやり方を踏んで行えば問題は対処可能です。現状チェックができれば適切な対処法を判断可能です。