漫画の地球儀

iPhoneの着信音をiTunesの曲にする方法!【変換、パソコン、音楽、同期、着メロ、着うた】

スポンサーリンク

iPhoneの着信音をiTunesの音楽に設定したい

f:id:rick1208:20200720100225p:plain
ここでは、iPhoneの着信音をiTunesの音楽に設定したいということですが、iOS 11 以降では、Apple ID を使用して以前買った着信音を再ダウンロード可能です。

好きな曲を着信音にしたい

f:id:rick1208:20200720095837p:plain
また、iPhoneはデフォルトの着うたをいくつか用意しましたが、自分自身の好きな曲を着信音に設定した方が多いと思いますが、iPhoneでは好きな音楽を直接に着信音に設定することが可能でせん。

もしも、好きな音楽を着信音にしたいなら、好きな曲を着信音(m4rファイル)に作って、iPhoneに同期する必要はあります。

着信音をiTunesの音楽に設定する方法「環境設定」

f:id:rick1208:20200720154452p:plain
ここでは、iPhoneの着信音をiTunesの音楽に設定変更したいということですが、携帯電話では着メロや着うたを端末内で設定することが可能でしたが、iPhoneにはそのような項目が見当たらないのです。

そこで、環境設定では、着信音を自分自身の好きな曲に設定するのはどのようにすれば良いのと思いますか?

それは、着信がiPhoneに標準で搭載されているものであれば他の人の着信と間違えてしまいますので、環境設定では、自分自身自身の選曲した好きなかっこいい音楽に変更したいと考える方が多いと思います。

また、環境設定では、iPhoneに標準で搭載されているミュージックアプリに好きな音楽をそのまま同期しても着信音を設定することができません。

パソコンのiTunesの環境設定を開く

f:id:rick1208:20200720134650p:plain
下記で詳しく説明しますが、環境設定では、ここでも軽くiPhoneの着信音のファイルの形式のAAC形式について説明します。

まず、iTunesの読み込み形式を同じAACに形式に変えるのですが、変更の方法は、環境設定では、まず「環境設定」を開き「一般」を選びます。

そして、一般環境設定画面の読み込み設定を選び、環境設定では、次の画面で読み込み方法を「AACエンコーダ」に変更して、次に着信音にしたい音楽の情報をチェックします。

なぜならば、曲によっては着信音設定ができないためで、該当曲の情報をチェックし、概要をチェックしますと、曲の概要の種類の欄が「保護されたAACオーディオ」と記載してあるものは、残念ながらiPhoneの着信音にすることは可能でせん。

なお、環境設定では、CDから取り込んだ曲がiPhoneの着信音に設定できないことはないのでご安心ください。

読み込み方法をAACエンコーダーにする

f:id:rick1208:20200720134720p:plain
ここで、まず、 iTunesのインポート設定を「AACエンコーダ」に設定して、パソコンでiTunesを起動します。メニューバーから「編集」→「設定」を選びます。

そうすると、「一般環境設定」画面が開きますので、「CDをセットした時の動作」項目の「インポート設定」ボタンを押します。

続いて、「インポート設定」画面が開きますので、「インポート方法」から「AACエンコーダ」を選び、OKボタンを押します。

ここで、着信音に設定する音源を決めて、着信音に設定する40秒区間を決め、着信音にしたい楽曲を決めます。楽曲はiTunes上から好きな曲を選んでください。

次に、着信音に設定する曲が決まったら、その楽曲の上で右押して、「プロパティ」を選びますと、着信音に設定可能なのは曲の中の「40秒間」までという決まりがあります。

そして、次にこの40秒間を設定して、選びた曲の上で右押し「プロパティ」で、この中に「開始&停止」という項目がありますので、ここで時間を設定することで着信音部分に設定したい部分を決めます。

なお、先ほども書きましたが、着信音に設定可能なのは40秒までとなっています(40秒以内であればOK)ので気を付けてください。

また、開始&停止時間は、実ときにiTunesで曲を再生して、自分自身自身の好きな区間を見つけて、開始と停止時間の設定が終了したら、OKボタンを押して画面を閉じます。

注意として、ここの着信音作成が終了したら、ここで設定した開始&停止区間を元にもどすのを忘れないでください。そうしないと、iPhoneなどで音楽を聴く時もここで設定した時間内でしか再生されないのです。

さらに、着信音として設定可能なAACファイルに変換することについてですが、次に着信音に設定可能なAACファイルを作成(変換)していきます。

なお、先ほどまでの操作で使用していた楽曲を選びたまま、メニューバーの「ファイル」で、「変換」して、「AACバージョンを作成」を選び実行します。

そうするとAACファイルへの変換が実行されますので、一瞬でおわり、パソコンの音を出していれば「トゥルン♪」という音で変換終了を知らせてくれます。

着信音をiTunesの音楽に設定する方法「ファイル形式変換」

f:id:rick1208:20200720092014p:plain
ここでは、iPhoneの着信音をiTunesの音楽に設定する方法〜ファイル形式変換〜について解説します。

変換したい音楽を選択

f:id:rick1208:20200720091941p:plain
まず、iPhoneの着信はm4rファイル形式なので、まず最初はm4r形式の着信音を入手する必要はありますが、ファイル形式では、m4r形式の着信音を入手するには、普通は以下の3つの方法があります。

1つ目は、ファイル形式では、iTunesで作ってiPhoneに同期するということです。まず、ファイル形式では、iTunesはパソコンに既存の音楽をm4rファイルに作って、iPhoneに同期することが可能です。

そして、iTunesでm4rファイルの作成&同期の手順は、ファイル形式では、iTunesで音楽を着信音のm4rファイルに変換して、iPhoneの着うたを作成するのです。

まず最初は、iTunesを起動し、着うたにしたい曲を右押して、ファイル形式では、「プロパティ」を押して、iTunesで着信音を作成しましょう。 

次に、「オプション」に入り、「開始」と「停止」にチェックを入れて、ファイル形式では、着信音にしたい部分の秒数を記入して「OK」を押してください。

再生時間を40秒以内に変更する

f:id:rick1208:20200720085652p:plain
そして、iPhoneの着信音は40秒以内に変更しなければならないので、ファイル形式では、ここでは40秒以内に変更してください。

また、曲の形式がAACではない場合、ファイル形式では、曲が着信音に変換されてもiPhoneに同期できない可能性が高いので、最初からオリジナルの曲の形式を「AAC」に変換するのをおススメします。

なお、曲の形式は、「プロパティ」、「ファイル」、「種類」でチェックでき、ファイル形式では、形式の変換方法では、再びその曲を選びて、「ファイル」、「変換」、「AACバージョンを作成」を押します。

次に、iTunesは曲を設定した部分にカットして、ファイル形式では、もし「AACバージョンを作成」という選択肢がない場合があります。

その時は、ファイル形式では、「編集」、「設定」、「一般」、「CDをセットしたときの動作」の右にある「インポート設定」に入って、「インポート方法」を「AACエンコーダ」に設定してください。

AACバージョンを作成する

f:id:rick1208:20200718093803p:plain
ここで、作成されたAACバージョンのファイルを右押して、「プロパティ」、「ファイル」に入って、「場所」を参考して作成されたAACファイルを探し出します。

次に、AACファイルを選びて右押して、「名前の変更」を押してください。そして、拡張子の「m4a」を「m4r」に変更しますと、それでiTunesで着信音のm4rファイルが作成されました。

また、ファイルの拡張子が表示されない場合、ウィンドウの左上にある「整理」、「フォルダーと検索のオプション」、「表示」に入って、「登録されていない拡張子は表示しない」のチェックを外してください。

ここで、ファイルの拡張子が表示されない場合の対策についてですが、iTunesで「ファイル」、「ファイルを追加」から、このm4rファイルをiTunesの着信音ライブラリに追加可能です。

そこで、もし作成された着信音をiPhoneに入れたいなら、次の手順に従って操作してもましょう。

まず、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続して、iPhoneの管理画面に入り、左の設定欄から「着信音」に入って、「着信音を同期」をチェックします。

そして、「選びた着信音」をチェックして、同期したい着信音を選びて、右下の「適用」を押します。すると、着信音がiPhoneに同期されましたので、iTunesで作成した着信音をiPhoneに同期しましょう。

なお、ご注意として、iTunes 12、7およびそれ以降のバージョンは、着信音の管理・同期機能がなくなったので、以上の方法で着信音をiPhoneに入れることが可能でせん。

さらに、もしiTunes 12、7およびそれ以降のバージョンを使用しているなら、以下パート2の方法を使用してみてください。

着信音をiTunesの音楽に設定する方法「iPhoneへ追加」

f:id:rick1208:20200717164727p:plain
皆さんの中でも、iPhoneへ追加では、日本でのシェア率が6割を超えているiPhoneですが、着信音を初期設定のままにしている方も多いのではないでしょうか?

また、iPhoneでは着信音を変更できないと思っている方もいるかもしれませんが、iPhoneへ追加では、お気に入りの着信音を作成すれば簡単に設定可能です。

そして、電話や、メールの通知音を好きな音楽に変えて、iPhoneへ追加では、普段の通知音が鬱陶しいという方も必見ですので、着信音を変える方法について説明していきます。

まず最初は、iTunesに入っている既存の曲を変換して着信音を作成・設定について説明していきますが、iPhoneへ追加では、自分自身自身のiTunesに入っている曲を使用して、着信音を設定可能です。

iPhoneへ着信音ファイルを飛ばす

f:id:rick1208:20200717140656p:plain
そして、iTunesに接続し、着信音にしたい曲および曲の情報を選びて、iPhoneへ追加では、次に着信音の秒数を指定します。

たとえば、好きな曲冒頭から30秒のところまでを着信音にしたい場合は、開始に「0:00」、停止をチェックし、「0:30」と記入し、記入終了したら「OK」をファイル、変換、AACバージョンを作成と進みましょう。

続いて、指定した着信音がiTunes上にあることをチェックして、Finderで表示を選び、拡張子を変更で、作成した着信音を、元の拡張子である「、m4a」から「、m4r」へ変更してデスクトップに置きます。

なお、iTunesのサイドバーにある「着信音」を開き、デスクトップにある作成した着信音ファイルを移動させ、iTunesの着信音にコピーが作成されているのをチェックできたら、iPhoneをつなぎiTunesの「着信音」タブを開きます。

iPhoneで着信音を設定する

f:id:rick1208:20200717120736p:plain

また、「着信音を同期」にチェックを入れると、作成した着信音がiPhoneで使用可能ですので、これでパソコンによる設定は終了です。

そして、実ときに着信音を使うためには、iPhoneで着信音設定をする必要があり、設定、サウンドと触覚、着信音と進み、着信音が設定されていることがチェックできたら、設定終了です。

さらに、iPhoneで着信音作成アプリを使用して着信音を作成・設定についてですが、アプリを使用して着メロを作成し、iTunesと同期させる方法もあります。

そこで、曲の好きな部分を切り取るだけなので、サビの部分などを簡単に着信音にでき、代表的な着信音作成アプリに着信音メーカーがあります。

続いて、無料でダウンロードでき、曲を選び、再生箇所・再生時間を設定するだけの人気の着信音サイトで、画像付きの操作ガイドがあるので、操作もわかりやすく簡単です。

まず、アプリを起動させ、右上の「+」ボタンから作成を押し、「曲選択」をタップ後、「ミュージックを選択」ボタンから曲を選び、着信音の「開始時刻」と「曲の長さ」を指定します。

次は、「フェードインと「フェードアウト」の設定を決めて、 右上の「作成」ボタンを押すと音源が完成して、ここまででIPhoneでの設定は終わりです。

続いて、作成した着信音をiTunesを通してiPhoneに登録していき、これからの作業はパソコンでの作業になり、iPhoneをパソコンに接続すると、iTunesの左上付近にiPhoneのアイコンが追加されるので押してください。

さらに、左のメニューからファイルの共有→着信音アプリ→着信音ファイルを選択、「保存先・・・」を押し、着信音ファイルを任意の場所に保存して、着信音ファイルをドラッグ&ドロップでデバイスの着信音に追加します。

f:id:rick1208:20200717112604p:plain

その後、iPhoneに着信音が自動同期され、最後に、iPhone側で、設定、サウンドと触覚→着信音と進み、作成した着信音のファイルが追加されていれば終了です。

ここで、パソコンで着信音作成ツールを使用して着信音を作成・設定についてですが、iTunesを使わずに、直接iPhoneの着信音に設定可能なツールとしてAnyTrans for iOSがあります。

まず、AnyTrans for iOSiOSバイスのデータの双方向転送や、バックアップが可能なソフトなのですが、iTunesより操作が簡単で同期時間も短時間で済むので、iPhone初心者の方におススメです。

また、iTunesを同期する必要がないため、曲が上書きされて消えてしまうなどのリスクを回避でき、パソコンにAnyTrans for iOSをダウンロードして起動させ、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

はじめは、ホーム画面の中央右にあるボタン2つのうち、下の赤く囲ったボタンを押し、オーディオから着信音を選びて、右上にある追加ボタンを押し、着信音にしたい曲を任意のファイルから選びます。

そして、着信音が生成されたことをチェックし、パソコンでの設定はここまでで、iPhone上に着信音があることをチェックして、設定、サウンドと触覚、着信音と進み、着信音が設定されていることがチェックできたら、設定終了です。

ここで、着信音をダウンロード・購入して設定について、iPhoneの着信音は、専用サイトからダウンロードもでき、無料サイトも沢山あり、iTunesストアからもダウンロード可能です。

f:id:rick1208:20200717112630p:plain

続いて、着信音に使いたい曲を検索しやすいので、お気に入りの曲がすぐに見つけられて、おススメの着信音サイトを解説するので、気軽に着信音を変えてみてください。

次に、沢山の着信音を取り揃えている人気のダウンロードサイトで、曲はカテゴリ別に分かれていて検索しやすく、ダウンロード以外にもメールに添付送信やQRコード読み取りも可能です。

そして、アーティスト別に検索が可能なので、着信音に使いたいアーティストが決まっている場合は、mob、orgが使用しやすいと思いますし、着信音以外にも、壁紙やゲームもダウンロード可能です。

なお、個性的な着信音にしたい場合は、iPhone着信音泉がおススメで、着信音以外にも「電話です」、「Yes we can!」などアラーム用の音声ファイルが多いダウンロードサイトです。