漫画の地球儀

PayPal(『ペイパル』をデビットカードで登録する方法!【できない原因、対処法、pc、スマホ】

スポンサーリンク

PayPal

f:id:rick1208:20200726163354p:plain
PayPal(ペイパル)は、世界で2億5000万人以上が使用する「安全」かつ「簡単」なオンライン決済サービスです。クレジットカード・デビットカードあるいは銀行口座を自分自身で作ったPayPalアカウントに登録することが可能です。

登録することで簡単にPayPalを利用してインターネット決済することが可能です。例えば「商品が届かない」「異なるものが届いた」などの海外ECサイト購入時のトラブルが起きたときに、PayPalが提示する条件を満たすことで、保証するサービスも提供あります。

手に取って家などに届く商品だけではなくデジタルコンテンツなどの無形商品も対象になるのでより安心可能です。

PayPalの支払い方法

f:id:rick1208:20200726163427p:plain
日本では知名度の低い「PayPal」ですが、実は逆に世界では「世界で最も有名な決済サービス」なのです。クレジットカード情報を利用して使用する決済サービスの一種であり、低費用でありながら国内外の支払い決済・海外送金が可能という利便性が高いのです。

先ほどお伝えしたように、日本ではまだあまり聞きなれないサービスではありますが、海外ではメジャーな存在でもあります。なので、海外のショッピングサイトやオークションサイトを使用する場合にはPayPalのアカウントがあるととても便利なのです。

逆に言えば、PayPalを使用せずに海外のショッピングサイトを使用することはあまりオススメ可能でせん。

例えば小さな会社や個人事業主でもモノやサービスを販売しようと思うときに、クレジットカード決済システムを直接導入するのはコストがかかります。決済手数料も高額となることが多いです。一方でPayPalを導入すれば、比較的安価で、簡単に導入が可能です。

クレジットカード

f:id:rick1208:20200726180223p:plain

PayPalの支払い方法はクレジットカードの決済が可能となっております。VISA、MasterCard、JCB、American ExpressあるいはDiscoverのロゴが付いた、クレジットカードであればクレジットカードの決済が使えるのです。

特にクレジットカードでも有名なVISA、MasterCard、JCBの3社が使用可能なのは嬉しいですね。

安全性も高く便利なPayPalのサービスですが、日本のネットショップのどこでも導入している決済方法ではありません。普及しきるにはまだ時間がかかるでしょう。ネットショップでカードを使う場合、不正使用にあったとき一時的に資金を失ってしまうことなど・・・。

デビットカードはクレジットカードにちょっと劣る点があります。ネットショップをしたいけど、買い物をしようとしたお店ではまだPayPalに対応していなかった。そんな場合の備えにクレジットカードを1枚は所持しておきたいものです。

デビットカード

f:id:rick1208:20200726172022p:plain
クレジットカード以外にPayPalの支払い方法はデビットカードも支払いが可能です。どんなデビットカードの使用がPayPalでは可能かというと、同様にVISA、MasterCard、JCB、American Expressは使えるのです。

またDiscoverのロゴが付いたデビットカードも使えます。デビットカードを若い人はあまり所持していないかもしれませんが、即日決済が可能なデビットカードで、なおかつ有名なVISA、MasterCard、JCBの3社がPayPalで使用可能なのは嬉しいですね。

クレジットカードとデビットカードの違い

f:id:rick1208:20200726170012p:plain
デビットカードを使用したことがない人はデビットカードとクレジットカードの違いというのがあまりピンときていないのかもしれません。そこでここではデビットカードとクレジットカードの違いを表にしてまとめてみました。

デビットカード クレジットカード
お支払い方法 都度払い(即時払い) 後払い
お支払い回数 1回払いのみ(リボ・分割などは不可) 1回払い、2回払い、分割払い・リボ払い・

ボーナス払い|

使用可能額 預金口座の残高および使用限度額の範囲内 使用限度額の範囲内(審査の結果による)
キャッシングなど

お借り入れ | × | 〇|

海外でのお引き出し ○(預金口座の出金として) ○(お借り入れとして)

上記の表のようにデビットカードは即時払いの分分割払いができないのですね。しかしデビットカードに比較してクレジットカードは現時点でお金がなくても使用することが可能です。

銀行口座

f:id:rick1208:20200726165943p:plain
VISAやJCBなどのクレジットカードやデビットカードをあまり使いたくない。それこそクレジットカードやデビットカードを所持していない若年層の方でもPayPalは使用可能なように銀行口座の引き落としが可能となっています。対応している銀行は以下の通りです。

みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」とかなり全国展開している銀行の口座を使用することが可能です。

みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」は、大半が日本全国にあるので利便性も高いですし、コンビニなどのATMにも対応しているものが多いですよね。

しかし銀行口座を登録するのであれば必ず残高が入金されているという気を付ける点を覚えておきましょう。残高が足りないと引き落としがされないという事態になりますのでこの気を付ける点を抑えておいてください。

PayPalにはどんなデビットカードも使える?

f:id:rick1208:20200726101434p:plain
実は「PayPal」での登録はクレジットカードを使用するのが基本となっていますが、「海外のサイトにクレジットカード情報は登録したくない」という方も当然いることでしょう。もちろんあまり知らないサイトですから不安になりますよね。

そんなときに使えるのがデビットカードです。しかし「PayPal」に登録することは可能なのでしょうか?答えは、問題なく登録することが可能です。ただし、VISAやJCBといった国ときブランドを持つデビットカードに限りがあります。

要するに日本独自の決済システムであるデビットカードの一つでもある「J-debit」では登録することは可能でせんのでデビットカードの「J-debit」をお持ちの方で「PayPal」を使いたいという人は気を付ける点として覚えておく必要があります。

VISA、JCBデビットカードでも登録可能

f:id:rick1208:20200726100635p:plain
PayPal」ではクレジットカードの代わりにデビットカードVプリカのようなプリペイドカードなどを登録して支払いで使うことが可能です。具体的には、VISAやMasterCard、American Express、JCBのブランドのデビットカードが使えるのです。

クレジットカード同様にデビットカードも上記のVISAなどの4大ブランドが登録可能なので、基本的には種類に限らずデビットカードPayPalで登録可能なということになります。

一部には使えないカードも

f:id:rick1208:20200726010658p:plain
デビットカードにもいろいろな種類はありますが、そのデビットカードにも「J-debit」という仕組みのカードがあります。この方式を採用しているカードの中でも代表的なものとして、ゆうちょ銀行デビットカードがあります。

この「J-debit」のデビットカードPayPalへ登録しようとすると、エラーが出て登録ができないのです。根本的に「J-debit」はPayPalに対応していないため、デビットカードの「J-debit」をお持ちの人は他の対応をしているカードを用意する必要があります。

J-debitなど日本独自サービスのもの

f:id:rick1208:20200724030017p:plain
また、J-debit以外にも「ジャパンネット銀行」のデビットカードPayPalに登録することが可能でせん。これはジャパンネット銀行の公式サイトにも記載されている情報です。理由は、ジャパンネット銀行デビットカードが「ワンタイムデビット」だからです。

「ワンタイムデビット」とは、「決済時に「トークン」と呼ばれる付属の機械で、一時的なパスワードを発行して決済をしなければならない」という特徴を持ったサービスです。これもJ-debitと同様に通常のデビットカードやクレジットカードとは異なります。

日本独自のサービスでもあるのでデビットカードの「J-debit」はPayPalに登録することができないのです。

日本独自のシステムであるJ-debitは、金融機関のキャッシュカードを利用して、お店のレジで支払いが可能な方法です。新しくカードを発行する必要もなく、デビットカードのJ-debitは、今所持しているカードでそのままデビット機能を使用可能なものです。

クレジットカードのように、いつでも使えるということはなく、使用可能時間が決まっています。各金融機関が使用可能な時間を決めているため、統一されていません。基本的にはコンビニATMの引き出し可能時間と同一ですが、メンテナンスなどの気を付ける点が必要。

使用可能時間が決まっているのでそれぞれのデビットカードの使用可能時間は把握しておくようにしておきましょう。そうでなければデビットカードを使用してショッピングができないこともあります。

JNB Visaデビットは弾かれやすい

f:id:rick1208:20200724003706p:plain
基本的に国内で発行されるデビットカードなら、どれでも「PayPal」に登録して使用することが可能ですが、ジャパンネット銀行が発行している「JNB VISAデビット」に関しては、一部の決済で使用できないパターンがあるようです。

デビットカードならすべて「PayPal」での決済が可能であったり登録に使えると思ったら異なるのですね。デビットカードの「JNB VISAデビット」をお持ちの人は気を付けてください。

PayPalにカード情報を登録できないのはなぜ?

f:id:rick1208:20200723163944p:plain
いざPayPalを使えるようにVISAやJCBのカードを登録しようと意気込んだところで・・・。あれ?「PayPalにカード情報を登録できない」ということも有り得なくもないのです。ではなぜデビットカードの情報の登録ができないのでしょうか?

ここではPayPalを使えるように登録するにあたっていくつかの気を付ける点を挙げます。この気を付ける点さえ守っておけばVISAやJCBデビットカード・クレジットカードを登録したり銀行口座の引き落としなどが可能なかと思います。

カードに残高が残っている必要がある

f:id:rick1208:20200723163923p:plain
PayPalに対応しているVISA・JCBデビットカードを用意したはずなのに、登録ができない。そんな時は口座残高をチェックしてみてください。VISA・JCBデビットカードのために口座を開設したのは良いものの、口座残高が足りないパターンがあります。

デビットカードの登録時には、認証のために口座残高に200円を引き落として後ほど返金する作業が行われます。口座残高が足りないとこの作業ができないのです。要するにPayPalに登録できないことがあるのです。登録時にエラーが起きた時には残高を見ましょう。

有効期限切れ

f:id:rick1208:20200726181614p:plain
PayPalアカウントに登録している、もしくは登録しようとしているデビットカードやクレジットカードの有効期限が近づいている場合は、デビットカードやクレジットカードの有効期限の更新方法を解説したメールが来ます。

登録しているデビットカードやクレジットカードの有効期限が切れると、カードを利用しての支払いができなくなります。もしくはデビットカードやクレジットカードをPayPalに登録するときに有効期限切れだと登録ができないのです。

常にお支払い可能なように、カードの有効期限の情報を常に最新の状態に保ってください。以下の簡単なお手続きで、有効期限が切れる前でも後でも有効期限を更新可能です。

使用可能上限に達している

f:id:rick1208:20200723134157p:plain
定期支払の自動決済処理が何かしらの理由により正常に行われなかった場合、PayPalより通知メールが届きます。PayPalアカウントに登録した、もしくは登録しようとしているクレジットカードやデビットカードが限度額の上限に達していると使用できないのです。

エラーメールが届いた場合は、まず限度額の上限が達していることも考えられます。その場合にはクレジットカード会社に連絡し、限度額の引き上げを行うという気を付ける点があります。

PayPalデビットカードを登録するメリット

f:id:rick1208:20200722221143p:plain
PayPalのアカウントを登録するときにクレジットカードやデビットカードどっちにしようか悩む方もいるかと思います。もちろんそれは個人の自由でもあり、デビットカードを所持していない方もいるでしょう。

しかしデビットカードとクレジットカードを所持している人はどっちを登録すればいいのでしょうか。PayPalデビットカードを登録するメリットももちろんあります。そこでここではPayPalデビットカードを登録するメリットをご解説します。

クレジットカードなしでもネット決済が可能

f:id:rick1208:20200722185603p:plain
そもそも、クレジットカードを所持しているのであれば、わざわざデビットカードを選択肢としてあげる必要なんてありません。

しかし、「クレジットカードを所持していない」「クレジットカードは所持しているが、やはり海外サイトでの使用には抵抗がある」というのもありますよね。そんなときはクレジットカードでの登録は避けたいと思うはずです。

特に、信用情報がブラックの人はクレジットカードは作れませんが、デビットカードなら作ることが可能です。そのような事情の場合だと、そもそもクレジットカードという選択肢は存在しないのです。実は、デビットカードでもPayPalに登録することが可能です。

デビットカードも「カード情報」を所持しており、デビットカードを登録することでクレジットカードを使わなくても代わりに使用してインターネット決済が可能なのです。

買い手保護制度が魅力的

f:id:rick1208:20200722185536p:plain
PayPalを使用して代金を支払ったのに、商品あるいはサービスが届かなかった。」もしくは、「届いた商品あるいはサービスが、説明や解説されている内容と著しく異なっている。」といった手違いというのもインターネットショッピングならあり得ますよね。

そんなときに役立つのが「買い手保護制度」です。「買い手保護制度」とはクレジットカードで払い済みならこういうとき何の役にも立ってくれませんが、PayPalで支払ったものであれば、「問題解決センター」や「クレームのエスカレーション」等が可能です。

これはPayPalにある「買い手保護制度」によるものです。買い手保護制度は代金を支払った日より180日以内であれば使用可能です。

デビットカードのポイントもちゃんとたまる

f:id:rick1208:20200722173030p:plain
特に女性や倹約家の人にとって嬉しいのが商品を購入して付与されるポイントシステム。PayPalで支払っても、デビットカードのポイントはちゃんと付くとのことなので、ポイントに関してはクレジットカードで通常払う場合と同様に使用可能ですね。

PayPalで商品を買ったときにでもデビットカードでもきちんとポイントが付与されるのでデビットカードに溜まったポイントを何に使えるかなど楽しみになります。

PayPal自体は無料で使える

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
PayPalにアカウントを登録するにあたって商品を購入するときの手数料や使用料はお金がかかりません。要するに無料(0円)です。ボランティアではないので、カード会社か通販サイトから何かしら手数料を貰ってるのでしょうが、登録者は無料で使用出来ます。

ただ、海外のサイトの場合など、日本円以外の通貨での支払いの場合は為替手数料などがかかりますので気を付ける点として覚えておきましょう。日本国内で日本円での決済ならいつでもどこでも無料なので余計なお金を使わなくて済みます。

PayPalでも引き落とし日は変わらないので注意

f:id:rick1208:20200721072156p:plain
PayPalに限らずデビットカードは使用するとその場で預金口座から引き落とされる即時決済なので審査なしでも作れるカードが多いです。信用情報に関する審査がないので、もし口座内に現金がなければ決済することが可能でせん。

なので、分割払いで決済したときは口座内に現金があったとしても、翌月以降に残りの分割の支払いの現金が口座残高にない可能性もあるのでデビットカードでは分割払いが可能でせん。気を付ける点として覚えておきましょう。

デビットカードなので即日引き落としが基本

f:id:rick1208:20200721072053p:plain
デビットカードとはクレジットカードと同様にVISA、JCBなどの支払い機能を兼ね備えたカードでネット決済やお店での決済が可能です。しかし、クレジットカードとは違い、使用するとすぐに銀行口座から使用金額が引き落とされます。

クレジットカードのように立て替えてくれるサービスではないため、デビットカードでは基本的に分割払いは不可能です。口座残高を常にチェックしておくことがベストと言えるでしょう。気を付ける点として覚えておきましょう。

今の時代ではスマートフォンやパソコン一つでインターネットに接続すればお買い物が出来てしまう時代です。しかもこうしてデビットカードの出番があまりなかったという方でもPayPalは使えるので即日決済で買い物が可能ですね。しかし、口座残高には要注意。

気を付ける点として口座残高が足りないということがありましたが常にお金が入っている口座を作っておけばこの気を付ける点は解決されます。また、PayPalに登録するときにJ-debitのカードではないかというチェックも念のためしておきましょう。