漫画の地球儀

『 Googleマップ』のリストに場所を登録する方法!【共有方法、iPhone、android、スマホ、駐車場】

スポンサーリンク

Googleマップのリスト機能

f:id:rick1208:20200722145325p:plain
Googleマップのリスト機能とは自分自身が行きたい場所や行った場所、現在いる場所などを登録する機能です。

以前から星(スター)を付けて保存可能でしたが、「お気に入り」や「行きたい場所」「スター付きの場所」に分けて保存できたり、自分自身の好きな分類名「新しいリスト」で保存したり可能なようになりました。

この「新しいリスト」として登録するリストはいくつも作成でき、「共有」することが可能です。この「共有」がとても便利で、ちょっとした飲み会の会場をGoogleマップで場所を調べてからグループラインなどで送れば、スマートに共有することが可能です。

Googleマップの機能はiPhoneでもAndroidでも大半同じですが、表示のされ方などが微妙に異なる為、ここではAndroidでの操作方法を説明します。

Googleマップでリストを新規作成する方法

f:id:rick1208:20200722145301p:plain
Googleマップでリストを新規作成する方法をご解説します。

まず最初はGoogleマップでリストを新規に作成します。初めに場所の詳細画面を表示します。

画面上部の検索ボックスに「東京スカイツリー」と記入してみます。すると画面下部に東京スカイツリーの写真や詳細が表示されます。この写真や東京スカイツリーと表示のあるあたりを押すと下の画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200722194926p:plain
この画面で「保存」とを押します。すると下図のような「リストに保存」の画面が表示されますので、「お気に入り」「行きたい場所」「スター付きの場所」のどれかに保存されます。しかし、地点登録が多くなってくるとこの3つでは物足りなくなります。

そこで活躍するのが「新しいリスト」の作成です。下の画面の真ん中右の「新しいリスト」を押して、自分自身の好きな名前で新しいリストを作成することが可能なのです。

例を挙げるときりがないですが、「友達の家」「学校」「営業先」「居酒屋」「夏休み旅行」など、リストに追加して、追加したリストに各地点を登録可能なのです。

マイプレイスからリストを新規作成する

f:id:rick1208:20200722145431p:plain
先ほどの方法でも「新しいリスト」は作成可能ですが、マイプレイスからもリストを作成することが可能です。

まず、Googleマップを立ち上げた状態の画面で上部に検索ボックスがありますが、その左側に三本線のアイコン(ハンバーガーアイコンといいます)があります。

これを押すと、下図の画面が表示されます。そして、この画面の「マイプレイス」を押します。

すると下図の「マイプレイス」画面が表示されますので右下の+(プラス)マークのアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200722210131p:plain
すると下図の画面が表示されますので、「リスト名」および「リストの説明」を記入し、右上の「保存」ボタンを押し「保存」します。(「リストの説明」は記入しなくても保存可能です。)
f:id:rick1208:20200722210228p:plain

地図上でリストを新規作成する

f:id:rick1208:20200722132845p:plain
地図上でリストを作成する方法もあります。住所や地名を記入しなくても、地図上で行きたい場所を長押しするとそこに赤い地点マークが表示され、下部に指定した地点の住所が表示されます。

この下部の表示が出れば、あとは東京スカイツリーのときと同様に、その下部の表示を押し、「保存」→「リストに保存」と進めて登録します。

ここまでが、Googleマップにリストを作成する方法でした。次に場所を保存・登録する方法を解説します。

Googleマップでリストに場所を保存・登録する方法

f:id:rick1208:20200722102009p:plain
Googleマップにリストを作成しただけでは、実ときの場所を登録したことにはなりません。次にお気に入りの場所を保存・登録する方法を解説します。

お気に入りの場所をリストに保存・登録するにはマイプレイスから検索してから保存・登録する方法と、地図上で場所を保存・登録する方法があります。

マイプレイスから検索して場所を保存・登録する

f:id:rick1208:20200721155658p:plain
まず、マイプレイスから検索して保存・登録する方法ですが、これは例の検索ボックスの三本線のアイコン(ハンバーガーアイコン)→マイプレイスの順に押し、「マイプレイス」の画面を出します。この画面で上部真ん中あたりの「保存済み」のタブを押しします。

例えば「行きたい場所」を選択すると下図の画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200722213557p:plain
上図の画面の真ん中の「追加」タブを押すと、下図の画面に移動します。この画面の「場所を追加」の欄から住所や地名を記入するか、「地図上で選択」するかの方法でお気に入りの場所を追加することが可能です。
f:id:rick1208:20200722213607p:plain

地図上で場所を保存・登録する
f:id:rick1208:20200721072156p:plain
たぶん、自己流でGoogleマップをいじっている人は、地図のある地点を検索した後に保存・登録するこの使用方法が一般的だと思います。

地図上のある地点、もしくは住所や地名から検索して、場所を指定すると画面の下部にその場所が表示されます。冒頭の東京スカイツリーを検索したときと同じです。
f:id:rick1208:20200722213824p:plain
リストの保存と同様に「保存」を押します。

この画面で新しいリストを作成するときは「+新しいリスト」を押しましたが、ここでは指定した場所を殿リストに登録するかなので、「お気に入り」「行きたい場所」「スター付きの場所」もしくは自分自身の作成したリストを押して登録します。

登録したい名前のリストがない場合は、ここで新しいリストを追加作っても良いです。

Googleマップでリストを表示する方法

f:id:rick1208:20200721072053p:plain
次に、Googleマップで登録した地点の一覧を表示する方法について解説します。一覧を表示する為に、ここでは事前に東京スカイツリー、東京タワー、東京駅を「行きたい場所」のリストに地点登録を追加しました。

リスト(登録した地点の一覧)を表示するには下記3つ方法があります。

1、マイプレイスからアクセスする(一般的)
2、場所や地点の詳細画面からアクセスする
3、検索機能からアクセスする

それでは、一つずつ説明して行きます。

登録した地点リストを表示する『マイプレイス』

f:id:rick1208:20200721071207p:plain
リストを表示するのマイプレイスからアクセスするのが一般的だと思います。マイプレイスの場所はもう覚えましたか?例の検索ボックスの左側の三本線です。ハンバーガーアイコンです。これを押すとマイプレイスが出てくるのでこれを押します。
f:id:rick1208:20200722220018p:plain
するとマイプレイスの一覧が表示されます。あらかじめ「行きたい場所」に東京スカイツリー、東京タワー、東京駅の地点登録をしておりましたので、行きたい場所が3か所になっています。

そしてこの「行きたい場所」を押すと、下図のように行きたい場所のリスト(一覧)が表示されます。
写真などが入るので、3件ぐらいでもスクロールが必要です。

場所・地点の詳細画面

f:id:rick1208:20200720192436p:plain
次に場所や地点の詳細画面からリストを表示する方法です。あまり使わないと思いますので、文だけで説明します。

登録した場所の場合、その場所の詳細情報画面に「保存先のリスト」の一覧があり、そこにリスト名が表示されるので、それをタップすればリストを表示可能です。

今回の例だと「東京スカイツリー」をタップ→下にスクロール(結構スクロールします。)する→保存先のリストの「行きたい場所」をタップ→「行きたい場所」のリストが表示される。といった具合です。

検索

f:id:rick1208:20200720190319p:plain
3つ目の方法が検索機能からリストを表示する方法です。慣れてくるとこの方法も便利です。検索ボックスにリスト名をダイレクトに記入する方法です。

しかし、これはデフォルトで用意されているリストの「お気に入り」「行きたい場所」「スター付きの場所」は検索可能でせん。

例えば、「展望台」という名前のリストを追加作成すれば、検索ボックスに「展望台」とリストが表示されます。

地図上のリストを非表示にする

f:id:rick1208:20200720152327p:plain
リストはどんどん追加でたくさん作っておけば、とても便利です。旅行の下調べをしていきたいところをリストにしたり、居酒屋リスト、友達の家リストなど、イメージが膨らみます。

しかし、リストをたくさん追加作成すると不便なこともあります。リストに地点登録した場所は地図上にマークが付けられるので、リストに地点登録を追加すればするほど地図がマークだらけになってしまいます。

狭いエリアでマークが乱雑にあったりしたら、見づらくてしょうかありません。

こんなときに便利な機能が、地図上のリストを非表示にする機能です。
f:id:rick1208:20200722220119p:plain
リストの非表示の方法は、

検索ボックスの三本線のアイコン(ハンバーガーアイコン)→マイプレイス→保存済み
→非表示にしたいしるとの右端の縦に3個の点(上の図では「行きたい場所」の右端の赤丸印を付けたメニューアイコン)→メニューの1番上の「地図に表示しない」をタップ

以上です。

Googleマップでリストを編集・消去する方法

f:id:rick1208:20200720134720p:plain
リストは使用方法によっては便利ですが、ついつい追加で登録して煩雑になりがちです。また、一定期間が過ぎてもはや保存しておく意味がない場所があったり、そもそもリスト自体が不必要であったり・・・。

そんなときは、Googleマップのリストを編集や消去をして、見やすいリストにしましょう。

登録した地点リストを編集する

f:id:rick1208:20200720092014p:plain
まず、登録した地点リストを編集するには、

検索ボックスの三本線のアイコン(ハンバーガーアイコン)→マイプレイス→保存済み
→非表示にしたいしるとの右端の縦に3個の点(下の図では「展望台」の右端の赤丸印を付けたメニューアイコン)→メニューの2番目の「リストを編集」をタップ

ここまでの操作でリストを編集する画面に移動します。

f:id:rick1208:20200722221024p:plain
次に、編集したい(消去したい)地点の右の×印(下の図の赤丸印)を押すと、必要ない地点を消去可能です。
f:id:rick1208:20200722221033p:plain

登録した地点リストを消去する

f:id:rick1208:20200720085652p:plain
先ほどの地点リストの編集は、登録した地点を1つずつ消去する方法でしたが、追加追加で地点登録していると意外と数が多くなって1つずつ消去するのは大変です。

そもそもリストごといらないものを消去すれば、細かい作業を何度も繰り返す必要がありません。

登録した地点リストを消去するには、検索ボックスの三本線のアイコン(ハンバーガーアイコン)→マイプレイス→保存済み→非表示にしたいしるとの右端の縦に3個の点(下の図では「展望台」の右端の赤丸印を付けたメニューアイコン)→メニューの1番下の「リストを消去」を押します。
f:id:rick1208:20200722221121p:plain
これで、登録した地点リスト(一覧)を消去可能です。

Googleマップで作成したリストを共有する方法

f:id:rick1208:20200722221143p:plain
今までは、あくまでも自分自身一人が便利にGoogleマップを使う使用方法を説明してきました。この使い人はまめな人には良いかもしれませんが、ここまでやる必要ないと思う人には無意味な機能かもしれません。でも、これが大人数で共有できたら、と考えるとぐっと使用方法の範囲が広がります。

・旅行の同行者で目的地を共有すれば、事前にお互いが不足していることを補い合える!
・上司と一緒に訪問する客先を調べて上司に送ればあなたは上司の「お気に入り」!!
・飲み会の場所を参加者全員に送っておけば、幹事の手間が一気に減る!

早速、Googleマップで作成したリストを共有してみましょう。

Googleマップで作成したリストを一般公開する方法

f:id:rick1208:20200718093803p:plain
リストの公開設定は初期設定(デフォルト)では「非公開」(公開しない)に設定されています。

実は「非公開」以外に「共有済み」と「一般公開」に公開設定を変更可能なのです。「共有済み」とは、特定のグループに限定して共有することで、「一般公開」とは、誰でも見られるようにすることです。

Googleマップ でリストの公開設定を変更する方法

f:id:rick1208:20200718045752p:plain
Googleマップ でリストの公開設定を変更する方法を説明していきたいと思います。

公開設定一覧(非公開・共有済み・一般公開)

f:id:rick1208:20200717164727p:plain
公開設定を変更するには、マイプレイス→保存済み→非表示にしたいしるとの右端の縦に3個の点(下の図では「展望台」の右端の赤丸印を付けたメニューアイコン)→メニューの4番目の「共有オプション」を押します。

(3番目の「リストを共有」は後述します。ラインなどの共有に使うアプリを選択するときに使います。)
f:id:rick1208:20200722221324p:plain
すると、下図のような共有オプション画面が表示されるので、「非公開」「共有済み」「一般公開」の中から選びます。
f:id:rick1208:20200722221330p:plain
上図は「非公開」の状態です。初期設定(デフォルト)ではこの状態になっており、リスト(一覧)が誰とも共有されません。
f:id:rick1208:20200722221336p:plain
上図は「共有済み」の状態です。「共有リンクが」表示され、「リンクをコピー」すれば、ラインやメールなどにリンク先を載せてで共有したい人にお気に入りのリストのリンク先を教えることが可能です。
f:id:rick1208:20200722221342p:plain
上図は「一般公開」の状態です。「共有済み」と同様、共有リンクが表示されるので、共有したい人にリンク先を教えることが可能です。しかし、特殊な使用方法をしない限り「一般公開」の必要性はありません。

Web版のGoogleマップにはGoogle My Mapsという機能があり、更にこの機能の中に「自分自身のサイトに埋め込む」という機能があります。この場合は、「一般公開」に設定しておかなければなりません。

情報漏洩の観点から、「共有済み」に留めておく使用方法をお奨めします。

公開設定を変更する

f:id:rick1208:20200717140656p:plain
情報漏洩の観点からちょっと使用方法を制限した方が良いと言いましたが、「一般公開」せず「共有済み」にとどめておくのに良い方法があります。

マイプレイス→保存済み→非表示にしたいしるとの右端の縦に3個の点(下の図では「展望台」の右端の赤丸印を付けたメニューアイコン)→メニューの3番目の「リストを共有」を押します。

すると、下の画面が表示されるので、「続行」を押します。
f:id:rick1208:20200722221419p:plain
「続行」を押すと共有するアプリ一覧が表示されるので、ラインやメールなど自分自身の使用方法によって選びてください。ラインの場合、ピン留めしている宛先(友だちやグループ)も表示されるので、その宛先に連絡するときは更に便利です。
f:id:rick1208:20200722221426p:plain
上図のようにリンク先のアドレスが自動で表示されるので、スムーズにラインを送れます。
よりスムーズな使用方法が可能なようラインのピン留め設定をお奨めします。

Googleマップでユーザーが作成したリストをフォローする方法

f:id:rick1208:20200717120736p:plain
Googleマップでユーザーが作成したリストをフォローする方法を説明していきたいと思います。

フォローするメリット

f:id:rick1208:20200717120713p:plain
Googleマップでは共有されたリストを受取ったときに、リンクを開きリストをフォローすることが可能です。人から共有されたリストをフォローすると、「マイプレイス」に表示されます。

フォローする方法

f:id:rick1208:20200717112604p:plain
ラインなどで送られてきたリンク先のアドレスを押すと上図のような画面が表示されるので、「+フォローする」を押し、下図のように「フォロー中」に変更します。

すると、マイプレイスの保存済み欄に「フォロー中のリスト」が表示されます。

Googleマップ のリストの便利な使用方法を説明していきたいと思います。

Googleマップのリストは便利な使用方法があります。ビジネスシーンで、例えば営業で訪問する顧客の地図データをリストにしておくと、最近は数人の会社でも地図データ以外にも電話番号ぐらいは詳細一覧からわかります。

駐車場をリストに保存しよう

f:id:rick1208:20200717112630p:plain
大都市では駐車場は無数にあり、駐車する直前にナビで調べたら、いっぱいありすぎて迷ってしまうことが多いです。安くて便利な駐車上をリストにしておけば、お金と時間の両方を節約可能です。
オススメ・お気に入りのスポットをリストにして共有しよう

オススメはお気に入りのスポットをリストにしておくことです。「行楽地」「ホテル」「食事処」など皆で一覧を共有すると便利なのは言うまでもありません。

他にも、便利な使用方法があるばずです。皆さん、それぞれの使用方法で Googleマップの機能を堪能してください。