漫画の地球儀

Amazon Driveのデスクトップアプリの使い方!【iPhone、android、スマホ、pc、Mac、Windows】

スポンサーリンク

Amazon Drive

f:id:rick1208:20200714112414p:plain
Google DriveiCloudを筆頭に、クラウドストレージとして色々なサービスが提供されています。クラウドストレージサービスとは言っても使用方法や使い勝手も色々ですので、どれを使用しようか悩んでいる人もいると思います。

そんな方に候補の一つとして考えていただきたいアプリとしてAmazon Driveという、アプリでも使用可能なクラウドストレージがあります。

Amazonが提供しているクラウドストレージ

f:id:rick1208:20200713173549p:plain
Amazon Driveアプリとは、有名なネットショッピングサイトであるAmazonが提供しているクラウドストレージです。パソコンとスマホ間で同期したりバックアップを取ったりと使うことが可能なサービスになります。

デスクトップ画面やスマホ端末で管理が可能なため、Amazon Driveアプリとはパソコンやスマホを所持している人は誰でも使用可能なアプリであるとも言えます。

Amazon Driveの特徴

f:id:rick1208:20200713173358p:plain
気になるのはAmazon Driveアプリの特徴とは何なのか、ということと思います。Amazon Driveアプリの使用方法の説明の前に、Amazon Driveアプリの特徴について説明していきます。

主な特徴

f:id:rick1208:20200713151431p:plain
Amazon利用者でプライム会員に入っている人と入っていない人といるかと思いますが、Amazon Driveアプリの主な特徴とは、基本的にその会員の種別によって異なってきます。

5GBまで無料で使用可能

クラウドストレージサービスとは、アカウントに紐づけてインターネット上にデータ保存スペースを確保してファイルをアップロードしたうえで保存する、という形式で使用するサービスです。

なので、Amazon Driveを使用するのでには、Amazonへの会員登録が必要です。Amazonの会員は無料会員とプライム会員とがあり、無料会員とは文字通り無料で使用可能なアカウント、プライム会員とはお金を払って使用する有料アカウントです。

Amazon Driveアプリでは、無料会員登録しているだけで最低でも5GBのクラウドストレージを使用することが可能です。

プライム会員は画像ファイルが無制限に保存可能

f:id:rick1208:20200714113316p:plain
なお、年額として3900円、もしくは月々400円の費用を支払って使用するプライム会員では、会員特典として画像ファイルを無制限に保存することが可能です。

プライム会員だと、写真やイラストなどの画像ファイルは、Amazon Driveに保存しても、それは無料で使用可能な5GBの範囲にはカウントされません。動画に関しては画像としてカウントされないので、それは5GBの範囲に含まれることとなります。

容量追加は有料オプション

無料会員であれプライム会員であれ、使用可能な5GBを超えてファイルを保存したい場合は、有料で容量アップをすることが可能です。

容量が5GBに達した時点でそれ以上のファイルの保管は可能でせん。容量アップの費用ですが、容量プランによって変化します。内容としては下記のとおりです。

容量 費用(年額)
100GB 2,490円
1TB 13,800円
2TB 27,600円
3TB 41,400円
4TB 55,200円
5TB 69,000円
6TB 82,800円
7TB 96,600円
8TB 110,400円
9TB 124,200円
10TB 138,000円
20TB 276,000円
30TB 414,000円

バックアップと同期は異なる?

f:id:rick1208:20200713181515p:plain
Amazon Driveの使用方法などの説明の前に、基礎的なことではありますがバックアップと同期の違いについて説明していきます。

バックアップとは?

f:id:rick1208:20200713124756p:plain
バックアップとは、元の情報を残したまま別の場所にそのデータをコピーしておいておくことを示します。

パソコンやスマホにもともとあるデータをクラウドストレージにコピー――要するに複製することがバックアップです。

もし仮にパソコンやスマホと言った端末内のデータが消えてしまっても、クラウドストレージ内にデータが残っていればその情報はもう1回端末内に復活させることが可能です。

誤って端末内のデータを消してしまった場合も、バックアップの場合クラウドストレージ内にデータが残ったままですので、万一の場合に備えることが可能です。

同期とは?

f:id:rick1208:20200713111038p:plain
同期とは、バックアップとは異なり、そのデータを別の端末で見ること・編集するのでのシステムと考えると分かりやすいかと思います。

バイスクラウドのデータの中身を合わせる

バイス内のデータをクラウドと同期させると、同期させた場所のデータの中身を別の端末などからもチェックすることが可能です。

パソコンのダウンロードフォルダは基本的にスマホ端末では見ることが可能でせんが、同期させておくことにより、クラウドを介してスマホからもパソコンのダウンロードフォルダを見ること・編集が可能です。

気を付ける点として、端末内もしくはクラウドストレージ内のデータを消去してしまった場合、あくまで「繋げて使用している」だけの状態ですので端末とクラウドストレージどっちにもその結果が反映されることとなります。

デスクトップアプリの使う前の事前用意

f:id:rick1208:20200713105323p:plain
さて、ではAmazon Driveのデスクトップアプリの使用方法の説明に移動しましょう。まず最初は使用するのでの事前用意の設定です。

事前用意のやり方

f:id:rick1208:20200714114540p:plain
事前用意として、パソコンにAmazon Driveのデスクトップ用のアプリをダウンロードする必要があります。

まず最初はAmazon Driveのデスクトップ用のアプリをダウンロードするのでのインストーラーをダウンロードしましょう。下記リンク先へアクセスしてください。

なお、デスクトップアプリで使用可能なのは写真や動画などのバックアップや同期になりますので、その点は気を付けてください。

f:id:rick1208:20200714114557p:plain
「今すぐダウンロード」を押して、Amazon Driveのデスクトップアプリのインストーラーをダウンロードしましょう。保存先は分かりやすい所にしましょう。

ダウンロードしたAmazon Driveアプリ(Amazon Photo)のインストーラーを開きます。
f:id:rick1208:20200714114614p:plain
「インストール」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200714114632p:plain
ダウンロードが終了すると上記の画面になります。Amazonアカウントへサインインを行いましょう。
f:id:rick1208:20200714114644p:plain
上記画面が表示されればダウンロードおよびサインインの終了となります。

パソコン

f:id:rick1208:20200714114704p:plain
さて、ではAmazon DriveのデスクトップアプリであるAmazon Photoの使用方法について説明していきましょう。

主な使用方法

f:id:rick1208:20200713104354p:plain
Amazon Driveの使用方法としてはやはり重要となる同期やバックアップ、そのほかデータのアップロードやダウンロードなどが主となります。

なお、写真などのメディア以外のファイルをAmazon Driveで使用したい場合は、AmazonDriveのWeb版で使用してください。
Amazonサインイン


f:id:rick1208:20200714114723p:plain
同期を行いたい場合、右にある歯車マーク(環境設定)を押して環境設定を開きます。
f:id:rick1208:20200714114750p:plain
環境設定が開いたら、「同期」タブを押しましょう。
f:id:rick1208:20200714114757p:plain
「同期の有効化」を押してください。
f:id:rick1208:20200714114804p:plain
同期の有効化をしていいかどうかのチェックのダイアログが表示されますので、「はい」を押しましょう。Amazon Drive(Amazon Photo)が自動的に再起動します。
f:id:rick1208:20200714114814p:plain
同期したいフォルダを、Amazon Drive側とパソコン側とそれぞれ選びます。「フォルダーを選択」からフォルダーを選びましょう。
f:id:rick1208:20200714114830p:plain
「同期開始」をタップで同期を始めることが可能です。
f:id:rick1208:20200714114838p:plain
バックアップを取る場合は、「高速セットアップ」か「ファイルを選択」から行います。前者はまとめてのバックアップで、後者はアップロードに近い形となります。

ファイルを選択では、1回のみとスケジュールとが選択可能なため、定期的なバックアップを取るためにスケジュール設定することも可能です。
f:id:rick1208:20200714115952p:plain
高速セットアップとは、パソコン内にある「Picture」と「Video」をまとめてバックアップすることが可能なものです。どれをバックアップするか決められていないのであればそれでまとめて行うと良いと思います。
f:id:rick1208:20200714120833p:plain
ファイルを選びてバックアップを取る場合、右側にある下向き矢印を押しましょう。
f:id:rick1208:20200714120844p:plain
「どのような種類のバックアップですか?」と表示されますので、1回のみなのか、スケジュールバックアップの設定を行うのかが選択可能です。

なお、「フォルダーの選択」では何も選びていないと自動的に「スケジュール」となります。「1回」であれ「スケジュール」であれ、フォルダー単位でのアップロードしか可能でせん。
f:id:rick1208:20200714120900p:plain
「フォルダーを選びてバックアップ」を行うと上記のような画面が表示されます。「変更のアップロード」では、ファイルの変更があった場合のバックアップのタイミングの設定が可能です。
f:id:rick1208:20200714120921p:plain
なお、アップロードするファイルは、「1回限りのバックアップのためにここにドラッグ」からも可能です。こちらは任意のファイルを個別にアップロードしたい場合に使用します。
f:id:rick1208:20200714120934p:plain
バックアップ(アップロード)したいファイルを選択すると、上記のような表示に切り替わります。「フォルダーの選択」横のメニューで「1回」を選びた場合も、選択可能なのがフォルダー単位であるだけで、最終的な動作は同じになります。

Amazon Drive内の保存先のフォルダを選びてください。
f:id:rick1208:20200714120945p:plain
「バックアップ完了」と表示されればアップロード終了となります。バックアップしたものの管理はWeb上でしか可能でせんので、消去等を行いたい場合は下記リンクからAmazon Driveにサインインして行いましょう。

f:id:rick1208:20200714121012p:plain
バックアップ(アップロード)したものをダウンロードする場合は、「復元する」タブを選びましょう。
f:id:rick1208:20200714121022p:plain
復元したい対象を選びましょう。ここでは「フォルダーをダウンロード」を選びます。
f:id:rick1208:20200714121100p:plain
ダウンロードするフォルダーを選びてください。
f:id:rick1208:20200714121111p:plain
「ダウンロード先」を押して、ダウンロードする場所を選びましょう。
f:id:rick1208:20200714121120p:plain
ダウンロード先となる場所を選びてください。そうすればバックアップ(アップロード)したもののダウンロードが終了となります。

環境設定

f:id:rick1208:20200713100501p:plain
Amazon Driveアプリ(Amazon Photo)の環境設定は、右上の歯車マークから開くことで可能です。

環境設定では、Amazon Driveアプリを使用する上での設定を行うことになりますが、基本的に触らなくても使用可能です。環境設定で使用するとなると「全般」もしくは「同期」となると思います。

そのほかの環境設定はアップロードするときの帯域幅の設定やプロシキ情報と言ったものですので、特に不便な部分がなければこの環境設定はそのままでも問題ありません。

ファイルをアップロードするときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200713092539p:plain
mazon Driveへファイルをアップロードするときの気を付ける点として、まずAmazon Driveとコンピュータ上に空き容量がある必要があります。ファイル名も半角で255文字以内でしか使用可能でせん。

Amazon Driveアプリでは2GB以上のファイルのアップロードが可能ですが、ネット環境によってはエラーが起きる可能性もありますのでその点注意が必要です。

また、クラウドストレージにアップロードするとき全般での気を付ける点ではありますが、画質が下がってしまう場合もありますので、その点も気を付けてください。

スマホ

f:id:rick1208:20200713091505p:plain
ここまではAmazon Driveのパソコンデスクトップで使用するアプリの使用方法の説明を行ってきましたが、Amazon Driveのアプリはスマホにも存在しています。ここではスマホアプリのダウンロード方法・使用方法の説明を行っていきます。


アプリの導入やり方

f:id:rick1208:20200713091441p:plain
アプリの導入やり方ですが、Amazon DriveアプリにはiPhoneAndroid双方に存在しています。それぞれの端末にダウンロードを行いましょう。

Android端末でのAmazon DriveアプリのダウンロードはGoogle Playストアから行います。下記のリンクからダウンロードしましょう。
Amazon Drive - Google Play のアプリ

iPhoneiOS端末でのAmazon DriveアプリのダウンロードはApp Storeから行います。下記のリンクからダウンロードしてください。

Amazon Drive

Amazon Drive

  • AMZN Mobile LLC
  • 仕事効率化
  • 無料
apps.apple.com

主な使用方法

f:id:rick1208:20200713091954p:plain
Amazon Driveアプリをダウンロードすると、デスクトップ版では管理できなかったファイル管理も可能となります。
f:id:rick1208:20200714121410p:plain
スマホAmazon Driveアプリでは、画像以外のファイルのアップロードも可能です。アップロードしたい場合は、トップ画面の右上のメニューマーク(・・・)を押してください。
f:id:rick1208:20200714121425p:plain
「アップロード」を押します。
f:id:rick1208:20200714121457p:plain
アップロードの選択肢として「写真を撮る」「ビデオを撮る」「ファイル」「写真とビデオを追加」があります。「ファイル」を選択すればPDFファイルや音楽などもアップロードが可能です。
f:id:rick1208:20200714121521p:plain
アップロードしたいファイルを選択すればそのままアップロードが開始されます。
f:id:rick1208:20200714121530p:plain
アップロードしたファイルをダウンロードしたい場合は、そのファイルの右側の三点リーダーを押してください。
f:id:rick1208:20200714121541p:plain
メニューが表示されますので、「ダウンロード」を押し、ダウンロードを行ってください。
f:id:rick1208:20200714121559p:plain
アップロードしたファイルの消去は、そのファイルのメニューで「ゴミ箱に移動」を押してください。
f:id:rick1208:20200714121612p:plain
「アイテムをゴミ箱に移動しますか?」というチェックが表示されますので、「ゴミ箱に移動」を押しましょう。

なお、このゴミ箱の中の管理はWeb版でしか行うことが可能でせんので、その点に気を付けてください。何もせず放置しておけば、30日後に完全に消去されますが、誤ってゴミ箱に入れてしまった場合はWeb版から復元してください。
f:id:rick1208:20200714121721p:plain
Amazon Driveのスマホ版アプリの環境設定では、アップロード時にWi-Fiのみの使用か携帯電話でのアップロード(モバイル通信)も使用するかの選択が可能です。
f:id:rick1208:20200714121730p:plain
また、Amazon Driveのストレージ容量の管理もこの環境設定から可能です。

Amazon DriveはAmazonのアカウントを所持していればだれでも使用することが可能です。Web版とスマホ版とを使用すればより使用も便利になると思いますので、クラウドストレージに何を使うか悩んでいる人は1回試してみてはいかがと思いますか?